現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

八重山そば&絶品ソーキ!石垣島の人気店「明石食堂」のテッパン料理

Tags:

公開日:2020/9/30

明石食堂

石垣島の中でも、手つかずの自然とローカルさが魅力の、石垣島北部。

石垣島北部は、市街地と比較して飲食店の数がかなり減りますが、隠れた名店がたくさんあります。

この記事では、石垣島北部の明石地区にある、地元民・観光客からも大人気の食堂「明石食堂」の魅力を紹介!

某グルメサイトでも高評価のお店。

ローカルグルメが好きな人・こってりお肉が好きな人、必見です!

<もくじ>
1.行列覚悟!観光客から地元民まで虜にする「明石食堂」
2.アクセス、駐車場は?
3.ツウはこの頼み方!「八重山そば+ソーキ単品」
4.ソーキの味とスープの絶妙なハーモニーが堪らない「ソーキそば」
5.まとめ

もくじをすべて表示

1.行列覚悟!観光客から地元民まで虜にする「明石食堂」

明石食堂 外観 看板
石垣島北部、明石地区にある「明石(アカイシ)食堂」。

明石地区は、島最大のロングビーチ・明石ビーチや、小さな集落があり、自然と人が共存するエリアです。

観光客はもちろん、地元民からも愛されている大人気のお店で、「石垣島の八重山そばなら絶対ココ、石垣島で一番美味しい!」と、口コミ多数。

開店直後に行っても20分待ち、閉店ギリギリまで列が絶えない人気ぶりです。

2.アクセス、駐車場は?

明石食堂 エントランス
明石食堂は、新石垣空港から車で約30分ほどの場所にあります。

駐車スペースは、お店の看板横のスペースです。

現在は二代目の建物になっていて、民宿も兼ねて営業しています。

周りは民家がたくさんあるので、駐車マナーや騒音に気を付けましょう。

営業時間は、土日のみ11時~15時・17時30分~20時30分で、ランチ・夜ともに営業あり。

水~金曜は17時30分~20時30分、定休日は月・火曜です。

住所:〒907-0332 沖縄県石垣市字伊原間360

3.ツウはこの頼み方!「八重山そば+ソーキ単品」

明石食堂 料理 ソーキ そば
八重山そばとソーキそばは、間違いなく食べておきたいメニューです。

どっちのそばにしようと迷ってしまったら、八重山そばとソーキ単品がおすすめ。

じつはこの頼み方、常連さんや再来観光客からも人気なんです。

八重山そばとは、三枚肉の細切り・かまぼこの細切り・ネギが入ったそばのこと。
明石食堂 八重山そば
大600円・中500円・小400円があり、写真は小サイズですが、じゅうぶん満足できるくらいのボリュームです。

明石食堂の八重山そばは、スープが特徴的!

石垣島の八重山そばは、ライトなスッキリ塩系スープなのですが、明石食堂のスープは豚骨ベースで濃いめで麺によく絡みます。

濃さの中にカツオ出汁がふわっと香る爽やかさがあって、スープを完飲してしまえるほど。

どでかいソーキ(1皿500円)は、ビックリするくらいトロトロに煮込まれていて、噛んだ瞬間、口いっぱいに肉のうま味がじゅわっと広がります。
明石食堂 ソーキ

明石食堂のソーキは、絶品と言われるほど有名なんです。

ホロっとした柔らかさと、適度な弾力、トロトロの軟骨…一口食べれば、これは絶品と言われるはずだと納得するほどの美味しさ。

単品とそばに入っているソーキでは、味付けが若干違います。

単品は、おつまみや白ご飯にピッタリで、タレ多めの仕上がりです。

そばに入っているソーキはタレが少なめで、甘じょっぱい味がスープにマッチ。

この絶品ソーキを味わいたいということから、「ソーキは単品派」という人もかなりいます。

4.ソーキの味とスープの絶妙なハーモニーが堪らない「ソーキそば」

明石食堂 ソーキそば
ガッツリ食べたい人は、ソーキそば(大1100円・中850円・小600円)がおすすめ。

ソーキとネギがのっていて、ソーキのタレと肉のうま味がスープに溶けだして、ガツンとした味に仕上がりに。

写真は中サイズで、そば・ソーキともに大満足の量です。

ソーキには、ぜひ石垣島でメジャーなスパイス「ヒバーチ」をかけてみてください。
ヒバーチ

ヒバーチは、島こしょうとも呼ばれていて、ブラックペッパーのスパイシーさとシナモンのような香りがするところが特徴です。

肉料理と相性抜群で、ソーキはもちろん八重山そばにかけることも。

お好みで、紅しょうがを追加。
明石食堂 調味料 紅ショウガ

〆には、コーレーグーズ(島唐辛子の泡盛漬)をプラスして、キレのあるスープを楽しんでみてください。

ライス単品もあるので、ごはんと一緒に食べたいという人はオーダー可能。

生・瓶ビール550円があるので、そばやソーキをつまみに乾杯することもできます。

ほかにも、地元民に人気なトンカツ(定食・単品)やカツ丼もあり。

そば・カツとメニューが限られているものの、いつもたくさんのお客さんで賑わっていることから、多くのファンを作っていることが伝わってきます。

5.まとめ

石垣島で、八重山そばが食べたくなったら、ぜひ明石食堂へ。

ちょっと変わった濃厚スープのそばと、絶品ソーキをあわせて食べてみてください。

きっと、忘れられない美味しい思い出になるはずです!

沖縄ラボでツアーを比較


 

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

北海道の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.