行く前に知っておきたい沖縄台風時期!

Tags:

公開日:2014/8/1

Pocket

taifujpg

沖縄の大敵である台風。夏場になると多く接近するのは、皆さんもご存知かと思います。
だいたいの感覚ですが、7月から9月頃かな?と思っている方が多いかと思いますが、実際どうなのか知りたいですよね。

もし、旅行などお考えで台風にあたってしまったら、とても大変かと思います。
それでは、今回は沖縄の台風の時期や特徴また、降水量についてお話していきます。是非、ご参考にしてみて下さいね。

<目次>
1.沖縄台風の発生時期と特徴
2.降水量を確認しよう

1.沖縄台風の発生時期と特徴

沖縄の台風と言えば、皆さんご存知の通り夏場によく来る!と言う大きな特徴があります!
夏場の発生が多いと言っても・・月に1回、2回来るか来ないかです。
直撃したっていっても、1日から2日間くらいです。
実際に指で数え切れるくらいの割合なので、ご心配せずにいいかと思いますが、実際に過
去どれくらいの台風が接近しているのかみていきましょう。

台風数

(那覇市)へ接近した統計です。地上気象観測所から 300km 以内に入る事をいいます)

上記グラフは過去5年間の那覇市300km以内に接近した数です。
やはり、夏場が多いのは見ての通りですね!ただ、月に多くても3回!本当に指で数え切れるくらいの数なのです。
なぜ夏場なのかと言うと、太平洋高気圧のまわりをまわって日本に向かって北上する台風が多くなるからです。
沖縄は通過地点に位置するので、接近度が高まります。

台風地図

上の地図は、台風のコースです。

7・8月は太平洋高気圧の勢力が強く、また、台風を流す上空の雲がまだ弱いため不安定な経路をとる事が多いのですが、9月以降になると南海上から放物線を描くように日本付近を通るようになります。
このため大きな災害をもたらす台風の多くは9月にやってくるのです。

またニュースなどでよく台風沖縄接近などとみる事があるかと思いますが、沖縄本島よりは宮古や石垣島などの離島に影響をうける事が多く、離島に接近しても沖縄本島へはなんら影響がない事もあります。
沖縄県那覇市から石垣島まで 410㎞離れています。この距離は東京からですと、北は岩手、西だと神戸までの距離くらいです。
沖縄といっても沖縄は島国なので場所によって影響が全然違いますよ。

2.降水量を確認しよう

台風の次に確認したいのが降水量!やっぱり、雨も気になりますよね!
天気の事なので、不確定要素が多く、なかなか適確にお答えしにくいのですが、今までのデータから推測して頂けると思います。少しみていきましょう!

沖縄県平均気温・降水量

(沖縄気象台:1981年~2010年の平均統計数字です。気温(℃)/降水量(mm))

棒グラフを見てみると、やはり5~6月にかけて梅雨時期と8,9月の台風時期には降水量も増えることがわかります。

気温に関しては、通年通して高めではありますが、6月~10月に掛けては真夏のように暑くなります。
沖縄らしさを感じ、南国の沖縄を満喫出来るのは夏場かと思いますが、台風時期は降水量も多くなるので、台風シーズンを避けたいと言う方は冬から春がお勧めかもしれないですね。

ただ天候に関しては、本当に運次第かなと思います!必ず、台風が来るわけでもなく、7月から10月の指で数え切れるくらいの確率です!
あまり悩まずに真夏の沖縄を体感しに来て頂きたいですね。もし、台風と遭遇した際は、これも風情だと思って楽しんでみてはいかがでしょうか?

★★★関連記事はこちらから★★★

・沖縄旅行で台風がきた!どうすればいいの?【出発前・滞在中・最終日】
・【2016年版】沖縄の梅雨明けはいつ?梅雨明けの沖縄がオススメな訳♪
・雨の沖縄旅行の楽しみ方!雨の日におすすめの沖縄観光スポット7選

~沖縄のホテル予約なら~
【楽天トラベル】沖縄のホテル・宿を予約

ホワイト・ベアーファミリーの格安沖縄パッケージツアーはこちらから
oka-honto-640-220-2
ホワイト・ベアーファミリーの現地体験・オプショナルツアー予約はこちらから
bannar_oka

Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.