現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

ナマケモノストアーは人気店の料理が24時間買える食のセレクトショップ

ナマケモノストアー

ナマケモノストアーは沖縄に店をかまえる「人気店の料理」が買えちゃう食のセレクトショップ。

しかも「24時間営業・無人販売」なので、コンビニのように気軽に利用できてしまうのです。

一方で、扱う商品の数々はどれも絶品ばかり。県内で名を轟かせる名店の自慢の商品が並び、美味しい料理が一堂に会すとあっては、グルメ好きにはきっとたまらないはず・・・!

ナマケモノストアーというキャッチ-な店名に負けないユニークなスポット。
この記事では、ナマケモノストアーの店内の様子やラインナップ、購入方法、アクセス・駐車場についてお届けします!

<もくじ>
1.ナマケモノストアー
2.ナマケモノストアーのラインナップは?
3.ナマケモノストアーの買い方
4.ナマケモノストアーのアクセス・駐車場
5.おわりに

もくじをすべて表示

1.ナマケモノストアー

ナマケモノストアーは2022年にオープンした、飲食店が5つ並ぶ建物のちょうど真ん中にある店舗。愛くるしいナマケモノのマスコットキャラクター?がデザインされたのれんが出迎えてくれます。
ナマケモノストアー
横に並ぶ居酒屋やラーメン店が「THE飲食店」な主張の強い外観のためか、ナマケモノストアーの「のほほん」としたゆったり感に癒されてしまいます。
ナマケモノストアー
そんなナマケモノストアー、じつは二軒隣の店舗「炭火焼鳥ゆくる」のオーナーさんが、新しくオープンしたお店。
ナマケモノストアー
なんでも内装も自分たちで手掛けたというから驚き。ナマケモノストアーというユニークな名前とは裏腹に、こだわりが感じられる店舗となっています。

2.ナマケモノストアーのラインナップは?

特徴的なのれんをくぐると繋がるのは横に長~いシンプルな空間。入って正面の壁に冷蔵ショーケースが並び、この中に料理や飲み物、デザートといったナマケモノストアーの楽しみが詰まっています。普段行くコンビニやスーパーでは見かけないラインナップが並ぶだけあって、思わずワクワク。
ナマケモノストアー
那覇のつけ麺の名店「三竹寿」からは「濃厚魚介豚骨つけ麺」が並びます。あの濃厚なスープと自家製麺を手軽に楽しめる日が来るなんて・・・!
ナマケモノストアー
もちろん、オーナーである「炭火焼鳥ゆくる」の焼き鳥も。
ナマケモノストアー
デザートコーナーを覗いてみると、南城市を代表する店舗「Cafeやぶさち」の商品が。お店でしか楽しめなかった「やぶさちモンブラン」が買えるなんて感動!
ナマケモノストアー
県民なら一度は口にしたことがある宮平乳業の「コーヒー牛乳」があることに思わずテンションが上がってしまいます。
ナマケモノストアー
他にも、北中城村の人気カフェ「サンスーシィ」のカレーうどんスープや、「マーミヤかまぼこ」のおにぎりかまぼこ、豆腐のサブスクを行う豆腐屋さん「三代目 池田屋」の島とうふショコラなど、どれを手に取ろうか迷ってしまうほど商品がいっぱい。
ナマケモノストアー
取材時点(2022年10月)では、20数店舗の店舗から仕入れ、取り扱い商品は50数種類にもなるんだとか。「これからも自分たちが良いと思ったものをセレクトしていきたい」と語るのはオーナーの伊波さん。いままで無かったユニークな店舗なだけに、「もっともっと面白くなっていくんだろうな」と、今後も目が離せないスポットです。

3.ナマケモノストアーの買い方

ここからはナマケモノストアーでの商品の購入方法をご紹介。まずは店内を見渡して欲しい商品を選びましょう。欲しいものが決まったら、商品を手に取り券売機へ。
ナマケモノストアー
券売機にお金を入れて、あとは手に取った商品と同じボタンを探してボタンをプッシュするだけ。すると、券売機の下の方にチケットが出てきます。これで購入は完了。
ナマケモノストアー
袋やお箸、スプーンは券売機のまわりに設置されています。

4.ナマケモノストアーのアクセス・駐車場

ナマケモノストアーは那覇空港から車で30分ほど。空港がある那覇市のお隣「浦添市」に位置します。国道58号線を北上し浦添市の「屋冨祖」で右折。
ナマケモノストアー
県道38号線に入り、国道330号線の上に架かる「架道橋」を渡り切ったタイミングで左に曲がれば到着です。
ナマケモノストアー
駐車場はナマケモノストアーがある建物の裏手。共同駐車場(フェンス側)もしくは、ゆくる駐車場という緑の看板のあるスペースをご利用ください。
左折したタイミングで駐車場への入口が斜め右に見えるので、そちらに入っていきましょう。

ナマケモノストアー

住所
沖縄県浦添市仲間1-5-3

HP
https://www.instagram.com/namakemonostore/

5.おわりに

ちょっとしたポイントとして、ナマケモノストアーに行くならお昼後がオススメ。普段から商品は揃えるようにしているそうですが、なんでも午前中に仕入れることが多いようで、午後一くらいはより充実しているんだそう。

また、店内のいたるところにある「POP」も要注目。無人店舗というと、なんだか無味乾燥なイメージがありますが、ナマケモノストアーはお手製の商品紹介POPに温かみがあって、これがまたいいんです。
ナマケモノストアー
沖縄の美味しいグルメを求めて、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

沖縄ラボでツアーを比較


糸満市場いとま〜る|生まれ変わった公設市場にはゆったりした時間が流れる

いとま~る

いとま~るは1955年に開業した糸満市の公設市場を2020年にリニューアルしてオープンした施設です。
糸満市は、ハーレーや綱引きなど伝統的行事が今も大々的に開催され、沖縄県のなかでも古き良き文化が色濃く残る地域。それでも昨今はどんどん開発整備が進んで街並みは様変わりしていますが、いとま~るのある糸満漁港周辺エリアはまだまだ古い街並みが残っています。
ご近所さんたちの憩いの場そのものという雰囲気で、にぎやかな観光地に疲れたらひと休みに寄ってみるといいかもしれません。

続きを読む

今帰仁の駅 そーれ|食事処や産直の様子を詳しく訪問レポ

今帰仁の駅そーれ

今帰仁の駅 そーれは、沖縄の北部エリア「今帰仁村」に位置するスポット。野菜や果物の販売スペースとレストランが併設された地域に愛さている店舗です。

店頭には新鮮な今帰仁産の果物や野菜が並び、沖縄土産を買うのにピッタリ。店舗は地域のおばぁ達で運営しているためかローカルの匂いがぷんぷん。沖縄のありのままの空気感が持つ魅力を肌で感じられるスポットとなっています。

この記事では今帰仁の駅 そーれのレストランや隣接する山原食堂Kuni、販売スペースについてお届けします!

<もくじ>
1.今帰仁の駅そーれ ―食べる―
2.今帰仁の駅そーれ ―買う―
3.今帰仁の駅 そーれで沖縄の素朴な魅力に出会う

もくじをすべて表示

1.今帰仁の駅そーれ ―食べる―

今帰仁の駅 そーれは店内で「農家レストラン」を営業しています。ただし取材時点(2022年9月)では新型コロナウイルス感染症の影響で休業中。いつ頃再開するのか、まだ目処は立っていないそうです。
今帰仁の駅そーれ
一方で、やはり根強い人気のようで「『早く開けてくれ』って要望が凄いんですよ。だから早く開けないとね〜(笑)」と笑うのは代表の鈴木さん。

現在は、農家レストランが休業のため弁当を販売しています。メイン惣菜にお野菜と付け合わせのバランスがとれていて、見ているだけでお腹が空いてくる。今帰仁の駅 そーれの手作り弁当ということもあって、昼過ぎには完売してしまうほどの人気っぷりなんだそう。ゲットするためには、早目の訪問がおススメです。
今帰仁の駅そーれ
今帰仁の駅 そーれの目と鼻の先にある「山原食堂Kuni」もお食事にピッタリ。地元の食材を使用したアジアンテイストな料理が楽しめる店舗です。
今帰仁の駅そーれ
店内はオシャレなカフェという雰囲気。外観と同じくピンクのカラーリングが特徴的でウッド調のインテリアも相まって優しい空気感が充満しています。
今帰仁の駅そーれ
人気メニューの「今帰仁野菜と島豚のジャージャー麺(980円)は鮮やかな彩で見た目から楽しめる一品。ジャージャー麺の特有のしつこさが全くなく、満足感があるのにサッパリとしていてペロリといけちゃいます。
今帰仁の駅そーれ

2.今帰仁の駅そーれ ―買う―

今帰仁の駅 そーれは、販売コーナーに今帰仁の魅力がギュギュッと詰まっています。季節ごとに違った顔がズラリと並ぶのは今帰仁産の果物や野菜。農家さんが丹精込めて作った新鮮な地元食材が産地直送で届けられます。
今帰仁の駅そーれ
特に目を引くのが色とりどりの果物です。夏は今帰仁を代表する「今帰仁スイカ」をはじめ沖縄らしいカラフルなフルーツに思わず手が伸びてしまいます。価格もお手頃な値段なのが魅力的。
今帰仁の駅そーれ
そんな今帰仁の駅 そーれの中でも根強い支持を集めるのが、オープン以来ナンバーワンの人気を誇る「サーターアンダギー」。黒糖・紅いも・ドラゴンフルーツ・よもぎの四つの味があり、サーターアンダギーでは珍しいカラフルさも楽しめるのが特徴的。
今帰仁の駅そーれ
サーターアンダギーに負けずとも劣らない「じゅーしー」は小腹が空いたときに、ついつい食べたくなる一品。じゅーしーの濃いめの味付けに「ふーちばー」がアクセントなって、サッパリとした仕上がりになっています。
今帰仁の駅そーれ

3.今帰仁の駅 そーれで沖縄の素朴な魅力に出会う

「めんそーれ(いらっしゃいませ)」、「ゆくいみそーれ(休んでください)」、「うさがみそーれ(召し上がってください)」。これら沖縄の方言から「今帰仁の駅 そーれ」の名前は名づけられていて、ネーミングからも「もてなしの心」を感じられます。
今帰仁の駅そーれ
お手洗いも完備されているため、ドライブ最中のちょっとした息抜きに立ち寄るのもいいかも。今帰仁の特産品とおばぁ達が作り出す空気感の魅力がギュギュっと詰まった今帰仁の駅そーれに足を運んでみてはいかがでしょうか。
今帰仁の駅そーれ

今帰仁の駅 そーれ

住所
沖縄県今帰仁村字玉城157

TEL
0980-56-4940

営業時間
9:00~17:00 月曜定休

沖縄ラボでツアーを比較


通なお土産!ミセスマーコの手作りパイの店アメリ感・アメリ館の「パフィ」

アメリ感アメリ館

アメリカンでレトロな雰囲気がいかにも沖縄らしい、県民のなかでも嬉しい手土産がアメリ感・アメリ館の「パフィ」。「ミセスマーコ」の愛称で地元民から親しまれる、半球のフォルムが特徴的なローカルスイーツです。

素朴なんだけど愛着が湧いてくる透明の包装紙や、シンプルだけど飽きの来ない味わい。そんな「背伸びしない魅力」が長年に渡って支持を集めていて、お祝いから法事まで幅広いシーンで活躍しています。

この記事では、パフィを販売しているアメリ感・アメリ館3号店やパフィについてお届けします!

続きを読む

道の駅やんばるパイナップルの丘安波に行ってきた|2022年開業沖縄で10個目の道の駅

道の駅 やんばるパイナップルの丘 安波

道の駅やんばるパイナップルの丘安波は2022年3月にオープンした沖縄で10個目の道の駅。

場所は国頭村の東側に位置し、辺り一面に広がるのは畑や沖縄の原風景だけ。

沖縄本島北部の特産品をセレクトしたお土産コーナーやカフェ、絶景を見ながらこぐ大きなブランコ、森の生きものたちを観察 する観察棟など、やんばるの自然をとことん堪能できるスポットとなっています。

この記事では道の駅やんばるパイナップルの丘安波の設備や、一番人気の「ブランコ」、お土産コーナー、カフェについてお届けします!

続きを読む

JAファーマーズマーケット 「はい菜!やんばる市場」でやんばるの恵みをいただきます!

はい菜! やんばる市場

JAファーマーズマーケット「はい菜!やんばる市場(以後やんばる市場)」は名護市にある、新鮮なやんばるの旬が集うスポット。

ファーマーズマーケットと言うと「地元客向け」のイメージがありますが、やんばる市場はじつは通な旅行客がこそっと足を運ぶ穴場なお店です。

フードコートも魅力的で、ローカルの雰囲気がプンプン。お買い物からちょっとした食事まで楽しめるスポットとなっています。

続きを読む

シークヮーサージュースが出てくる夢の蛇口!大宜味シークヮーサーパーク

大宜見シークヮーサーパーク

大宜味シークヮーサーパークは、沖縄の北部エリア大宜味村にある「シークヮーサー」をコンセプトとした店舗。「見る・食べる・買う」どの切り口からでもシークヮーサーを楽しめるスポットです。

中でも人気なのが蛇口をひねればシークヮーサージュースが出てくる「夢の蛇口」。子どもはもちろんのこと、大人でもはしゃいでしまう仕掛けに思わずテンションが上がってしまうこと間違いなし。

この記事では、大宜味シークヮーサーパークの「夢の蛇口」から工場見学、お買い物、レストランについてお届けします!

続きを読む

重要文化財で泡盛づくり?歴史ある工場にロマンを感じる津嘉山酒造所

津嘉山酒造所

津嘉山酒造所は名護市の商店街から裏手に入った、ひっそりとした通りにある泡盛の工場です。

王道の観光スポットではありませんが、酒造所が持つストーリーと建物の歴史的価値に着々とファンが増えている、知る人ぞ知る通なスポット。

この記事では津嘉山酒造所の歴史的価値から工場見学(施設見学)、製造している泡盛「國華」についてご紹介します。

続きを読む

『Yuna』物語ある特別な沖縄ギフトに出会えるコミュニティショップ

yuna

那覇空港から車で25分。沖縄の東海岸にある歴史ある町、与那原町に『Yuna』はあります。

「沖縄の伝統や風土に感化され、そこから新しく生まれてきたものたちを次の時代につなげる場所にしたい」という想いからYunaはできました。
光が優しく差し込む店内には、店長選りすぐりの沖縄の作家の作品と、県外から仕入れたこだわりの逸品が並びます。

Yunaは1度来ると、また来たいと思わせてくれるお店です。
それは、作品自体に魅力があるのはもちろんですが、Yunaに並ぶモノには、背景に興味深い思いや物語があるから。
まさに作家の想いを語る『語り部』のようなお店、Yuna。

今回は、物語ある作品に出会えるショップ「Yuna」のお店の魅力やおすすめの商品をご紹介します。

続きを読む

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.