行かなきゃ損!車&船で沖縄本島から手軽に行ける離島14選

Tags:

公開日:2015/5/27

Pocket

津堅島

沖縄には、那覇がある沖縄本島以外に、たくさんの離島があります。
その中には、キラキラ輝く海の上に架かる橋をさっそうとドライブしてたどり着けるところ。そして、船にちょっと乗るだけで日帰りで行けるところも。

どこも島ごとに特色があって、楽しみ方もそれぞれ。
本島に滞在する際に一緒に訪れたい離島をまとめてご紹介します。


<もくじ>
1.沖縄本島から車で行ける離島
その1 瀬長島
その2 浜比嘉島
その3 伊計島
その4 瀬底島
その5 屋我地島
その6 古宇利島

2.沖縄本島から船で1時間以内で行ける離島
その1 ナガンヌ島
その2 渡嘉敷島
その3 久高島
その4 津堅島
その5 水納島
その6 伊江島
その7 伊是名島
その8 ナップ島(ヨウ島)
まとめ

1.沖縄本島から行ける離島

その1 瀬長島(せながじま)

瀬長島
那覇空港のすぐそばにある小さな島。
もともとビーチパーティのメッカで、多くの人がビーチなどでバーベキューを楽しんでいましたが、2013年に琉球温泉瀬長島ホテルができたのをきっかけに、ますます観光客が増えています。

本島とは橋でつながっていますが、那覇空港が近いので、離着陸するダイナミックな飛行機を間近で見ることが可能。
迫力満点のシーンに、海遊びとはまた違った楽しみを見出せるかも。

瀬長島イメージ
空港がもう島のすぐ近く!

瀬長島イメージ琉球温泉 瀬長島ホテル

2013年2月にグランドオープンしたリゾートホテル。
地下1,000mから湧き出る天然温泉が自慢で、那覇中心部から車で約20分と好立地。
全室オーシャンビューという客室から見える雄大な夕日も見どころ。

瀬長島イメージ
露天風呂からエメラルドグリーンの海が一望♪

ウミカジテラス・全体イメージ朝から夕方まで
さらに2015年8月1日、瀬長島に約40のお店が並ぶ商業施設「ウミカジテラス」がオープン!沖縄の新名所として、今もっとも注目されるエリアです♪

■瀬長島
アクセス:那覇空港から車で約10分
■琉球温泉瀬長島ホテル
住所:豊見城市瀬長174-5
TEL:098-851-7077
アクセス:那覇空港から車で約15分
URL:http://www.senagaspa.jp/

【関連記事】
・8月1日グランドオープン!瀬長島・ウミカジテラス最新情報
・泊まってみました「琉球温泉 瀬長島ホテル」徹底レポート
・沖縄の海とサンセットが美しい♪瀬長島・琉球温泉 龍神の湯レポ

ジオツアー・瀬長島特集

その2 浜比嘉島(はまひがじま)

浜比嘉島©ocvb
うるま市から海中道路を走って平安座島(へんざじま)に着くと、右手に浜比嘉大橋が見えてきます。
その橋を渡ってたどり着くのが、琉球の国造り神話が残る周囲約7kmの浜比嘉島。

昔ながらの古い石垣と瓦屋根の民家が並ぶ集落は、沖縄原風景そのもの。
もちろん海も文句なしの美しさで、ムルク浜ビーチは人も少なく、木陰で読書や昼寝をするのにぴったりです。

浜比嘉島画像提供元:フォトライブラリー

海中道路
海中道路の途中にある海の駅 あやはし館には、うるま市の特産品が勢ぞろい。
バイキングレストランで沖縄の味を堪能しつつ、2階の資料館では沖縄の海の自然や文化にまつわる歴史が見られます。
ちょっと寄り道しながらお土産はここで調達!

■浜比嘉島
アクセス:那覇空港から車で約90分
■ムルク浜ビーチ
住所:うるま市勝連比嘉202
TEL:098-977-8088
施設:シャワー、トイレ、売店、駐車場有
■海の家あやはし館
住所:うるま市与那城屋平4番地
TEL:098-978-8835
営業時間:9:00~19:00(夏季)、~18:00(冬季)

その3 伊計島(いけいじま)

伊計ビーチ伊計ビーチ

本島から海中道路を渡り、平安座島・宮城島を通った先にあります。
少し距離はあるものの、沖縄らしい風景が楽しめるいいドライブになりそう。

伊計島に入ってすぐ左手に見えるのが伊計ビーチ。島で一番人気のビーチで、とにかく透明度がバツグン。

■伊計島
アクセス:那覇空港から車で約40分(高速道路使用)
■伊計ビーチ
住所:うるま市与那城伊計405
TEL:098-977-8464
施設:シャワー、トイレ、食堂、駐車場有

その4 瀬底島(せそこじま)

瀬底島イメージ©OCVB
本島の本部半島から瀬底大橋を渡って行ける瀬底島。
県内でも有数の美しさを誇る瀬底ビーチは島の西側にあり、真っ白な砂浜とブルーの海のコントラストは絶景!

瀬底ビーチイメージ
また本島屈指のサンセットスポットでもあるので、ビーチで遊んだ後に、ぜひ眺めてみて。
周囲約7kmの小さな島には、自然や神が祀られる拝所や御嶽があちこちにあり、地域の人たちによって大切に守られています。

■瀬底島
アクセス:那覇空港から車で約1時間45分(高速道路使用)
■瀬底ビーチ
住所:本部町瀬底
TEL:0980-47-2368
施設:更衣室、温水シャワー、トイレ、ロッカー、駐車場有

【関連記事】
・那覇から車で行ける最高に美しい離島、瀬底島の魅力のすべて!

その5 屋我地島(やがじしま)

屋我地島屋我地ビーチ

沖縄本島から古宇利島に行く途中にある、周囲約16kmの素朴な離島。
サトウキビやパイナップルの畑があちこちに広がり、歩いているとのどかな気分になります。

“沖縄の松島”とも称される風光明媚な羽地内海と東シナ海に挟まれた屋我地ビーチにはキャンプ場が併設。
こじんまりとした売店があり、バーベキューセットやテントのレンタルも可能です。

屋我地島
古宇利大橋を渡ると、向うに見えるのが古宇利島。爽快なドライブが楽しめます。

■屋我地島
アクセス:那覇空港から車で約1時間40分(高速道路使用)
■屋我地ビーチ
住所:名護市屋我143
TEL:0980-52-8123
施設:更衣室、シャワー、トイレ、ロッカー、駐車場有

その6 古宇利島(こうりじま)

古宇利島
屋我地島と古宇利大橋で結ばれている、周囲約8kmの島。
古宇利大橋が開通してから多くの観光客で賑わうようになりました。

古宇利島

島内は、古民家の集落の周囲をサトウキビ畑が広がり、とてものどかな雰囲気。
古宇利島の北側には穴場的なビーチがあり、人が少ないのでのんびり海遊びができそう。

■古宇利島
アクセス:那覇空港から車で約1時間40分(高速道路使用)

【関連記事】
・恋人と行きたい!沖縄-古宇利島パーフェクトガイド
・おさえておきたい古宇利島のビーチ3選
・古宇利島おすすめカフェ5選!【古宇利島を最高に楽しみたい方へ】

2.沖縄本島から船で1時間以内で行ける離島

その1 ナガンヌ島

ナガンヌ島
本島からフェリーに乗り約25分で行ける無人島。
島周辺は広くサンゴ礁で囲まれ、たくさんの熱帯魚たちに出会うことができます。

ナガンヌ島
島全体も貝殻やサンゴの欠片などのコーラルサンドでできており、エメラルドグリーンの海とのコントラストは息をのむ美しさ。
無人島でありながら、トイレなどの設備も整っているので、シュノーケリングやダイビングを思いっきり楽しんではいかがですか。

■ナガンヌ島
アクセス:那覇空港駅よりモノレールで美栄橋駅下車、そこから徒歩で泊港へ(所要時間約30分)。泊港から定期便が就航しており、片道およそ20分。
詳しくはナガンヌ島公式サイトをご参照ください。

その2 渡嘉敷島(とかしきじま)

渡嘉敷島©ocvb

慶良間諸島のなかで一番大きい、代表的な離島です。
周辺の海は水深50~60mほどの透明度を誇り、世界屈指の美しさとも。
ケラマブルーと呼ばれ、ダイバー憧れの海と評されています。

島西部にある渡嘉志久(とかしく)ビーチは、緑の山々に囲まれた島を代表するビーチ。
渡嘉敷港から車で10分とアクセスが良く、野生のウミガメが棲みついていて、かなりの確率で一緒に泳げるのだとか。

渡嘉敷島©ocvb
年々参加者が増えているという渡嘉敷島を一周するマラソン大会。
毎年2~3月頃におこなわれる知る人ぞ知る大会で、今年は第10回の記念大会だったそう。

距離は3キロ~ハーフ(21.0975キロ)まで4の種類から選べ、大会終了後には島の料理がふるまわれます。

■渡嘉敷島
アクセス:那覇空港駅よりモノレールで美栄橋駅下車、そこから徒歩で泊港へ(所要時間約30分)。泊港からフェリーが就航しており、片道およそ70分。
■渡嘉志久ビーチ
住所:渡嘉敷村字阿波連
TEL:098-987-2321
施設:更衣室、シャワー、トイレ、売店、駐車場有

その3 久高島(くだかじま)

久高島©ocvb

本島南部、南城市の沖合5kmに浮かぶ周囲約8kmの島。
琉球を造った祖神アマミキヨが最初に降り立った地と伝わることから、沖縄の人々に「神の島」と呼ばれています。
島の最北端にあるカベール岬は、まさにアマミキヨが降り立った場所。

久高島©ocvb
また、一見空地と見過ごしてしまいそうな「はんちゃたい」は、神の畑という意味で、昔はここで作物をつくっていたそう。
島のいろいろなところに神聖な場所があるのです。

■久高島
アクセス:那覇空港から車で安座間(あざま)港へ(約50分)。安座間港からフェリーが就航しており、片道およそ25分。

その4 津堅島(つけんじま)

津堅島
沖縄本島の中部、うるま市からフェリーで30分で行ける小さな島、津堅島。
別名「キャロットアイランド」と呼ばれるほどのにんじんの産地として知られてます。

津堅島
島の西側にある、全長1キロのビーチ、トマイ浜では美しい海が広がり、のんびりと海水浴を楽しむ事ができます♪

■津堅島
アクセス:那覇空港から車でうるま市・平敷屋港へ(約1時間20分/高速道路使用)。平敷屋港からフェリーが就航しており、片道およそ30分。

その5 水納島(みんなじま)

水納島イメージ

本島本部半島の沖合に浮かぶ三日月形の小さな島。
上空から見ると島の形がクロワッサンに見えることから「クロワッサンアイランド」の愛称でも親しまれています。

魅力は何と言っても、港が見えたと同時に目に飛び込んでくる水納ビーチ。
とてもきれいな海は、波打ち際から20mも泳げばたくさんの魚に出会えるほど。シュノーケリングには最高の環境です。

水納島イメージ
水納島の浅瀬に広がるサンゴの群生。

水納島イメージ
水納ビーチからは、遠く伊江島を望むことができます。

■水納島
アクセス:那覇空港から車で渡久地港へ(約1時間45分/高速道路使用)。渡久地港からフェリーが就航しており、片道およそ15分。

【関連記事】
・沖縄本島から船でたった15分!驚きの海の美しさ、水納島の魅力

その6 伊江島(いえじま)

伊江島画像提供元:沖縄無料写真素材集

美ら海水族館の近くにある本部(もとぶ)港からフェリーで約30分。島の中央にそびえる通称・伊江島タッチューが目印です。
おだやかな伊江ビーチや、高さ60mの断崖絶壁から紺碧の海を見下ろす湧出展望台、4月にはテッポウユリが一面に咲き誇るリリーフィールド公園など、さまざまな景色が魅力的。

伊江島タッチューの山頂からは、周辺の島々が見渡せます。

ie-island-image02
伊江島の恵みを原料に使った「伊江ソーダ」は全4種類。
伊江島の黒糖の香りが残る「ブラックケインコーラ」、伊江島のテッポウユリをイメージした「ホワイトソーダ」、伊江島の塩入り「グリーンマース」、伊江島産ドラゴンフルーツ果汁と湧水を使用した「ピンクドラゴン」。
伊江島物産センターで販売。

■伊江島物産センター
住所:伊江村川平519-3
TEL:0980-49-5555
営業時間:7:00~16:00
定休日:無休
伊江ソーダ 200ml/各220円

■伊江島
アクセス:那覇空港から車で本部港へ(約2時間)。本部港からフェリーが就航しており、片道およそ30分。

その7 伊是名島(いぜなじま)

伊是名島

本島本部・今帰仁村の港からフェリーで約55分のところに位置する伊是名島は、荘厳な景観と沖縄の歴史を感じられるところ。
まるでピラミッドのようにそびえる山は、11~14世紀のグスク時代に築城されたという伊是名城跡。

また伊是名村には、主な祭祀を執りおこなう際に使用される神アサギが。
歴史ある風景をゆっくりまわってみるのも楽しいかも。

伊是名島
伊是名島の祭祀に使用される伊是名村諸味の神アサギ。

■伊是名島
アクセス:那覇空港から車で運天港へ(約2時間/高速道路使用)。運天港からフェリーが就航しており、片道およそ1時間。

その8 ヨウ島(ナップ島)

ナップ島
ヨウ島(ナップ島)は地図にも載っていない小さな無人島。
恩納村にあるリゾートホテル「ムーンビーチ」のプライベート・アイランドです。

サンゴ礁の海に浮かび、色鮮やかな草花や真っ白い砂浜、かわいい熱帯魚などに彩られる、まさに自然の楽園。

ナップ島
シュノーケリングやカヤックなどの海遊びや、島でバーベキューランチを楽しむピクニックツアーなど、さまざまな楽しいプランが組まれています。
※ホテル主催のツアーでのみ行くことができます。

ホテルムーンビーチ
ヨウ島で遊んだあとは、ホテルの天然ビーチで遊んでもいいですね♪

■ヨウ島
アクセス:那覇空港から車でホテル ムーンビーチへ(約1時間10分)。ムーンビーチの桟橋からジェットボートで約10分。
詳しくはホテルムーンビーチ公式ページをご参照ください。

おわりに

魅力あふれる沖縄の離島、いかがでしたか。美しい海に囲まれた島々は、時間もゆっくりと流れています。
そんな離島で、たまには心も身体も癒されてはいかがでしょう。

皆さん、知らない場所もたくさんあったはず。
次回の沖縄旅行は、本島めぐりをしているいつものプランとちょっと変えて、離島のすばらしさに触れてみてください。

~沖縄のホテル予約なら~
【楽天トラベル】沖縄のホテル・宿を予約

ホワイト・ベアーファミリーの格安沖縄パッケージツアーはこちらから
oka-honto-640-220-2
☆沖縄の現地体験オプションならこちら!旅プラスワン☆
bannar_oka

Pocket

Speak Your Mind

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.