現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

▼ 本島中部の記事一覧

CAVE OKINAWAはムード満点ライトアップが魅力の鍾乳洞

cave-okinawa ライトアップ

沖縄の綺麗な海もいいけど、鍾乳洞もサンゴで出来た沖縄らしい自然美のひとつ。天気が悪くて行くとこが無い、涼しい場所を観光したいなんて方にも鍾乳洞はおすすめです。”CAVE OKINAWA”は希少な鍾乳洞とライトアップで浮かび上がるムード満点の空間が魅力の新感覚な鍾乳洞。地元では「ぬちしぬじガマ」(命をしのいだ洞窟)とも呼ばれているこの場所は、沖縄戦の際も戦闘による犠牲者が一人も出なかったことに加え、避難中に赤ちゃんが生まれたことからも縁起のいい場所とされています。

続きを読む

沖縄の定番観光地【万座毛】がパワーアップ!さっそく行ってきた!

万座毛

緊急事態宣言期間中、万座毛および万座毛周辺活性施設は臨時休業となります

万座毛(まんざもう)は沖縄のリゾートエリア恩納村にある絶景スポット。迫力のある景色が人気を集める沖縄の超定番観光地です。

2020年にはお土産屋さんや飲食店が入った商業施設「万座毛周辺活性化施設」がオープンし、さらに楽しめるスポットとなっています。

この記事では、万座毛から眺める絶景や万座毛周辺活性化施設の店舗紹介。行かなきゃもったいない「ウッドデッキ」の情報についてお届けします!

続きを読む

食べて寝て整って!大人の秘密基地GoMeは手作りサウナがあるカフェバー

GoMe

ジワジワと人気を集めているサウナ。じっくり汗をかいた後の水風呂、そして外気浴たるや、心も体もデトックス快感の極みですよね。

沖縄県恩納村には、好きが高じてサウナを手作りしちゃったカフェ&バー「GoMe(ゴーミー)」があります。

周囲を森に囲まれた自然豊かな空間には、サウナのほか、カフェ、バー、ホステルが揃っており、その全てがオーナー達の手作り。
そのクオリティたるや手作りの域をとうに超え、まさに”大人の秘密基地”なんです。

続きを読む

海中道路のんびりドライブ|カフェ・ビーチ・観光おすすめ立ち寄りスポット10選

海中道路 ドライブスポット

海中道路は、沖縄の中部「うるま市」に位置する与勝半島と4つの離島を結ぶ全長4.75kmの橋です。那覇空港からは車で1時間30分時間ほどの距離。

コバルトブルーに輝く海に囲まれたシチュエーションはドライブにぴったり!

そんな海中道路の先には手前から順に平安座(へんざ)島、浜比嘉島、宮城島、伊計島と4つの島が連なり、素朴で濃密な島時間を楽しめます。

この記事では海中道路を渡った先にある4つの離島と、離島ごとのオススメスポットについてお届けします!

続きを読む

コザ麦酒工房の特製ビールで楽しむ沖縄と酔いどれ

コザ麦酒工房

コザ麦酒工房は沖縄の中部エリア沖縄市にて地ビールを醸造しているスポットです。
バラエティ豊富なクラフトビールは1つ1つ違った個性を持ち、オーナーである大浜さんの「ビールづくりに妥協を許さない」というこだわりに溢れています。

また、ビールへのこだわりは名前までにおよび、沖縄らしさを感じさせるユニークなネーミングセンスも見逃せません。

この記事ではそんなコザ麦酒工房の地ビールから、ビールに合うおつまみ、店舗の紹介についてお届けします!!

続きを読む

レトロかわいい港川外人住宅|おすすめランチ・カフェ・雑貨

港川外人住宅

港川外人住宅は、もともと外国人の方の居住区だったものがリノベーションされ、オシャレな店舗へと生まれ変わったエリア。

歩いて回れるエリアに、センスの光る飲食店や、カフェ、雑貨屋さんといったショップが集まっています。

白く、四角い外人住宅の外観はどこかノスタルジックな雰囲気を帯びていますが、お店ごとの個性が光り、そのユニークさからカメラを片手に散策する人も多くいます。

この記事では、港川外人住宅のランチ・カフェ・雑貨のオススメ店舗を紹介していきます。

続きを読む

秘密の岩屋は絶好のサンセットポイント!自然美を感じるトゥマイグシクへ

トゥマイグシク

トゥマイグシクは沖縄の中部・読谷村の泊城公園内にあります。

観光地化はされていませんが、風化によって生まれた武骨な岩屋とその上に繁る熱帯の植物はまさに自然美の極み。

どことなくエキゾチックな雰囲気もあり、海に太陽が沈む夕暮れどきはなおさら。

この記事では、トゥマイグシクの魅力から、アクセス、隣接する泊城(とまりぐすく)公園についてお届けします!!

続きを読む

カラフルな店内に心奪われるバンブーカフェで名物ジャークチキンを食べてきた

バンブーカフェ
BambooCafe(以下バンブーカフェ)は沖縄市にある本場ジャマイカの味が堪能できる「ジャークチキン」が名物のカフェです。

ジャークチキンの評判は地元テレビや雑誌など様々なメディアに取り上げられるほどで、一口食べればスパイシーでジューシーなジャークチキンの虜。

また、料理だけではなく、つい心を惹かれるのが日本にいることを忘れてしまいそうになるカラフルな店内。一歩足を踏み入れれば広がるのは、まるで南国を連想させる世界観で、沖縄の空気とも相性good!

この記事ではバンブーカフェの店内紹介から名物料理のジャークチキン、基本情報についてお届けします!!

続きを読む

BEACH51の行き方|「岩の窓」が人気のフォトスポット

BEACH51 行き方

今回は恩納村にある人気フォトスポット「BEACH51」の行き方をご紹介します。

BEACH51(ザネー浜)といえば”岩の窓”とその奥に広がる青い海のコントラスト。

海を背景に窓枠に座って撮れば、非日常感たっぷり沖縄らしさ満点の1枚に。

BEACH51は、サトウキビ畑を通り抜け、藪を抜けた先にあります。

観光地化されていない、自然のままの砂浜と海をお楽しみください。

続きを読む

癖が強い街「コザ」のセンベロ8選!千鳥足で夜散歩のススメ

コザ センベロ

沖縄と聞けば、何をイメージしますか?きっと多くの人が青い海や自然といった「リゾート」を想像されるはず。

ところが、そのイメージからかけ離れているにも関わらず、いわゆる”通”な方から愛されているスポットがあります。

それがコザ。

コザは沖縄県中部ある沖縄市の中心エリアの名称。
戦後米軍基地の門前町として栄え、沖縄・アメリカ両方の文化が混在した独特な街並みが広がり、歩くだけで街の個性をひしひし感じられます。

最近はコザにせんべろを楽しめるお店が増えてきており、ディープな街の夜をはしご酒で楽しむ人も増えています。

そこでこの記事では、コザでせんべろが楽しめる店舗を一挙にご紹介。
コザのせんべろナイトを楽しんでみてください。

続きを読む

【沖縄プチ移住】沖縄&アメリカ文化が混ざり合う街|③コザ

沖縄 移住 コザ

会社を辞めて家を捨て、沖縄プチ移住生活をしているNOMADOKAです。

那覇・安里からスタートし、宜野湾での生活を経て、やってきたのは「コザ」。

この記事では、コザに滞在して感じた魅力やグルメ情報を、移住者目線で紹介します!

続きを読む

アメリカンビレッジ『デポセントラル』のおすすめ8選

デポセントラル レクー プール

「美浜アメリカンビレッジ」は、アメリカンテイストの外観がおしゃれなショップや、絶品グルメ、思わず写真に撮りたくなってしまうようなカラフルな建物が立ち並ぶ人気の観光スポットです。
その美浜アメリカンビレッジに2020年3月にOPENした新エリア「デポセントラル」。
今回は、おしゃれなカフェや三味線ライブが聞けるお店まで見所がかなり増えたデポセントラルの楽しみ方8選をご紹介いたします。
これから行かれる方は要チェックですよ♪

続きを読む

絶景カフェ「星野リゾート バンタカフェ」の魅力的な4エリアをご紹介♪

星野リゾート バンタカフェ

読谷村の、崖で縁取られた入り江にある絶景カフェ「星野リゾート バンタカフェ」(以下バンタカフェ)。

入り江の中には趣向の異なる4つのエリアが点在しており、それぞれ雰囲気が全く異なりまるでカフェ全体がテーマパークのよう。
また季節ごとにイベントも催され、楽しませてくれます。
今までにはやちむん市やアートフェスなど開催されてきましたが、2021年7月1日~8月31日は常夏トロピカルフェアを開催。
マンゴーやパイナップルなど夏が旬のフルーツを楽しめるイベントですよ。
※イベント詳細はコチラ

お料理はドリンクや軽食の他、カラフルなスイーツやモーニングのほか夕方時間帯限定のメニューもあって、色々試したくなる!
この記事ではバンタカフェの4つのエリアやお料理についてご紹介します。
場所、お料理、時間を組み合わせて、あなたのお気に入りを見つけてくださいね。

続きを読む

【沖縄プチ移住】海を求めて便利タウン那覇を去った|②宜野湾市

沖縄 長期滞在 宜野湾
健康で自分らしい人生を求めて、脱OLし沖縄長期滞在中のNOMADOKAです。

那覇・安里からスタートした長期滞在、2週間の那覇ライフを経て、海を求めて拠点を宜野湾市に移すことにしました。

今回は、宜野湾市の特徴やグルメ情報などを長期滞在目線でご紹介していきます!

続きを読む

サンセットディナーは北谷エリア! 空から目が離せない魅惑の2時間

北谷 サンセットディナー シーサイドから臨むトワイライト北谷といえば、美浜アメリカンビレッジ。

ショッピングもグルメもエンターテイメントも揃うシティリゾートで、その名の通りアメリカンな街並みはフォトスポットとしても人気です。

そして、西海岸に沈むサンセットが望めるシーサイドエリアは、定番のサンセットスポット。
2019年4月には海沿いの遊歩道がリニューアルしてとっても広くきれいに生まれ変わりました。

今回は美浜アメリカンビレッジのシーサイドエリアからのサンセットの楽しみ方と、おすすめのサンセットディナーをご紹介しましょう!

続きを読む

BIGKNOT発チキンオーバーライスは沖縄の新ソウルフードへ!?

BIGNOT チキンオーバーライス美浜アメリカンビレッジがある北谷の中心地から少し離れた、ここは北谷町。

ロケーションフォトで人気のアラハビーチがある、北谷のなかでも少し静かなエリアです。

そこに2019年1月にオープンしたのは、チキンオーバーライス専門店「BIGKNOT」。

ずっしり重たいボリュームとスパイシーな味付けで人気が高い、トルコ生まれでニューヨーク育ちのソウルフードです。

異国文化が交じり合う沖縄でも、チキンオーバーライス専門店はここだけ。今日のランチはタコライスから変更だ!

続きを読む

北谷で大人気のかき氷専門店「氷ヲ刻メ」が異色だらけで気になる!

氷ヲ刻メ 店舗ロゴアメリカンな空気漂う北谷エリアに、なにやらSNSで騒がれているかき氷屋を発見。

店主はなんと格闘家!

かわいいオブジェや店主好みのポスターなどに囲まれ出来上がりを待ちわびていると、こんもり&ふわふわの絶品かき氷が登場。

こんなの美味しいに決まってます♡ この夏にブームに火が付いて、午後に訪れると満席や1時間待ちということも・・・。

ぜひ午前中を狙って来店を。
そしてふたりでひとつと言わずに、ひとりひとつ注文して、色々な味と美しいビジュアルをシェアして楽しんで♪

続きを読む

読谷村で沖縄伝統工芸品・読谷山花織&読谷山ミンサーにふれる旅

読谷村 伝統工芸品 読谷山花織 マースストラップはいたい!
沖縄っ子ライターのCayun(きゃゆん)です。

沖縄には数多くの伝統工芸品がありますが、みなさんは「読谷山花織(ゆんたんざはなうい)」・「読谷山ミンサー(ゆんたんざみんさー)」って知っていますか?

実は、沖縄県中部の読谷村(よみたんそん)に伝わる、由緒正しい伝統工芸品のひとつなんです。

今回はその魅力を探るべく、コースターの手づくり体験もできる「伝統工芸総合センター」へ!

自分だけのオリジナル作品はじめ、想いを込めて織られた品々は、とっておきのお土産になること間違いナシです♪

続きを読む

沖縄旅行リピーターも必見!読谷村でパークゴルフ+市場散策しない?

沖縄 パークゴルフ トップはいたい!
沖縄っ子ライターのCayun(きゃゆん)です。

突然ですが、みなさん「パークゴルフ」ってプレーしたことありますか?

沖縄にはロケーションも抜群のパークゴルフ場が県内各地に存在し、南国らしいロケーションの中で季節を問わず気軽に楽しめるアクティビティであることから、観光客の間でもブームが到来しそうな予感なんです!

今回は、読谷村(よみたんそん)にパークゴルフ場がオープンしたと聞きつけ、実際に体験。さらに、プレー後に立ち寄りたいグルメ&お土産スポットまで、欲張りに紹介します♪

続きを読む

こんなタコス今まで沖縄になかった!エスパーザーズタコス&コーヒー

エスパーザスタコス 看板沖縄のソウルフードのひとつ、タコス。専門店は数あれど、そのなかでもひときわスタイリッシュで異国情緒漂うタコス専門店を北谷に発見。

よくある沖縄のタコスは、ミート・レタス・トマト・チーズ、のような組み合わせですが、こちらのタコスはチョリソーやサワークリーム、コリアンダーなんかも登場し、バリエーション豊富。

しかもボリュームがすごい! 口のまわりにソースがついちゃうのなんて気にせず、大きな口でがぶりとほうばろう。

続きを読む

テラス席から海を臨む!和牛カフェKAPUKAで旅の休憩をしよう

和牛カフェカプカ 外観沖縄屈指のリゾートエリアとして名高い、北谷美浜(ちゃたんみはま)。
エリア一体には個性があふれるカフェが軒を連ね、連日多くの観光客でにぎわっています。

せっかくココに訪れたからには、休憩中もリゾート気分に浸りたいですよね!
海を横目にいただくお食事は、不思議といつもより美味しく感じるものです。

というワケで、今回はオーシャンフロントにテラス席を構えるカフェ「カプカ」を訪問。
トロピカルな雰囲気に包まれながら、束の間のティータイムを楽しんできました。

続きを読む

自然のパワーを体で感じる!「果報バンタ」の見どころをご紹介

果報バンタ トップ

那覇から車を走らせること、約1時間。海中道路を抜けてくるまで行ける離島、うるま市宮城島。

その宮城島の先端に位置する絶景ポイント「果報バンタ(かふうばんた)」をご存じでしょうか?

果報は、沖縄の言葉で幸福。バンタは、崖を意味し、別名「幸福の崖」。

ここに来ると幸せになれる言い伝えもあるのです。

離島でありながら、車でアクセス可。しかもパワースポットと聞いたら、行かない訳にはいきません。

今回は、そんな「果報バンタ」の魅力と、併せていきたいスポットを紹介していきます。

続きを読む

~中年フォトグラファーの島散歩~「海の駅あやはし館」編

海の駅 あやはし館 外観

車社会の沖縄で、道の駅は欠かせない存在。

ドライブ休憩はもちろん、お食事やご当地のお土産ゲットにもピッタリな場所ですよね。

今回ご紹介する「海の駅あやはし館」は、レンタカーで沖縄本島を観光される方々の注目エリア「海中道路」のド真ん中に位置する海の駅です。

建物がエメラルドグリーンの海に囲まれた、絶好のロケーションとなっています。

それでは、安全運転で出発進行!
今回も中年フォトグラファー目線で、あやはし館にググっと迫ってみましょう。

続きを読む

沖縄のローカルでも入手困難?!いま注目のおやつ屋3選

沖縄 ローカル おやつ 羊羊 外観
沖縄旅行中のおやつといえば、かき氷やぜんざい、トロピカルドリンクやスムージー。

どれも沖縄を感じられる人気おやつですが、ツウなあなたはもう一歩踏み込んで。

卵や乳製品不使用の焼き菓子や完売必至の和菓子、週に1日営業の焼き菓子屋など、旅程を調整してわざわざ訪れたい、今注目のおやつ屋をご紹介します。

美味しいおやつにありつくだけでなく、ため息こぼれる店内に見惚れたり、素敵な作り手の方との会話を楽しんだり、五感フル稼働でその魅力を感じて。

続きを読む

【2020年版】沖縄本島の花火大会まとめ|沖縄の夜も楽しんじゃおう!

沖縄 花火 大会

あたたかくなって上がるのは気温だけじゃないですよ、花火もあがります!
次の日に備えてサクッと寝るのもいいですが、せっかくなら南国の夜風の中花火大会に行くのもいいじゃないですか!

今回は、沖縄の主要な花火大会をご紹介します。
花火に星に、とっておきの沖縄の夜をお過ごしください。

続きを読む

ローカル御用達!沖縄のハイセンスなセレクトショップI HOPE SO

I HOPE SO 沖縄 店内に陳列された商品沖縄に来たら沖縄らしいことをして、沖縄らしいものをお土産に買う。そんなスタンダードを今回は、崩してみましょう。

オーナーのセレクト力の高さからローカルを中心に人気を集めるセレクトショップ「I HOPE SO -GENERAL STORE-」(以下、I HOPE SO)。

クールな店内にはついつい自分へのご褒美に買いたくなってしまうアイテムが並び、時折顔を覗かせるシーサーにじんわりと“沖縄感”を感じる。

初沖縄の人も、リピーターの方も、“沖縄らしさ”の呪縛から離れたお土産探し、楽しんでみませんか?

続きを読む

HOLD BY HANDのソフトクリームでSNS映えな1枚を!

HOLD BY HAND 店舗 外観北谷「美浜アメリカンヴィレッジ」に2018年12月にオープンの「HOLD BY HAND」は、ソフトクリームとフライドポテトの専門店。

“甘くて冷たい”と“熱くてしょっぱい”の、合わせ技を楽しめます。

トッピング豊富なソフトクリームや淡い色味がかわいいボトルドリンク、そして店舗の佇まいもすべてがSNS映えすると、さっそく女子に大人気!

国内には2店舗しかないので、北谷に訪れたらクールダウン&写真撮影をしに訪れてみよう。

続きを読む

2018年11月オープン「うるマルシェ」で沖縄の食文化を体感!

うるマルシェ 外観「うるマルシェ」は沖縄の食を発信するべく、2018年11月にうるま市にオープンしたニュースポット。

うるま市を中心とした農水産物の直売所で、地元の人の食を支えつつ、観光客にとっては沖縄の食材を間近で触れられる場所です。

県産野菜や南国フルーツはもちろん、色あざやかな県魚や豪快な肉コーナーもお見逃しなく!

ぶらぶらして沖縄の食文化を体感したあとは、フルーツや加工品をお土産としてどっさり買い込んで。

続きを読む

~中年フォトグラファーの島散歩~「MOTHER COFFEE」編

MOTHER COFFEE 看板ハイサイ!
那覇市在住、中年フォトグラファーの佐藤です。
全国的に冷え込む日が続いているそうですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

ここ沖縄は1月下旬でも気温は20℃前後、まさに避寒地にはピッタリですよ。

それでも気温が20℃を切ると、地元では「今日は寒い」と感じます。
観光でいらした方との感覚の違いが面白いですね。

今回はオシャレなお店が続々とオープンしてきている北中城(きたなかぐすく)エリアを散歩中、ふと見つけたカフェ「MOTHER COFFEE」をご紹介します。

落ち着いた雰囲気の中で、名物メニューのダッチパンケーキを堪能してきました。

続きを読む

カタチに残る思い出を、「琉球ログア」で可愛いキャンドル作り体験

琉球ログア 海モチーフキャンドル沖縄旅行の体験メニューといえば、やちむんやシーサー、琉球ガラスなどを作るものがメジャー。

でも、少し変わったもの&可愛いものを作りたいという方におすすめなのが、キャンドル作り体験。

好きな色を選んでグラデーションを作る作業は、子どもはもちろん、大人でもウキウキ!

今回は、沖縄のおしゃれなショップで見かける「琉球ログア」でキャンドル作り体験をしてきました。

可愛くカタチに残る思い出、作ってみませんか?

続きを読む

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.