表情豊かなキジムナー君が彩る“雑貨屋パパハンドー”|宮古島でほっこり土産をGET♡

Tags:

公開日:2017/6/26

宮古島 パパハンドー突然ですが「キジムナー」ってご存知でしょうか?
沖縄に残る伝説のキジムナーは樹木の精霊、妖怪とも言われるもの。

沖縄では、そのキジムナーをモチーフにした数々の民芸品が売られている訳ですが・・。何と宮古島には、店主の顔とコラボした「キジムナー君」と呼ばれる雑貨が人気なのだとか。

そこで今回は、そのキジムナー君がいる「ざっかやー パパハンドー」を取材してきました!

<もくじ>
1.キジムナー君と店主の深いい話
2.他にはない究極のハンドメイド
3.アクセス情報
おわりに

1.キジムナー君と店主の深いい話

宮古島 パパハンドーそもそも店主さんは関東出身。
仕事が宮古島配属になって4年という月日が経過した頃、これでいいのかと自分に問いかけたときがその仕事をやめるタイミングだったそう。

憧れで宮古島移住をしたという訳ではなく、何の先入観も持たずに来たため、何のためらいもなくそのまま宮古島の住人に。

それからは必至で働き、当時はわずか4畳ほどのお店から始めたそうです。
宮古島 パパハンドー始めた当初は海外で買い付けた商品を販売していましたが、ある日突然自分の顔ばかりを粘土で作るようになりました。

そこでひらめいたのが「キジムナー」の存在。
自分の顔とコラボすることで、オリジナルのキジムナーが生まれる・・・。

その日からは来る日も来る日も自分の顔を作り、焼き、さまざまなキジムナー君が顔を並べるようになりました。それからは、少しずつセレクトショップから「ハンドメイドショップ」へと進化していったのです!

宮古島のホテルコラム

2.他にはない究極のハンドメイド

宮古島 パパハンドー一歩入るとセレクトショップだった名残りを残しつつ、ほとんどがハンドメイドで埋め尽くされています。

焼き物や琉球ガラスを使ったアクセサリー、キーホルダーなどがズラリ。雑貨好きにはたまらない、思わず全部を手に取って見てみたいものばかりです。
宮古島 パパハンドーそして先にご紹介したキジムナー君の存在感も大きく、さまざまな顔や形、姿をした子たちがお出迎え。

南国らしい味わいを持ち帰ってほしいと、宮古島の海岸に流れ着いた白化サンゴに乗るキジムナー君も人気があるそうですよ♪
宮古島 パパハンドーもう1つ、今とても人気あるのが「あいうえおシーサー」。

こちらはシーサーの口の形を母音で表現し、何と自分だけのオリジナルを並べて飾ることができるのです!

あくまで母音のため、例えば「おかえり」等の場合は・・そうです!「おあえい」ですね♪この発想は出会ったことのないかたも多いはずです。
宮古島 パパハンドー他にも大きさやサンゴに乗る人数で価格が変化するキジムナー君が!

お気づきだと思いますが、お腹にある模様はキジムナー君の「キ」。

この子たちを持ち帰ってくれるかたには、キジムナー君についての説明カードもくれるそうなので、お土産にも大変喜ばれるのではないでしょうか?
宮古島 パパハンドーそしてショップの片隅にさり気なく置いてあるこの木。

実は宮古島に流れ着いた特殊なものなのだそう。しかもインテリアで飾ってあるのではなく、何と雑貨作りにも利用されているものなのです!

でも、利用→販売できるのはごくわずか。中に虫等が付かないよう綿密に処理もします。

本来の役を終えた自然の恵みを再利用し、キュートに生まれ変わる・・・。そんな雑貨たちは、きっと持ち帰ってくれたお客様に癒しや安らぎを与えてくれるはずです♪
宮古島 パパハンドー木の姿をそのままに、そしてキジムナー君と組み合わせて1つの商品が出来上がります。

利用方法はアイディア次第で、ピアスやネックレスをかけたり、鍵をかけたり、ネックレスや指輪かけなどにもピッタリ!

流木を触らせていただきましたが、きゃしゃなものでもしっかりしているので、とてつもなく重いものさえかけなければ、多少のものは大丈夫そうです。

宮古島には自然の素材で溢れている・・・という訳ではなく、限りあるからこそ大切に扱い利用する店主さんの思いが詰まっています。

今しか、そしてその時にしか手に入らない雑貨たちは、フィーリングが合った時こそ買い時だと言います。

「あとで買おう」ができないからこそ、2つとないものを手に入れる優越感も同時に味わうことができるのが、同ショップの魅力なのかもしれませんね。
宮古島 パパハンドー他にも琉球ガラスで作られたピアスがオシャレ女子にも大人気!

聡明なピアスも合わせてゲットして、キジムナー君のピアスかけに掛けて玄関のインテリアに・・・なんてこともできますよ♪

あれもこれも欲しくなる雑貨屋さんは、出張のお土産として奥様に送られるかたも多いそうです。男性1名でも入りやすい雰囲気もポイントが高いんです♡

3.アクセス情報

宮古島 パパハンドー


店名:ざっかやー パパハンドー
住所:宮古島市平良字西里13-1
電話:0980-72-0858
営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休

おわりに

いかがでしたでしょうか?

さまざまなスタイルで待っているキジムナー君は、癒しを与えてくれるとともに宮古島の思い出としても残るのではないでしょうか?

一度は、ぜひ会いに行ってみてくださいね♪

宮古島 バナー



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.