ここさえ見れば間違いない!必ず訪れたい宮古島観光スポット!

Tags:

公開日:2014/10/20

Pocket

miyakojima

宮古島の観光スポットって何があるのだろう、効率的に回るため、どこにあるか知りたい!と考えていらっしゃいませんか。

そんなあなたに、宮古島に行くなら、とりあえずここは押さえておきたい!というスポットをまとめてみました!
これさえ押さえれば、間違いない!宮古島に行く方も、まだ決めていない方も、是非参考にしてみてください!

<目次>
1.宮古島観光はこれをチェック!

2.宮古島に来たなら、ビーチ!絶景ビーチスポット
2-1.与那覇前浜ビーチ
2-2.新城海岸
2-3.吉野海岸
2-4.砂山

3.見て楽しむ!宮古島の見る観光スポット
3-1.池間島・池間大橋
3-2.宮古島海中公園
3-3.宮古島市熱帯植物園
3-4.平安名崎灯台(へんなざきとうだい)
3-5.来間島・来間大橋・竜宮城展望台

4.ここでしか買えない!宮古島の買う観光スポット
4-1.雪塩ミュージアム
4-2.宮古島海宝館
4-3.ユートピアファーム宮古島

1.宮古島観光はこれをチェック!

宮古島・観光地およびビーチマップ★クリックすると地図を拡大★

宮古島観光と一口に言っても、「景色がきれいなところへ行きたい」や「ビーチに行きたい」、「現地でしか買えないものを買いたい」など、人によって様々かと思います。

そんなあなたのために、一目で観光地が分かる図を用意しました。
宮古島観光でも、おすすめのスポットを集めました。
気になるスポットがあれば、事前に調べて、是非後悔のない旅行にしてください♪

2.宮古島に来たなら、ビーチ!絶景ビーチスポット

宮古島・ビーチマップ★クリックすると地図を拡大★

宮古島と言えば、やはりきれいな海!という方に、宮古島ビーチ情報をご紹介!

2-1.与那覇前浜ビーチ

maehama

7Kmにわたり白い砂浜が続き、エメラルドグリーンと海のコントラストの綺麗さでは東洋一とも称される遠浅のビーチです。
毎年開催されているトライアスロン宮古島大会のスタート地点としても有名。

おススメは、夕方。夕日が海に沈む際のオレンジは、なににも形容しがたい美しさです。
また、有名なビーチであるのにもかかわらず、常時ゴミは落ちていません。
現地の人々の努力があって、この美しい海が守られていることに感謝しながら、利用しましょう!

【アクセス】宮古空港から国道390線を南へ30分 与那覇前浜方面へ車で約10km

2-2.新城海岸

shinjokaigan

あらぐすくかいがん、と読む。遠浅のため、家族連れにも安心な地元のリピーターの多いビーチです。
魚を見るなら、このビーチが一番!浅瀬でも、熱帯魚の姿を見ることが出来るのも人気の秘密。

そのため、シュノーケリングをする方には、このビーチがおすすめです!
近くの休憩所に停めれば、駐車料金も無料というのも嬉しいですね!

【アクセス】宮古空港から車で30分

2-3.吉野海岸

yoshino

白い砂浜とサンゴ礁が広がる透明度抜群のビーチ。熱帯魚が多く生息し、ウミガメの産卵地でもあります。

日陰が少ないため、夏時期はパラソル、サングラスなどが必須アイテム!
海岸付近は車が停められないので、利用の際は、ビーチ入り口付近の有料駐車場に車を停め、ビーチ行きシャトルバスでの送迎がおススメです。

【アクセス】宮古空港から車で35分 オーシャンリンクス宮古島そば

2-4.砂山

sunayama

砂に覆われた丘の先にある砂浜であることから、砂山ビーチと呼ばれている宮古島の有名なビーチです。
駐車場、更衣所・シャワー・トイレ等は無料で利用が可能ですが、ビーチからはやや離れています。

無料施設で管理・監視していないため、沖合ではサメによる死亡事故が複数回起きており、海水浴客の死亡事故が相次ぎ2014年は4人続けて亡くなっているため、沖合まで行く際には、細心の注意を払って下さい。

【アクセス】宮古空港から車で約15分

3.見て楽しむ!宮古島の見る観光スポット

宮古島・観光地マップ★クリックすると地図を拡大★

宮古島を代表する絶景の観光スポットや、宮古島の気候や地形を生かした観光スポット等をご紹介します!

3-1.池間島/池間大橋

IKEMA

宮古島の北西1.5kmに位置している2.83㎢の島です。宮古島の北端とは1,425mの池間大橋が池間島までを結んでおり、この池間大橋からの景色が絶景です。

また、島の北東には八重干瀬(やびじ)と呼ばれる巨大なサンゴ礁群があり、シュノーケルのスポットとしても、有名です。
この八重干瀬はこの年に数回の大潮の日に、海面に上がってくる事もあり、幻の大陸とも呼ばれています。

ちなみに、八重干瀬(やびし)へ行くには、以前はこの時期になるとフェリーが運航していたのですが、近年のフェリーの撤退により手段が限られております。

なお、クルーザーで行く八重干瀬(やびじ)ツアーについては、2016年分はこちらよりご確認、ご予約いただけます。

ちなみに2016年の日程は、4月9日(土)、5月8日(日)、6月5日(日) / 6日(月)、7月5日(火)、8月18日(木) / 19日(金)に限られますので、お早めにどうぞ♪

おすすめポイント 池間大橋

ikemaohashi

宮古島と池間島を繋ぐ全長1425mの大橋。 橋を渡っているとまるで空に続いているような錯覚に襲われ、反対に、その橋からは広く宮古島を見渡すことができる宮古島を訪れる観光客の中でも人気のスポットになっています。
風除けがついているため、車に乗っていると眺めはあまりきれいに見えないのが、難点です!

また、片側1車線しかない為、眺めを見る為、ゆっくり走っていたら、後ろから車が・・・。なんてことがないように気を付けましょう。

風速25Km/秒の風が吹くと、橋は通行禁止になります。台風時期に旅行に行く方は、事前に確認をしましょう!

3-2.宮古島海中公園

kaichu

宮古島の海中や生物を観察できる観光スポットです。屋内施設のため、雨の日でも楽しむことが出来ます。

目玉の海中観察施設は、24個の大きなアクリルパネルから、自然の姿の宮古島の魚たちを見ることが出来るので、潜るのが苦手な方などにも非常に楽しめる施設になっています。
海ガメと触れ合えるシーカヤック体験も人気のイベント。

但し、やっぱり、シュノーケリングやダイビングをしている人にはちょっと物足りないかも・・・。

【施設情報】
住所:沖縄県宮古島市平良字狩俣2511-1
TEL:0980-74-6335
営業時間:10:00~18:00(年中無休)※最終受付は17:30まで

3-3.宮古島市熱帯植物園

nettaishokubutu

熱帯の地方で咲く草木や花を展示している施設です。入場料は無料。 12万平方メートルの園内には、色彩豊かな花々が生息します。
静寂の中、大自然の音よくある質問を聞きながら、南国のゆったりとした時間を満喫できる施設です。
エコ観察をしながら行う4つあるウォーキングコースは非常に楽しめます。

また、織物、陶芸、万華鏡作りが体験できる体験工房もあります。雨の中、動き回るのが億劫だという方は、宮古のおじい、おばあとふれあいながらの体験もよいでしょう。
メインの観光地というよりは、空いた時間にふらっと寄るのがいいかもしれませんね。

【施設情報】
住所:沖縄県宮古島市平良東仲宗根添1166-286
TEL:0980-73-2690
営業時間:8:30~18:00まで(※シーズンによって変動有)

3-4.平安名崎灯台(へんなざきとうだい)

ryuu

東平安名岬に立つ灯台。「日本の灯台50選」に選ばれており、一般にも開放されている。
料金は、中学生以上が200円、小学生以下が無料となっている。

螺旋状の階段を96段登ると24.5mの高さ。
太陽の一番高くあがる午後2時が、海が最も輝き、一番綺麗といわれています。

また、実は灯台の上からではなく、岬の先端の高台から見る綺麗が一番綺麗なのだとか・・。
真相は、実際に行って確かめてみてください!

【営業時間】9:00~16:30

3-5.来間島/来間大橋/竜宮城展望台

KURIMA

くりまじま、くるまじまと呼ばれるこの島は、宮古島の南西1.5km、面積約3km²、周囲9kmの島。
全長1,690mの来間大橋が宮古島と来間島を結んでいます。

おすすめポイント 竜宮城展望台

来間島からの景観ならここ!無料で登れる展望台があり、そこから見る宮古島は絶景!
是非、自身の目で確かめてみてください!

ryugujyou

4.ここでしか買えない!宮古島の買う観光スポット

miyako_buymap

宮古島で観光と買い物も楽しめる2度おいしいスポットをご紹介♪お土産もここでばっちり!

4-1.雪塩ミュージアム

雪塩が出来るまでを学ぶことが出来るお店。
また、雪塩の使い方や宮古島についてもガイドの案内があり、雪塩の販売や雪塩を使った商品の販売もあります。

おすすめは雪塩を使ったソフトクリーム。
少し塩を足すと、甘みも増していくので、是非試してみてください!

無料で色々な味の塩を振りかけることもできます。調子に乗ってかけすぎると、大変なことになるので、ご注意を(笑)。

【施設情報】
住所:宮古島市平良字狩俣191
TEL:0980-72-5667
営業時間:4~9月/9:00~18:30 10月~3月/~17:00(年中無休)
駐車場:5台

4-2.宮古島海宝館

kaihokan

全国の貝を展示しているお店。 貝工芸や貝細工の見学、体験を行う事も出来ます。
アクセサリーなどのオリジナル貝製品のお土産も多くあり、あなただけの世界に一つだけのお土産を買うこともできます。

また、宮古島保良にあるシーカヤックで行く神聖な鍾乳洞(パンプキンホール)探検ツアーも行っています。

【施設情報】
住所:宮古島市城辺字保良591-1
TEL:0980-77-2266
営業時間:8:00~18:00 (年中無休)

4-3.ユートピアファーム宮古島

farm

50品種にものぼる世界中のブーゲンビレアが咲き、訪れる多くの人々の目と心を和ませてくれます。

またパーラー内(入館無料)では、園内で収穫したマンゴー、パパイヤなどをブレンドしたフルーツソフトクリームやパパイヤ、島バナナなどをシャーベットにしたスムージーも楽しめます。
この島バナナ、実は一房千円以上することもあるとても高価なバナナなのです。
是非、味わってみてください♪

【施設情報】
住所:沖縄県宮古島市上野字宮国1714の2
TEL: 0980-76-2949
営業時間:8:00~18:00 (年中無休)
入場料:280円(パーラーは入場無料)

☆こちらの記事もどうぞ!
・宮古島へのツアーはこれを読んでから!後悔しない方法、教えます。
・はじめて宮古島に行く人必見!宮古島おすすめビーチ6選
・宮古島でシュノーケリングを10倍楽しむ為の徹底ガイド!
・宮古島でのダイビングを失敗しない5つの秘訣|スポットまとめ
・宮古島のレンタカー|13社比較表とそれぞれ一番お得な予約方法”>
・宮古島の新名所!沖縄県内最長の伊良部大橋を徹底ガイド!
・宮古島の民宿オススメ5選|ありのままを楽しむ宿探し
・宮古島のホテル選び方・基本編|高級リゾートからゲストハウスまで
・定番からツウなものまで!宮古島のお土産・完全ガイド

~沖縄のホテル予約なら~
【楽天トラベル】沖縄のホテル・宿を予約

ホワイト・ベアーファミリーの格安宮古島パックツアーはこちらから
宮古島ツアーバナー
ホワイト・ベアーファミリーの現地体験・オプショナルツアー予約はこちらから
bannar_oka
格安宮古島ダイビングツアーはこちらから
宮古島ダイビングツアー

Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.