宮古島の映えカフェPAINAGAMA BLUEBOOTH(パイナガマブルーブース)でまったり♡

Tags:

公開日:2018/11/26

インスタで話題のカフェPAINAGAMA BLUEBOOTH(以下パイナガマブルーブース)に行ってきました!
お店の名前の通り、宮古島の市街地から一番近いビーチ・パイナガマビーチからは道路を挟んですぐ。

店内は宮古島の海のようなきれいなブルー&木&コンクリートがベースになっていて、とってもおしゃれ~
テイクアウトもできるので、パイナガマビーチで波の音を聞きながらのんびりチルアウト~なんてのもいいかも♪

※本文は2018年11月訪問時の情報です

<もくじ>
1.パイナガマブルーブースのちゃんぷるSOFT
2.海を感じるインテリアにも注目です
3.パイナガマブルーブースメニュー
4.おわりに

1.パイナガマブルーブースのちゃんぷるSOFT

パイナガマブルーブース ソフトクリーム メニュー
パイナガマブルーブースと言えばソフトクリーム♪
宮古島由来のフルーツなどをソフトクリームに混ぜ込んだ、オリジナルアイスが目玉です。

アイスの定番メニューは7種類、お値段は¥800~¥860。
マンゴーマンゴーも気になるし、トロピカーナパッションも気になる。
いや、シンプルにみやこソフトも行きたい・・・どれにしようか迷う~。

熟考のすえ、ドラゴンフルーツとドライパイナップルを使った「アイランドドラゴン」とバナナや生チョコを使った「モンキーショコラ」を注文しました。

レジで注文してからしばし、おしゃれな店内をウロウロしながら待ちます。
ほどなくして出来上がり!

パイナガマブルーブース アイランドドラゴンシャーベットにも近いさっぱりしたミルクアイスに、ドラゴンフルーツがザクザクゴロゴロ。
ドライパイナップルの甘酸っぱさがいいアクセント♪

パイナガマブルーブース モンキーショコラ一方モンキーショコラは濃厚なアイスにバナナと生チョコがマッチ!
同じミルクテイストなのにこんなにも違うなんて!
大勢で行ってみんなでシェアしながら食べてみたい!

お水はセルフサービス、レジの前にあります♪
パイナガマブルーブース お水 セルフサービス

2.海を感じるインテリアにも注目です

パイナガマブルーブースはアイスだけじゃありません。インテリアにも注目です。
入口と対面の壁にはインスタスポット!宮古島の海みたいに魅惑的な色合い~
パイナガマブルーブース インスタ用スポット

スタイリッシュなベースに、ナチュラル系・ビーチ系の小物が品よく配置されていて思わず写真を撮ってしまいます。
パイナガマブルーブース 店内

パイナガマブルーブース ビーチ インテリア

個人的な見解ですが、なんとなく隣同士で座りやすい座席♡
大切な人との距離がグッと近づいちゃうんじゃないかな~って思いました。
パイナガマブルーブース 座席

3.パイナガマブルーブースメニュー

パイナガマブルーブースにはソフトクリーム以外にもフード・ドリンクメニューが充実しているので、とっても使い勝手がいいカフェ。
パイナガマブルーブース フードメニュー
フードメニューの主力はホットドッグ。
島豚ソーセージや宮古牛のパティ、海老カツなどを主役に、色とりどりの野菜とソースがこれまたカラフル。
ホットドッグ単品は¥900~、デリサラダとスープのプレートセットは¥1,500~です。

パイナガマブルーブース ドリンクメニュー
ドリンクメニューもソフトクリームと同様映え~な逸品多数。

コーヒーやカフェラテのほか、ビールやカクテルなどのアルコール類も種類豊富。
ちょっとひと休憩するのもいいですね。

4.おわりに

パイナガマビーチ
日暮れまではあともう少し、あたりが少しずつ夕焼け色に染まりはじめました。
せっかくなのでパイナガマビーチへ足を運んでみました。パイナガマブルーブースからは1分もかかりません。
あーきっと最高だな!夕日を見ながらホットドッグをつまみに1杯だけ飲めたら!

おしゃれな店内で食べるもよし、テイクアウトをするもよし。
使い勝手のいいカフェ「パイナガマブルーブース」、おすすめです!

店名:パイナガマブルーブース
住所:沖縄県宮古島市平良下里247-2
営業時間:9:00~19:00 不定休
アクセス:市街地からは車で5分、徒歩だと15分ほど

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.