安く楽しむならこの時期!12月の沖縄、旅のおすすめ&楽しみ方!

Tags:

公開日:2015/11/26

Pocket

12月の沖縄いよいよ寒い冬がやってきますね。南国の沖縄はどうなっているのでしょうか。
もちろん沖縄にも四季があり、冬もあります。でも実は、12月こそ行くべき期間だということはご存じでしょうか?
そこで今回は、沖縄の12月の見どころや注目イベント、この時期はどこに行けば楽しめるのかなどをご紹介したいと思います。

なお12月の沖縄は泳げるのか、ダイビングやシュノーケル情報、気温や降水量、どんな服装をすればいいかなど知りたい情報も合わせてお伝えしたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!
・・・沖縄に行くなら、「12月」ですよ!!

※2016年度のイベント情報が入り次第、順次更新いたします。
<目次>
1.12月の沖縄がオススメな理由
2.12月の沖縄の注目イベント
2-1. 星野リゾート リゾナーレ小浜島で“珊瑚の島のホワイトクリスマス”を
2-2. 沖縄こどもの国 クリスマスファンタジー
2-3. いとまんピースフルイルミネーション
2-4. クリスマス音楽花火フェスティバルin沖縄
2-5. NAHAマラソン
3.沖縄で12月に楽しみたいアクティビティ!
3-1. シュノーケリング・スキューバダイビング
3-2. SUP・カヤック・ヨガ(海編・ジャングル編・ヨガ編)
3-3. ホエールウォッチング
4.12月の沖縄の気温と服装
4-1.気温・降水量について
4-2.おすすめの服装について
あとがき

1.12月の沖縄がオススメな理由

12月の沖縄
~旅行代金・航空券が安い!~
何と言っても魅力なのが「料金」です。
パックツアーも格安で出ていますので、観光メインの方は冬が絶対オススメです。
例えばハイシーズンの7~8月、2泊3日の料金の平均は6万円~7万円ですが、12月は安いところで2万円~3万円程度から(LCC利用なら1万円台もあり)。そう考えるとお得ですよね。
なお泊まってみたかった高級リゾートもお得に泊まることができますので、妥協しないで宿泊先を決めることができますよ♪
12月の沖縄~ウェットスーツを着ればシュノーケリングやダイビングも可能!~
海水浴はできなくても、沖縄で泳ぐ目的のほとんどは「シュノーケリングでサンゴや熱帯魚を観賞」することだと思います。
ダイビングやシュノーケリングツアーの主催会社のほとんどが「ウエットスーツレンタル」がありますので、手軽に楽しむことができますよ♪
海の中は季節に関係なく美しいサンゴ礁や彩り豊かな魚たちが沢山泳いでいますので、沖縄の海を楽しみたい方も希望が叶います。
12月の沖縄~楽しめるのは「海」だけじゃない!~
夏は暑くてなかなかゆっくり観光できない箇所も沢山ありますよね。細かい部分までゆっくり観光できる最適な時期が冬です。他にも海洋博公園やシャボテン公園など、外を沢山歩く観光地は今がオススメです!
温かい気候なのでそこまで寒くもないので、とても楽しめると思いますよ♪※写真は首里城です

2.12月の沖縄の注目イベント

2-1.星野リゾート リゾナーレ 小浜島

12月の沖縄~珊瑚の島のホワイトクリスマスを思いっきり楽しんで!~
12月から一斉にクリスマスイルミネーションイベントとして、ライトアップが始まる星野リゾート リゾナーレ 小浜島。

「珊瑚の島のホワイトクリスマス」は真っ白な砂と珊瑚を雪に見立てて作られた珊瑚のクリスマスツリーがとても幻想的なんです!

冬イコール雪という概念を取り払った温かいクリスマスは、ここでしか楽しめない景色があります。浜辺エリアには、珊瑚と砂でできたクリスマスツリーが登場。ランタンに照らされた砂たちはキラキラと輝き、とてもキレイです。
12月の沖縄
ビーチハウスでは、小浜島に在住しているイラストレーターがデザインした、珊瑚のクリスマスツリーが描かれたリゾナーレ小浜島オリジナルクリスマスカードをプレゼントしてくれます。

そのクリスマスカードをここ、珊瑚の島から送ることができるんです!ツリーなどが可愛らしく書かれた絵のタッチは、誰がもらっても喜びそう!
もちろん、島の思い出にご自分用にもOKです。オリジナルカードを作った後はビーチにあるポストへそのまま投函できますので、小浜島からの便りを楽しんでくださいね♪なお貝殻がモチーフのスタンプや色エンピツなどは用意されていますので、気軽に利用できますよ!
【珊瑚の島からクリスマスカード】
期間:2016年12月1日~12月25日
開催時間:19:30~22:10(日没時間により変わる場合有り)
場所:ビーチハウス内(イルマーレビーチ横)
※スタッフに声をかけると切手付オリジナルクリスマスカードをもらえます
※荒天時は、イベント中止の可能性あり。

12月の沖縄また珊瑚の島のホワイトクリスマスの入り口、「ガジュマル広場のクリスマスガーデン」では、装飾されたイルミネーションが光り輝き、クリスマスムード一色に。
島の特徴を活かして作られた「シャコ貝のランタン」、雪の代わりに白砂が広がり、南国独特の雰囲気が漂い、恋人や家族と過ごす大切な時間を演出してくれます。

星野リゾートが思考を凝らしたクリスマスシーズン、魔法を架けたかのような世界の中でひとたび過ごせば、一生忘れることのない最高の思い出が作れそうです。
12月の沖縄イルミネーションも大切ですが、やっぱり食も大切。
同リゾートでは食事にとても力を入れており、クリスマスという大切なイベントにピッタリのコースなどを取り揃えています。
イタリアンレストラン「DEEP BULE」では、多彩な品々が用意されています。
12月の沖縄彩り良く並べられるだけではなく、味も本物。一口噛みしめる度に食材の美味しさが広がり、とても幸せな気分になりますよ!最高の場所で最高の食材を使って最高の料理をいただくという、「この上ない贅沢」を味わってみませんか?
12月の沖縄浜辺の一角には「星空のハンモックロマンス」と呼ばれる場所があり、2人乗り用ブランコの周りに灯るランタンはまるでバージンロードのようです。ロマンチックな空間を楽しむことができます。ぜひ大切な人と一緒に過ごしてみてくださいね!
12月の沖縄
<宿泊情報:星野リゾート リゾナーレ 小浜島>
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜東表2954
電話:0980-84-6300
料金:1泊2食ビュッフェ付プランの場合・大人1名14,000円(2名1室利用時)~
URL:http://www.risonare-kohamajima.com/index.html

2-2. 沖縄こどもの国 クリスマスファンタジー

~敷地いっぱいに夢いっぱいのイルミネーションが広がる~
12月の沖縄画像提供:沖縄こどもの国

沖縄でも毎年人気のイベント、クリスマスファンタジーが沖縄こどもの国で盛大に行われます。

沖縄こどもの国は、子供のための観光スポット、というイメージがありますが、動物園や、子供自身が自らの不思議や驚きを見つけることができるワンダーミュージアムがあり、実際に体験をしながらさまざまなことについて学ぶことができるハンズオン展示などが行われています。

沖縄についても深く知ることができる施設ですので、大人でも見ていて飽きないスポットがいっぱいです。
12月の沖縄画像提供:沖縄こどもの国
その沖縄こどもの国で行われる冬のイベントとして、期間限定の「クリスマスファンタジー」がやってきます。

圧倒的なスケールで展開されるイルミネーションンは、ギミックも沢山あるのがポイント!ハート型になっているトンネルや光のトンネルでは、まるでライトのカーテンにくるまれたかのような幻想的な世界が広がります。恋人たちにもピッタリの夜が待っていますよ♪

12月の沖縄画像提供:沖縄こどもの国

その他にも面白屋台やゲームコーナー、スーパーオーロラアトラクションでは、レーザーによるオーロラの光を放つ演出がされるイベントなども行っています。

沖縄では降ることがない雪ですが、「降雪ショー」によって南国での降雪を見ることができますので、貴重な体験になりそうです。アイディア満載のイベントが取り揃うこどもの国で、

子供たちだけではなく大人も存分に楽しめるイベントですので、ぜひ足を運んでみてくださいね。なお前売券も発売していますので、予定が決まったらぜひどうぞ♪
<沖縄こどもの国>
住所:沖縄県沖縄市胡屋5-7-1
電話:098-933-4190(沖縄こどもの国)
イベント期間:クリスマスの時期に準ずる
時間:18:00~21:30
料金:大人(高校生以上)前売券・1,800円/当日券・2,200円
子供(4歳~中学生)前売券・1,000円/当日券・1,200円
URL:http://www.xmas-fantasy.com/index.html

2-3. いとまんピースフルイルミネーション

12月の沖縄第二次世界大戦時代に、沖縄戦の終焉を迎えた糸満市。祈りを込めて、平和を願い保ち続けたいという想いを世界へ発信しようと始められたのが「いとまんピースフルイルミネーション」です。

12月の沖縄糸満市民や沖縄県民、その他ボランティアによる参加型イベントとして開催されるイルミネーションは、訪れる観光客も楽しめることから、同イベントが目当てで旅行に来られる方も年々増えています。

12月の沖縄糸満市観光農園内に飾られるイルミネーションは手作り!一丸となって1つひとつに心を込めて飾られたライトは、温かみのあるものばかりです。
12月の沖縄平和を願い沢山の思い出が込められた光のプロムナードはLEDライトを使用してエコにも貢献しています。
レーザーによるショーや、クリスマス、大晦日イベント、その他日替わりで行われる各種イベントなども大盛況ですので、ぜひ足を運んでみてくださいね。
<いとまんピースフルイルミネーション>
住所:沖縄県糸満市摩文仁1018 糸満市観光農園内
開催期間:例年12月中旬から年末年始まで
開催時間:18:00~22:00※12月31日は~翌0:30
※荒天時は中止になることがあります
URL:http://www.city.itoman.lg.jp/

2-4. クリスマス音楽花火フェスティバルin沖縄

12月の沖縄沖縄の冬に10,000発の大花火が夜空に広がる、一夜限りのフェスティバルが開催されます。

第2回クリスマス音楽花火フェスティバルin沖縄は昨年から始まった新しいイベントではありますが、そのスケールと大胆な花火が圧巻です!
しかもクリスマスに因んだ定番曲やヒットソングなどが流れる中、花火が打ち上げられるというロマンチックな演出です。

こちらは、毎年4月に開催されている「琉球海炎祭」という花火大会のクリスマスバージョン!雪を見ながらの「ホワイトクリスマス」もいいですが、南国で花火を見ながらクリスマス気分を味わう乙な過ごし方もアリですよね!

12月の沖縄なおこちらのフェスティバルは有料観覧エリアが設けられていますので、入場するには入場券が必要です。
前売券と当日券がありますが、前売券が完売した場合、当日券の販売はありませんのでご注意ください。是非とも見たい!という方はぜひ前売券をゲットしましょう。「ファミリーマート・イープラス」で11月10日(火)10:00より販売開始です!

<クリスマス音楽花火フェスティバルin沖縄>
開催日:2015年12月19日(土)
開催時間: 会場13:00(予定)花火イリュージョン19:00(予定)
開催場所:西原・与那原マリンパーク
住所:沖縄県中頭郡西原町東崎17番地
前売券販売:2015年11月10日(火) 10:00 〜 12月18日(金) 23:59
当日券発売:2015年12月19日(土) 0:00 〜 18:00
※2016年度の予定が分かり次第、更新します。
「ファミリーマート・イープラス」で販売
URL:http://www.ryukyu-kaiensai.com/xmas/
入場券(前売):おとな2,700円(当日あれば3,300円)、小中学生1,600円(当日あれば2,200円)
※雨天決行、強風、強雨などの荒天の時は、翌日に順延

2-5. NAHAマラソン

12月の沖縄©OCVB
今や日本でも有名なイベントとなった那覇マラソン。今年2016年度は12月4日(日)、9:00スタートとなっています。約30,000人が42.195kmを走る大型イベントでは、平和祈念公園を中心に、那覇市・南風原町・八重瀬町・糸満市・豊見城市の南部5市町を通過しながらランナーが完走を目指します。
参加もいいけれど・・・実は沿道からの応援も楽しい那覇マラソン。何が楽しいかと言いますと、まず皆さんオリジナリティ溢れる「仮装ランナー」が多いことです。SPAM(※いわゆる”ポークの缶詰”のこと)になりきった方やシーサー、顔にペイントをされる方などさまざま。
もちろん、普通のランナーさんも大勢いらっしゃいますが、今年はどんな仮装をしたランナーさんが登場するか探すのも楽しいですよ!
12月の沖縄©OCVB
そして時折見かけるお馴染みの風景として、沿道ではエイサーの演舞や、サービス精神旺盛な方々が給水所以外の場所で水や黒砂糖、バナナなどを振る舞う姿も温かみがあっていいですよ!もう完全に応援サイドはお祭りと言ってもいいかも知れません。
一生懸命に走るランナーさんたちに、熱い応援をしてみてはいかがでしょうか。
<NAHAマラソン>
開催日:2016年12月4日(日)
スタート:国道58号線明治橋交差点9:00~スタート
ゴール:奥武山陸上競技場15:15ゴール
開会式:2016年12月3日(土)13:30~ 県立武道館アリーナ棟ステージにて
URL:http://www.naha-marathon.jp/
―詳しくはこちらをどうぞ!―
~南の島で走りたい!沖縄の人気マラソン大会ダイジェスト!~
http://okinawa-labo.com/okinara-marathon-4950

3.沖縄で12月に楽しみたいアクティビティ!

3-1. シュノーケリング・スキューバダイビング

12月の沖縄寒い冬の時期、海に入れない訳ではありません。シュノーケリングやダイビングは1年を通して遊ぶことができる優秀なアクティビティです。

亜熱帯気候とは言っても冬の水温は23度~24度と低めなのでウェットスーツを着てアクティビティを楽しむ事になりますが、サンゴや熱帯魚たちは気温に左右されることなく泳いでいますので十分楽しめます。

12月の沖縄そして実は、1年を通して最も透明度が高いのは「冬」なんです。

夏はプランクトンが発生し濁りがちなのですが、冬は海水の温度が下がって発生しにくいので、風によるシケなどがない日は言葉にならないほど美しい海中散歩をすることができますよ!

海の中に光が差す瞬間やキラキラ輝く水面を見上げるなど、何を見ても感動すること間違いなしです。沖縄に行ったら一度は海の世界を覗いてみませんか?

12月の沖縄またCカードなどのライセンス取得をお考えの方は冬がチャンスです。
ダイビングを主催している店舗はハイシーズンになるとツアーなどで混みがちですが、12月は利用客も少なくマンツーマンで指導してくれるところもありますので、これを機会にぜひ取得してみましょう!

ライセンスはまだ・・という方も、体験ダイビングでしたら初めての方もライセンスがなくても楽しめますので、ぜひご検討くださいね♪

3-2.SUP・カヤック・ヨガ(海編・ジャングル編・ヨガ編)

12月の沖縄SUPは今旬なスポーツとして、沖縄のホテルやその他ダイビングなどのアクティビティを開催している会社で簡単にできるようになりました。

SUPとは「スタンドアップパドル」のことで、ハワイが発祥のスポーツ。立位や座位でパドルを漕いで海中散歩ができること、そして腰のひねりを利用することからダイエットとしても注目されています。

ウェットを着れば万が一ボードから落ちても寒くないことと、身体が海に浸かることなく進めるので、冬でも楽しむことができますよ!

12月の沖縄ヨガに関してはホテルなどでサンセットヨガなどを取り入れたプログラムを開催しているところがありますので、朝日を浴びながら、もしくはサンセットヨガなど美味しい空気をめいっぱい吸いながら楽しめます。

12月の沖縄また、西表島などの離島ではマングローブを進むカヤックなどを開催しているところがありますので、ジャングル体験も面白いですよ!どんな動物に出会えるか、ドキドキの冒険が始まりますので、お子様も十分楽しむことができます。

夏はどうしても海に足が向いてしまいますが、12月だからこそ制覇しておきたいアクティビティは、意外とあるんですよ♪ぜひ今こそやっておきたいことを見つけて、楽しんでくださいね!

3-3.ホエールウォッチング

12月の沖縄冬になるとやってくるクジラたち。この時期にぜひ体験して頂きたいアクティビティが「ホエールウォッチング」です。期間は12月の下旬頃から4月上旬頃までというわずかの間、出産と子育てのために遠いシベリアから海を旅して、温かい海を目指して沖縄へとやってきます。

野生のクジラが沖縄で回遊し、子育てが終わるとまたシベリアへ戻って行ってしまいます。主にザトウクジラが南部から中部・北部までの沖縄全域で見ることができる、まさに冬季だからこそ体験できるアクティビティです。

12月の沖縄ザトウクジラは体長13mから15mほどの大きさで、分類は大型ほ乳類です。迫力あるジャンプや潮を吹く場面など、さまざまな行動を高確率で見ることができるツアーが沢山あります。
移動は船に乗ってポイントまで行き、迫力満点のパフォーマンスを間近で見ることができるというものです。

どんな行動が見られるかは運としか言いようがないのですが、レア度の高いパフォーマンスが見られることもあります。なお高確率で見ることができますが、万が一遭遇できなかったら全額返金という会社も!

催行会社は沢山ありますので、ご旅行に合った場所でぜひツアーに参加してみてくださいね!
※船酔いが心配な方は酔い止めを持っていきましょう!

4.12月の沖縄の気温と服装

4-1.気温・降水量について

沖縄 12月 気温と服装気象庁より

上記のグラフは2015年12月1日~31日までの日平均気温と降水量を表したものです。

気象庁のデータによりますと12月の気温は16度~23度となり、東京で言うと4月並みの気温です。

もちろん海側に行き風などが吹くと体感温度が変わりますし、やっぱり冬は冬。北風が吹き荒れることも。ぽかぽか陽気、ということではないのですが、雪が降るほどの寒さではないことがわかります。

なお降水量については、2015年12月では1ヶ月のうちに10日降ったというデータでした。10分間降水量の日最大でも13.5mmと少なめですので、雨の心配はさほどしなくてよさそうです。

ただし、突然空模様が変わることもありますので、念の為折りたたみ傘はバッグに忍ばせておいてもいいと思います。臨機応変に対応できるようにしておくことで、快適に旅行をしたいものですよね。

4-2.おすすめの服装について

12月の沖縄気温は東京でいう春並みではあっても、12月も冬至を過ぎると「沖縄の冬」がやってきます。風がない日は半そでで過ごせる日もありますが、基本的には長袖に羽織るものを着ることをオススメします。コートの中にヒートテックやセーターなどを着込むまではしなくても大丈夫だと思いますが、12月はイルミネーションのイベントが行われるところも多いため、夜はやっぱりブルっと身震いする寒さに。

昼間も海側は風が強いことが多いので、気温よりも体感温度を重視して冬支度でお出かけするようにしましょう。
なお風が吹く日は「耳」と「顔」が冷えますので、マフラーなどもあったほうが無難で良いと思います。とにかく沖縄の特徴は、北風が吹く日は寒く、風がない日は温かいことです。

上手に体温調整をして、体調を崩さないようにしてくださいね!

あとがき

12月の沖縄12月は1年が終わる最後の月ですが、同時にイベントが多い時期でもあります。

その中でも沖縄に旅行へ行くなら安くてイベントぎっしりの12月がチャンス、と言っても過言ではないかも知れません。気軽に行ける時期なので、短期間日程でも十分楽しめます。

ハイシーズンでなくても海やアクティビティが楽しめますので、ぜひこの機会に沖縄へ行って南国を楽しんでみてはいかがでしょうか。ステキな思い出を沢山作って、沖縄を満喫して、「楽しい1年だったね」となれますように。

ホワイト・ベアーファミリーの格安沖縄パッケージツアーはこちらから
しろくまツアーの沖縄旅行

☆沖縄の現地体験オプションならこちら!旅プラスワン☆
bannar_oka

~沖縄のホテル予約なら~
【楽天トラベル】沖縄のホテル・宿を予約

Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.