現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

車がなくても大丈夫!車なしでも大満足の宮古島観光プランをご紹介!

宮古島 車無し

宮古島に行きたいけど、

免許がない・・・
ペーパードライバーで運転が怖い・・・
という方。

安心してください!車がなくても、しっかり調べていれば充分宮古島を満喫できます。

宮古島の人気観光スポットへの、車以外での行き方をご紹介するのでぜひ参考にしてみてください!

<もくじ>
1.空港からホテルへのアクセス
2.宮古島 観光スポット車無しの行き方
2-1.与那覇前浜ビーチ・来間島
2-2.砂山ビーチ
2-3.17END
2-4.宮古島海中公園
2-5.シュノーケリングでウミガメ・熱帯魚
2-6.宮古島観光バス
3.車無しの宮古島観光でおすすめのホテル
3-1.西里エリアホテル
3-2.宮古島東急ホテル&リゾーツ
3-3.シギラベイサイドスイートアラマンダ
4.おわりに

もくじをすべて表示

1.空港からホテルへのアクセス

宮古島 車無し
宮古空港から市街地であり宿泊施設が集中する平良地区までは路線バスで約15~20分ほど(路線による)。

運賃は¥200(宮古空港~市役所前 2020年10月時点)とかなりリーズナブル。

ただ路線バスの出発時刻と飛行機の発着時間は連動していないようで、場合によっては次のバスまで1時間以上待たなくてはいけない場合も。

タクシーを利用すると平良地区までおよそ15分、料金目安は1600円ほど。

少々割高ですが、うまく接続できない場合は割り切ってタクシーを利用するのも時には必要ですね。

また、著名リゾートの場合は無料送迎がある場合があるので、予約時に確認しましょう。

2.宮古島 観光スポット車無しの行き方

宮古島を代表する観光スポット(景勝地)の行き方をまとめました!
1日に色々な場所に行きたい!という方は、やはり2-6.運航日限定・宮古島観光バスがおすすめですよ。

2-1.与那覇前浜ビーチ・来間島

来間島から 与那覇前浜ビーチ
前浜ビーチは、東洋一美しいといわれた絶景ビーチ。

平良地区からバスでアクセスする場合は、「東急ホテル前」バス停で下車して徒歩5分で到着します。

平良地区からだと、前浜ビーチまでおよそ40分ほど。

タクシーの場合は平良地区からおよそ25分。料金目安は2800円ほどです。

また与那覇前浜ビーチと海を挟んで向かい側、人気のカフェが集まる来間島へのアクセスは、バスの便数が少なく不便なため、レンタサイクルがオススメ。
来間島カフェ 青空パーラー AOSORAパーラー スムージー
宮古島東急ホテル&リゾートでレンタサイクルを借りる(有料)ことができます。
参考:宮古島東急ホテル&リゾーツ「フィールドレジャー」

2-2.砂山ビーチ

砂山ビーチ
砂山ビーチは、アーチ形をした岩が印象的な絶景ビーチ。

最寄りバス停が遠いので、平良地区からならレンタサイクルかタクシーがおすすめ。

自転車の場合、平良地区から砂山ビーチまで所要時間は約20分。

◎オススメレンタサイクルショップ
「レンタサイクル宮古島」
普通自転車24時間 2500円

「レンタカーパイナガマビーチ店」
普通自転車24時間 1500円
電動自転車24時間 2000円

「BIGJOY宮古島]
普通自転車24時間 1500円
電動自転車24時間 2000円

平良地区からタクシーでアクセスする場合はおよそ15分。料金目安は片道1500円ほど。
帰りの際に流しのタクシーを拾うのは難しいので、迎車できるようタクシー会社の連絡先は念のためチェックしておきましょう。

2-3.17END

宮古島 車無し
17ENDへ行く場合は、まずはバスでみや下地島空港へ。「みやこ下地島空港リゾート線」「宮古下地島エアポートライナー」が運行しています。
所要時間は25分、運賃は¥600、ただしバスは下地空港に定期便が飛んでくる日のみの運行。

空港から17ENDまでは空港の敷地をグルーっと回り込む必要があり、隣接してるにも関わらずなんと徒歩50分ほど。
なので、下地島空港ターミナルからタクシーもしくは体力があればレンタサイクル「しまそらBicycle Rental」を利用するのもオススメです。
17ENDのほか、通り池や佐和田の浜、中の島ビーチがみやこ下地空港の5キロ圏内にありますので、体力と相談しながら自転車で観光してみるのもいいですね。
参考:みやこ下地島空港 レンタサイクル

ちなみに、平良地区から17ENDまでタクシーでアクセスする場合はおよそ40分。料金目安は片道5,000円ほどとなります。

2-4.宮古島海中公園

宮古島海中公園は、服を着たまま海中散歩が楽しめるスポット。
24個のアクリルパネルの窓からは、海の中の景色を思う存分楽しむことができます。
平良地区から宮古島海中公園へのバスでアクセスする場合は八千代バスの「池間一周線」に乗り、「中学校前」で下車します。
所要時間はおよそ20分。バス下車後徒歩10分ほどで宮古島海中公園に到着します。
タクシーでアクセスする場合は、約20分。料金目安は2200円ほどとなります。

2-5.シュノーケリングでウミガメ・熱帯魚

宮古島 車無し
シュノーケリングでウミガメや熱帯魚を見たいならシギラビーチがオススメ。
公共交通機関でもアクセスは可能で、初心者向けのビーチです。(リーフの外に出ないようにしましょう)
平良地区からバスでアクセスする場合は宮古協栄バス新里宮国線で「シギラビーチ入口」で降りましょう。
所要時間はおよそ40~50分。運賃は¥370~¥410(ルートによりマチマチです)。

タクシーでアクセスする場合は、約25分。料金目安は3500円となっています。

と、アクセス詳細をご紹介しましたが、水に濡れる事など考慮すると、総じて送迎ありの現地体験ツアーがやっぱり便利。
移動の手間が省け、シュノーケルの機材レンタル・ガイドもしてくれるのでしっかり楽しめますよ。

2-6.宮古島観光バス

宮古島 車無し 観光バス
ここまでご紹介してきた通り一カ所ずつは車無しでもアクセス可能ですが、1日に複数個所となるとやはり難しいのが現状。

宮古島を網羅したい!という方は、HIS観光バスを利用するのがオススメ。
宮古島、伊良部島、下地島、来間島、池間島の5つの島をすべて巡り、景勝地やお土産スポットの立ち寄りもあります。
【旅プラスワン 観光バスツアー詳細】
https://www.tabione.com/plan_list/?company=hisoka&shop=hisoka

3.車無しの宮古島観光でおすすめのホテル

3-1.西里エリアホテル

宮古島 車無し 西里地区
西里は平良地区の中で飲食店や宿泊施設が集まる繁華街エリア。西里エリアにはゲストハウスからビジネスホテル、シティホテルが多く集まります。
コンビニやお土産屋さんもあったりと便利な立地が魅力です。

3-2.宮古島東急ホテル&リゾーツ

宮古島東急ホテル&リゾーツ
東急ホテル&リゾートの魅力は、目の前に広がる前浜ビーチ。
部屋からのながめも最高で、歩いてビーチに行くこともできます。
来間島も近いので、観光にも便利なホテルです。

3-3.シギラベイサイドスイートアラマンダ

シギラ アラマンダ
空港からの送迎もあり、近くにはシギラビーチもあるのでたくさんシュノーケルを楽しみたいう方にはぴったり。
ホテル内も充実しており、温泉やお土産屋、パン屋などの施設が利用できます。
全室スイートルームという宮古島屈指の高級ホテルなので、のんびりリゾートを楽しみたい方にもオススメです。

4.おわりに

宮古島 車無し
宮古島では、車がなくてもバスやタクシー、レンタサイクルを利用することで観光地を巡ることができます。
場所によって、便利な移動手段が変わってくるのでそれぞれ使い分けて移動しましょう。
とにもかくにも宮古島の観光地は全部回りたい!という方はHISの観光バスを利用するのがオススメ!
プランに合った移動手段を選んでみてください。

沖縄ラボでツアーを比較


11月の沖縄 イベントまとめ

沖縄 11月 イベント

11月の沖縄は過ごしやすい気候で、観光めぐりにピッタリな時期であることをご存じでしょうか?
今回は、11月の沖縄を満喫するイベントを一挙ご紹介します。

続きを読む

10月の沖縄 イベントまとめ

沖縄 10月 イベント

海あそび最盛期の夏から秋へシフトしていく10月。
まだまだ海にも入れるビーチも多いですが、観光イベントも目白押しです。

続きを読む

冬ならではの宮古島の楽しみ方!おすすめの観光プランをご紹介します!

宮古島観光 冬

冬だけど、宮古島に遊びに行きたい!
でも・・・冬の宮古島ってどんな遊び方をしたらいいんだろう?
と、冬の宮古島観光に悩む方は多いはず。

海水温は冷たくなるので、夏のように水着で海を楽しむのは厳しいですが、1月から3月の平均気温は約18度。
内地の春くらいの気温なので冬の寒さを感じることは少ないでしょう。
また、冬は空気が澄むので海と星空がとてもきれいに見えます。
冬ならではの宮古島の景色を楽しんでみませんか?

続きを読む

石垣島のレンタルバイク「GO SHARE」は2人乗りも出来ちゃう

goshare,ゴーシェア

ここ数年石垣島でよく見かける、パステルブルーのバイク「GO SHARE」。

車体の色も目をひくポイントですが、おそらく2人乗りしているカップルを島内でしばしば見かけるので、余計記憶に残っているのかもしれません。

今回は、この「GO SHARE」の特徴や料金など利用方法方法について詳しくご紹介します。

石垣島でレンタルバイクを探しているという人は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

【沖縄プチ移住】沖縄&アメリカ文化が混ざり合う街|③コザ

沖縄 移住 コザ

会社を辞めて家を捨て、沖縄プチ移住生活をしているNOMADOKAです。

那覇・安里からスタートし、宜野湾での生活を経て、やってきたのは「コザ」。

この記事では、コザに滞在して感じた魅力やグルメ情報を、移住者目線で紹介します!

続きを読む

女子旅だからこそ楽しめる!沖縄旅で出会う、10のスポット

沖縄 女子旅 おすすめスポット
やっぱり、旅は気心知れた友達と行くのが1番!
気の合う仲間と、“美容”や“おしゃれ”も意識した沖縄旅に出かけましょう♪

「女子旅」だからこそ意識したいポイントとともに、10のスポットをご紹介します!

続きを読む

【沖縄プチ移住】海を求めて便利タウン那覇を去った|②宜野湾市

沖縄 長期滞在 宜野湾
健康で自分らしい人生を求めて、脱OLし沖縄長期滞在中のNOMADOKAです。

那覇・安里からスタートした長期滞在、2週間の那覇ライフを経て、海を求めて拠点を宜野湾市に移すことにしました。

今回は、宜野湾市の特徴やグルメ情報などを長期滞在目線でご紹介していきます!

続きを読む

【沖縄プチ移住】脱サラ&リュック1つで長期滞在スタート|那覇・安里編

沖縄 移住 長期滞在

沖縄長期滞在中のNOMADOKAです。
東京でのOL生活を経て、いまは沖縄でフリーランスの仕事をして生きています。

沖縄プチ移住のきっかけは、タイ旅行でした。暖かい海辺に2週間ほど滞在したとき、人生で一番体調良く過ごせたんです。それから、この先の人生は「暖かい・海のそば」で生きていこうと決めて、まずは沖縄へお試しで移住してみる事にしました。

この記事では

「沖縄に移住してみたい!」
「長期滞在の泊まる場所や費用ってどれくらいだろう?」

という方へ向けて、

・初めての沖縄長期滞在おすすめエリア
・宿選びのコツと費用
・必需品や買い足したもの

について、リアルな体験記を通してお届けしたいと思います!

続きを読む

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.