現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

▼ 石垣島・八重山諸島・与那国島の記事一覧

石垣島の行列ができる飲食店|サクサク衣が堪らない「とんかつ力」

とんかつ力

石垣島・米原にある「とんかつ力(リキ)」。

石垣島でとんかつといえばココ!というほど、地元の方から有名で、タクシーの人にも「米原のとんかつ屋さん」といえばスグにわかります。

その人気ぶりは、市街地からは距離があるにも関わらず開店直後から満席になるほどで、12時すぎには行列が!

今回は、米原ビーチすぐそばにある、行列必須の人気店「とんかつ力」を紹介します!

絶品トンカツの数々、ぜひご覧ください。

続きを読む

八重山そば&絶品ソーキ!石垣島の人気店「明石食堂」のテッパン料理

明石食堂

石垣島の中でも、手つかずの自然とローカルさが魅力の、石垣島北部。

石垣島北部は、市街地と比較して飲食店の数がかなり減りますが、隠れた名店がたくさんあります。

この記事では、石垣島北部の明石地区にある、地元民・観光客からも大人気の食堂「明石食堂」の魅力を紹介!

某グルメサイトでも高評価のお店。

ローカルグルメが好きな人・こってりお肉が好きな人、必見です!

<もくじ>
1.行列覚悟!観光客から地元民まで虜にする「明石食堂」
2.アクセス、駐車場は?
3.ツウはこの頼み方!「八重山そば+ソーキ単品」
4.ソーキの味とスープの絶妙なハーモニーが堪らない「ソーキそば」
5.まとめ

もくじをすべて表示

1.行列覚悟!観光客から地元民まで虜にする「明石食堂」

明石食堂 外観 看板
石垣島北部、明石地区にある「明石(アカイシ)食堂」。

明石地区は、島最大のロングビーチ・明石ビーチや、小さな集落があり、自然と人が共存するエリアです。

観光客はもちろん、地元民からも愛されている大人気のお店で、「石垣島の八重山そばなら絶対ココ、石垣島で一番美味しい!」と、口コミ多数。

開店直後に行っても20分待ち、閉店ギリギリまで列が絶えない人気ぶりです。

2.アクセス、駐車場は?

明石食堂 エントランス
明石食堂は、新石垣空港から車で約30分ほどの場所にあります。

駐車スペースは、お店の看板横のスペースです。

現在は二代目の建物になっていて、民宿も兼ねて営業しています。

周りは民家がたくさんあるので、駐車マナーや騒音に気を付けましょう。

営業時間は、土日のみ11時~15時・17時30分~20時30分で、ランチ・夜ともに営業あり。

水~金曜は17時30分~20時30分、定休日は月・火曜です。

住所:〒907-0332 沖縄県石垣市字伊原間360

3.ツウはこの頼み方!「八重山そば+ソーキ単品」

明石食堂 料理 ソーキ そば
八重山そばとソーキそばは、間違いなく食べておきたいメニューです。

どっちのそばにしようと迷ってしまったら、八重山そばとソーキ単品がおすすめ。

じつはこの頼み方、常連さんや再来観光客からも人気なんです。

八重山そばとは、三枚肉の細切り・かまぼこの細切り・ネギが入ったそばのこと。
明石食堂 八重山そば
大600円・中500円・小400円があり、写真は小サイズですが、じゅうぶん満足できるくらいのボリュームです。

明石食堂の八重山そばは、スープが特徴的!

石垣島の八重山そばは、ライトなスッキリ塩系スープなのですが、明石食堂のスープは豚骨ベースで濃いめで麺によく絡みます。

濃さの中にカツオ出汁がふわっと香る爽やかさがあって、スープを完飲してしまえるほど。

どでかいソーキ(1皿500円)は、ビックリするくらいトロトロに煮込まれていて、噛んだ瞬間、口いっぱいに肉のうま味がじゅわっと広がります。
明石食堂 ソーキ

明石食堂のソーキは、絶品と言われるほど有名なんです。

ホロっとした柔らかさと、適度な弾力、トロトロの軟骨…一口食べれば、これは絶品と言われるはずだと納得するほどの美味しさ。

単品とそばに入っているソーキでは、味付けが若干違います。

単品は、おつまみや白ご飯にピッタリで、タレ多めの仕上がりです。

そばに入っているソーキはタレが少なめで、甘じょっぱい味がスープにマッチ。

この絶品ソーキを味わいたいということから、「ソーキは単品派」という人もかなりいます。

4.ソーキの味とスープの絶妙なハーモニーが堪らない「ソーキそば」

明石食堂 ソーキそば
ガッツリ食べたい人は、ソーキそば(大1100円・中850円・小600円)がおすすめ。

ソーキとネギがのっていて、ソーキのタレと肉のうま味がスープに溶けだして、ガツンとした味に仕上がりに。

写真は中サイズで、そば・ソーキともに大満足の量です。

ソーキには、ぜひ石垣島でメジャーなスパイス「ヒバーチ」をかけてみてください。
ヒバーチ

ヒバーチは、島こしょうとも呼ばれていて、ブラックペッパーのスパイシーさとシナモンのような香りがするところが特徴です。

肉料理と相性抜群で、ソーキはもちろん八重山そばにかけることも。

お好みで、紅しょうがを追加。
明石食堂 調味料 紅ショウガ

〆には、コーレーグーズ(島唐辛子の泡盛漬)をプラスして、キレのあるスープを楽しんでみてください。

ライス単品もあるので、ごはんと一緒に食べたいという人はオーダー可能。

生・瓶ビール550円があるので、そばやソーキをつまみに乾杯することもできます。

ほかにも、地元民に人気なトンカツ(定食・単品)やカツ丼もあり。

そば・カツとメニューが限られているものの、いつもたくさんのお客さんで賑わっていることから、多くのファンを作っていることが伝わってきます。

5.まとめ

石垣島で、八重山そばが食べたくなったら、ぜひ明石食堂へ。

ちょっと変わった濃厚スープのそばと、絶品ソーキをあわせて食べてみてください。

きっと、忘れられない美味しい思い出になるはずです!

沖縄ラボでツアーを比較


石垣島のレンタルバイク「GO SHARE」は2人乗りも出来ちゃう

goshare,ゴーシェア

ここ数年石垣島でよく見かける、パステルブルーのバイク「GO SHARE」。

車体の色も目をひくポイントですが、おそらく2人乗りしているカップルを島内でしばしば見かけるので、余計記憶に残っているのかもしれません。

今回は、この「GO SHARE」の特徴や料金など利用方法方法について詳しくご紹介します。

石垣島でレンタルバイクを探しているという人は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

キッチンみさき|名物ヤギ刺し石垣島のリアル家庭料理をローカルすぎる食堂で

キッチンみさき

「石垣島グルメを満喫したい、ローカルすぎる食堂が気になる」という人におすすめなのが、石垣島北部・野底にある「キッチンみさき」。

地元民に愛されるローカル食堂で、島料理からヤギ刺しまで楽しめるところが魅力です。

この記事では、お店の特徴から雰囲気、おすすめの定食メニューについて紹介します!ぜひご覧ください。

続きを読む

石垣島北部にひっそり佇むパン屋「ISHIGAKI LABO」。美味しすぎて通ってます。

石垣島 パン屋 ishigakilabo

海辺の風が気持ちよく、緑豊かでローカル感満載の石垣島、北部エリア。

この記事では、野底にある絶品ベーグルがあるパン屋さんを紹介します!

北部にはパン屋さんがほとんどなく、イートインでカフェ利用もできる貴重なスポットなので、ぜひチェックしてみてください。

続きを読む

インスタ映え!タバガービーチの行き方|石垣島のブランコがあるプライベートビーチ

タバガービーチ 撮影場 ブランコ

石垣島・川平にある、インスタで密かな話題を呼んでいる「タバガービーチ」。

一面に広がるエメラルドグリーンの海はもちろんのこと、砂浜にある大きなブランコを目当てに、たくさんの人々が訪れるようになりました。

ただ「地図だけだと、ビーチまで辿り着くのがちょっと難しい」という声も。

手がかりは先駆者が付けた車の轍!

そこで、タバガービーチの行き方と、ブランコがある場所について、詳しく紹介します!

続きを読む

西表島観光の観光・絶景スポットランキングBEST10

西表島 観光

石垣島から高速船で約40分の西表島。
その面積は石垣島よりも大きく、陸には海岸線ギリギリまで広がるジャングルやマングローブ林が、海には延々と続くサンゴ礁など、手付かずの自然を体感できるビッグスケールな島です。
今回はどでかい西表島観光で絶対行きたい、おすすめの観光スポットBEST10を紹介します。
あくまで個人の主観でまとめましたが、スポットごとにわかりやすく魅力をまとめたので、西表島観光時の参考にしてください♪

続きを読む

島内最大級のビーチリゾートホテル│ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート石垣空港から車で約20分。
目の前には真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海を一望できる、「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」。

帆船をイメージして作られた大きな建物には、屋内外プールはじめ、通年でオープンしている7つのレストラン・バーやリラクゼーションまで、あらゆる人がステイを楽しめるような施設を完備。

季節ごとのイベントにリゾートアクティビティも充実し、島を知り尽くしたコンシェルジュがあなたの旅のお手伝いをしてくれます。

今回はそんな「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」の魅力に迫りました!

続きを読む

うますぎデカすぎマリヤシェイク!石垣島離島ターミナル七人本舗♪

マリヤシェイク
牛乳の風味がとっても濃厚なのに、口当たりはあっさり。
おいしいのはもちろんですが、その大きさにびっくりする人多数!

今回ご紹介する「マリヤシェイク」は、石垣島離島ターミナル内「七人本舗(ななぴぃとほんぽ)」で食べることができます。
じつはこのマリヤシェイク、同じ離島ターミナル内にある定期観光フェリーでおなじみのドリーム観光の方に「これはうまいから」とおすすめしてもらった一品。
地元の方もお墨付きの離島スイーツを召し上がれ。

続きを読む

欠航率5割超?!波照間島行きに欠かせないフェリーのじつは

波照間島
波照間島は、石垣島からフェリーでアクセスする必要がありますが、これがちょっと大変。欠航が多かったり、船揺れが激しかったりして、せっかくの旅行の予定が狂ってしまうこともあるのです。
波照間島に行くときには、事前にフェリーの選び方や乗り方を勉強しておいた方がよさそうです!
今回は、失敗が少ない波照間島フェリーの利用方法を紹介します。

続きを読む

食べるラー油発祥│「辺銀食堂」でいただくユニークな無国籍料理

辺銀食堂Photo by Flickr:辺銀食堂 / Ippei Suzuki

石垣島には地元の食材を楽しめるお店がたくさんあります。

中でもおすすめしたいお店が、「辺銀食堂」。
食べるラー油ブームのはしりとなった、石垣島ラー油を生み出した辺銀夫妻のお店です。

夫妻が営む辺銀食堂は、自然と健康にこだわった予約必須の人気店。中国出身のご主人のレシピと、沖縄料理を合わせたオリジナルメニューが中心です。

島の食材を生かした料理は、どれも化学調味料や添加物を使わない自然の味。

今回はそんな「辺銀食堂」の生い立ちから、じんわりとした美味しさが身に染みるおすすめメニューまでご紹介させていただきます!

続きを読む

石垣島の水平線に沈む夕日を見に、サンセットカヤックツアーへ

石垣島サンセットカヤックちゅらちゅら
石垣島に行ったら、澄みきったクリアブルーの海もいいですが、夕日に輝くオレンジ色の海もおすすめ。石垣島にはいくつものサンセットポイントがありますが、せっかくならカヤックで海に浮かびながらパノラマのサンセットビューに包まれてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

石垣島で満天の星を★観測スポット・星空ツアー・イベント

石垣島の星
日本の中でも南に位置する石垣島は、①観測できる星の数が多く、また空気がきれいで比較的大気が安定しており②星がきれいに(クリアに)見えるため、じつは星空観測のメッカ。
またその星空の美しさから、現在石垣市・竹富町では「星空保護区」※への登録を目指し、2017年7月にはいよいよ登録申請とその機運が高まってます。
今回は、そんな石垣島の星空を楽しむ「観測スポット」「星空ツアー」「イベント」をお教えします。

※星空保護区とは
国際ダークスカイ協会(IDA)が、美しく星空が見られる場所と認定した場所。2017年6月時点では世界で82カ所が認定されている。

続きを読む

お土産にもGOOD!地元スーパー・コンビニで買える「沖縄限定」

沖縄限定旅先で地元のお店を見てまわるのって楽しいですよね。
特に沖縄であれば、独自の文化を色濃く反映した「沖縄限定」の商品が多いこと。

地元スーパーマーケットはもちろん、街のいたる所にあるコンビニでも「沖縄限定」をたくさん見つけられます。

今回は、沖縄にあるコンビニと石垣島のスーパーマーケットで「沖縄限定」を探しに行ってきました。

続きを読む

グルメ人気ランキング1位!新感覚の八重山そばの平良商店

平良商店
平良商店は、オーナーが「石垣島のローカルファストフード」と自称する新感覚の八重山そばの店。

石垣島の中心部、離島ターミナルすぐの730交差点から空港方面へ国道390号線を歩いて10分ほど、海に面した幹線沿いにお店はあります。
お店の前面はウッドデッキのバルコニーになっていて、店名の書かれたサーフボードが目印。

お店のイチオシは「辛味噌野菜そば」。
平良商店の辛味噌野菜そば、人気ランキングで1位になったり、受賞歴もある地元民の折り紙付きの味。
八重山そばのバリエーションも多いですし、またそば以外の定食も充実。

平良商店でガツンと八重山そばを堪能しましょう!

続きを読む

そばが売り切れたら店じまい・人気の八重山そばの店・来夏世

来夏世
「来夏世」という店名がまず普通は読めないですね。これで、「くなつゆ」と読みます。
石垣島の言葉で、来世の五穀豊穣を願うという意味があります。

来夏世は石垣島出身のオーナーが手がける八重山そばのお店で、味にうるさい地元民もあしげく通います。
また、緑豊かな木々のなかある古民家を利用した店舗も雰囲気があっていい!

お昼の3時間だけ、いや、おそばが売り切れたら店じまい。
石垣島へ行ったら、ぜひとも時間をつくって訪ねていただきたいお店です。

続きを読む

石垣島在住ライターおすすめ!ぜひ行っていただきたい石垣島ランチ

石垣島ランチ公園茶屋
沖縄本島から飛行機で1時間。石垣島を中心とする八重山諸島には、沖縄本島とはひと味違った独自の食文化が根づいています。
島の食材を使ったレストランや海の見える絶景カフェなど、石垣島・八重山諸島には魅力的なお店がたくさん!限られた滞在期間ではどこのお店に行くべきか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、食べるの大好き・石垣島在住の筆者が、石垣島・八重山諸島を訪れる皆さんにぜひ行っていただきたいおすすめのお店をご紹介します。

続きを読む

川平湾だけじゃない!知られざる川平湾周辺のランチ・お食事処巡り♪

川平湾

石垣島観光で必ず外せない観光スポットとして今や定番の川平湾。
時間帯によって海の色が変わる不思議な美しい海を一目見ようと、多くの観光客で毎日賑わっています。

そんな川平湾の周辺には意外と知られていない、お食事処の名店が数多くあるのをご存じでしょうか。
観光がてらにランチができるお店はもちろん、ディープな石垣島を楽しみたいという方には夜の川平は最もアツいスポットだと私は思います!

地元住民が愛する川平の泡盛《於茂登》を呑みながら、美味しい料理に舌鼓。
旅で出会った仲間と一緒に食事やゆんたくを楽しめるのも、石垣島ならではの最高の思い出ですよね。

川平湾を見に行ったついでに立ち寄ると言うよりも、このお店のために川平に行くべき!と言えるほど、とてもオススメな川平のお食事処をご紹介します♪

続きを読む

石垣島の星空を満喫♪隠れ家農園バー「BAR Live Free」

夜の観光農園「Bar Live Free」外観イメージ

石垣島の新スポット、夜の観光農園「Bar Live Free」が10月にオープンしました!

昼間は月桃や島バナナ、パパイヤ、島野菜などを栽培している農園ですが、夜は美しい星空が楽しめるバーとして営業を始めました。

市街地からは少し離れた於茂登岳の麓にあり、広い園内を自由に移動しながら好きな所でお酒を楽しめるという、今までにない新感覚のバースタイルです。

世界で最も美しい星空が見られる場所を認定する「星空保護区」に国内で初めての認定を目指し、活動に取り組んでいる石垣島。

こんな場所を求めていた!と行ってみれば、きっと思うはず・・・♪
遊び心満載の大人の隠れ家で、最高の星空と最高の思い出を!

続きを読む

海を渡る水牛車に乗って由布島へ…南の島の小さな楽園!

由布島 水牛車イメージ

亜熱帯の楽園、西表島。

暖かな気候ならではの進化を遂げた植物や動物が豊富に生息している、大自然が魅力の島です。

そんな西表島に行くなら、絶対外せないのが由布島です!
島全体が亜熱帯植物園となっており、色とりどりの植物を一年中楽しむことができます。

由布島といえば西表島から水牛車に乗って島へ渡ることで有名ですが、島内は一体どんな所になっているのか気になりますよね。

まだ由布島に行ったことのない方や、これから西表島へ旅行を検討している方に必見の、由布島の魅力をお届けします♪

続きを読む

石垣島からゆく離島めぐり!9島紹介&体験レポ

石垣島 離島 トップ

沖縄をとことん満喫したいなら、離島トリップが最適です。
「これぞ沖縄!琉球!」という町並みや、(ありきたりな表現ですが)夢のような美しさの海・緑・星空が楽しめます。

でも、離島に興味をもっても、ちょっと不安になる方もいらっしゃるでしょう。
どうやって行けばいいの?
どんな場所なの?
時間や旅費はどれくらいかかるの?などなど……

そんな離島ビギナーにとって、石垣島は強い味方!
石垣島離島ターミナルからは毎日何便もの離島往復船がでていて、とっても手軽に離島めぐりが楽しめるんです。

続きを読む

海外に負けない日本の秘島!新城島(パナリ)の海でシュノーケル体験

パナリ島シュノーケルツアー体験

パナリという島をご存じでしょうか?

パナリとは「離れ」という意味で、八重山諸島に属する新城島という島のことをいいます。

新城島下地島上地島の隣接する二島からなる島で、干潮になるとリーフを歩いて島を渡ることができるそうです。
かつて数百人もの人が住んでいましたが、今はわずか10人ほどの人が静かに暮らしています。

この島へ行く定期船はなく、島を訪れるには観光ツアーに参加することが一つの手段です。

沖縄随一の海の美しさと透明度を誇り、生き物も豊富に生息していることから、知る人ぞ知る絶好のシュノーケルポイントになっています!

今回、パナリツアーをされている上地観光さんのお世話になり、パナリブルーの美しい海でシュノーケル体験をし、島の魅力を堪能してきました♪

続きを読む

まだ行ったことない?「瑠璃の島」鳩間島をのんびりお散歩旅♪

鳩間島

鳩間ブルーといわれるほど、八重山屈指の海の美しさを誇る鳩間島(はとまじま)!
民謡「鳩間節」の発祥の島であり、昔ながらの文化や自然が今も多く残されていています。

まだ行ったことないなんて、もったいない!

日帰りでも十分楽しめるので、離島めぐりにぜひ訪れるべき島のひとつです。

観光地としてはまだまだ知られていない鳩間島ってどんな島なの?何が見どころなの?
行く前に知っておきたい鳩間島の魅力や観光スポットなどの情報を、ぶらりと散策しながら探ってきました♪

続きを読む

人気の「石垣島天文台」で、日本随一の星空を鑑賞しよう!

石垣島天文台 ドーム石垣島にある「石垣島天文台」は、日本有数の大きさの望遠鏡もさることながら、無料で参加できる一般向け観測イベントでも知られる施設。

とくに、無料で参加できる「4D2U(4次元宇宙映像)鑑賞会 」と「天体観望会」が人気です!
ここでは、日本一の星空と言われる石垣島に作られた「石垣島天文台」の魅力をご紹介します。

続きを読む

海底遺跡を一度は見たい!与那国島ダイビングの魅力と知っておきたいコト

与那国島 ダイビング

日本最西端の与那国島は、日本で最後に太陽が沈む島として有名。
数々の観光スポットやのんびりとした島の独特な風景、与那国馬など見どころがいっぱいです。

その与那国島でも注目のスポットといえば……

海底遺跡!
世界でも10箇所にも満たない海底に潜む遺跡のうちの1つなので、かなり見ごたえあるものがいっぱいあります。
まだ遺産認定はされていないのですが、いつか認定されるやも知れない遺跡を先取り!

「これは遺跡である!」と、ご自分でも納得できるハズ。

というコトで今回は、一歩入れば別の惑星に来たのでは?と思うほどの圧巻の景色についてや他に見られる大物、そしてダイビングを全力でサポートしてくれるショップさんをご紹介していきたいと思います。

続きを読む

八重山諸島、どこの島へ行く?島のマストポイントはココ!

八重山諸島観光まとめ
沖縄本島からさらに南西へ約400㎞。石垣島とその周辺に広がる島々を総称して「八重山諸島」と呼びます。
八重山諸島は石垣島含め、10の島々(有人島)からなり、その玄関口となるのが石垣島です。

石垣島から各周辺離島(与那国島除く)へは高速船で行くことができます。

どの島にもそれぞれ魅力があり、すべて足を運んでほしいのですが、、、限られた日程の中ですべての島へ行くのは無理!

ということで、どこの島へ行ったら良いか迷ってしまうあなたのために、八重山諸島の島々を簡単にご紹介します。

また、短時間で確実に「島の良さ」を体感していただくために、ここだけは行ってほしいマストポイント!という島のおススメポイントもご紹介しちゃいます。

八重山諸島の離島めぐりの参考に、ぜひお役立てください!

続きを読む

森も海も大自然!”西表島でダイビング”のココが魅力です!

西表島ダイビング

八重山の中でも屈指の自然が残る西表島。
山も海も楽しめるネイチャー・アイランドとして、アクティブさを求めに多くの方が訪れます。

もちろんダイビングも数々の有数スポットがあり、西表ならではの景観も楽しめるコトも。

ではいったい西表島でダイビングをすると、どんなステキなコトが待っているのでしょうか?
今回はその魅力についてご紹介してきたいと思います。

もちろん初めての方も体験できますので、ぜひ読んでみてくださいね♪

続きを読む

石垣島でダイビングしたい!日本有数のダイビングスポットの魅力♪

石垣島 ダイビング

一度は潜って見てみたい海の世界。
自然に生きる魚たちはもちろんのこと、美しいサンゴ礁や白い砂浜、地形を辿るなど・・海底には青の神秘が待っています。

ライセンス持ってないしという方も、体験ダイビングでその世界を覗くコトができるので、ぜひ勇気をもって一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

今回は、石垣島でダイビングをする魅力やオススメ情報をご紹介したいと思います。

続きを読む

石垣島で生まれた「養殖真珠」が実はすごかった!「世界初の養殖真珠」物語

石垣島 人魚姫

石垣島といえば、有名なのが「川平湾」ですが、この川平湾から生まれた「世界初」のものがあります!

それが、女性ならだれもあこがれる海の宝石「真珠」です。

幻の真珠と呼ばれる黒蝶真珠の養殖に、世界で初めて成功したのが、石垣島川平湾なのです。

石垣島 川平湾

石垣島産の真珠があることは知っていましたが、まさか世界初だったとは!

そこで今回は、世界に誇る美しい川平湾だからこそ生まれた海の宝石、「石垣島産の黒蝶真珠」についてご紹介します。

続きを読む

石垣島でも本格エイサーが楽しめる!「明石エイサー祭り」

石垣島 エイサー

沖縄のお盆といえば「エイサー」ですが、石垣島のお盆といえば「アンガマ(八重山地方に伝わる伝統行事で、あの世からお面をつけた爺・婆が現世に来訪する行事)」が有名です。

そんな石垣島でも本格エイサーが楽しめる地域があるのです!それが石垣島北部にある明石地区です。

エイサーの太鼓の音を聞くとチムドンドン(心がワクワク)してきますよね!

そこで今回は、石垣島で唯一楽しめる本格エイサー「明石エイサー祭り」をご紹介します。

続きを読む

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.