▼ 本島中部の記事一覧

サンセットディナーは北谷エリア! 空から目が離せない魅惑の2時間

北谷 サンセットディナー シーサイドから臨むトワイライト北谷といえば、美浜アメリカンビレッジ。

ショッピングもグルメもエンターテイメントも揃うシティリゾートで、その名の通りアメリカンな街並みはフォトスポットとしても人気です。

そして、西海岸に沈むサンセットが望めるシーサイドエリアは、定番のサンセットスポット。
2019年4月には海沿いの遊歩道がリニューアルしてとっても広くきれいに生まれ変わりました。

今回は美浜アメリカンビレッジのシーサイドエリアからのサンセットの楽しみ方と、おすすめのサンセットディナーをご紹介しましょう!

続きを読む

BIGKNOT発チキンオーバーライスは沖縄の新ソウルフードへ!?

BIGNOT チキンオーバーライス美浜アメリカンビレッジがある北谷の中心地から少し離れた、ここは北谷町。

ロケーションフォトで人気のアラハビーチがある、北谷のなかでも少し静かなエリアです。

そこに2019年1月にオープンしたのは、チキンオーバーライス専門店「BIGKNOT」。

ずっしり重たいボリュームとスパイシーな味付けで人気が高い、トルコ生まれでニューヨーク育ちのソウルフードです。

異国文化が交じり合う沖縄でも、チキンオーバーライス専門店はここだけ。今日のランチはタコライスから変更だ!

続きを読む

北谷で大人気のかき氷専門店「氷ヲ刻メ」が異色だらけで気になる!

氷ヲ刻メ 店舗ロゴアメリカンな空気漂う北谷エリアに、なにやらSNSで騒がれているかき氷屋を発見。

店主はなんと格闘家!

かわいいオブジェや店主好みのポスターなどに囲まれ出来上がりを待ちわびていると、こんもり&ふわふわの絶品かき氷が登場。

こんなの美味しいに決まってます♡ この夏にブームに火が付いて、午後に訪れると満席や1時間待ちということも・・・。

ぜひ午前中を狙って来店を。
そしてふたりでひとつと言わずに、ひとりひとつ注文して、色々な味と美しいビジュアルをシェアして楽しんで♪

続きを読む

読谷村で沖縄伝統工芸品・読谷山花織&読谷山ミンサーにふれる旅

読谷村 伝統工芸品 読谷山花織 マースストラップはいたい!
沖縄っ子ライターのCayun(きゃゆん)です。

沖縄には数多くの伝統工芸品がありますが、みなさんは「読谷山花織(ゆんたんざはなうい)」・「読谷山ミンサー(ゆんたんざみんさー)」って知っていますか?

実は、沖縄県中部の読谷村(よみたんそん)に伝わる、由緒正しい伝統工芸品のひとつなんです。

今回はその魅力を探るべく、コースターの手づくり体験もできる「伝統工芸総合センター」へ!

自分だけのオリジナル作品はじめ、想いを込めて織られた品々は、とっておきのお土産になること間違いナシです♪

続きを読む

沖縄旅行リピーターも必見!読谷村でパークゴルフ+市場散策しない?

沖縄 パークゴルフ トップはいたい!
沖縄っ子ライターのCayun(きゃゆん)です。

突然ですが、みなさん「パークゴルフ」ってプレーしたことありますか?

沖縄にはロケーションも抜群のパークゴルフ場が県内各地に存在し、南国らしいロケーションの中で季節を問わず気軽に楽しめるアクティビティであることから、観光客の間でもブームが到来しそうな予感なんです!

今回は、読谷村(よみたんそん)にパークゴルフ場がオープンしたと聞きつけ、実際に体験。さらに、プレー後に立ち寄りたいグルメ&お土産スポットまで、欲張りに紹介します♪

続きを読む

こんなタコス今まで沖縄になかった!エスパーザーズタコス&コーヒー

エスパーザスタコス 看板沖縄のソウルフードのひとつ、タコス。専門店は数あれど、そのなかでもひときわスタイリッシュで異国情緒漂うタコス専門店を北谷に発見。

よくある沖縄のタコスは、ミート・レタス・トマト・チーズ、のような組み合わせですが、こちらのタコスはチョリソーやサワークリーム、コリアンダーなんかも登場し、バリエーション豊富。

しかもボリュームがすごい! 口のまわりにソースがついちゃうのなんて気にせず、大きな口でがぶりとほうばろう。

続きを読む

テラス席から海を臨む!和牛カフェKAPUKAで旅の休憩をしよう

和牛カフェカプカ 外観沖縄屈指のリゾートエリアとして名高い、北谷美浜(ちゃたんみはま)。
エリア一体には個性があふれるカフェが軒を連ね、連日多くの観光客でにぎわっています。

せっかくココに訪れたからには、休憩中もリゾート気分に浸りたいですよね!
海を横目にいただくお食事は、不思議といつもより美味しく感じるものです。

というワケで、今回はオーシャンフロントにテラス席を構えるカフェ「カプカ」を訪問。
トロピカルな雰囲気に包まれながら、束の間のティータイムを楽しんできました。

続きを読む

自然のパワーを体で感じる!「果報バンタ」の見どころをご紹介

果報バンタ トップ

那覇から車を走らせること、約1時間。海中道路を抜けてくるまで行ける離島、うるま市宮城島。

その宮城島の先端に位置する絶景ポイント「果報バンタ(かふうばんた)」をご存じでしょうか?

果報は、沖縄の言葉で幸福。バンタは、崖を意味し、別名「幸福の崖」。

ここに来ると幸せになれる言い伝えもあるのです。

離島でありながら、車でアクセス可。しかもパワースポットと聞いたら、行かない訳にはいきません。

今回は、そんな「果報バンタ」の魅力と、併せていきたいスポットを紹介していきます。

続きを読む

~中年フォトグラファーの島散歩~「海の駅あやはし館」編

海の駅 あやはし館 外観

車社会の沖縄で、道の駅は欠かせない存在。

ドライブ休憩はもちろん、お食事やご当地のお土産ゲットにもピッタリな場所ですよね。

今回ご紹介する「海の駅あやはし館」は、レンタカーで沖縄本島を観光される方々の注目エリア「海中道路」のド真ん中に位置する海の駅です。

建物がエメラルドグリーンの海に囲まれた、絶好のロケーションとなっています。

それでは、安全運転で出発進行!
今回も中年フォトグラファー目線で、あやはし館にググっと迫ってみましょう。

続きを読む

沖縄のローカルでも入手困難?!いま注目のおやつ屋3選

沖縄 ローカル おやつ 羊羊 外観
沖縄旅行中のおやつといえば、かき氷やぜんざい、トロピカルドリンクやスムージー。

どれも沖縄を感じられる人気おやつですが、ツウなあなたはもう一歩踏み込んで。

卵や乳製品不使用の焼き菓子や完売必至の和菓子、週に1日営業の焼き菓子屋など、旅程を調整してわざわざ訪れたい、今注目のおやつ屋をご紹介します。

美味しいおやつにありつくだけでなく、ため息こぼれる店内に見惚れたり、素敵な作り手の方との会話を楽しんだり、五感フル稼働でその魅力を感じて。

続きを読む

【2020年版】沖縄本島の花火大会まとめ|沖縄の夜も楽しんじゃおう!

沖縄 花火 大会

あたたかくなって上がるのは気温だけじゃないですよ、花火もあがります!
次の日に備えてサクッと寝るのもいいですが、せっかくなら南国の夜風の中花火大会に行くのもいいじゃないですか!

今回は、沖縄の主要な花火大会をご紹介します。
花火に星に、とっておきの沖縄の夜をお過ごしください。

続きを読む

ローカル御用達!沖縄のハイセンスなセレクトショップI HOPE SO

I HOPE SO 沖縄 店内に陳列された商品沖縄に来たら沖縄らしいことをして、沖縄らしいものをお土産に買う。そんなスタンダードを今回は、崩してみましょう。

オーナーのセレクト力の高さからローカルを中心に人気を集めるセレクトショップ「I HOPE SO -GENERAL STORE-」(以下、I HOPE SO)。

クールな店内にはついつい自分へのご褒美に買いたくなってしまうアイテムが並び、時折顔を覗かせるシーサーにじんわりと“沖縄感”を感じる。

初沖縄の人も、リピーターの方も、“沖縄らしさ”の呪縛から離れたお土産探し、楽しんでみませんか?

続きを読む

HOLD BY HANDのソフトクリームでSNS映えな1枚を!

HOLD BY HAND 店舗 外観北谷「美浜アメリカンヴィレッジ」に2018年12月にオープンの「HOLD BY HAND」は、ソフトクリームとフライドポテトの専門店。

“甘くて冷たい”と“熱くてしょっぱい”の、合わせ技を楽しめます。

トッピング豊富なソフトクリームや淡い色味がかわいいボトルドリンク、そして店舗の佇まいもすべてがSNS映えすると、さっそく女子に大人気!

国内には2店舗しかないので、北谷に訪れたらクールダウン&写真撮影をしに訪れてみよう。

続きを読む

2018年11月オープン「うるマルシェ」で沖縄の食文化を体感!

うるマルシェ 外観「うるマルシェ」は沖縄の食を発信するべく、2018年11月にうるま市にオープンしたニュースポット。

うるま市を中心とした農水産物の直売所で、地元の人の食を支えつつ、観光客にとっては沖縄の食材を間近で触れられる場所です。

県産野菜や南国フルーツはもちろん、色あざやかな県魚や豪快な肉コーナーもお見逃しなく!

ぶらぶらして沖縄の食文化を体感したあとは、フルーツや加工品をお土産としてどっさり買い込んで。

続きを読む

~中年フォトグラファーの島散歩~「MOTHER COFFEE」編

MOTHER COFFEE 看板ハイサイ!
那覇市在住、中年フォトグラファーの佐藤です。
全国的に冷え込む日が続いているそうですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

ここ沖縄は1月下旬でも気温は20℃前後、まさに避寒地にはピッタリですよ。

それでも気温が20℃を切ると、地元では「今日は寒い」と感じます。
観光でいらした方との感覚の違いが面白いですね。

今回はオシャレなお店が続々とオープンしてきている北中城(きたなかぐすく)エリアを散歩中、ふと見つけたカフェ「MOTHER COFFEE」をご紹介します。

落ち着いた雰囲気の中で、名物メニューのダッチパンケーキを堪能してきました。

続きを読む

カタチに残る思い出を、「琉球ログア」で可愛いキャンドル作り体験

琉球ログア 海モチーフキャンドル沖縄旅行の体験メニューといえば、やちむんやシーサー、琉球ガラスなどを作るものがメジャー。

でも、少し変わったもの&可愛いものを作りたいという方におすすめなのが、キャンドル作り体験。

好きな色を選んでグラデーションを作る作業は、子どもはもちろん、大人でもウキウキ!

今回は、沖縄のおしゃれなショップで見かける「琉球ログア」でキャンドル作り体験をしてきました。

可愛くカタチに残る思い出、作ってみませんか?

続きを読む

沖縄チョコレートに恋して♡Jacaranda Blueで至福の1粒

Jacaranda Blue 沖縄しょこら マカロン気持ちをホッとさせたいとき。
頑張った自分にご褒美をあげたいとき。
明日も元気に過ごしたいとき。

とびきりの香りと甘さで、私たちの心と体にパワーをくれる魔法の食べ物―――チョコレート。

今回は、そんなとっておきのチョコレートを探しに、宜野湾の「Jacaranda Blue」へ行ってきました。

“温暖な沖縄でチョコレート”と聞くと少し意外な感じもしますが、原料となるカカオ豆は高温・多湿な地域で栽培される熱帯の植物。

暑さに負けそうなとき、暑い場所で育ったものを食べるというのは、実は人の体にとってとても理に適ったことなのだそうです。

南国・沖縄だからこそ味わえる、とっておきの1粒を探す旅へ、出発です!

続きを読む

読谷村に誕生した「まいにち食堂」は地元客が愛しはじめた沖縄そば屋

まいにち食堂 看板美味しいパン屋やおしゃれカフェが集まる読谷村。

最近では沖縄そば屋が増える中、2017年にオープンの「まいにち食堂」が地元で大人気と聞き、行ってきました。

イエローの外観はとてもそば屋には見えず、店内に入ってもまるでカフェ。

ところがそばの味は本格派で、その出汁のおいしさが地元客を魅了しているのだそう。

キッズスペースがあったり、椅子がカラフルでポップな雰囲気だったり、ちょっと異色の沖縄そば屋「まいにち食堂」の魅力を探ります。

続きを読む

~中年フォトグラファーの島散歩~瑠庵+島色編

瑠庵+島色ハイサイ!那覇市在住、中年フォトグラファーの佐藤です。

今日も今日とて、とても暑い。
毎日30℃超えの日が続き、歩いているだけでも溶けそうです。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

今回はそんなうだるような体に暑気払い!
うるま市「瑠庵+島色(ruan+shimairo)」を訪問してきました。

話題のかき氷と陶芸ギャラリーとのコラボ店の様子を、つれづれなるままにお伝えします。

続きを読む

~中年フォトグラファーの島散歩~港川外人住宅ランチ編

港川外人住宅 ランチハイサイ!那覇市在住、中年フォトグラファーの佐藤です。
早いもので連載3回目、そろそろ覚えていただいた頃でしょうか?

今回島散歩してきたのは、那覇よりも少し北に位置する浦添市。
閑静な住宅街を歩いていると突如あらわれる、平屋造りの白い家が並ぶ「港川外人住宅街」が舞台です。

屈指のお洒落スポットとして名高く、ご存知の方も多いかもしれませんが、私もお気に入りの街。
個性的な雑貨屋やカフェが所狭しと並び、いつ訪れてもワクワクします!

時間のある休日、久しぶりにこちらでランチをしてきたので、その時の様子をご紹介。
琥珀色の透き通ったスープの沖縄そばをいただいたあと、新しくできたカヌレのお店でフルコース堪能してきました。

続きを読む

~中年フォトグラファーの島散歩~プラザハウスショッピングセンター編

プラザハウスショッピングセンターハイサイ!那覇市在住、中年フォトグラファーの佐藤です。
今回で連載2回目となりますが、改めて自己紹介を・・・。

生まれは北国東北の盛岡、その盛岡で30年間コツコツと勤め上げ退職。
生活の全てを軽のワンボックスにギュッと詰め込み、身ひとつで沖縄に上陸したのが2016年6月。今年で移住2年目を迎えます。

移住したてのころは、右も左もわからず道に迷ってばかりでしたが、最近ようやく島の地理もわかってきました。

ということで、今回はちょっと足を伸ばして、昭和世代が若いころ憧れたあの頃のアメリカに出逢える街「プラザハウスショッピングセンター」に行ってみましょう!

続きを読む

県産小麦使用の自家製生麺!「金月そば」は他とは違う美味しさがウリ

金月そば沖縄料理の代表とも言える沖縄そば。
ひとえに沖縄そばと言えどいろんな種類があり、お店によって出汁のベースが違ったり地域によって作り方や食べ方が違ったりするのを知ってましたか?

お店ごとに特徴があり奥が深い沖縄そばだからこそ、沖縄に来たら食べ歩きをしてみたくなりますよね。

今回はそんなあまたある沖縄そば店の中から、沖縄中部の読谷村に本店を構える「金月そば(きんちちそば)」をご紹介させていただきます。

きんげつ・きんつきと読んでしまいがちですが、沖縄の言葉で「きんちち」と読むんですよ!

続きを読む

オープンは週3日のみ!わざわざ行きたいスイーツ店「きのストアー」

きのストアーサトウキビ畑に囲まれた中にポツリと立っている「きのストアー」は、毎週木・金・土曜日の週3日だけオープンする、手作りのクッキーなどの可愛らしいお菓子が有名なお店。

決してアクセスの良い場所にあるとは言えないのですが、県内のみならず旅行者もわざわざ足を運ぶ人気店なんですよ。

今回はそんな「きのストアー」へのアクセス方法や、遠方でなかなか足を運べない方のためのネット注文方法などをご紹介します!

続きを読む

個性派飲食店が増加中の隠れグルメエリア「読谷村」イチオシ7店舗

石釜ピザ屋まるき

空港から車で約1時間、沖縄県の中部に位置する「読谷村」は、「やちむんの里」があったり、毎年2月に「読谷やちむん市」が開催されるなど、やちむんのイメージが強い場所。

南は北谷町、北は恩納村とビッグネームに挟まれ、”やちむん”に興味が無いと通り過ぎてしまいがちなエリアなのかもしれません。
が、じつはここ数年で個性が光るグルメなお店が増加し、グルメエリアへと変貌しつつあるのです!

心落ち着くカフェや素材にこだわったパン屋、沖縄県産フルーツを使ったジェラート店など、静かな村の中においしい飲食店が点在。
今回はわざわざ読谷村に行きたくなるようなイチオシの7店舗をご紹介します。

続きを読む

こだわりの品揃え「ポートリバーマーケット」│生活に沖縄色を添えて

ポートリバーマーケット沖縄県の中南部の浦添市にある、港川外人住宅街。

ここはかつて在日米軍家族が居住していたコンクリート平屋が立ち並ぶ住宅地でしたが、最近雑貨店やカフェに改装されたお店が次々とオープン。

なんてことのない住宅街に突如現れるおしゃれな空間は、今や県内外から多くの人が足を運ぶ観光スポットとなっています。

今回はそんな中でも、思わず手に取りたくなるような沖縄グッズ扱う「ポートリバーマーケット」を訪問。オーナー夫妻とおしゃべりしながら、お店の魅力を探ってきました!

続きを読む

北谷で海に近いおしゃれカフェ3選~太陽が海に沈むまでコーヒーブレイクを

北谷 カフェ
せっかく沖縄にいるんだから、海を見ながらゆっくりコーヒーやスイーツを楽しむ、という過ごし方もいいですよね。
アメリカンビレッジで有名な「北谷」エリアは沖縄の西海岸に広がる街。

異国感やリゾート気分が感じられて人気を集めるこのエリアには、最近おしゃれで洗練されたカフェが増加中!
今回は、その中でも海沿いにあるイチオシの3軒をご紹介します。

夕暮れ時に行けば、カフェから少し足を延ばして海に沈む太陽が見られるでしょう。

続きを読む

知っている人は行っている。イオンモール沖縄ライカム活用術

イオンモール沖縄ライカム活用術沖縄にあるイオンモールの中でも最大規模を誇る「イオンモール沖縄ライカム」。
広大な敷地には飲食店やファッション、映画館など充実のラインナップが揃います。

じつははここ、地元の人のためのショッピングモールかと思いきや、旅行者にとっても役立つスポットなのです。
今回は旅行中に立ち寄りたい「ライカム」の活用法を伝授します。

続きを読む

またやりたい!沖縄そば打ち体験@むら咲むら

沖縄そば打ち体験
旅の楽しみで大きなシェアを占める「食」。
沖縄旅行ならステーキ、マンゴー、タコライス、サーターアンダギーなどなど、沖縄特有のグルメネタが豊富ですが、
なかでも「沖縄そば」は外せない1品ではないでしょうか。

もちもちした麺に、旨味が効いただし汁、それにソーキやテビチ、三枚肉の豚肉のトッピング。

小腹が空いたら軽く1杯、ジューシーとセットにすれば立派なディナー。
ツルっともガッツリとでも、どんな時でも柔軟に胃袋に寄り添ってくれるのが沖縄そばのいい所。

沖縄そば好きな筆者、今回は食べるだけにとどまらず作ってしまおうという事で、読谷村にあるむら咲むらで沖縄そば打ち体験をしてきました。

続きを読む

インスタ映えスポット満載の東南植物楽園に行ってきた


南国沖縄に来たら、旅の思い出にとっておきの写真を撮りたいですよね。
定番の海やスイーツはもちろん押さえておきたいですが、人とは違った写真が撮れる穴場は無いかな・・・

と、そこでおすすめなのが、沖縄市にある「東南植物楽園」。

名前の通り南国ムードたっぷりの植物園なのですが、植物以外にも個性的&写真映えするスポットが満載です。
今回は東南植物楽園のおすすめ写真映えスポットを、インスタ風の写真でご紹介いたします!

続きを読む

恩納村・GOZZA|分厚いのに柔らかい名物カツサンドでランチを

gozza
なんといっても「カツサンド」。GOZZAに来てカツサンドを食べないなんて、“沖縄に来たのに海を見ない”くらいもったいない。

木が基調となる店内には、色鮮やかな絵が飾られとってもアーティスティック。
まったりとした時間に西海岸のサンセットが加わったら、これ以上ないくらい心地いい一日の終わりが訪れます。

「沖縄に来たのにカツサンド!?」なんて言わずに、一度お試しあれ。感動のひとくちが待っています。

続きを読む

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.