旅も写真も彩るカラフル&ジューシーな沖縄のかき氷4選

琉冰

夏といえばかき氷。
アイスクリームよりもさっぱりいただけるかき氷は常夏の沖縄にピッタリです。

ここ数年、沖縄ではかき氷専門店が増加中!
旬のフルーツがゴロゴロのったものや、数種類の砂糖をブレンドして手間暇かけたもの、色鮮やかで写真映えするのもなど、自家製シロップはお店ごととっても個性的!

今回は暑い日にかき込みたくなる、カラフル&ジューシーなかき氷のお店をご紹介します。

<もくじ>
1.喫茶ニワトリ
2.琉冰(りゅうぴん)
3.田中果実店
4.瑠庵+島色
おわりに

※画像のメニューに★をつけています。メニュー・金額は変動する可能性があります。

1.喫茶ニワトリ

喫茶ニワトリ
浦添市の人気街歩きスポット「港川ステイツサイドタウン」のなかにある「喫茶ニワトリ」は、夏季限定のかき氷専門店。国内外から人気を集めるパン屋「ippecoppe」のお庭に毎年4月に現れ、9月が終わるとクローズします。

カウンター越しに注文すると、数分後に出てきたのはビックリするほど大きくて鮮やかなかき氷。シロップはすべて手作りで、県産フルーツをふんだんに使った果実味溢れる味わいです。沖縄のうつわ「やちむん」に盛られた鮮やかでボリューミーなかき氷は、南国沖縄感がたっぷり。ドラゴンフルーツやマンゴー、いちごなど、カラフルなラインナップが多く、思わず写真に収めたくなるビジュアルです。

◆メニュー一例◆
★パッションフルーツ ¥850
たんかんとはちみつ ¥800

喫茶ニワトリ
【住所】沖縄県浦添市港川2-16-1
【電話番号】098-877-6189
【営業時間】13時30分頃~18時まで(シロップ完売で閉店)
【定休日】火・水曜・第3月曜日・雨の日

2.琉冰

琉冰
恩納村にある道の駅「おんなの駅」でいつも行列をしているのは「琉冰(りゅうぴん)」。沖縄の定番おやつであるぜんざいをはじめ、かき氷やトロピカルジュースなどが種類豊富なひんやりスイーツ専門店です。こちらで人気なのは、「アイスマウンテン」というかき氷の、トロピカルフルーツ。マンゴー、パッションフルーツ、パイナップルなどがたっぷりかかったてっぺんには、アイスまで乗っていて圧巻のボリュームです。マンゴーの収穫時期には生マンゴーを使うという、なんとも贅沢で沖縄をたっぷり感じられます。

他にも紫芋やジーマーミーなど、沖縄らしいフレーバーのかき氷が豊富で、好みの一杯が見つかりそう。ひとりで食べたら頭キーンとしそうなので、2~4人くらいでシェアしてどうぞ。

◆メニュー一例◆
★トロピカルフルーツ ¥1080
パイナップル&パッションフルーツ ¥900

【住所】恩納村仲泊1656-9
【電話番号】098-965-6093
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】無休(1月1日~2日休み)

3.田中果実店

田中果実店

恩納村の58号線沿いに突如現るイエロー×ブルーの外観がかわいい「田中果実店」。こちらはマンゴーをはじめとした自慢のフルーツをどっさりのせたかき氷やパフェが名物ですが、実はこのシェイブアイスが隠れた逸品。一見、よくある市販のシロップ色なのですが、すべて手作りとのこと。メロン、いちご、レモンなど、おなじみのフレーバーはどれも優しい味わいです。

こんもりとした氷にシロップをかけるそのしぐさもまたお見事。どこを食べてもシロップがまんべんなくかかっていて、最初の一口から最後の一口まで、甘さが均等で食べやすい。美味しいのはもちろん、シロップのかけ方もこだわって、食べる人の心をほぐしてくれるかき氷です。

◆メニュー一例◆
★シェイブアイスS ¥480
20種類のシロップからお好みの3種類を選んでください

田中果実店
【住所】恩納村瀬良垣2503
【電話番号】070-5279-7785
【営業時間】11:00~18:00
【定休日】火・水曜

4.瑠庵+島色

瑠庵+島色
うるま市にかかっている橋「海中道路」の先にある離島「宮城島」。

おしゃれな看板とモスグリーンの外観が目をひくお店を覗いてみると、そこは「瑠庵+島色」というギャラリーを併設したかき氷専門店。

オーナーが2人いらっしゃり、ひとりは鎌倉の人気かき氷店「埜庵」で修業経験があり、その味わいはお墨付き。
もうひとりのオーナーは陶芸家 島袋克史さん。

ブルー×ピンクがなんとも愛らしいうつわに盛られたかき氷は、どことなく凛とした雰囲気をまとい、まるで芸術作品のようです。

手づくりシロップの美味しさは言うまでもがな、こちらは練乳が一段とおいしい。
ぜひ練乳付きのメニューを注文して、まずはそのまま、2口目はたっぷりの練乳をかけて召し上がれ。

◆メニュー一例◆
いちごみるく ¥750
氷ぜんざい  ¥450
期間限定フレーバー ¥800前後

瑠庵+島色(るあんぷらすしまいろ)
【住所】うるま市与那城桃428-2
【電話番号】050-3716-4282
【営業時間】11:00~17:00
【定休日】オンシーズン 水曜日+不定休
オンシーズン以外 火・水曜日

おわりに


沖縄に行ったら食べたくなる南国フルーツ。旬のフルーツを生で食べるのも美味しいのですが、かき氷で堪能するのもまたいい。同じマンゴーかき氷でも、お店が違えば味わいも、見た目も、食べた後の気分もまったく違うので、かき氷屋巡りをするのも楽しいです。

そして真夏に食べるかき氷が美味しいのはもちろん、ぜひ秋冬にもチャレンジしていただきたい。秋冬を感じるフレーバーを出すお店や、冬季限定でお食事メニューを提供するお店など、楽しみ方も増える季節です。かき氷が一年中似合う沖縄で、お気に入りの一杯を探してみましょう。

~中年フォトグラファーの島散歩~港川外人住宅ランチ編

港川外人住宅 ランチハイサイ!那覇市在住、中年フォトグラファーの佐藤です。
早いもので連載3回目、そろそろ覚えていただいた頃でしょうか?

今回島散歩してきたのは、那覇よりも少し北に位置する浦添市。
閑静な住宅街を歩いていると突如あらわれる、平屋造りの白い家が並ぶ「港川外人住宅街」が舞台です。

屈指のお洒落スポットとして名高く、ご存知の方も多いかもしれませんが、私もお気に入りの街。
個性的な雑貨屋やカフェが所狭しと並び、いつ訪れてもワクワクします!

時間のある休日、久しぶりにこちらでランチをしてきたので、その時の様子をご紹介。
琥珀色の透き通ったスープの沖縄そばをいただいたあと、新しくできたカヌレのお店でフルコース堪能してきました。

続きを読む

沖縄北部の有名沖縄そば店「前田食堂」でワイルドな牛肉そばを堪能!

前田食堂創業1972年の老舗「前田食堂」は、沖縄北部のやんばると呼ばれる地域にあります。

人里離れた地域でお食事処もあまり多くないですが、この食堂には平日を問わず多くのお客様が足を運ぶんです。

地元民をはじめ、県外からの観光客を寄せ付けるのにはどんなワケがあるのでしょうか?

今回はそんな「前田食堂」を訪問し、看板メニューの牛肉そばを実食。
お店の雰囲気とともに、その魅力についてご紹介させていただきます。

続きを読む

沖縄といえば「オリオンビール」!名護で大人の工場見学に参加しよう

オリオンハッピーパーク言わずと知れた沖縄の老舗ビールメーカーと言えば、「オリオンビール」。
せっかく沖縄まで来たのなら、大人の皆さんは一度は口にしたいですよね。

今回はそんなビール好きな方にオススメのスポット「オリオンハッピーパーク」をご紹介!

ここでは、どこよりも新鮮なオリオンビールがいただけますよ。
本場の地で飲めば、より一層おいしく感じること間違いないでしょう。

続きを読む

沖縄旅行の子連れディナーはここで決まり! 気兼ねなく過ごせる飲食店9選

沖縄旅行の子連れディナー
子連れの沖縄旅行で悩むことのひとつが外食。無難なホテルディナーが続くと飽きるし、せっかくの旅行なのだから外食をもっと楽しみたい。

子どもと一緒の外食を気兼ねなく楽しむには、

1.子ども用の食器や椅子、キッズ(シェア)メニューがある
2.座敷席やソファ席がある
3.空間にゆとりがあって多少動き回っても迷惑にならない

の3点いずれかでも利用できると楽チン♪

今回は、上記3点いずれかのサービスが受けられる”子どもと一緒にゆったり楽しめる沖縄ディナーにおすすめの飲食店”9選をご紹介します。

続きを読む

青島食堂|なんだか少し酔いたい日は飲酒tagram

旅先の沖縄で、ちょっと飲みたいんだけどホテル部屋飲みは味気ない。だけどちょうどいいお店が見つからない。

そんな時は沖縄地元民が普段飲み食いしているお店を参考にしてみたらどうだろうか。

なんだか少し酔いたい日のお店探しに、
飲酒tagramどうぞご覧ください。

本日の飲酒tagramは「青島食堂」。

続きを読む

まるでカフェのような雰囲気!これまでにない沖縄そば「EIBUN」

沖縄そば EIBUN壺屋やちむん通りから少し離れた場所に位置する、沖縄そば屋「SOBA EIBUN」。

真っ白な壁に描かれたポップなイラストが印象的。
知らなければカフェだと勘違いしてしまいそうな、素敵な佇まいですよね。

今回はそんな「SOBA EIBUN」へ訪問し、沖縄そばを実食。
オシャレなお店の雰囲気をはじめ、バリエーション豊富なメニューなど、まるっとご紹介致します!

続きを読む

住宅街にたたずむシックなカフェ「あぐろ焙煎珈琲」でひと休み♪

あぐろ焙煎珈琲「あぐろ焙煎珈琲」があるのは、ゆいレール旭橋駅から徒歩5分ほどの住宅街。
ビジネスホテルが林立するこの街で、ひっそりお店を構えています。

仕事合間に休憩できるカフェを探していたところ、ウッディーでレトロな外観の「あぐろ焙煎珈琲」を発見。

「ここでなら落ち着いてひと休みできそう」、そんな雰囲気に誘われて、ふらっと立ち寄ってみたのです。

続きを読む

メインが来るまでに満腹!天ぷらが美味しい日本そば屋「江洲の花」

江洲の花沖縄でそばといえば、小麦粉を使用した沖縄そばが一般的。

しかし沖縄県北部の大宜味村ではシークヮーサーに次ぐ特産品候補として数年前から和そばの生産が行われていて、植え付けから製粉までの全工程を村内で行っています。

今回はそんな大宜味村特産の和そばと、たっぷりの揚げたて天ぷらが食べられるお店「江洲の花」に訪問してきました。

続きを読む

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.