現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

▼ 本島北部の記事一覧

屋我地島で異彩を放つ食スポット「あRUカSIる可(アルカシルカ)」

あRUカSIる可,アルカシルカ

「あRUカSIる可(以下アルカシルカ)」は2022年4月にオープンした屋我地島の食スポット。もともとあった島の集会場をリノベーションした店舗なのですが、その唯一無二の世界観が特徴的で、一歩足を踏み入れれば魅了されてしまうこと間違いなし。

1階はアメリカンダイナー、まるでニューヨークの街に迷い込んだような錯覚を覚えてしまいます。
かと思えば、2階は和をテーマとしたレストランとなっていて、あまりのギャップに「本当に同じお店?」と疑ってしまうほど。
けれど、洗練されたセンスがキラリと光り、このギャップこそアルカシルカの魅力となっています。

この記事では、アルカシルカのダイナー&カフェ、レストラン、基本情報についてお届けします!

続きを読む

美ら海オンザビーチMOTOBU|まさにオンザビーチ!口コミ高評価のコンドミニアムを徹底解説

美ら海オンザビーチ

本部町にある「美ら海オンザビーチMOTOBU」の魅力といえば、なんといってもビーチまで徒歩数10秒という立地。ビーチ傍の岩場やサンゴ礁では、戯れるたくさんの熱帯魚を見ることができます。もちろん全ての客室はビーチフロント。
宿泊者の口コミ評価を見てみると、オーシャンビューや海の近さを目当てに宿泊したという方が多くいらっしゃいます。ただ、口コミは海だけにとどまらず、お部屋やサービスなど多岐にわたって満足され、また泊まりたいというコメントも多く、リピート率の高さが分かります。
この記事では「美ら海オンザビーチMOTOBU」の高評価の理由を徹底的に紐解いていきます。

続きを読む

Ka Noa Garden|海が目の前!オープンエアが気持ちいいシーサイドカフェ

カノアガーデン

沖縄本島北部の本部町にて2021年7月にオープンしたKa Noa Garden(カノアガーデン)。
眼前には沖縄の海、大きなウッドデッキを中心にオープンエアの席が多く、カフェからは瀬底島や伊江島に水納島、夕暮れ時には夕日を眺めることができます。
沖縄の気候にぴったりなプレートメニューを食べながら、自然溢れる景色を見つめて心休まる特別な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?
今回は沖縄北部に行く際にぜひ立ち寄っていただきたいおすすめのカフェ「Ka Noa Garden(以下カノアガーデン)」をご紹介します。

<もくじ>
1.白いコンテナが目印!外観から可愛いカフェ
2.Ka Noa Gardenのメニュー
3.Ka Noa Gardenの人気メニュー
4.Ka Noa Gardenアクセス情報

もくじをすべて表示

1.白いコンテナが目印!外観から可愛いカフェ

カノアガーデン
カフェはエントランスから草花が植えられていて、南国ムードが感じられます。
階段をのぼると、キッチンカーの左右にウッドデッキが広がり、テラス席かコンテナ席を選ぶことができます。
その先にはもちろん海!
カノアガーデン
テラス席は海にも近く、解放感抜群。場所によっては日除けがありますよ。
日除けの間からそそぐ光の揺らめきにリゾート気分up!
カノアガーデン
コンテナ内は空調完備、ソファ席になっています。海側のガラス戸はフルオープンにする事もできるようです。
カノアガーデン
ウッドデッキの先、海際にはカラフルなベンチ。
キッチンカー横からはプライベートビーチへとおりられる階段もあるので、海を楽しみたい方は行ってみてくださいね。
カノアガーデン
席から見渡す海も絶景ですが、コンテナに描かれたウォールアートもお見逃しなく!
カノアガーデン
可愛くてポップな絵。思わず写真を撮りたくなることでしょう。

2.Ka Noa Gardenのメニュー

カノアガーデン メニュー
南国気分を感じることができる豊富なメニュー数は何を食べるか悩むほど・・。
食事メニューは、ガーリックシュリンプやアヒポキ、それにグリルチキン、ロコモコ、パニーニなど。
パニーニはてりやき、シュリンプ、フィッシュなど数種類ありますよ。
お食事メニューは単品の場合850円、サラダなどが付くプレートセットにすると1,250円(パニーニとのセットの場合は1,200円)。
カノアガーデン
注文レジ前には料理写真集があるので、メニューに迷っている方は写真を見ながら決めてもいいですね♪
ドリンクメニューは、コーヒー・紅茶、コーラ、それにフレッシュフルーツジュースの種類の多さに目移りしていまいます。
アルコールも販売していて、オリオンのほか外国製のビールが数種類、それにフルーツカクテルもあって、南国で黄昏るには事欠かないバリエーション!

3.Ka Noa Gardenの人気メニュー

カノアガーデン
カフェの人気メニュー、ガーリックシュリンプ。大きなエビが6尾とフライドポテトが添えられています。
プリプリのエビは身がしっかりしていて柔らかく、にんにくのパンチが効いていて、病みつきになる美味さ。
カノアガーデン
こちらも人気のメニューの一つ。アヒポキです。
甘辛いタレに和えられたまぐろを、アボカド・卵の黄身と一緒に食べるとスパイシー&まろやか!
アヒポキはプレートセットにしていただきました。プレートセットにして付いてきたのは、冷麺サラダにマッシュポテト、それにタコミートwithトルティーヤ。
セットにすればしっかりご飯としてもいただけますし、カフェとして利用して単品をつまむのもいいですね。

4.Ka Noa Gardenアクセス情報

カノアガーデン
カノアガーデンは、美ら海水族館から車で10分ほどの距離にあります。
名護市から行く際には、本部町にある本部大橋を超えて本部循環線を車で3分ほど走らせると、海側に白色のコンテナが見えてきますよ。カフェの駐車場は約5台分あります。
営業時間は、11:00~22:00となっていますが、お休みは不定休となっているので、行く前にSNS等で確認をすることをおすすめします。
オーシャンビューの景色の中で食べるご飯は素敵な思い出になります。沖縄北部へ行く際に是非、訪れてみてください♪

Ka Noa Garden

住所
沖縄県国頭郡本部町浜元986−1

TEL
09073494588

HP
https://www.instagram.com/ka_noa_garden/

営業時間
11時〜22時 不定休

道の駅やんばるパイナップルの丘安波に行ってきた|2022年開業沖縄で10個目の道の駅

道の駅 やんばるパイナップルの丘 安波

道の駅やんばるパイナップルの丘安波は2022年3月にオープンした沖縄で10個目の道の駅。

場所は国頭村の東側に位置し、辺り一面に広がるのは畑や沖縄の原風景だけ。

沖縄本島北部の特産品をセレクトしたお土産コーナーやカフェ、絶景を見ながらこぐ大きなブランコ、森の生きものたちを観察 する観察棟など、やんばるの自然をとことん堪能できるスポットとなっています。

この記事では道の駅やんばるパイナップルの丘安波の設備や、一番人気の「ブランコ」、お土産コーナー、カフェについてお届けします!

続きを読む

JAファーマーズマーケット 「はい菜!やんばる市場」でやんばるの恵みをいただきます!

はい菜! やんばる市場

JAファーマーズマーケット「はい菜!やんばる市場(以後やんばる市場)」は名護市にある、新鮮なやんばるの旬が集うスポット。

ファーマーズマーケットと言うと「地元客向け」のイメージがありますが、やんばる市場はじつは通な旅行客がこそっと足を運ぶ穴場なお店です。

フードコートも魅力的で、ローカルの雰囲気がプンプン。お買い物からちょっとした食事まで楽しめるスポットとなっています。

続きを読む

シークヮーサージュースが出てくる夢の蛇口!大宜味シークヮーサーパーク

大宜見シークヮーサーパーク

大宜味シークヮーサーパークは、沖縄の北部エリア大宜味村にある「シークヮーサー」をコンセプトとした店舗。「見る・食べる・買う」どの切り口からでもシークヮーサーを楽しめるスポットです。

中でも人気なのが蛇口をひねればシークヮーサージュースが出てくる「夢の蛇口」。子どもはもちろんのこと、大人でもはしゃいでしまう仕掛けに思わずテンションが上がってしまうこと間違いなし。

この記事では、大宜味シークヮーサーパークの「夢の蛇口」から工場見学、お買い物、レストランについてお届けします!

続きを読む

重要文化財で泡盛づくり?歴史ある工場にロマンを感じる津嘉山酒造所

津嘉山酒造所

津嘉山酒造所は名護市の商店街から裏手に入った、ひっそりとした通りにある泡盛の工場です。

王道の観光スポットではありませんが、酒造所が持つストーリーと建物の歴史的価値に着々とファンが増えている、知る人ぞ知る通なスポット。

この記事では津嘉山酒造所の歴史的価値から工場見学(施設見学)、製造している泡盛「國華」についてご紹介します。

続きを読む

守良屋(すろーやー)は許田の集落にある沖縄そば屋。丁寧な仕事が光る出汁スープに自家製ちぢれ太麺

守良屋

守良屋(すろーやー)は名護市「許田」の集落内にある沖縄そば屋さん。「化学調味料を使わない」そんなこだわりを徹底し、そばづくりに向き合っている店舗です。

丹精込めて作る自家製のちぢれ太麺と鰹出汁香るスープが評判で、「ほっ」と優しさを感じさせる味わい。集落内にある雰囲気も相まってか、知る人ぞ知る隠れ家感を醸し出しています。

この記事では、守良屋へ行ってきたレビューをお届けします!

続きを読む

お手軽癒しスポット「轟の滝」@名護はこんな場所!

轟の滝 名護

轟の滝は沖縄の北部エリア名護市にある景勝地。
旅行客からの知名度は低いものの、「沖縄県指定文化財」に指定された知る人ぞ知る穴場スポット。
滝の鑑賞や水遊びを気軽に楽しめることから地元民の憩いの場となっています。
この記事では轟の滝までのアクセスや、スポットの雰囲気、楽しみ方についてお届けします!

続きを読む

味・ボリューム・値段の三拍子揃った幸ちゃんそば

幸ちゃんそば

幸ちゃん(さっちゃん)そばは名護市にある沖縄そば屋さん。「伊平屋島」の食材をふんだんに使ったボリューミーな沖縄そばが特徴的です。

沖縄県出身の元プロゴルファー宮里藍さんがオススメのお店として、全国区のテレビ番組にて紹介。そこから人気に火が付き、常に人で絶えない人気店となっています。

この記事では幸ちゃんそばの店舗紹介から、メニュー、人気の「幸ちゃんそばセット」についてお届けします!

続きを読む

許田の道の駅に新設「道路情報ターミナル」便利でキレイになった設備をご紹介

道路情報ターミナル

観光スポットとしてお馴染みの「道の駅許田」がリニューアル!ローカル感溢れる魅力はそのままに「道路情報ターミナル」が整備されパワーアップしました。
早速、現地へ行ってきたので、リニューアルポイントのレポートをお届けします!

続きを読む

ロイヤルビューホテル美ら海|子連れ沖縄旅にイチオシ!水族館隣接・ビーチ徒歩圏&キッズスペース充実

ロイヤルビューホテル美ら海

「沖縄美ら海水族館には行きたい」
「ホテルはオーシャンビューがいいな」
「ホテルにプールは必須、ビーチも徒歩圏内!」

家族で沖縄へ旅行するなら、水族館やビーチ遊びなどを家族みんなで楽しみたいですよね。
特に小さな子連れの場合、観光の拠点となるホテル選びをしくじると、車移動が多くなってしまい子供たちが疲れて観光どころでは無くなってしまいます。
一日で周れる観光スポットは限られているため、宿泊施設は慎重に選びたいところ。

4歳と7歳の子どもがいる我が家が沖縄北部観光に選んだホテルは、ロイヤルビューホテル美ら海!
予算など諸条件ありますが、水族館もビーチ、それにフクギ並木も、すべて徒歩圏内に揃っている理想の立地が決め手。

そんなロイヤルビューホテル美ら海の、
● ホテル周辺
● お部屋の雰囲気
● 館内施設
● 夕食
● 朝食

について宿泊体験レポートします。

結論から言えば、ロイヤルビューホテル美ら海に宿泊して大正解!
移動に時間をかけることなく、沖縄らしさ満載スポットを観光できたのですから!

続きを読む

東村村民の森つつじエコパークでアウトドア!キャンプ場・バンガローを徹底調査

つつじエコパーク

つつじエコパークはやんばるの自然を肌で感じながら、のびのびと遊べるスポット。

キャンプ場とバンガローに定評があり、お手軽キャンプにピッタリ!特にアウトドアビギナー・ご家族キャンプにオススメの施設です。

この記事では、つつじエコパークのキャンプ・バンガローを中心に詳しくご紹介しますよっ!

続きを読む

2021年世界遺産登録の原動力となった琉球弧の自然にクローズアップ!

沖縄 琉球弧 世界遺産 自然

出典:環境省ホームページ

2021年7月「奄美大島・徳之島・沖縄本島北部および西表島」が世界自然遺産に登録されました。

世界遺産登録の原動力となった琉球弧(りゅうきゅうこ)の自然。その限られた地域には多くの固有種が存在し、その保全の必要性が認められたのです。

この記事ではそんな琉球弧の自然にクローズアップし、琉球弧の紹介、世界遺産登録対象エリアとなった沖縄県本島北部(やんばる)と西表島に存在する固有種をご紹介します。

続きを読む

海すぐ!知る人ぞ知る沖縄のゲストハウス「結家」。人気の秘訣・おかず交換会に参加してみた。

結家

私が面白いと思う宿は、地元の人や泊まっている他のゲストとの会話が楽しめる宿。
ゲストハウスにはさまざまなバックグラウンドを持つ人が集まっていて、学生から企業の社長まで、年齢も社会的立場もバラバラな旅人たちとの会話はバラエティー豊かで刺激的です。そのため旅行に行くときは、ネットの口コミなどを見て、ゲスト同士の交流がありそうな宿を探しています。
私が今住んでいるここ沖縄には、本当に多くのゲストハウスがあります。
沖縄の宿での交流といえば「ゆんたく(おしゃべり会)」が有名ですが、今回ご紹介する『結家』では毎晩20時から「おかず交換会」が行われ、参加しているみんなで夕食の食卓を囲みます。
ゲストハウスに泊まるとはいえ、初めての場所でコミュニケーションのきっかけをつかむのは難しいもの。
結家のおかず交換会は、ホストさんの配慮もあり、初めましての壁がいとも簡単に崩せるのです。

続きを読む

沖縄・ゴリラチョップ(崎本部緑地)でシュノーケリング!レンタル、シャワーなど調べてきました

ゴリラチョップ

沖縄本島北部にある「ゴリラチョップ」は本島でも指折りのシュノーケリングスポット。
ゴリラがチョップしているように見える大きな岩の形を見ると、その不思議な名前に納得がいきます。
珊瑚が広がる海はまさに理想的な沖縄の海。
この記事では、シュノーケルだけでなく、遊泳やダイビングのスポットとしても親しまれているゴリラチョップの情報を紹介していきます。

続きを読む

絶景ハンモックカフェ「亜熱帯茶屋」で海を眺めながらまったりチルタイム!

絶景ハンモックカフェ「亜熱帯茶屋」で海を眺めながらまったりチルタイム!

本部町の高台にある「亜熱帯茶屋」は、オーシャンビューを眺めながらハンモックに揺られ、ランチも楽しむことができる絶景カフェ。
絶景×ハンモック×ランチの組み合わせは、エキゾチック。まったりチルタイム突入は必然です。
お店のインテリアも沖縄の絶景と東南アジアの雰囲気が見事に融合していて、心地よさに非日常の刺激を与えてくれます。
今回は、一度落ち着くと動けなくなってしまうほど極上のリラックス空間「亜熱帯茶屋」について詳しく紹介していきます!

続きを読む

やんばるの森に棲む貴重な固有種「ヤンバルクイナ」。その正体をご紹介

ヤンバルクイナ

2021年、沖縄本島北部に広がるやんばるの森が、世界自然遺産に登録されることが決まりました。鬱蒼とした深い緑の中で、独自の生態系が広がるやんばる森には、世界でもここにしか生息していない、貴重な固有種の鳥が存在します。その鳥の名は「ヤンバルクイナ」です。

その名前は聞いたことがあっても、ヤンバルクイナの正体ついて知らない人も多いのでは。そこで今回は、ヤンバルクイナについてご紹介します。

続きを読む

斜面を彩る一面の紫陽花「よへなあじさい園」へ行こう♪見ごろ・カフェ情報もあり

よへなあじさい園

よへなあじさい園は、1万株のあじさいから成る30数万輪の花が3千坪の広大な土地を彩るスポット。土地の傾斜を活かした景観が特徴的で、山の斜面を覆うあじさいは圧巻。

県内客はもちろんのこと、県外のお客様や外国人の方もあじさいを一目見たさに足を運ぶ梅雨シーズンの観光名所です。

この記事では、あじさいの見ごろから、園内の見どころとカフェ、よへなあじさい園の情報についてお届けします!

続きを読む

オキナワハナサキマルシェに行ってきた!海を見渡すプチマルシェでのんびり

オキナワハナサキマルシェ

オキナワハナサキマルシェ(以下ハナサキマルシェ)は沖縄美ら海水族館の近くに位置する「アラマハイナコンドホテル」に併設した施設。

飲食店からお土産、体験ができる計14店舗のバラエティ豊かなお店が集まるスポットです。中でも話題を集めているのが県内最北のスターバックス。
2階席からは海を眺めることができ、地元客から観光客まで足を運びます。車で気軽に立ち寄れるドライブスルーも大人気。

この記事では、そんなハナサキマルシェについてご紹介します。

続きを読む

定番の一歩先へ!やんばるの秘境“ター滝”アクセスガイド

ター滝

白い砂浜、青い海。そんな沖縄もいいですが、”一般的な沖縄”から離れた遊びに興味はありませんか?

今回紹介するのは、一部国立公園にも指定されている”やんばる” にある、とっておきのスポット「ター滝」。
落差約10mある迫力満点の滝までの道のりも楽しむことができるのはター滝の魅力。
亜熱帯の森が繰り広げる豊かな自然は恐竜時代を彷彿させ、道中の冒険をより演出してくれます。

この記事では、そんな魅力たっぷりのター滝のアクセス方法から注意点まで紹介していきます。

続きを読む

獲れたてやんばる野菜がおいしくて可愛い!野菜直売カフェCookhal

cookhal

Cookhal(以下クックハル)は沖縄の北部エリア名護(なご)にある、「やんばるの食材」をテーマとしたお店です。

自社農園で育てた獲れたて野菜の料理を堪能できるカフェと、野菜をはじめとした「やんばる食材」の加工品の買い物を楽しめるスポットになっています。

この記事ではクックハルの店舗紹介からお食事、お買い物についてお届けします!!

続きを読む

おしゃれカフェ激戦区?屋我地島のおすすめカフェ・観光スポット10選

屋我地島

屋我地島(やがじじま)は沖縄の北部名護市に位置し本島から橋を渡ってアクセスできる離島。

観光スポットとして有名な古宇利島へつながる古宇利大橋のたもとの島で、古宇利島へ行くときには必ず通る島なのですが、その知名度は・・・。

けれど、屋我地島には知る人ぞ知る個性的なカフェや飲食店の激戦区で、素通りするにはもったいなさすぎるスポットなんです。

この記事では、そんな屋我地島のオススメカフェ5選と絶景を楽しめるビーチ、ドライブの休憩にオススメなワルミ大橋、地域の特産品についてお届けします!!

続きを読む

足元すぐ海のウッドデッキはブランコが特等席★「fifi_parlor」|メニュー・駐車場情報も

fifi_parlor fifi_parlor

fifi_parlor(フィーフィーパーラー)はお店のつくりとメニューのユニークさから、インスタで話題の人気スポット。

この記事ではfifi_parlorのオシャレポイントからメニューの紹介。お店の情報についてお届けします!!

続きを読む

嘉津宇岳山頂の爽快フォトスポットを目指して|初心者向けとは思えない悪路を行く

嘉津宇岳

名護市にある嘉津宇岳(かつうだけ)。標高は452m、片道40分ほどで登れることもあり初心者でも楽しめる山とされています。
頂上は名護市の街並みとやんばるの海・自然を一望できる絶景スポット。
またユニークな写真を撮影できることから、最近ではフォトスポットとしての人気も高まっています。

ただ、2018年には嘉津宇岳で遭難事故も発生しているため、油断は禁物。
いったいどんな場所なのだろうか…
※ちなみに遭難された方は無事救助されています。

今回、嘉津宇岳に実際に登ってきましたので、レポートと頂上での写真撮影のポイント、安全に楽しむために気をつけてほしい点をお届けします!!

続きを読む

絶景ひとり占め!プライベートヴィラ「モトブテラス」1泊2日で息抜きしてきた!

モトブテラス

テラスからの絶景に定評がある沖縄県北部の本部町のヴィラ「MotobuTerrace(以下モトブテラス)」へ宿泊してきました!!

本部町の高台に位置し静かなエリアにあるヴィラで、テラスからはやんばるの自然と海、伊江島が一望できます。

朝・昼・夜と時間帯によって表情を変える景色、中でもテラスから眺める夕日にはうっとり。

また、白を基調としたセンス光るインテリアに充実の設備で、とっっっても気分よく&快適に過ごせませした。

この記事では、そんなモトブテラスで宿泊してきた様子をお届けします。

続きを読む

1日1組「Birth the Suite」で過ごす至福の大人時間

Birth the suite ヴィラ

美しい建築と、神秘的な備瀬のフクギの森に魅せられて、全国からのリピーターが多い「Birth the suite」の魅力を、編集部が徹底取材しました。

都会の喧騒から逃れてくる旅人はもとより、沖縄県内からの宿泊客にも人気の高いこちらのヴィラが佇むのは備瀬のフクギの森の中。

観光客でにぎわいをみせる美ら海水族館より至近にあるにも関わらず、この備瀬の地が「沖縄の原風景」と呼ばれるのは、350年以上前の琉球風水の面影を強く残しているからのようです。

古からの伝統に則ったご神事も多く、独特の神秘的なムードをかもし出している備瀬集落。

その最高聖地に佇む「Birth the suite(バース ザ スイート)」の魅力をご紹介します。

続きを読む

2019年6月開業!YANBARU HOSTELで気ままステイ

YANBARU HOSTEL 外観那覇空港から車を走らせること約2時間、沖縄北部に位置する国頭村。

緑の自然あふれるやんばるエリアに、2019年6月「YANBARU HOSTEL」がオープンします。

40年以上続いた老舗ホテルをイマ風にリノベーションした、斬新なスタイル。

シンプルな外観とは裏腹に、館内は宿泊者が楽しめる工夫が満載なんです!

ホステルって耳馴染みがないけど、どんなトコロ?と気になるアナタ。

今回はそんな「YANBARU HOSTEL」の魅力を、ひと足お先にご紹介していきたいと思います。

続きを読む

【2020年版】沖縄本島の花火大会まとめ|沖縄の夜も楽しんじゃおう!

沖縄 花火 大会

あたたかくなって上がるのは気温だけじゃないですよ、花火もあがります!
次の日に備えてサクッと寝るのもいいですが、せっかくなら南国の夜風の中花火大会に行くのもいいじゃないですか!

今回は、沖縄の主要な花火大会をご紹介します。
花火に星に、とっておきの沖縄の夜をお過ごしください。

続きを読む

大幅リニューアルした「道の駅ぎのざ」で子どもと一日遊び尽くそう

道の駅ぎのざ 大型遊具沖縄をドライブしているとよく見かける道の駅。

その中でも注目されているのは、2018年4月に大幅リニューアルをした「道の駅ぎのざ」です。

県内東海岸唯一の道の駅で、広大な敷地内には水をテーマにしたじゃぶじゃぶ池のような施設や子どもが喜ぶ大型遊具、産直品の販売所、レストランなどがぎゅっと詰まっています。

家族で一日思いっきり楽しめる「道の駅ぎのざ」。
観光スポットがほとんどなく、観光客には馴染みのないエリアですが、ここはわざわざ行く価値アリ!

続きを読む

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.