現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

南国の果物がゴロっと挟まったフルーツサンド|ラ・クンチーナ@のうれんプラザ

ラクンチーナ

国際通りから徒歩8分、のうれんプラザの一画にラ・クンチーナはあります。お店の目玉はフルーツがゴロゴロ挟まったフルーツサンド。ショーケースにずらりと並んだフルーツサンドは、旬の果物やマンゴーやパッションフルーツなど沖縄らしい南国の果物で色とりどり。しかもどれもお値打ち価格であれもこれもと食べたくなっちゃいます。

続きを読む

全国旅行支援情報まとめ~いつから?条件は?いつから予約できる?補助の内容は?~

全国旅行支援

2022年10月11日よりスタートする全国旅行支援について情報をまとめました。
全国旅行支援は、いわば全国版県民割。従来の県民割(ブロック割)は、対象が県内や近県在住者に限定されていましたが、それが全国に拡大されます。
全国旅行支援は各都道府県が参加・不参加を決めるのですが、沖縄県はすでに専用のWEBサイト(おきなわ彩発見NEXT)をリリースしていますので、沖縄を旅行したいという方は全国旅行支援についても知っていて損はないですよ♪

続きを読む

生クリームとフルーツがもりもりの贅沢メロンパン「Mokupuni(モクプニ)」@瀬底島

モクプニ

Mokupuni(以下モクプニ)は、沖縄北部の本部町の瀬底島にあります。瀬底島は沖縄本島から橋を渡っていくことができる島で、沖縄美ら海水族館から車で15分ほどの場所にあります。母娘2人で営まれるモクプニの看板商品はメロンパン。特にたっぷりの生クリームとカットフルーツを挟んだメロンパン“フルーツメロン”が話題のお店です。メロンパンの他にも、焼き菓子ドリンク、輸入雑貨を取り扱っていて、店内の雰囲気もとっても可愛らしい!この記事では、沖縄北部に行く際にはぜひ立ち寄っていただきたい美味しいメロンパン専門店「モクプニ」をご紹介します。

続きを読む

昭和にタイムスリップ!沖縄料理も豊富な飯が早朝~深夜食べられる喫茶店「フリーダム」

フリーダム

フリーダムは昭和の香りが漂うレトロな雰囲気の喫茶店。
早朝5:00から深夜24:00まで営業していて、メニューは軽食・和食・洋食それに沖縄料理までバラエティー豊富、朝・昼・夜いつでもお腹を満たしくれるスポットです。
年季を感じさせるセピア色の店内に映える青や緑のパーテーション。ボックス席の中にはテーブル筐体のゲーム機が鎮座。
一見さんはなかなか入りにくい店構えだけど、一歩踏み入れてしまえば妙に居心地がよい、そんな街の喫茶店フリーダム。
この記事ではフリーダムの店内の様子やメニューについてお届けします!
※全席喫煙可なのでタバコが苦手な方にはおすすめしません※

続きを読む

夕日の名所・残波岬の絶景海カフェ「CAPE ZANPA DRIVE-IN(ケープザンパドライブイン)」

CAPE ZANPA DRIVE IN ケープザンパドライブイン

CAPE ZANPA DRIVE-IN(以下ケープザンパドライブイン)は店舗の前にある映える「看板」がトレードマークのカフェ。アメリカンな雰囲気を漂わせる看板だけでなく、店内もオシャレかつ居心地がよく、フォトスポットとして評判を呼び、SNSを中心に人気を集めています。

一方で「映え」だけではなく提供されている料理にも要注目です。「ホームメイド(手作り)」にこだわったフードメニューは絶品。カジュアルな雰囲気の中に丁寧な仕事を感じさせる美味しいお料理の数々。

この記事ではケープザンパドライブインの店舗とメニューについてお届けします!

続きを読む

「瀬底島マルシェ&ジェラートPASTEL HEARTS」南国フルーツのジェラートが色とりどり

パステルジェラート

瀬底大橋から続く県道172号線沿い、ピンクの可愛いバスの顔だしパネルがひと際目立つお店が、今回ご紹介する「瀬底島マルシェ&ジェラートPASTEL HEARTS」です。2020年10月にオープンしたカフェで、沖縄の果物から作ったジェラートをメインにタピオカドリンクやジェラート、それにふわふわかき氷や“丸やき”など、いろんなスイーツを販売しています。
店内は、木の温もりに明るいパステルカラーの組み合わせが優しく、居心地のよい雰囲気。瀬底島へのドライブや海水浴とあわせてひと休みにぜひ立ち寄ってみてください。

続きを読む

おきなわ工芸の杜で沖縄の伝統工芸を知る・学ぶ・楽しむ

おきなわ工芸の杜

おきなわ工芸の杜は、ありそうでなかった「沖縄の工芸」を楽しめる施設。
「みたい・しりたい・やってみたい」の3つの切り口で沖縄の工芸に触れられるスポットです。

沖縄と言えば、自然やリゾートのイメージが先行しているかと思いますが、じつは全国的に見ても工芸が盛んな地域。国が指定する「伝統的工芸品」は16品目あり、全国で3番目の数なんです。

そんな沖縄の工芸を網羅して触れられる「おきなわ工芸の杜」について、この記事では展示と工房、体験プログラムについてお届けします!

続きを読む

【地元民のお墨付き】沖縄そば専門店「与那原家」 こってりあっさりスープが選べて定食も豊富!

与那原家

沖縄には沖縄そば専門店がたくさんあるので、どこに行ったらいいか悩んじゃいますよね。
そんな時、地元民の私がおすすめするのは与那原町にある「沖縄そば専門店与那原家(以下与那原家)」。
与那原家の特徴は、沖縄そばのスープをあっさり味かこってり味か選べる事。
また沖縄そば専門店でありながら定食メニューやお子様メニューもあって何かと便利、休日は地元の家族連れで賑わう人気店です。

<もくじ>
1.「与那原家」は昭和60年創業の老舗沖縄そば専門店
2.「与那原家」のメニュー
3.「与那原家」のスープが2種類になったのは、、、
4.「与那原家」基本情報

もくじをすべて表示

1.「与那原家」は昭和60年創業の老舗沖縄そば専門店

沖縄そば専門店 与那原家 外観
与那原家は昭和60年の創業以来ずーっと地元・与那原町で頑張っているお店です。
社長の上原氏が家業であった薬局をやめ、大好きだった沖縄そばを作ろうと決めたのが創業のきっかけだそう。
沖縄そば専門店 与那原家
広々とした店内の壁際はぐるりと小上がりのお座敷になっていて、中央部はテーブル席と水槽を囲んだカウンター席となっています。
沖縄そば専門店 与那原家
11時の開店に合わせて訪問。テキパキしたお姉さんが注文をとってくれます。
料理を待っている間にぞくぞくとお客さんが入ってきて、お昼の12時台は小さなお子さんのいる家族連れも増えて座敷席がにぎやか。

2.「与那原家」のメニュー

沖縄そば専門店 与那原家
与那原家に行ったなら、やっぱりまずは沖縄そばを食べていただきたいところ。
沖縄そばのメニューはあっさり・こってりのスープ2種類とトッピングによってメニューが異なり、サイズは並と小の2種類があります。
沖縄そばあっさりの小は650円、並は750円。こってりは小が690円、並だと790円。
(2022年8月時点の価格)

並と小悩んだら、壁に掲示されている実物大の料理写真をご参考に。
沖縄そば専門店 与那原家
私の個人的なおすすめは「沖縄そばこってりの小」とイナリのセット。
そばを食べた後、コラーゲンたっぷりのスープと酸味の効いたイナリのコラボが最高!!上にのっている錦糸卵も私のツボです。
沖縄そば専門店 与那原家
「テビチそばあっさりの並」は大きなテビチがドカンとのっかっています。テビチもコラーゲンたっぷりです。
沖縄そば専門店 与那原家
野菜チャンプルー定食やチキンカツ定食、カレーライスに煮付定食となどそば以外のほとんどのメニューが千円以内と良心価格。
定食はすごくボリュームがあるので、ガッツリ食べちゃいたい方にもおすすめのお店です。

3.「与那原家」のスープが2種類になったのは、、、

「与那原家」の特徴はなんと言っても2種類のスープです。
沖縄そば専門店 与那原家
スープが2種類あるは、創業時、奥様と二人で沖縄そばのスープを研究しつくした結果、2種類のスープが出来上がりました。
そこで従業員に感想を聞いたところ、ちょうど半分に分かれてしまっい、それなら両方提供しよう!と決めたそうです。
多くの人に楽しんでもらいたい、という社長と奥様の気持ちが伝わってくるストーリーですね。
個人的にはいつもこってりを選んでしまいます。

4.「与那原家」基本情報

「与那原家」は那覇空港から車で約30分のところにあります。国道沿いなので初めての方でもわかりやすい場所。

沖縄そば専門店 与那原家(よなばるや)
住所
沖縄県島尻郡与那原町与那原1040

TEL
098-945-8958

HP
https://okinawasoba.jp/

営業時間
11:00~22:00 定休日旧盆・正月

駐車場は、店舗横に4~5台分とその奥に広いスペースがあり、合わせて約60台分と広々。
アパートの駐車スペースにとめないようご注意ください。
沖縄そば専門店 与那原家

おわりに

沖縄そばの多くはかつおだしのあっさりスープが多く、与那原家のようなこってりスープはどちらかというと少数派。
与那原家のこってりスープはコラーゲンたっぷりで濃厚だけど、不思議ともたれないところもいいんです。
ぜひ一度おためしいただきたい、そして私のようにやみつきになるファンが増えたらいいな~と思っています。

沖縄ラボでツアーを比較


通なお土産!ミセスマーコの手作りパイの店アメリ感・アメリ館の「パフィ」

アメリ感アメリ館

アメリカンでレトロな雰囲気がいかにも沖縄らしい、県民のなかでも嬉しい手土産がアメリ感・アメリ館の「パフィ」。「ミセスマーコ」の愛称で地元民から親しまれる、半球のフォルムが特徴的なローカルスイーツです。

素朴なんだけど愛着が湧いてくる透明の包装紙や、シンプルだけど飽きの来ない味わい。そんな「背伸びしない魅力」が長年に渡って支持を集めていて、お祝いから法事まで幅広いシーンで活躍しています。

この記事では、パフィを販売しているアメリ感・アメリ館3号店やパフィについてお届けします!

続きを読む

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.