現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

中の島ビーチのアクセス|天然の水族館でシュノーケリングしたい!

中の島ビーチ カヤッファビーチ

下地島に中の島ビーチは、宮古島旅行で欠かせないシュノーケリングスポットとして、年々人気が高まっています。通称カッファビーチ、また”天然の水族館”とも呼ばれ、群生のサンゴや百種類以上の魚を見ることができます。中の島ビーチに訪れる際に気になるアクセスや駐車場、シャワー施設の有無など、中の島ビーチで思う存分遊ぶためのお役立ち情報をご紹介していきましょう。

<もくじ>
1.中の島ビーチってこんな場所
2.中の島ビーチでシュノーケリング
3.中の島ビーチの駐車場
4.中の島ビーチのトイレ・シャワー(どこで着替える?)
5.まとめ

もくじをすべて表示

1.中の島ビーチってこんな場所

中の島ビーチ
中の島ビーチのある下地島へは、宮古島の市街地から伊良部大橋を経由して車で約25分ほど。
伊良部大橋の伊良部島側たもとからは車で10分ほどの、下地島南西岸に中の島ビーチはあります。

中の島ビーチは絶壁に囲まれた隠れ家的なロケーションで、ガードレールの真下にビーチがあります。
この隠れ家的なロケーションは魅力でもありますが、明確な住所も無く場所が分かりづらいのは少々難点。
中の島ビーチ
私が行った時は人がたくさんいたので分かりましたが、周囲には簡単に看板があるだけだったので、うっかり見過ごす可能性もあります。

ビーチへは車道から坂道を下って。
中の島ビーチ
外海からあまり影響を受けない穏やかな海、奇岩が立つ白砂のビーチと透明度のが高い美しい海。
浅瀬でも多くの魚が泳いでいて、かわいい魚たちを見ることができます。

2.中の島ビーチでシュノーケリング

中の島ビーチ
中の島のビーチで一番の人気はシュノーケリング。
内海は2~4mほどの深さ、15mほど沖に行けば水深10mほど。
シュノーケリング初心者から中級者まで幅広く楽しむことができます。
中の島ビーチ
沖ではカクレクマノミなどカラフルな魚たちが泳いでいてまさに”天然の水族館”のようです。季節限定でシュノーケリングのレンタル露店が出ることがありますが、確実ではないので海遊びに必要なものは持参が無難です。砂浜にはサンゴが落ちていたり、岩場が多いのでビーチサンダルよりもマリンシューズで訪れましょう。
中の島ビーチ
中の島ビーチではほかにも、シュノーケル&シーカヤックツアーやシュノーケリング船で向かう青の洞窟ツアーなど、現地体験ツアーが開催されています。注意事項として、監視員がいないため、すべては自己責任です。また天然の珊瑚を傷つけないように、シュノーケリング中は海中の珊瑚に触れたり、上に立ったりすることは避けてください。
★中の島ビーチ「青の洞窟」ツアーは【コチラ】から

3.中の島ビーチの駐車場

中の島ビーチ 駐車場
中の島ビーチの周辺には駐車場はありません。
そのため近くの路肩に駐車することになります。10~15台程度でいっぱいになるので、夏場など混雑時は早めの午前中に訪れるのがおすすめ。

4.中の島ビーチのトイレ・シャワー(どこで着替える?)

中の島ビーチ カヤッファビーチ
中の島ビーチ周辺にはお手洗いもシャワー設備もありません。
一番近いお手洗いは、2kmほど離れた場所にある通り池に、シャワーは車で10分ほどの場所にある、渡口の浜にて有料で利用できます。シュノーケリングをしに中の島ビーチの訪れる方は、事前に宿泊先で水着やウエットスーツに着替えて、大きめのタオルを持参しましょう。シュノーケリング後に軽く洗う用に水をペットボトルなどに入れて持っていくのもおすすめです。

5.まとめ

中の島ビーチに行ってみたくなりましたか?宮古島周辺を含めても、中の島ビーチはシュノーケリングの絶景スポットとしても人気です。離島ならではの海を楽しんでくださいね。

沖縄ラボでツアーを比較


沖縄の”穴場”観光スポット8選|定番と合わせたら沖縄旅行がもっと楽しくなる

沖縄 観光 穴場

国内でも屈指の観光地、沖縄。
沖縄県の調べによると、なんと約80%もの旅行客が2回以上沖縄に訪れ、リピーターになっているそうです。
魅力満載の沖縄、何度も足を運びいろんな所へ行きたくなるのは自然な事。
そこで今回はあえて有名&定番の観光地は取り上げず、地元の沖縄県民からも人気のある「穴場観光スポット」をご紹介します。
定番と穴場を組み合わせて、あなただけの沖縄旅行を充実させましょう!

<もくじ>
1.伊計島
2.ター滝
3.備瀬のワルミ
4.金城町石畳道
5.久高島
6.ヤンバルクイナ展望台
7.大石林山
8.座喜味城跡
おわりに

もくじをすべて表示

1.伊計島

沖縄 観光 穴場 伊計島
伊計島は沖縄本島中部に浮かぶ小さな島です。沖縄本島とは海中道路を利用して車でのアクセスが可能♪
那覇空港からは90分ほど。海中道路の絶景や伊計島に至るまでに連なる小さな島には人気の観光スポットやかき氷やさんなどが点在しているので、ドライブが楽しめます。
伊計島には、伊計ビーチと透明な海が有名な大泊ビーチがあり、しっかり管理されていて、クラゲ防止ネットなども貼られているので、安心して泳ぐことができます。また、伊計島にはイチの里仲原遺跡と呼ばれる竪穴式住居を見ることができ、縄文時代の雰囲気が味わえる不思議な空間です。

2.ター滝

沖縄 観光 穴場 ター滝
沖縄県本島の北部大宜味村にあるター滝。滝にたどり着くまでの道は人の手で整備されていない自然の道なので、実際にジャングルを体験しているような気分を味わえます。たくさんの亜熱帯植物を鑑賞できるので、マイナスイオンを浴びてリラックスしたい。という方にもぴったりです。所どころ岩を登ったり水に濡れるようなところもあるので、水に濡れてもいい服装と靴を用意しておくと安心です。

3.備瀬のワルミ

沖縄 観光 穴場 スポット 備瀬のワルミ
沖縄県国頭郡本部町にあるパワースポットで有名な備瀬のワルミ。元々は、地元の人しか知らない隠れパワースポットでしたが、SNSで話題になり多くの観光客に人気のスポットになりました。しかし、ゴミのポイ捨てや落書きなどのマナーの悪さが原因で現在は立ち入り禁止となっていますが、シーカヤックやスタンドアップパドルボートのツアーなどを使えば、行くことが可能です。
備瀬のワルミには石があり、この石に触れることで子宝に恵まれると言われています。しかし、石が見られるのは干潮のタイミングのみなので、詳細はツアー催行会社の方に聞いてみるといいでしょう。
★備瀬のワルミへ行けるツアーは【コチラ

4.金城町石畳道

沖縄 穴場 観光 金城町石畳道
那覇市金城町、首里城近くにある長さ300メートルの石畳道。琉球の王様尚真王の時代に首里城から南部にいくための道として使われていたそうですが、戦争を経て残ったのが今残されている300メートルのみ。道の両脇には赤瓦の沖縄の雰囲気を感じられる民家があり、沖縄のゆったりとした時間を感じることができます。この石畳道は、沖縄県指定文化財にも登録されています。観光客のための休憩所なども整備されているため、沖縄独特の雰囲気な中でゆったり時間が過ぎるのを満喫できます。

5.久高島

沖縄 観光 穴場 久高島久高島は、「神の島」として有名なパワースポットです。沖縄本島から5kmしか離れていないため、船に乗って50分で行くことができます。特にオススメなのが、ウパーマ浜別名(星砂の浜)です。久高島の中でも砂浜が広く、綺麗な透明感のある海を眺めることができます。また、星砂を拾えることでも有名なので、ぜひ星砂を探してみてください。久高島最北端の岬、カベール岬もオススメスポットの一つです。ここはアマミキヨと呼ばれる神様が降り立ったとされる岬で、周辺の洞窟は神秘的で、パワースポットとしても人気があります。

6.ヤンバルクイナ展望台

沖縄 観光 穴場 スポット ヤンバルクイナ展望台
沖縄本島北部、国頭村にある展望台です。リアルなヤンバルクイナの模型があるため、ヤンバルクイナ展望台という名前が付いています。ここからは、鹿児島の与論島と、辺戸岬を眺めることができ、観光客なども少ないのでゆったりと景色を眺めることができます。晴れた日は特に景色が綺麗で、エメラルドグリーンの海と沖縄の風を視覚だけでなく体で感じることができます。

7.大石林山

沖縄 穴場 観光 大石林山
沖縄本島北部にある大石林山。亜熱帯植物に囲まれた山の中を散歩することができます。様々な種類のコースがあるため、お年寄りから子供まで楽しむことができます。山の中の岩や木には名前があり、琉球神話などからの名前の由来を知ることができるため、歩いているだけでも会話が弾みます。マイナスイオンをたくさん浴びて、運気をチャージできるパワースポットとして人気があります。

8.座喜味城跡

沖縄 穴場 観光 座喜味城跡
沖縄本島中部読谷村にある座喜味城跡。世界遺産に登録されていますが、入場料も無料で時間も定められていないので、日の出を撮影したりするには絶好のスポットです。城を登っていくと、西海岸を見渡すことができ、お城の役割として作られた袋小路になっている武者隠しなども見ることができます。護佐丸という琉球の偉人が建てた歴史あるお城で隠れ人気スポットの一つです。

おわりに

いかがでしたか?沖縄には有名な観光地だけでなく、地元の人にも人気の穴場スポットがたくさんあります。沖縄に来るのが初めてという方だけでなく、何度来ても楽しむことができる。というのが、沖縄の良さだと思います。今回の記事を参考にしてあなただけの素敵な旅をお楽しみください!

沖縄ラボでツアーを比較


 

ハズレなしの旅先は、うちなーんちゅに聞くべし!沖縄在住者イチオシの厳選10スポット

沖縄在住者 イチオシ 10スポットせっかくの沖縄旅行、絶対に外さない旅がしたい!でも情報がたくさんありすぎて、選べない・・・。そんな時に頼りになるのが、地元に住んでいる人。

今回は、沖縄を知り尽くしたうちなーんちゅ(地元民)に「ハズレなしの旅先」を聞いてみました。行先選びの参考にしてみてくださいね♪

続きを読む

新名所「DMMかりゆし水族館」へ行ってきた!見どころ・アクセス・周辺情報

沖縄 DMMかりゆし水族館

那覇空港から車でたった20分の場所に、2020年5月25日にグランドオープンしたDMMかりゆし水族館。
「イーアス沖縄豊崎」というこちらも新規開業となるショッピングモール内にあり、観光に買い物に、沖縄到着日・帰着日の過ごし方に革新の予感です。

この記事ではDMMかりゆし水族館の注目ポイントやアクセス、周辺情報をお知らせしますよ。
DMMかりゆし水族館がある場所は、レンタカー会社の営業所が多く集まるエリア。
車の貸出前後に足を運んでみてもいいですね♪

続きを読む

魅力あふれる沖縄を満喫♪2泊3日のいちおしモデルコース

沖縄 2泊3日 モデルコース KJ MARINE ケラマブルーを堪能する2人のダイバー青い空、青い海、白い砂浜。独特の文化と時間が流れる人気の南国リゾート地『沖縄』。

そんな魅力あふれる沖縄でやりたいこと、おすすめを詰め込んだモデルコースはこちら!

2泊3日の沖縄バカンスを満喫できること間違いなし!

続きを読む

思わずイイね!したくなる沖縄インスタ映えスポット-家族旅編

沖縄 インスタ映え 家族旅 トップ家族で旅行で行くとなったら、ぜひ足を運びたい「インスタ映えスポット」。

幼い時に得た体験は、子どもにとって一生モノ!
この時にしか見られない表情や体験は、ぜひとも写真に収めておきたいですよね。

沖縄らしい動物が集まったスポットに、色とりどりのお花が咲き誇る植物園など。
子どもはもちろん、パパ・ママもフルに楽しめる「インスタ映えスポット」をご紹介します。

続きを読む

思わずイイね!したくなる沖縄インスタ映えスポット-カップル旅編-

沖縄 インスタ映え カップル旅 トップカップルで旅行で行くとなったら、ぜひ足を運びたい「インスタ映えスポット」。

ハートがシンボルとなったスポットや、透明感が素晴らしい沖縄の海。

旅行という非日常的な時間の記録を、ステキな写真に収めたいですよね。

今回は帰ってからもずっと眺めていたくなるような、カップル旅にピッタリな「インスタ映えスポット」をご紹介します。

「インスタ映えスポット」を通して、忘れられない思い出作りをしませんか?

続きを読む

思わずイイね!したくなる沖縄インスタ映えスポット-女子旅編-

沖縄 インスタ映え 女子旅 トップ女子旅で沖縄旅行に行くとなった時、必ずチェックしておきたい「インスタ映えスポット」。

水面がキラキラ輝くブルーの海に、咲き誇るトロピカルなお花、話題の絶景カフェなどなど。

沖縄には、数えきれないほどの写真映えスポットがあるんです。

今回は沖縄ラボ編集部が探した、女子旅にピッタリな沖縄の「インスタ映えスポット」をご紹介!

あなたのInstagramをカラフルに彩りませんか?

続きを読む

狙いは「ハンマーヘッド」!与那国島でダイビングしてきました

与那国 ハンマーヘッド 群れ トップ日本最西端の与那国島は、黒潮の海に囲まれ、「ハンマーヘッドシャークの群れ」を、高確率で見ることができる国内で最高レベルのダイビングエリアです!

欧米やアジアのダイバーも潜りに来るほど世界的に有名な場所なんですよ。

ダイビングシーズンには、運が良ければ、100尾以上の通称※ハンマーリバーに出会えます。

今回は与那国島初上陸の筆者が、ハンマーヘッドシャーク狙いダイビングに挑戦してきました。

実際に潜って感じたことや魅力・潜り方・注意点などをご紹介します。

続きを読む

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.