現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

海中道路のんびりドライブ|カフェ・ビーチ・観光おすすめ立ち寄りスポット10選

海中道路 ドライブスポット

海中道路は、沖縄の中部「うるま市」に位置する与勝半島と4つの離島を結ぶ全長4.75kmの橋です。那覇空港からは車で1時間30分時間ほどの距離。

コバルトブルーに輝く海に囲まれたシチュエーションはドライブにぴったり!

そんな海中道路の先には手前から順に平安座(へんざ)島、浜比嘉島、宮城島、伊計島と4つの島が連なり、素朴で濃密な島時間を楽しめます。

この記事では海中道路を渡った先にある4つの離島と、離島ごとのオススメスポットについてお届けします!

続きを読む

レトロかわいい港川外人住宅|おすすめランチ・カフェ・雑貨

港川外人住宅

港川外人住宅は、もともと外国人の方の居住区だったものがリノベーションされ、オシャレな店舗へと生まれ変わったエリア。

歩いて回れるエリアに、センスの光る飲食店や、カフェ、雑貨屋さんといったショップが集まっています。

白く、四角い外人住宅の外観はどこかノスタルジックな雰囲気を帯びていますが、お店ごとの個性が光り、そのユニークさからカメラを片手に散策する人も多くいます。

この記事では、港川外人住宅のランチ・カフェ・雑貨のオススメ店舗を紹介していきます。

続きを読む

獲れたてやんばる野菜がおいしくて可愛い!野菜直売カフェCookhal

cookhal

Cookhal(以下クックハル)は沖縄の北部エリア名護(なご)にある、「やんばるの食材」をテーマとしたお店です。

自社農園で育てた獲れたて野菜の料理を堪能できるカフェと、野菜をはじめとした「やんばる食材」の加工品の買い物を楽しめるスポットになっています。

この記事ではクックハルの店舗紹介からお食事、お買い物についてお届けします!!

<もくじ>
1.クックハルの店内
2.クックハルのお食事
3.クックハルのお土産
4.クックハルのイベント
5.おわりに

もくじをすべて表示

1.クックハルの店内

cookhal 店内
ナチュラルテイストの店内はまるで雑貨屋さんのようですが、彩るのは新鮮なお野菜たち。
coohal  店内
飲食を楽しめるカフェスペースと、野菜などやんばるの食材を購入できる買い物スペースが隣り合っていて、ぶらりと野菜を見るのもいいし、まったり過ごすのもgood!
cookhal
店舗を出てすぐのスペースには、丸い木のテーブルとイスの席もあり、お子様連れにもおすすめ。
cookhal テラス席

2.クックハルのお食事

cookhal 料理
クックハルで堪能できるのは、自家栽培の野菜を中心としたやんばる食材をふんだんに使ったお料理。

「畑のランチプレート」ではお野菜を色々たのしめます。
cookhal 料理 メニュー
自社農園で収穫した野菜に加え、提携している農家さんから仕入れた旬の食材が盛りだくさん。
彩りの鮮やかさが印象的で、旬の野菜を使用するため足を運ぶタイミングによって、プレートの中身が変わってくるのがポイントです。

一口一口噛みしめる度に野菜が持つ本来の美味しさが染みわたり「あぁ、美味しい!!」と、野菜が持つポテンシャルに改めて気づかされる一皿になっています。

こちらは「自家製ホットドッグ」です。
cookhal 料理 ホットドッグ
クックハル手作り、やんばる豚100%の自家製無添加ソーセージを、同じく名護にあるパン屋さんPain de kaito(パンデカイト)の全粒粉バケットで挟んだ贅沢な一品。

ホットドッグとは言っても、ここにもクックハルのテーマである「野菜」による一工夫が。
cookhal ホットドッグ
塗られているマスタードバターの粒は「シマナ―」の種をひとつひとつ取ったものを使用し、紫キャベツの手作りザワークラフトを挟むことで酸味を引き出したりと、ここでも野菜が大活躍。

どの料理も「野菜」の良さを楽しめられるようになっています。

3.クックハルのお土産

cookhal
店内所狭しと並べられているのは、自社農園とやんばるの農家さんから仕入れた獲れたての野菜です。

値段もリーズナブルかつ、一般的なスーパーではあまり目にしないような野菜も販売しており、野菜の買い物を目当てに訪れるお客様も少なくありません。
cookhal 野菜
手作りのPOPには野菜についての説明や、オススメの調理法、生産者の名前、どのような環境で育てられたかなど、その野菜に関する情報が丁寧に記載されており、野菜について詳しくない人でも安心して買い物できる仕組みになっています。
cookhal ポップ

また、野菜だけではなくピクルスやちんすこうなど「やんばるの食材」を加工した商品も取り扱っており、これはお土産にぴったり♪
cookhal ピクルス
「やんばるの食材」をテーマに思う存分買い物を楽しめるようになっています。

4.クックハルのイベント

cookhal イベント スパイス
クックハルはカフェや買い物だけでなく、クックハル主催のイベントもお見逃しなく。

スパイスがコンセプトの「スパイス居酒屋」やコーヒーに関する催しなど、カフェや買い物と同様に「やんばるの食材」をテーマとした様々なイベントを開催し、満員御礼となることもしばしば。

イベントの開催についてはSNSで情報を発信しています。
Cookhal Facebookページ

5.おわりに

なごアグリパーク
クックハルは「なごアグリパーク」という名護市が運営する施設の中にあります。

なごアグリパークはクックハル含め、名護市の特産品を取り扱う「しまちゅらら」などショッピングエリアの他、解放感あふれる中庭もあり日々の忙しさを忘れ「ほっと一息」できる場所です。

クックハルで料理を堪能するもよし、やんばる食材の買い物もよし、ワガママに両方楽しむもよしと、色々な遊び方が出来そうです。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

Cookhal(クックハル)
住  所:沖縄県名護市名護4607-1
電  話:0980-43-7170
営業時間:9:00~17:00
定 休 日:なし

沖縄ラボでツアーを比較


全アイテムお取り寄せOK!沖縄を感じる“おやつ時間”を召し上がれ

沖縄 お取り寄せ

思うような行き来が難しい今だからこそ、アナタに“沖縄”を届けたい———

今回は『沖縄を感じることができるお取り寄せアイテム』をテーマに、沖縄ラボが自信を持ってオススメできる、沖縄生まれのアイテムをピックアップしました。

こだわりがいっぱい詰まった沖縄尽くしのアイテムで、毎日のおやつ時間に沖縄色をプラスしてみませんか?

続きを読む

おしゃれカフェ激戦区?屋我地島のおすすめカフェ・観光スポット10選

屋我地島

屋我地島(やがじじま)は沖縄の北部名護市に位置し本島から橋を渡ってアクセスできる離島。

観光スポットとして有名な古宇利島へつながる古宇利大橋のたもとの島で、古宇利島へ行くときには必ず通る島なのですが、その知名度は・・・。

けれど、屋我地島には知る人ぞ知る個性的なカフェや飲食店の激戦区で、素通りするにはもったいなさすぎるスポットなんです。

この記事では、そんな屋我地島のオススメカフェ5選と絶景を楽しめるビーチ、ドライブの休憩にオススメなワルミ大橋、地域の特産品についてお届けします!!

続きを読む

宮古島お土産探しにピッタリ「あたらす市場」はマンゴーもお土産も軽食もOK

あたらす市場

宮古島に来たならぜひ足を運んで欲しいのが、ファーマーズマーケット「あたらす市場」。

宮古空港から車で約5分、大きな道沿いの広い駐車場がある大きな建物。看板も大きいのできっとすぐ見つけられます。

JAに加盟している農家から持ち込まれる新鮮な農作物のほか、宮古島のお土産物も空港並みに種類豊富で、お弁当や軽食もそろっていて、見て回るだけでも宮古島を見て感じられますよ!

今回は筆者が実際に行ってみた、あたらす市場の魅力をお伝えします!

続きを読む

アメリカンビレッジ『デポセントラル』のおすすめ8選

デポセントラル レクー プール

「美浜アメリカンビレッジ」は、アメリカンテイストの外観がおしゃれなショップや、絶品グルメ、思わず写真に撮りたくなってしまうようなカラフルな建物が立ち並ぶ人気の観光スポットです。
その美浜アメリカンビレッジに2020年3月にOPENした新エリア「デポセントラル」。
今回は、おしゃれなカフェや三味線ライブが聞けるお店まで見所がかなり増えたデポセントラルの楽しみ方8選をご紹介いたします。
これから行かれる方は要チェックですよ♪

続きを読む

かわいくって食べられない!?沖縄のご当地キャラおやつ大集合♡

沖縄 ご当地キャラ土産 ラインナップ トップはいたい!
沖縄在住ライターのCayun(きゃゆん)です。

観光大国・沖縄には、魅力的なお土産が数多く存在しますが、特にリピーターや沖縄ツウの方は定番の品に飽きている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、沖縄の各市町村で活躍するご当地キャラをモチーフにした、スイーツなお土産をリサーチ!

愛でてほっこり♡食べてもおいしい♡、ゆるっとかわいいローカルなおやつたちをご紹介します。

続きを読む

那覇空港にオープンしたゆいにちストリートでツウな沖縄土産を!

ゆいにちストリート トップ 正面入口新国際線ターミナルがオープンし、2019年3月にはもともとあった国内線ターミナルとその新国際線ターミナルをつなぐ「那覇空港連結ターミナル」も誕生。

そのターミナル内にある「YUINICHI St.(ゆいにちストリート)」(※以下、ゆいにちストリート)には今までの那覇空港ではお目にかかれなかった、こだわり&おしゃれな沖縄土産がずらり。

「定番のお土産じゃつまらない!」という時は、国内線ターミナルから少し足を伸ばして、ゆいにちストリートでのお土産選びを楽しんで!

続きを読む

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.