現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

▼ 本島中部の記事一覧

毎週金・土20:00は北谷で打上げ花火☆おすすめ観賞スポットご紹介!

北谷 花火

2022年7月22日~9月30日の金・土は北谷で打ち上げ花火!この記事では、開催日時やおすすめ観賞スポットをご紹介!

1.開催日時

打ち上げ花火は下記日程の20:00よりスタート。
【7月】
22日(金),23日(土),29日(金),30日(土)
【8月】
5日(金),6日(土),12日(金),13日(土),19日(金),20日(土),26日(金),27日(土)
【9月】
2日(金),3日(土),9日(金),10日(土),16日(金),17日(土),23日(金),24日(土),30日(金)

花火は約3分間です。

2.花火の観賞スポット


花火はアメリカンビレッジにほど近い海上の出島で打ち上げられます。そのためアメリカンビレッジやヒルトン沖縄北谷リゾート周辺の海沿いが代表的な鑑賞スポット。

アメリカンビレッジの駐車場は多数あり、各エリアごとの入口が分かりづらいので、初めて行かれる方は↓コチラ↓の記事もぜひご参照ください。

アメリカンビレッジから少し離れたアラハビーチや浜川漁港、宮城海岸からも鑑賞できますし、高台にある謝苅公園からは北谷の街越しにあがる花火を見る事ができます。人混みが気になる方は参考にしてください。

3.打上げ花火に込められた思い

約2か月、毎週2回開催される花火。
毎週土曜日の花火は以前から続いているものですが、追加となった金曜日は毎年夏の恒例イベントだったシーポートちゃたんカーニバルの代替イベントとしての側面もあります。2020年、2021年は中止、そして2022年も感染拡大防止の観点から通常開催は断念。打ち上げ花火を挙げる事で、新型コロナウィルスで疲弊した世の中に元気を与え、再び穏やかな日常をおくれるようにという願いが込められています。
密回避と物理的に人との距離が求められる昨今、同じ花火を見つめることで心が通じるきっかけになればいいですね。

沖縄ラボでツアーを比較


「星野リゾート BEB5沖縄瀬良垣」に泊って来ました!

BEB5沖縄瀬良垣

「BEB5(べブファイブ) 沖縄瀬良垣」は、2022年7月1日恩納村にオープンした星野リゾートのコンドミニアムホテル。

「BEB(べブ)」は星野リゾートが展開するホテルブランドのひとつで、「居酒屋以上旅未満、みんなでルーズに過ごすホテル」を基本テーマに、「その日の気分で楽しむお出かけ」に寄り添うブランドです。

グランドオープン前日のプレス発表会にお招きいただき、BEB5沖縄瀬良垣のコンセプト「よんな~ ちゅライフ」を体験(「よんなー」は沖縄の方言で「のんびり」の意)。ホテルに泊まるとついつい「とことん楽しまなきゃ損!」と思ってしまいがちですが、遊びたいときは遊んで休みたいときは休む「何気ない贅沢」を味わってきました。

この記事では、そんなBEB5沖縄瀬良垣の魅力を宿泊レポートでお届けします!

<もくじ>
1.TAMARIBA
2.全客室コンドミニアム!
3.BEB5 沖縄瀬良垣カフェ
4.プール

もくじをすべて表示

1.TAMARIBA

BEB5沖縄瀬良垣でまず迎えてくれるのが1階のTAMARIBA(タマリバ)です。24時間開放されている誰でも気軽に使えるパブリックスペースで、屋内・屋外の至るところに椅子や段差など“座ってゆっくり集える”スポットがたくさんあります。
BEB5沖縄瀬良垣 ロビーフロア
友達とゆっくりおしゃべりするも良し。1人でぼーっとするのも良し。用意された本を読んだり、ゲームで遊ぶも良し。その日の気分でどんな使い方もできる居心地の良い空間です。
BEB5沖縄瀬良垣 TAMARIBA

BEB5沖縄瀬良垣 TAMARIBA
ちなみに、TAMARIBAでは飲食もOK。例えば、同じく1階のTAMARIBA内にあるカフェでお酒とおつまみをテイクアウトして、持ち込むなんてことも出来ちゃうんです。
BEB5沖縄瀬良垣 フード
さらには、カフェからのテイクアウトだけじゃなく、コンビニやスーパーで購入したドリンク・料理も「持ち込みOK」。居心地も良い上に、使い勝手も抜群と、逆に部屋に戻るのが億劫になってしまいそうな素敵な空間です。

2.全客室コンドミニアム!

BEB5沖縄瀬良垣のお部屋は全客室にキッチンとランドリーが完備されたコンドミニアムタイプ。コップやお皿はもちろんのこと、各部屋にフライパンや鍋などの調理器具も設置されています。
BEB5沖縄瀬良垣 コンドミニアム キッチン
お部屋タイプはスイートとデラックススイートなど8タイプ。今回はスイートの客室に宿泊しましたが、大きなダイニングテーブルにソファーもありとにかく広々。
宿泊したスイートタイプは68㎡(4名定員)ですが、デラックススイートは94㎡(5名定員)になるそう。
BEB5沖縄瀬良垣 リビング
寝室はリビングと打って変わり落ち着いた雰囲気。濃い青色の床と水色の天井・壁面が、沖縄の海を彷彿とさせる空間となっています。
BEB5沖縄瀬良垣 寝室
ベッドは珍しい足の無いタイプなのも新鮮。リビングに対して小上がりになっていることも相まって、なんだか秘密基地のようで遊び心がくすぐられます。
BEB5沖縄瀬良垣 ダイニング
洗面所は大きな鏡と洗面台が2つ用意され、使い勝手抜群。間接照明の温かい演出も手伝って「毎朝こんな洗面所で朝支度できたらなぁ~」と妄想してしまう理想の洗面所です。
BEB5沖縄瀬良垣 客室 洗面所
お風呂場はシンプルなつくりで、白色を基調とし清潔感を感じる雰囲気。コンドミニアムの利便性を持ちつつ、非日常的な空気感も味わえる観光や遊びの拠点にピッタリな客室です。
BEB5沖縄瀬良垣 客室 浴室
お部屋の高い機能性はそのまま、1室限定のユニークなお部屋もあるんです。それが、おそらく世界初であろう「ゴーヤルーム」。沖縄を代表する食材「ゴーヤ」をテーマとした客室は部屋一面ゴーヤだらけ。非日常をとことん堪能できそうなお部屋です。
BEB5沖縄瀬良垣 ゴーヤールーム

3.BEB5 沖縄瀬良垣カフェ

BEB5沖縄瀬良垣では1階のTAMARIBA内にカフェが営業しています。高い天井と大きな窓が開放感を演出するゆとりのある雰囲気が特徴的です。
BEB5沖縄瀬良垣 カフェ
なんといっても「24時間営業」というから驚き。テイクアウトも可能なため、TAMARIBAに料理を持ち込んだり、部屋で食事したりと、旅のシーンに合わせて柔軟に利用出来るカフェとなっています。

カフェは大きくわけて「朝食」と「昼食・夕食」でシステムが変わるため、それぞれに分けてご紹介します。

3-1.朝食

朝食(1,300円)は選べる4つのメインプレート+ヨーグルト・ドリンクのシンプルなシステム。メインプレートはパニーノ生ハムサラダ、パニーノトロピカルフルーツ、BEBピッツァオルトラーナ、サラダプレートから選べます。
BEB5沖縄瀬良垣 朝食
今回はオススメの「パニーノ生ハムサラダ」をチョイス。大きな口を開けてガブリといけば、チーズの濃厚さ、生ハムの塩加減、トマトの酸味、レタスのシャキシャキ感が口の中に広がります。特に大切れの生ハムは、生ハム好きにはたまらない・・・!
BEB5沖縄瀬良垣 朝食
飲み物はドリンクバー方式。沖縄らしいカラフルなドリンクバーは見た目から鮮やかで、星野リゾートさんらしい魅せる演出にテンションが上がってしまいます。
BEB5沖縄瀬良垣 朝食

3-2.昼食・夕食

朝食以外の時間帯は8種類のBEBピッツァと、小腹が空いたときやおつまみにオススメなアラカルトが提供されています。単体で味わうのもいいですが、今回はピザとアラカルトがセットになった「BEBピッツァセット(\2,800)」をいただくことに。
BEB5沖縄瀬良垣 料理 ピザ
ピザは8種類の中から選ぶことができ「オルトラーナ」を選択。ゴロゴロ野菜をふんだんに使った自然の恵みを味わえる贅沢な一皿。自家製のピザ生地は食べやすいクリスピータイプですが、耳はフワフワとしていて食べ応え抜群です。
BEB5沖縄瀬良垣 料理 ピザ
メインのピザに勝るとも劣らないのがセットの「アラカルトの9種盛り」。カフェで提供しているアラカルトを一度で味わえる欲張りな一皿です。
BEB5沖縄瀬良垣 料理 盛り合わせ
違った味を楽しめるため飽きずに最後まで味わえるのが嬉しい。もちろんお酒との相性は言うことなし。気が付けばあっという間に完食してしまいました。

料理を心ゆくまで楽しんだ後は「デザート」もいただいちゃいましょう!ジェラートや盛れる紅芋モンブランといったひんやりスイーツは料理の後のしめにピッタリ。料理からデザートまで最後まで美味しくいただけました。
BEB5沖縄瀬良垣 アイスクリーム

4.プール

本館から約1~2分の距離には空との一体感を味わえるプールがあります。ガゼホとデッキチェアが非日常を演出し漂うのはリゾートの空気感。
BEB5沖縄瀬良垣 プール
思いっきり泳いだり、ガゼホでくつろいだり、デッキチェアでお昼寝したりと色々な楽しみ方があるプールです。日没後はライトアップされ、昼間とは違う表情を見せてくれるのも要チェック。BEB5沖縄瀬良垣の近くには万座ビーチやナビ―ビーチといった、恩納村の海を楽しめるビーチもあります。

おわりに

機能性の高さ・新しさ・おしゃれはもちろんだけど、何といってもBEB5沖縄瀬良垣の醍醐味と言えば「大切な仲間と心気ままに過ごせる時間」です。肩肘はらずに「そのときの気分」でやりたいことを思う存分楽しめるホテルでした。

星野リゾート BEB5沖縄瀬良垣

住所
沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣1860-4

HP
https://www.hoshinoresorts.com/resortsandhotels/omobeb/beb/5okinawaseragaki.html

アメリカンな店構えがかわいいコッぺサンド専門店「気まぐれバディ―」in北谷

気まぐれバディー

2022年4月にオープンしたばかりのコッぺサンドのお店「気まぐれバディ―」。
58号線沿い、ピンクの賑やかな外観が気になるお店、行ってみたら店内もレトロでポップ!
お店で焼き上げるコッぺサンドは種類が多くてどれを注文しようか迷うほど…。
今回の記事では、北谷町に訪れた際にはぜひチェックしていただきたいお店「気まぐれバディー」をご紹介いたします♪

続きを読む

海から空へ通じる階段?!inセナハビーチへ行ってきた

セナハビーチ

MareBlue様よりご提供
沖縄に住んでいる方にもあまり知られていない隠れスポット「セナハビーチ」をご紹介!
セナハビーチでは、満潮時に海から空へ階段が繋がっているような景色を見ることができます。岩陰には湧き水が流れている場所があり、昔に水道が普及するまで多くの人々の生活を支えていたそう。
手付かずの自然の中にある人工物、この違和感に妙に心惹かれる不思議。今回の記事では、セナハビーチについてお伝えしていきます。

続きを読む

DowntownDonutsで大人のおやつ時間

DowntownDonuts,ダウンタウンドーナツ

Downtown Donuts(以下ダウンタウンドーナツ)は沖縄市にある、その名の通り「ドーナツ」が看板商品の店舗。とは言っても、一般的にイメージする「ドーナツ」とはひと味もふた味も違います。

沖縄産の材料をふんだんに使って作られたドーナツは、美しくデコレーションされ、こだわりの器で提供されます。お店の雰囲気も相まって色気さえも漂ってくるようなドーナツはまさに大人のおやつ!一度足を運べば、これまで持っていたドーナツに対するイメージが覆されてしまいます。

この記事ではダウンタウンドーナツの店舗紹介から、人気メニューのドーナツ、アクセス(駐車場)情報についてお届けします!

続きを読む

恩納村の天然ビーチ「ダイヤモンドビーチ」の魅力・駐車場・設備情報

ダイヤモンドビーチ

ダイヤモンドビーチは沖縄のリゾートエリア「恩納村」にある天然ビーチです。海水浴やマリンレジャーのための設備は整っていませんが、人の手が入っていない「手つかず」の雰囲気こそがダイヤモンドビーチの魅力。

続きを読む

琉球海炎祭2022年7月3日開催決定☆3年ぶりホームグラウンド宜野湾で!クラウドファウンディング開始

琉球海炎祭 2022

沖縄県内で海開きシーズンとなる4月、「日本で一番早い夏の大花火」をテーマに開催される琉球海炎祭。1万発の花火が音楽に合わせて打ち上げられる”スペクタクルショー”を目当てに2万人を超える来場者が集まる一大イベントではありましたが、コロナの影響で2020年、2021年は時期や規模を変えての開催となりました。
琉球海炎祭 2022

▲開催決定記者会見 応援団長に就任した沖縄県出身バンドきいやま商店▲

2022年は本拠地・宜野湾にカムバック!7月3日(日)に開催が決定。
琉球海炎祭含め、入学式や卒業式など多くのイベントが中止・縮小などの行動制限が必要とされてきたなか、コロナ以前の状態に近づく事はとても嬉しい事です。
琉球海炎祭 2022
今年は沖縄本土復帰から50年のメモリアルイヤー。
鎮魂、復興、それに未来への希望を願いを込め、夜空に大輪の花を打ち上げましょう。

JAL PRESENTS 琉球海炎祭
住所
沖縄県宜野湾市真志喜四丁目2番1号(ぎのわんトロピカルビーチ)

HP
https://www.ryukyu-kaiensai.com/

営業時間
開演時間は決定次第公式HPにて発表

続きを読む

アメリカンビレッジの無料駐車場まるわかり!目的別おすすめもご紹介

アメリカンビレッジ 駐車場

北谷町にあるアメリカンビレッジは、観光客はもちろん沖縄県内の人にも愛されるスポット。
飲食店やアパレルショップ、雑貨屋さんなどの多くのお店がある他、エリア全体が可愛らしい雰囲気のため、散策するだけでも楽しめます。
そんなアメリカンビレッジですが、敷地面積が広い分、どこに何があるのか把握できていなったり、どこに車を駐めればいいのかわからなかったりするもの。
またオンシーズンの混雑と言ったら・・・なので駐車場情報もある程度把握していた方がいいでしょう。
この記事ではそんなアメリカンビレッジの駐車場情報の概要と、目的別オススメの駐車場をまとめていきます!

続きを読む

未来に手紙を送れるタイムカプセルサービスのお店”POST POST”

POST POST 沖縄

未来の誰かに、言葉を贈れたらなんと贈りますか?
”POST POST”は、未来に手紙を送れるお店。
1年後の今日でも、2年後の誕生日でも、10年後の記念日でも、”今の自分が想っていること”を”未来の誰か”に伝えることができます。
S N Sなどの便利なものもいいですが、より想いが伝わる”手紙”という特別なものを、”沖縄”という特別な場所から送り、将来“特別な誰か”に届くなんて素敵じゃないですか!?

今回は、そんな素敵なサービスがある”POST POST”の場所やサービスについてご紹介していきます!

続きを読む

冬の沖縄観光におすすめ!琉球ランタンフェスティバルinむら咲むら

琉球ランタンフェスティバル

琉球ランタンフェスティバルは、「体験王国むら咲むら」のライトアップイベント。
琉球王朝時代の華やかな街並みが再現され、3千個以上のランタンでを使用した幻想的な空間が暗闇に浮かびあがります。

冬に沖縄旅行へ来た際には、どこへ行こうかな?と迷う方もいらっしゃるかもしれませんが、この沖縄の冬定番イベントに行ってみてはいかがでしょうか?
あたたかい灯をゆったりと眺める時間は、心も体もきっと喜ぶはずです。

この記事では琉球ランタンフェスティバルの訪問記をベースに、見どころをご紹介していきます。

続きを読む

【宿泊レビュー】EMウェルネスで癒され旅!沖縄中部でおすすめのホテルです!

EMウェルネス,コスタビスタ

「食事がおいしいホテルに宿泊したい」、「景色のいいお部屋がいいな」、「のんびりして体も心も癒されたい」。

ちょいとお疲れの皆さんのその願いが、ぜんぶ叶っちゃうホテルに泊まってきました!

それは、沖縄県の中部、北中城に位置する「EMウェルネス 暮らしの発酵ライフスタイルリゾート」。
とことん健康を追求した当ホテルは、ほかのホテルにはない「癒しの時間」に満たされていました。

本記事では、沖縄在住のライターが家族と宿泊した体験をレビューしております。

「クタクタになるまで遊ぶのもいいけれど、たまにはのんびり羽を伸ばしたい」という方は、ぜひ最後までご覧ください。

続きを読む

オキナワシアワセ(沖縄市泡瀬)の海辺でゆったり。BB-Coffeeで心温まるコーヒー時間♪

BB-COFFEE

沖縄本島の東側、沖縄市泡瀬の海岸線沿いにある外観からとても可愛いカフェ「BB-Coffee」。

BB-Coffeeは、朝7時からオープン。
テラス席では、朝一のエネルギー溢れる朝日を浴びながら、コーヒーを飲んだり、友人と会話したり、読書をしたり・・。自分の思うままに過ごしたい時間をゆったりと楽しむお客さんで賑わっています。また土地柄外国人のお客様も多く、なんだか外国にいるような気分にもなったり♪

ちょっと頑張って朝活してみたり、のんびりとしたい方には、ぜひおすすめしたいBB-Coffee。
この記事では、BB-Coffeeの魅力をお伝えしていきます。

続きを読む

超ローカルな雰囲気漂う「マイハウス」はステーキとタコスが美味い老舗食堂

マイハウス 沖縄

マイハウスは地元民や軍人に支持される宜野湾市にある老舗食堂。外観からは想像もつかないユニークな店内が注目ポイント。

アメリカンな雰囲気が強いのに、なぜか沖縄らしさも感じてしまう。何とも形容しがたい古き良き沖縄臭がプンプン漂う店舗となっています。

メニューは全て「アメリカン」な構成で、アメリカの食文化に影響を受けた沖縄らしいラインナップです。この記事では、そんなディープなマイハウスの店舗、メニュー、看板料理についてお届けします!

続きを読む

farmers cafe|自然光溢れる素敵な景色を眺めながら♪身も心も大満足できるカフェ

farmers café,farmers cafe,ファーマーズカフェ 沖縄

「farmers cafe」は、沖縄県の中部に位置する、うるま市の高台に2021年春にオープンしたばかりのカフェです。
お店の魅力のひとつでもあるナチュラルなインテリアは、 店員さんが、いちからリノベ―ションして作ったもの。
解放感溢れる大きな窓と、店内の木や植物の温もりが居心地の良さを感じさせてくれること間違いなし。
カフェメニューは、野菜たっぷりのキーマカレーや、サンドイッチ、ケーキにオーガニックコーヒー等、食事からデザートまで幅広いメニューがあり、また、旬の無農薬野菜を店内で販売もしているので要チェック。
今回は、素敵なfarmers caféの魅力をたっぷりとご紹介していきます。

<もくじ>
1.farmers cafeはエントランスから緑いっぱい
2.大きな窓から溢れる自然の光が暖かい店内
3.おすすめのFarmers caféメニューを厳選してご紹介
4.カフェ店内で、無農薬野菜の販売

もくじをすべて表示

1.farmers cafeはエントランスから緑いっぱい

farmers café,farmers cafe,ファーマーズカフェ 沖縄
farmers caféは、沖縄北I.C.から海沿いに続く沖縄北インター線沿いにあります。
コンクリートの建物の前に並べられた、沢山の観葉植物と大きな木のドア。
farmers caféは、お店の看板や壁、家具にいたるまで店員さんがDIYで作ったものが並んでいて、見た目からも暖かみを感じられます。

2.大きな窓から溢れる自然の光が暖かい店内

farmers café,farmers cafe,ファーマーズカフェ 沖縄
大きな木のドアの対面は壁いっぱいに大きな窓が並び、自然光でいっぱいの明るい店内。

窓際にテーブル席と、ソファー席。お店の中ほどには4~6名程が座ることができる大きなテーブルもあり、私が訪れた日は空いている席を自分で選ぶことができました。
farmers café,farmers cafe,ファーマーズカフェ 沖縄
また、カウンター席もあるので、ゆったりと店員さんとお話しを楽しみながら過ごすこともできます。
店内の至る所には、大きな観葉植物がありインパクトがあります。天井から吊り下げられたオレンジのランプもかわいい♡
farmers café,farmers cafe,ファーマーズカフェ 沖縄
また、店内の真ん中辺りには、お店のロゴが入ったオリジナルTシャツや、無農薬野菜販売ブースがあります。店内を見回すだけでも、ワクワクすることでしょう

3.おすすめのFarmers caféメニューを厳選してご紹介

farmers café,farmers cafe,ファーマーズカフェ 沖縄
こちらのメニューは、「農家の思いが詰まった野菜キーマカレー」(¥1,364)。
じっくり煮込まれた手作りキーマカレーは4種類のスパイスをベースに、カレーの上には塩だけで味付けされた素焼き野菜が大胆にトッピング!
キーマカレーはあとからくる程よいピリ辛さにリピーター続出の一品。
大きな野菜は歯応えがあり、とても美味しかったです。
farmers café,farmers cafe,ファーマーズカフェ 沖縄
続いての、メニューは、「farmersサンドイッチ」(¥780)。
パンに挟まっている具材は、はみ出しそうなほどのボリュームで、実際に見ると、その大きさに驚くことでしょう。
葉野菜のシャキシャキの食感も美味しくて、大きな口で頬張りたいおススメの一品となっています。
farmers café,farmers cafe,ファーマーズカフェ 沖縄
どのメニューも、店員さんの愛詰まったメニューです。

4.カフェ店内で、無農薬野菜の販売

farmers café,farmers cafe,ファーマーズカフェ 沖縄
farmers cafeでは、農薬を一切使っていない野菜の販売も行っています。無農薬野菜は安全面はもちろん、味がしっかりしているとのこと。手間暇かけたお野菜、季節ごと旬のお野菜が並びますので、ぜひチェックしてみてください。
farmers café,farmers cafe,ファーマーズカフェ 沖縄
野菜販売の他にも、オーガニックコーヒーのドリップパックの販売もあり、自宅でゆったりとコーヒータイムを楽しみたい方におすすめです。

5.最後に・・・

farmers café,farmers cafe,ファーマーズカフェ 沖縄
この記事を読んでみて、farmers cafeの魅力は届いたでしょうか?美味しいご飯に、素敵な空間の店内でゆったりとできること間違いなし。
また、週末のみBARとしてオープンしているようなので、お昼とは違った雰囲気を楽しむことができるでしょう。
ぜひ立ち寄っていただきたい素敵なカフェです。

farmers cafe
住所
沖縄県うるま市喜屋武690-3

TEL
080-9838-5767

HP
https://www.instagram.com/farmers_cafe_okinawa/

営業時間
cafe 9:00-15:00  BAR 17:00-20:00 木曜定休


沖縄ラボでツアーを比較


かんな+plusの贅沢かき氷は贅沢完熟フルーツソースとフワフワ氷のマリアージュ

かんなplus

今回は人気かき氷店「かんな+plus(かんなプラス)」をご紹介。

沖縄県産の完熟果物をメインに使ったお手製フルーツソースをふわっふわのかき氷にかければ、見た目にも楽しい贅沢スイーツ。

かき氷だけでなく、沖縄玉城牧場の牛乳を使ったソフトクリームもあって、そこにフルーツソースをかければあっという間に沖縄パフェに♪

以前は北谷のアメリカンビレッジ内にありましたが、今はご近所に移転してお店も広々。ブレイクタイムをのんびり過ごすのにはピッタリの場所です。

続きを読む

読谷のリノベカフェ「free space cafeこや」の可愛いインテリアとヴィーガン料理!

cafeこや

「free space cafeこや」は、のどかな読谷村の住宅街の、さらにひっそりとした小道沿いにあるカフェ。
お店は取り壊し予定だった古民家を一からリノベーション。
店内は、沖縄の海を濃縮したようなエメラルドブルーの壁が目を引きますが、天井板を取り払いむき出しになった柱や電気配線は昔のものがそのままに残されていて、NEWとレトロがmixしたオリジナリティあふれるインテリア。
お料理はヴィーガン料理をベースに自家製のレモネードや沖縄ではここでしか飲めない特別なコーヒーなど、こだわりが詰まった内容です。
この記事では、ぜひ訪ねてほしい素敵な古民家カフェ「free space cafeこや」について詳しくご紹介していきます。

続きを読む

CAVE OKINAWAはムード満点ライトアップが魅力の鍾乳洞

cave-okinawa ライトアップ

沖縄の綺麗な海もいいけど、鍾乳洞もサンゴで出来た沖縄らしい自然美のひとつ。天気が悪くて行くとこが無い、涼しい場所を観光したいなんて方にも鍾乳洞はおすすめです。”CAVE OKINAWA”は希少な鍾乳洞とライトアップで浮かび上がるムード満点の空間が魅力の新感覚な鍾乳洞。地元では「ぬちしぬじガマ」(命をしのいだ洞窟)とも呼ばれているこの場所は、沖縄戦の際も戦闘による犠牲者が一人も出なかったことに加え、避難中に赤ちゃんが生まれたことからも縁起のいい場所とされています。

続きを読む

沖縄の定番観光地【万座毛】がパワーアップ!さっそく行ってきた!

万座毛

万座毛(まんざもう)は沖縄のリゾートエリア恩納村にある絶景スポット。迫力のある景色が人気を集める沖縄の超定番観光地です。

2020年にはお土産屋さんや飲食店が入った商業施設「万座毛周辺活性化施設」がオープンし、さらに楽しめるスポットとなっています。

この記事では、万座毛から眺める絶景や万座毛周辺活性化施設の店舗紹介。行かなきゃもったいない「ウッドデッキ」の情報についてお届けします!

続きを読む

食べて寝て整って!大人の秘密基地GoMeは手作りサウナがあるカフェバー

GoMe

ジワジワと人気を集めているサウナ。じっくり汗をかいた後の水風呂、そして外気浴たるや、心も体もデトックス快感の極みですよね。

沖縄県恩納村には、好きが高じてサウナを手作りしちゃったカフェ&バー「GoMe(ゴーミー)」があります。

周囲を森に囲まれた自然豊かな空間には、サウナのほか、カフェ、バー、ホステルが揃っており、その全てがオーナー達の手作り。
そのクオリティたるや手作りの域をとうに超え、まさに”大人の秘密基地”なんです。

続きを読む

海中道路のんびりドライブ|カフェ・ビーチ・観光おすすめ立ち寄りスポット10選

海中道路 ドライブスポット

海中道路は、沖縄の中部「うるま市」に位置する与勝半島と4つの離島を結ぶ全長4.75kmの橋です。那覇空港からは車で1時間30分時間ほどの距離。

コバルトブルーに輝く海に囲まれたシチュエーションはドライブにぴったり!

そんな海中道路の先には手前から順に平安座(へんざ)島、浜比嘉島、宮城島、伊計島と4つの島が連なり、素朴で濃密な島時間を楽しめます。

この記事では海中道路を渡った先にある4つの離島と、離島ごとのオススメスポットについてお届けします!

続きを読む

コザ麦酒工房の特製ビールで楽しむ沖縄と酔いどれ

コザ麦酒工房

コザ麦酒工房は沖縄の中部エリア沖縄市にて地ビールを醸造しているスポットです。
バラエティ豊富なクラフトビールは1つ1つ違った個性を持ち、オーナーである大浜さんの「ビールづくりに妥協を許さない」というこだわりに溢れています。

また、ビールへのこだわりは名前までにおよび、沖縄らしさを感じさせるユニークなネーミングセンスも見逃せません。

この記事ではそんなコザ麦酒工房の地ビールから、ビールに合うおつまみ、店舗の紹介についてお届けします!!

続きを読む

レトロかわいい港川外人住宅|おすすめランチ・カフェ・雑貨

港川外人住宅

港川外人住宅は、もともと外国人の方の居住区だったものがリノベーションされ、オシャレな店舗へと生まれ変わったエリア。

歩いて回れるエリアに、センスの光る飲食店や、カフェ、雑貨屋さんといったショップが集まっています。

白く、四角い外人住宅の外観はどこかノスタルジックな雰囲気を帯びていますが、お店ごとの個性が光り、そのユニークさからカメラを片手に散策する人も多くいます。

この記事では、港川外人住宅のランチ・カフェ・雑貨のオススメ店舗を紹介していきます。

続きを読む

秘密の岩屋は絶好のサンセットポイント!自然美を感じるトゥマイグシクへ

トゥマイグシク

トゥマイグシクは沖縄の中部・読谷村の泊城公園内にあります。

観光地化はされていませんが、風化によって生まれた武骨な岩屋とその上に繁る熱帯の植物はまさに自然美の極み。

どことなくエキゾチックな雰囲気もあり、海に太陽が沈む夕暮れどきはなおさら。

この記事では、トゥマイグシクの魅力から、アクセス、隣接する泊城(とまりぐすく)公園についてお届けします!!

続きを読む

カラフルな店内に心奪われるバンブーカフェで名物ジャークチキンを食べてきた

バンブーカフェ
BambooCafe(以下バンブーカフェ)は沖縄市にある本場ジャマイカの味が堪能できる「ジャークチキン」が名物のカフェです。

ジャークチキンの評判は地元テレビや雑誌など様々なメディアに取り上げられるほどで、一口食べればスパイシーでジューシーなジャークチキンの虜。

また、料理だけではなく、つい心を惹かれるのが日本にいることを忘れてしまいそうになるカラフルな店内。一歩足を踏み入れれば広がるのは、まるで南国を連想させる世界観で、沖縄の空気とも相性good!

この記事ではバンブーカフェの店内紹介から名物料理のジャークチキン、基本情報についてお届けします!!

続きを読む

BEACH51の行き方|「岩の窓」が人気のフォトスポット

BEACH51 行き方

今回は恩納村にある人気フォトスポット「BEACH51」の行き方をご紹介します。

BEACH51(ザネー浜)といえば”岩の窓”とその奥に広がる青い海のコントラスト。

海を背景に窓枠に座って撮れば、非日常感たっぷり沖縄らしさ満点の1枚に。

BEACH51は、サトウキビ畑を通り抜け、藪を抜けた先にあります。

観光地化されていない、自然のままの砂浜と海をお楽しみください。

続きを読む

癖が強い街「コザ」のセンベロ8選!千鳥足で夜散歩のススメ

コザ センベロ

沖縄と聞けば、何をイメージしますか?きっと多くの人が青い海や自然といった「リゾート」を想像されるはず。

ところが、そのイメージからかけ離れているにも関わらず、いわゆる”通”な方から愛されているスポットがあります。

それがコザ。

コザは沖縄県中部ある沖縄市の中心エリアの名称。
戦後米軍基地の門前町として栄え、沖縄・アメリカ両方の文化が混在した独特な街並みが広がり、歩くだけで街の個性をひしひし感じられます。

最近はコザにせんべろを楽しめるお店が増えてきており、ディープな街の夜をはしご酒で楽しむ人も増えています。

そこでこの記事では、コザでせんべろが楽しめる店舗を一挙にご紹介。
コザのせんべろナイトを楽しんでみてください。

続きを読む

【沖縄プチ移住】沖縄&アメリカ文化が混ざり合う街|③コザ

沖縄 移住 コザ

会社を辞めて家を捨て、沖縄プチ移住生活をしているNOMADOKAです。

那覇・安里からスタートし、宜野湾での生活を経て、やってきたのは「コザ」。

この記事では、コザに滞在して感じた魅力やグルメ情報を、移住者目線で紹介します!

続きを読む

アメリカンビレッジ『デポセントラル』のおすすめ8選

デポセントラル レクー プール

「美浜アメリカンビレッジ」は、アメリカンテイストの外観がおしゃれなショップや、絶品グルメ、思わず写真に撮りたくなってしまうようなカラフルな建物が立ち並ぶ人気の観光スポットです。
その美浜アメリカンビレッジに2020年3月にOPENした新エリア「デポセントラル」。
今回は、おしゃれなカフェや三味線ライブが聞けるお店まで見所がかなり増えたデポセントラルの楽しみ方8選をご紹介いたします。
これから行かれる方は要チェックですよ♪

続きを読む

絶景カフェ「星野リゾート バンタカフェ」の魅力的な4エリアをご紹介♪

星野リゾート バンタカフェ

読谷村の、崖で縁取られた入り江にある絶景カフェ「星野リゾート バンタカフェ」(以下バンタカフェ)。

入り江の中には趣向の異なる4つのエリアが点在しており、それぞれ雰囲気が全く異なりまるでカフェ全体がテーマパークのよう。
また季節ごとにイベントも催され、楽しませてくれます。

お料理はドリンクや軽食の他、カラフルなスイーツやモーニングのほか夕方時間帯限定のメニューもあって、色々試したくなる!
この記事ではバンタカフェの4つのエリアやお料理についてご紹介します。
場所、お料理、時間を組み合わせて、あなたのお気に入りを見つけてくださいね。

続きを読む

【沖縄プチ移住】海を求めて便利タウン那覇を去った|②宜野湾市

沖縄 長期滞在 宜野湾
健康で自分らしい人生を求めて、脱OLし沖縄長期滞在中のNOMADOKAです。

那覇・安里からスタートした長期滞在、2週間の那覇ライフを経て、海を求めて拠点を宜野湾市に移すことにしました。

今回は、宜野湾市の特徴やグルメ情報などを長期滞在目線でご紹介していきます!

続きを読む

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.