シチュエーション別・冬の沖縄を楽しむための服装指南

Tags: ,

公開日:2016/1/4

Pocket

シチュエーション別・冬の沖縄を楽しむための服装指南あたたかく短い沖縄の冬。
1番寒くなる1月~2月でも沖縄の平均気温は17℃ほど。暖かい日は20℃を超える日も少なくありません。
とはいえ、やっぱり冬は冬。特に海からの風が強く吹く日は体感温度はグッ低くなります。
そこで困ってしまうのが沖縄旅行の際の服装。
『コートやブーツじゃ暑い?』
『アウトドアはどんな格好で行けばいいの?』
などなど悩みは尽きませんよね。
そこで今回は、シチュエーション別に冬の沖縄旅行を快適に楽しむための服装をご紹介します♪

<もくじ>
1.屋内の観光がメインの場合
2.アウトドア系の観光がメインの場合
3.カーディガンや薄手のパーカーが重宝する!
4.まとめ

1.屋内の観光がメインの場合

シチュエーション別・冬の沖縄を楽しむための服装指南■日差しがあるとドライブ中は暑い
冬でも沖縄の日差しは中々に強い!そのため、お天気の良い日中はドライブ中に暑いと感じることがあるかも。
車内での体温調節がしやすい、脱ぎ着が簡単な服装の方が◎。日焼が気になる女子は対策も忘れずに。

■インナーは吸汗性のあるものを。
男女問わず、インナーは「あたたかさ」よりも「吸汗性」を重視。日差しがあり、風がない日は屋外でも汗ばむ可能性が高いです。
ただし、日が沈むと一気に冷えてくるので油断は禁物。首もとまで閉まるアウターやストールがあると安心です。

■トップスは春・秋のイメージ
しっかり系セーターやハイネックは汗ばむ可能性があります。春・秋に着るような薄手のニットで充分です。
暑がりさんなら、インナー+ロンTでも大丈夫。

■アウターの基本は「脱いでもジャマにならないもの」
屋内メインの観光の場合”あたたかい”と感じるシーンの方が多いと思います。
脱いでもかさばらないアウターの方が◎。
沖縄で「寒い」と感じる時は、たいてい”風”が原因のため、風を通しにくいものだと尚よし。

■デニム・チノパン・スカートでOK
足元から冷えるというシーンは少ないので、基本的に好きなものを履いて大丈夫。
スカートの場合は、風にあおられて「1人スカートめくり」にならない様チョイスしましょう。

■靴下は必要
いくら暖かいとはいえ、サンダルや生足は冷える可能性大。靴下+スニーカーくらいが丁度良いはず。オシャレをしたい人以外ブーツは必要ありません。
女性はスカートにストッキングだと少し寒いかも。タイツの方が無難です。

2.アウトドア系の観光がメインの場合

シチュエーション別・冬の沖縄を楽しむための服装指南■防寒よりも防風を意識する
しつこい様ですが、沖縄の寒さの原因はたいてい”風”。足元から冷えるというよりは、耳が痛くなる寒さです。
ですので、風が強い日は首もとや耳を隠せる服装がベター。でもイヤーマフはちょっとやりすぎ。

■インナーはアウトドアの種類によって調整を!
グラスボートのように屋外でもほとんど動かないのか、散策のように歩き回るのかによってインナーを変えましょう。
あまり動かない観光なら長袖、動き回るなら袖の短いモノを。どちらの場合も発熱性の機能付きインナーである必要はありません。

■トップスは胸元が隠れていればOK
胸元から風が入ると寒く感じます。クルーネックや、上までボタンが閉まるシャツにしましょう。暑がりさんなら、脱ぎ着がしやすいカーディガンや薄手パーカーで調整を。
アウトドア観光の場合も、しっかり系セーター・ハイネックである必要はありません。

■アウターは長め&前がしっかり閉まるもの
よほどの寒がりさんや、長時間屋外にいるような場合以外、ダウンは必要ありません。
風を防ぐという点からも、ひざ上くらいの長め&前がしっかりと閉まるアウターであれば安心。
特に海沿いにいく場合は、防風対策をしっかりしましょう!

■足元も防風を忘れずに
パンツや靴も風を通しにくいものを。
男性の場合は、足首までしっかり隠れる靴下があれば大丈夫。機能性ステテコなどを重ね着する必要はありません。
冷えやすい女性は、レギンスやタイツを。靴は足首まで隠れるハイカットのものだとより安心です。スカートの場合はロング丈で足元から風が入ってこないようにしましょう。
またアウトドア系観光もオシャレしたい人以外はブーツである必要はありません。

3.カーディガンや薄手のパーカーが重宝する!

シチュエーション別・冬の沖縄を楽しむための服装指南寒さ対策よりも、体温調整がカギを握るといっても過言ではない沖縄の冬。
特に注意したいのは、「汗をかいた後、風にあたって冷える」という事態。沖縄の冬は、本当にちょっとしたことで汗をかきます・・・。

そこで、重宝するのがカーディガンや薄手のパーカーです!
寒ければアウターの下に、暑いと感じるときはアウターがわりに。1枚でとても頼もしい存在になってくれるはず。
使わない時もそれほど荷物になりませんのでオススメです。『風が吹いてきたなぁ』と思ったら早めに着るようにしましょう。

逆にマフラーやネックウォーマー、イヤーマフなど冬の防寒小物はジャマになるシーンの方が多いかもしれません。
沖縄には『マフラーしていたらアセモができた』なんて笑い話もあるくらいです。
マフラーを持っていくなら、代わりにカーディガンを持ったほうが◎。

女子旅 バナー

4.まとめ

シチュエーション別・冬の沖縄を楽しむための服装指南体感温度は人によって違いますが、冷え込みが厳しい県外から沖縄にくると「あたたかい」と感じることの方が多いと思います。(ちなみに沖縄県民は気温が20℃を下回ると寒いと言います。)
そんな沖縄旅行の服装選びポイントは大きくまとめると2つです。

1.風を通さない
2.体温調整ができる脱ぎ着しやすいもの

そうつまり、この2つさえ押えていれば問題なしということ!
賢く体温調節して、冬の沖縄を快適に楽しんでくださいね♪

Pocket

Speak Your Mind

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.