現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

沖縄旅行で楽しかった事をパパが子どもに聞いてみたら

沖縄旅行で楽しかった事をパパが子どもに聞いてみたら

沖縄訪問歴80回超の筆者ことパパライターが、現在7歳の息子と4歳の娘に沖縄旅行で楽しかったことを聞いてみました。
ちなみに息子は7歳にしてすでに10回、娘は4歳で4回沖縄を旅行しています。

改めて感想を聞いてみた所、子どもも大人と同様「非日常」を楽しんでいるのですが、沖縄ならではの情景というよりは、ダイレクトな体験の印象が強いようです。

子連れ旅行を検討されているご家族様の参考となれば幸いです。

<もくじ>
1.リザンシーパークビーチ|海上アスレチックで海大満喫
2.恩納村うんなまつり|お祭りも沖縄らしさ満載
3.美ら海水族館|ジンベエザメの餌やりに大興奮
4.BLUE SEAL|おかわり必死の沖縄デザート
5.豪華ホテル客室|奮発してスイートに宿泊
6.沖縄そば|子どもも喜ぶ沖縄料理
7.おわりに

もくじをすべて表示

1.リザンシーパークビーチ|海上アスレチックで海大満喫

リザンシーパークビーチ
リザンシーパークビーチは、海上に子どもがはしゃいで止まないウォータースライダーなどの遊具がたくさん整備されていて、子ども達の目は一段とギラギラ輝きます。

息子と娘に楽しさを聞いてみたら、

サンゴが痛いけど海の乗り物が楽しすぎた!やどかりとお魚も見えたから嬉しかった!
なんかちょっとグラグラして怖かった。

娘は怖かったといいつつも実際そんな素振りは見せず、同伴していた私の腕を振り払いながら遊んでいたけどな・・・

大きなリゾートホテルのビーチは設備が充実していておすすめ。
ただ繁忙期は大変込み合い、待ち時間が1~2時間以上になることもあるため、比較的利用者の少ない午前中の早い時間帯がおススメです!
また息子が言っているように沖縄のビーチにはサンゴの欠片が多く踏むと痛いので、マリンシューズやスポーツサンダルなどを持参するといいですよ。

2.恩納村うんなまつり|お祭りも沖縄らしさ満載

沖縄旅行で楽しかった事をパパが子どもに聞いてみたら 恩納村うんなまつり
恩納村うんなまつりは、美ら海グラスボート遊覧やバナナボート、魚・果物つかみ取り大会など子どもたちが楽しめるアクティビティやイベントが盛りだくさんのお祭りです。

なかでも子ども達にとって印象強かったグラスボート遊覧の感想を聞いてみました!

魚がきれいだった!ボートがすごく揺れてちょっと怖かった。
ニモ(クマノミ)がいたからうれしい!

とにかく船内は「いっぱいいる、こっちも、あっちも!」と大興奮でした。

恩納村うんなまつり、2020年は開催中止になってしまいましたが、毎年7月末頃恩納村コミュニティ広場で開催されます。

3.美ら海水族館|ジンベエザメの餌やりに大興奮

沖縄旅行で楽しかった事をパパが子どもに聞いてみたら ジンベエザメ 美ら海水族館
普通の魚はちょっと見ては次の魚に移動を繰り返す息子と娘。でも巨大水槽を泳ぐあのサメだけは様子が違いました!

2人に水族館の感想を聞いてみると、

ジンベエザメの口がすごい大きい!
あのね・・サメとか大きいお魚がいた

やはりジンベエザメの存在感は2人にとって大きかったようです。
帰りに館内のお土産屋でお魚のフィギュアセットを発見した息子は、いつの間にか手に取り無言でレジに並んでいました。

美ら海水族館では、ジンベエザメの給餌(きゅうじ)解説が毎日開催されており、多くのギャラリーで埋め尽くされるほど大人気。
大きなお魚の大きなお口を見せてあげられるチャンスです。

4.BLUE SEAL|おかわり必死の沖縄デザート

沖縄旅行で楽しかった事をパパが子どもに聞いてみた ブルーシール
沖縄のデザートと言えばココ!息子と娘はBLUE SEALが欠かせません。

2人ともこの看板を見ると「バニラソフトが食べたい!」の一点張りに。
美味しいことは分かっているのですが、食べた感想を聞くと、

もー美味しすぎておかわりしたい!
おいしい!おいしい!

じつは息子のアイスデビューがBLUE SEALで、それまで全く食べてもみなかったアイスが6歳で大好物になってしまいました。
一瞬にして子どもがファンになってしまうBLUE SEALの魅力は絶大です。

5.豪華ホテル客室|奮発してスイートに宿泊

沖縄旅行で楽しかった事をパパが子どもに聞いてみた
ロイヤルホテル沖縄残波岬は、子ども達がリピートを要求するほど絶大な人気があります。
その理由は、最上階のスイートルームにあります。
まずは、スイートルームで過ごす子どもたちのコメントをどうぞ!

景色がきれいで、部屋が広すぎるしテレビがでかすぎ!
わーっ!なにこれ ベッドでジャンプが気持ちいい

70㎡の広さに目の前に広がる壮大な景色と、子どもたちの大はしゃぎする姿が伝わるでしょうか。
室内では疲れるまで2人で走り回っていました。

景色が良くて、広いスイートルームなんて大人もテンションがあがります。
飛行機とレンタカーは値段重視で手配したとしても、ホテルはちょっと奮発してみてもよろしいかと。
繁忙時期を外すと大変お得に予約することができるので家族連れにオススメです。

6.沖縄そば|子どもも喜ぶ沖縄料理

沖縄旅行で楽しかった事をパパが子どもに聞いてみた
朝昼晩3食共に沖縄そばでも飽きない、むしろそばだけが食べたいという子どもたち。
沖縄旅行ですっかり楽しみの定番となりました。

そんな子どもたちは、

麺がつるつるしていい味がしてお肉も最高! お腹パンパンに食べれるのがいい
つるつるがおいしい!

子ども達が好む沖縄そばは、縮れのない平面が特徴の宮古そばで、特に息子は大人が食べる1杯の量をペロリと食べ尽くします。
聞いていると食感が1番気に入っているのかなと思います。そば以外もソーメンチャンプルーやスパムおにぎりなど、沖縄の料理は子どもウケはいい印象。

7.おわりに

沖縄旅行で楽しかった事をパパが子どもに聞いてみた
総じてみると、大きなものや体験した事の印象が強いようです。
旅の途中や帰路についたときにでも、お子さんに沖縄で楽しかったことを聞いてみると、大人が気付かない新たな発見ができるかも知れませんね。

沖縄ラボでツアーを比較


 

これからの沖縄旅行は“DAY0”!充実時間&コストダウンを実現

DAY0 沖縄旅行 ヤシの木が並ぶ遊歩道限られた時間と予算でフルに沖縄を楽しみたい。

そう思って選択しがちなのは、“3泊4日、1日目は朝8時発・最終日は17時発” のようなフライトスケジュール。

沖縄旅行で最も定番ともいえますが、じつは、ひと工夫で3つもメリットを享受できちゃうプランニング術があるのです!

それは“DAY0(デイゼロ)”。

コストダウンをしながら、滞在時間を増やして、充実度をアップさせる“DAY0”のプランニングとそのメリットをご紹介します。

続きを読む

伊平屋島へ行くなら必ず使うフェリー!気になるアレコレ教えます

伊平屋島 フェリー沖縄本島から北に40kmほど離れた伊平屋島へのアクセスは、沖縄北部の運天港からのフェリー一択のみ。約80分の船旅ののちに、到着します。

伊平屋島へ行くには避けては通れないフェリー利用。
観光地としてもまだまだ伊平屋島の名が知られていないせいか、気になっても詳しい情報が載ってないのが現状です。

今回は、じっさいに伊平屋島へ行ってきた筆者が気になる疑問を解決!
フェリーの運航情報・料金・内部まで、一挙にご紹介していきます。

続きを読む

知っている人は行っている。イオンモール沖縄ライカム活用術

イオンモール沖縄ライカム活用術沖縄にあるイオンモールの中でも最大規模を誇る「イオンモール沖縄ライカム」。
広大な敷地には飲食店やファッション、映画館など充実のラインナップが揃います。

じつははここ、地元の人のためのショッピングモールかと思いきや、旅行者にとっても役立つスポットなのです。
今回は旅行中に立ち寄りたい「ライカム」の活用法を伝授します。

続きを読む

レンタカー返却まであと2時間! 那覇空港周辺の観光・食事

ウミカジテラスを遠くから見る
沖縄旅行最終日はレンタカー返却時間が気になるところ。中部や北部に滞在している場合は、渋滞も考慮してなるべく余裕を持って那覇入りしておくのが安心です。

そして早めに那覇に着いて時間を持て余したら、返却時間まで空港近辺で最後のひと遊びをして、グルメ&ショッピングも楽しんじゃいましょう!

続きを読む

久米島へ安く行くならフェリー!選び方・予約の仕方教えます

久米島フェリー
@ocvb

沖縄本島から約100km離れた久米島へのアクセスは飛行機orフェリーの2択。

フェリーは時期や曜日によって運行本数がかわり、1日1~3便、約3時間の船旅です。
フェリーのメリットは、飛行機と比べて安価な事や車も運べる事。

飛行機なら、那覇―久米島線が1日に7往復も運行しており、飛行時間は約25分と極めて短時間で
飛行機のメリットはなんといっても所要時間の短さ。

時間重視なら飛行機、料金重視ならフェリーというわけです。

今回はとにかく安く久米島に行きたいと考える方の強い味方、フェリーの予約方法や所要時間などあれこれを調べてみました。
(本文の内容は2018年1月現在の内容となります)

続きを読む

渡嘉敷島への足、高速船・フェリーの予約・運賃・時刻表まとめ

渡嘉敷島の海に浮かぶフェリーとかしき
那覇から高速船で約35分の場所にある渡嘉敷島。
その抜群の海のキレイさとアクセスの良さも相まって、オンシーズンには海水浴目当ての観光客で連日満席。

せっかくの沖縄ならケラマブルー見なけりゃもったいない!

今回は渡嘉敷島への足掛かりとなる高速船・フェリーの利用方法をまるっと、
おまけで渡嘉敷島内主要スポットの移動方法をご紹介いたします。

続きを読む

沖縄に恋してる私のやっちまった子連れ沖縄旅行記 ~移動編~


子連れ旅行は思わぬ落とし穴が多いもの。

機嫌が悪くて予定通り動けなかったり、必要なものを持ってきていなかったり、移動が長くてグズったり・・・。

現在5歳の長男とと1歳の次男ふたりの息子たちと一緒に行った沖縄旅行はもう10数回になり、今ではだいぶトラブル回避ができるようになった我が家。
でも、はじめの頃は私も毎回失敗ばかり。

今回はそんな “今では笑える失敗談(移動編)” を “今後の教訓” 付きでお送りします。
次回の旅行の反面教師にしてくださいね。

続きを読む

家族で沖縄ロケーションフォト♡ 自分じゃ撮れないクオリティに感動

沖縄 家族旅行 ロケーションフォト
海も空もきれいな沖縄。せっかくのきれいなビーチだし、子どもや家族の写真もと、沖縄旅行中はついつい写真を撮りすぎちゃいますよね。
ただ、シャッターを切る数とは裏腹に、タイマーがうまく使えなかったり、子どもがぐずったり、他の人物が入り込んでしまったりと、出来上がった写真で満足のいくものって正直ごくわずか。

ある日、「沖縄のキレイな景色は無いかな~」とインスタグラムを見ていると、沖縄のビーチで撮った素敵な家族写真を発見!前に私が写真を撮ったのと同じ沖縄のビーチなのに空も海も別の場所のよう。
「私もこんな素敵な写真が撮りたい! 自力で無理ならプロに頼んでしまおう! 」と思ったのが、我が家の沖縄ロケーションフォトのはじまりでした。

続きを読む

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.