▼ 慶良間諸島・久米島・大東島の記事一覧

沖縄屈指のダイビングエリア「久米島」でダイビングしてきました!

久米島 ダイビング 悠々と泳ぐマンタのアップ沖縄本島から西へ約100km、那覇からは飛行機で約30分の場所に位置する久米島。

別名「球美の島」とも呼ばれ、琉球諸島の中でも最も美しい島としても知られています。

そんな久米島の海には、色とりどりの海の生き物がいっぱい!

魚群、大物・地形・マクロ・サンゴ礁と、初級ダイバーから上級ダイバーまでオールマイティに楽しめるダイビングエリアなんです。

今回はダイビング歴20年以上の筆者が、じっさいに久米島ダイビングに挑戦してきました。

おすすめダイビングポイントからダイビング後に行きたいお食事処まで、ご紹介させていただきます。

続きを読む

渡嘉敷港に一番近いごはん屋さん|カフェシーフレンドJr.

カフェシーフレンドJr.
渡嘉敷島から那覇への船を待つ間、空腹を感じた私は何か食べるもの、せめて何か飲むものと渡嘉敷港周辺をうろついていました。

港に行けば何かしらあるだろという考えが甘かった。
渡嘉敷港の徒歩3分圏内には自動販売機が無い。そして売店もオープン前。

そして飲食店は1軒しかない。
そのたった1軒の店の名は、「カフェシーフレンドJr.」

場所は渡嘉敷港の旧フェリー待合所2階。
選択肢は他に無く、狭い階段をあがり入店すると、まるで街のカフェのような空間が広がっていたのでした。

続きを読む

久米島の別天地はての浜へ行ってきた!失敗しないはての浜ツアー選び


古くは「琉球列島で最も美しい島」の意味で「球美(くみ)の島」と呼ばれた久米島。
この久米島を訪れたらぜひとも行きたいのが、はての浜。
満潮でも沈み切ってしまう事は無く、まるで海に浮かぶ砂漠のようです。

空と海と白い砂浜。沖縄に無人島数あれど、はて浜の美しさ・大きさに誰しもきっと圧倒される事でしょう。

今回は、はての浜の魅力と、はての浜の行き方、ツアーの選び方も一緒に紹介させていただきます。

続きを読む

海洋深層水を贅沢に堪能!バーデハウス久米島で心身共にリフレッシュ

バーデハウス久米島海洋深層水とは、太陽の光が届かない水深200m以下の深海で2000年もの長い年月をかけて地球全体を循環している神秘の水。

深い海の底にあることからプランクトンの繁殖も少なく高純度、ミネラルが豊富で、健康にも良いことが実証されています。

久米島の海底は特殊な構造をしているので、海洋深層水をたくさん取水することが可能。ハワイにつづき、世界でも2位の実績を誇ります。

そんな海洋深層水を100%贅沢に用いたスパが、「バーデハウス久米島」。

「旅行中疲れたけど、ホテルでゴロゴロするのはもったいない!」
そんなあなたにとっておきの癒しの施設をご紹介します。

続きを読む

久米島でスウェーデン料理?「スモーカカ」でいただくヘルシーランチ

スモーカカ古民家が並ぶ集落に、パっと目を引く青い外観が印象的な「SMÅKAKA(スモーカカ)」。

スウェーデンから移住してきた店主アンナさんが切り盛りするカフェでは、本場さながらのスウェーデン料理が日替わりでいただくことができます。

久米島でスウェーデン料理・・・なんだか不思議な感じもしますが、観光客をはじめ、いまや地元の人の憩いの場。その面白い組み合わせから、いまやメディアにも引く手あまたなのだそう。

今回はそんなカフェでランチを堪能。
アンナさんとおしゃべりしながら、美味しくてヘルシーなランチをいただいてきました。

続きを読む

沖縄といえば海ぶどう!海ぶどうのおいしい食べ方教えます。

海ぶどう
沖縄に行ったら食べたいもののひとつ、海ぶどう!
あのぷっちぷちの食感がなんとも言えずおいしいんですよね。

そういえば海ぶどうってなんなんだろう。
気になっちゃったんだから仕方ない、それなら調べるしかないでしょう!
今回は沖縄の海ぶどうの養殖の現場に足を運び、おいしい食べ方など海ぶどうのあれこれを聞いてきました。

続きを読む

やん小~|「人気の沖縄そば店トップ10」1位に輝いた沖縄そば屋

やん小~外観
インターネットで旅行の情報収集をしていると、かなりの頻度で見かける「トリップアドバイザー」。
世界的な旅行情報サイトなのでご存じの方も多いと思います。

2015年、「トリップアドバイザー」は投稿された口コミをもとに「人気の沖縄そば店トップ10」取りまとめられたのですが、この「人気の沖縄そば店トップ10」で1位に輝いたお店が、沖縄本島でも石垣島でも宮古島でもなく、久米島にある「やん小~(やんぐゎ~)」だったのです。

営業時間はお昼12時から15時まで。ただしスープが無くなった時点で閉店。
平日でも12時を過ぎると、古民家の中のお座敷も庭のテーブル席もあっという間に満席になってしまうほどの人気店。

名物は久米島特産のもやしがたっぷりのった味噌もやしそば。
今回は「やん小」をご紹介したいと思います。

続きを読む

久米島をまるっとポタリング!自転車だから見える島の魅力をご紹介

久米島 ポタリング沖縄本島から西へ約100kmの久米島は、1周約48km。
車でなら1時間足らずで回れるほどの小さな島です。

そんな久米島でオススメしたい観光手段がポタリング。ポタリングとは2~3キロほどの自転車散歩のことを意味し、普段スポーツをしない方にも気軽に参加できるアクティビティなのです。

「歩くにしては苦痛だけど、車だと何だか物足りない・・・。」
そんなワガママな思いにも、自転車ならまるっと解決してくれますよ。
 
今回はポタリング初挑戦となる筆者が参加してきた様子をリアルにレポート。
レンタカーでは知りえないような、島の見どころをご紹介します。

続きを読む

久米島へ安く行くならフェリー!選び方・予約の仕方教えます

久米島フェリー
@ocvb

沖縄本島から約100km離れた久米島へのアクセスは飛行機orフェリーの2択。

フェリーは時期や曜日によって運行本数がかわり、1日1~3便、約3時間の船旅です。
フェリーのメリットは、飛行機と比べて安価な事や車も運べる事。

飛行機なら、那覇―久米島線が1日に7往復も運行しており、飛行時間は約25分と極めて短時間で
飛行機のメリットはなんといっても所要時間の短さ。

時間重視なら飛行機、料金重視ならフェリーというわけです。

今回はとにかく安く久米島に行きたいと考える方の強い味方、フェリーの予約方法や所要時間などあれこれを調べてみました。
(本文の内容は2018年1月現在の内容となります)

続きを読む

久米島でおばぁの料理教室!ゆるゆる濃すぎる島時間

久米島 料理教室亜熱帯地域で栽培されている「ローゼル」は、栄養価が高く、美容効果にも期待ができるハーブの一種。

沖縄本島から約100km離れた久米島でも10年以上前から作られ、空港やホテルではローゼルティーやキャンディが販売されています。

そんなローゼル栽培をはじめたおばぁの民宿では、ローゼル収穫をはじめ、ジャム作りが体験可能。

はじめはわざわざ久米島でジャム作り?と思ったものの、じっさいに参加してみると思いのほか楽しかったのです。

沖縄らしい雰囲気の中、おばぁとゆんたく(おしゃべり)しながらのジャム作りは、ゆったりとした島時間を過ごしたい方にはピッタリと言えるでしょう。

続きを読む

ワイン3本空いた!「café島むん+」で渡嘉敷島の島イタリアン

cafe島むん+
冬の渡嘉敷島は観光客も少なく静かなもの。飲食店の臨時休業も珍しくありません。

私が渡嘉敷島を訪れた日は、渡嘉敷観光の中心地阿波連地区の飲食店が口裏を合わせたように軒並み臨時休業。

「café島むん+」に行ったのは、“営業している飲食店が他に無かった”というだけの理由。しかし、最終的には想像をはるかに上回り大・満・足!

オフシーズンでも渡嘉敷島に泊まる価値あったと確信。
今回は渡嘉敷島の島イタリアンの店「café島むん+」をご紹介します。

続きを読む

知っていれば久米島通!ちょっと不思議な観光スポット7選!

おばけ坂
『沖縄の離島』と言えば青い海や白い砂浜を想像される方が多いと思いますが、そんなキレイな島にも歴史あり!
沖縄本島から飛行機で35分の久米島にも、沖縄らしい綺麗な景色を楽しめる場所はもちろんありますが、島内には「えっ!?何これ?」と思わず言いたくなる面白い観光スポットもたくさんあるんですよ。
今回は、そんな一風変わった不思議な観光スポットを紹介します。

続きを読む

アクセス難易度別!渡嘉敷島の観光スポットランキング


那覇の泊港から高速船で35分の渡嘉敷島。阿波連ビーチ・トカシクビーチで海水浴が定番ですが、海水浴以外の観光スポットってどこに行くべき?
今回は実際にレンタカーで巡った渡嘉敷島の観光スポットを、アクセスのし易さ別にランキング形式でご紹介します。

続きを読む

渡嘉敷島への足、高速船・フェリーの予約・運賃・時刻表まとめ

渡嘉敷島の海に浮かぶフェリーとかしき
那覇から高速船で約35分の場所にある渡嘉敷島。
その抜群の海のキレイさとアクセスの良さも相まって、オンシーズンには海水浴目当ての観光客で連日満席。

せっかくの沖縄ならケラマブルー見なけりゃもったいない!

今回は渡嘉敷島への足掛かりとなる高速船・フェリーの利用方法をまるっと、
おまけで渡嘉敷島内主要スポットの移動方法をご紹介いたします。

続きを読む

久米島の隠れた絶景ポイント「黒石の森」に行ってきた

黒石の森
久米島の景勝地と言えば、「比屋定バンタ」や「宇江城城跡」が有名ですが、じつは知る人ぞ知るとっておきの絶景スポットがあるんです。
それが今回ご紹介する「黒石の森」。

一見すると「何もない公園」。観光マップにもほとんど載っていないマニアックな場所ですが、「久米島で見た海の中で一番青い!」と知人のフォトライターが驚いたほどの絶景ポイントなんです!

そんな黒石の森へのアクセス方法・絶景撮影ポイントを、久米島在住の筆者が紹介いたします。

続きを読む

珊瑚礁の聖地で潜る!座間味島でダイビングの魅力とは?

座間味島ダイビング

「ケラマブルー」と称される、青い海が魅力のケラマ諸島。

そのケラマ諸島のほぼ中央に位置している座間味島は、ウミガメの産卵地としても知られるキレイな島なんです。
アオウミガメ、タイマイ、アカウミガメの3種類が行ったり来たり・・・。浅瀬で見かけるコトもよくあるホドです。

さて、では何をして遊ぼう・・・シュノーケリング?海水浴?それともカヤック??アナタが遊びたいと思うスタイルが満載!
・・・でもやっぱり透明度が高いのなら海底までクリアに見られるダイビングをしてみたいですよね。

というコトで今回は、座間味島でのダイビングの魅力についてご紹介していきたいと思います。

続きを読む

ケラマブルーに感動する旅。渡嘉敷島ダイビングの魅力!

渡嘉敷島ダイビング

世界中のダイバーが憧れる日本のダイビングスポットとして有名な、沖縄・慶良間(けらま)諸島。

大小20余りが連なる慶良間諸島の中でも一番大きな島、それが渡嘉敷島(とかしきじま)です。

阿波連(あはれん)ビーチ、渡嘉志久(とかしく)ビーチなどの美しい海水浴場があることでも有名。慶良間諸島の中では沖縄本島の玄関口、那覇から一番近いのもココ渡嘉敷島なんです♪

ということで今回は、渡嘉敷島でダイビングをする魅力についてご紹介していきたいと思います。

続きを読む

一度は行きたい久米島!観光スポット・見どころのすべて!

久米島 観光沖縄県にある沢山の島々。その中でも群を抜く美しさを持ちあわせている極上の「はての浜」は、まさに誰もが探し求めている楽園の島です。他にも緑豊かな自然に愛され、のどかで過ごしやすい場所でもあります。

そこで今回は、神々に選ばれし島、久米島の必須スポットや見どころ、久米島を楽しむために知っておきたい観光情報についてご紹介したいと思います。久米島はどんなところなのか、興味のある方必見です♪

なお久米島へはどうやっていけばいいのか、久米島島内の移動はどうなってるのかも合わせてご紹介したいと思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

続きを読む

私流、阿嘉島の過ごし方【国立公園に指定された美しい海】

nishibama1

2014年3月、沖縄の慶良間諸島が国立公園に指定されました。

沖縄の中でも特に美しい慶良間諸島の海は「ケラマブルー」と呼ばれ、様々な青色が作るグラデーションは本当に美しいです。
ケラマブルーに魅せられて世界中から観光客が訪れるほどです。

今回は慶良間諸島の中の一つ阿嘉島(あかじま)をご紹介します。

きれいなビーチや美味しいランチ、そして本格的なカクテルを飲むことができるバーなど、阿嘉島を120%満喫できるおすすめモデルコースになっているので是非ご参考にしてみてください!

続きを読む

沖縄の離島!大人気の慶良間諸島を徹底ガイド!

kemara beach
慶良間諸島ってどういうところなんだろう?慶良間諸島って何ができるんだろう?また、どうやって行くの?などとお考えではないですか。

慶良間諸島とは、世界が注目するダイビングスポットで有名な沖縄の南にある島々でのこと。
那覇からもフェリーにて日帰りで行けるくらいの距離なので、気軽に行ける離島として人気があります。

トカシクビーチをのぞむ

(C) OCVB

今回は慶良間諸島の基本情報から、ビーチ、ダイビングポイント、お勧めスポット、慶良間諸島への行き方やおすすめの宿泊施設などをお伝えしていきます。
もし慶良間諸島へ行く際はこの記事を読めば 慶良間諸島旅行を楽しむ事が出来ます。是非ご参考にしてみてくださいね!

続きを読む

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.