空港がいっぱい!沖縄の空港、全13施設の基本情報まとめ

Tags: ,

公開日:2016/2/24

沖縄空港まとめ

突然ですが・・・沖縄県内に空港はいくつあるでしょうか?

那覇空港や石垣空港など、頻繁に名前の聞くところはご存じの方も多と思うので簡単に数字で出てきますよね!
では残りはどうでしょうか。
・・・沖縄本島以外、つまり離島も合わせると実に13空港(※米軍施設内除く)もあるんです♪

これから離島へ行こうとお考えの方は、やはり空事情を知っておいた方が得すること間違いなし!
ということで今回は、沖縄にある空港を全てご紹介したいと思います。

なお離島に関しては、空と海の両方からアプローチできる場所もあればそうでない場所もありますので、合わせてご紹介しますね!
さて、アナタはいくつ知っているでしょうか?

<もくじ>
1.沖縄の主要空港
1-1.那覇空港
1-2.石垣空港
1-3.宮古空港
2.離島の空港
2-1.久米島空港
2-2.北大東空港
2-3.南大東空港
2-4.多良間空港
2-5.与那国空港
3.定期便なし・運休中の空港
3-1.慶良間空港
3-2.伊江島空港
3-3.粟国空港
3-4.波照間空港
4.利用できない空港
4-1.下地島空港

※本記事は2016年2月現在の情報となります。

1.沖縄の主要空港

1-1.那覇空港

沖縄空港まとめPhoto by wikipedia/

沖縄の第一歩を踏み出す那覇空港。
まずはじめに沖縄旅行へ行かれる方は、こちらを利用する(した)方が多いのではないでしょうか。

何と言っても利便の良さ、そして本数・就航数が非常に多いことから、利用しやすい空港とも言えます。

最大の魅力は圧倒的なお土産の数、そして食べ物の充実度なども高く、空港へ行けば何でもできちゃうという複合施設のような完璧さです。

早めに観光を切り上げて、空港で時間を取られる方も少なくありません。
そして最近では中国や韓国などのアジア圏から行き来できる直行便が飛んでいるため、旅行に来る方も増えました。

なおレンタカーを予約している方は、玄関を出るとショップまで行く無料バスがずらり。
迷わず行けるのも有りがたいところです。

その他定期観光バスや北部地方へ向かうバスなどもありますので、はじめての方でもそこまで迷わずに済みますよ♪

那覇空港
・国内線 路線:29空港(うち沖縄県内6空港)
(宮古島・石垣島・南大東・北大東・久米島・与那国島)
・国際線 路線:11空港
(台北・台中・ソウル・釜山・上海・北京・香港・高雄・天津・杭州・福州)
http://www.naha-airport.co.jp/

那覇空港を利用するときに気をつけたいこと

日本国内の空港で6番目の利用者(2016年度)を誇る那覇空港。
利用者数が多いことなどから気をつけたいことを以下ご紹介いたします。

・繁忙期はとにかく混む!

夏休み、連休、年末年始などのいわゆる「繁忙期」はとにかく混みますので、那覇空港から出発(本州のみなさんの「帰り」)の時は特に要注意。

空港ではチェックイン⇒荷物預け⇒保安検査場通過、という流れになりますが、

・チェックイン・荷物預けで最大30分(以上も)
・保安検査場通過で最大30分(以上も)

と、とても時間がかかりますので、繁忙期には90分前を目安に空港に着くことをおすすめいたします。

・繁忙期でなくても混む場合も!

繁忙期でない時期には、修学旅行などの団体利用が多いのも那覇空港の特徴。

同じような時間帯、同じ航空会社で4~5校修学旅行の出発が重なるケースもあり、思いがけず混む場合もありますので、やはり早めに空港に到着することをおすすめいたします。

・空港周辺・那覇市内の車の渋滞も要注意!

沖縄本島の旅行での主な交通手段といえばレンタカーですよね!
でも、平日・週末に限らず、那覇市内の主要道路は大変混みます。

特に国道58号線で北部から帰る、那覇空港自動車道で空港の南側へ行く場合等。
夏休みの昼~夕方、平日の夕方では通常のナビの案内よりも1時間余計にかかるのもザラですので、十分に時間に余裕を持って行動しましょう。

・LCCはターミナルが別!

那覇空港では、ピーチ・バニラエア両社の便については、国内線ターミナルから7~8分程度離れたLCCターミナルでの利用となります(※ジェットスターは国内線ターミナルにて発着)。

なお、国内線ターミナルから無料のバスが出ておりますが、基本的には10分おきの運行となりますので、知らないととっても焦ります。

また、LCCターミナルにはお土産店などのショップが少ないのも要注意ポイントです。

1-2.石垣空港

沖縄空港まとめPhoto by wikipedia/Paipateroma

「八重山の玄関口」と言われる石垣島。

その名の通り、八重山諸島へ行かれる方は石垣島を利用する場合が多いかと思います。
※唯一、与那国島は那覇間が運航しています。

直行便も増えてますます客足も増えて、今後は就航数や国際線の動きなどがあるようです。
※まだ正式発表はされていません。

なお国際線はチャーター便としてマンダリン航空・トランスアジア航空が夏季のみでの運航をしています。

沖縄空港まとめ

2013年まで市街地にあった「旧石垣空港」は、皆様もご存じのとおり「新石垣空港」に生まれ変わり、南ぬ島(ぱいぬじま)石垣空港という愛称で親しまれるようになりました。

ビルも4階立てとなり大人数の受け入れもできるキャパを持った空港に!
その中でも注目なのはフードコートのある1階。

石垣島の味を最大限に堪能できる食で溢れていて、中でも人気なのが八重山そばや島食材を使ったデザートなど。
見ているだけでも楽しい場所です。

沖縄空港まとめ

また石垣島は八重山諸島へ行くための手段、と思われがちですが、石垣島も立派な観光地。
空港の前にはレンタカー屋さんなどもあり、島を横断してフサキ界隈まで行っても約30分の距離です。

また最短で行ける竹富島は高速船で約10分なので、石垣島滞在で日帰り離島ツアー、という贅沢な旅の計画もできますよ!

石垣空港
・国内線 路線:6路線(羽田・関西・中部・那覇・宮古・与那国 ※夏季は関空便が加わり7路線)
・国際線 路線:定期便なし
http://www.ishigaki-airport.co.jp/

往復航空券 GEO沖縄

1-3.宮古空港

沖縄空港まとめ

宮古空港はもともと旧日本軍によって建設された海軍飛行場でした(昭和18年6月)。
1956年6月からは民間空港として定期運航が開始され、今では直行便の就航数も増えたため大変人気のある空港になりました。

宮古島は「食べる、遊ぶ、泊まる」の3拍子が揃っているので、宮古島だけで何日滞在しても飽きが来ないのが嬉しいとことです。

でもやっぱりちょっと他の島も見てみたい、という方は那覇、石垣島・多良間島・久米島へと行くこともできますので、時間に余裕のある方は他の島へ出向くこともできますよ!

なお宮古島はとっても良心的かつ庶民的なのが魅力。

空港出口ではレンタカー屋さんがお出迎えしてくれるところが多く、そのまま受付事務所まで無料送迎をしてもらえますので、そういったサービスの有りがたさもきっと心にしみるはず♪

そして気になる空港内ですが、お土産屋さんなどがはかなり充実していて、宮古島じゃないと買えない代物もズラリと並びます。

また、お腹が空いた時などはレストランもありますので、お帰りは空港物色も楽しいですよ!

そうそう、はじめから宮古島だけが目的の方は、往復直行便がオススメです♪

宮古空港
・国内線 路線:4路線(羽田・那覇・石垣・多良間 ※夏季は関空便が加わり5路線)
・国際線 路線:なし
http://miyakoap.co.jp/

2.離島の空港

2-1.久米島空港

沖縄空港まとめPhoto by wikipedia/Snap55

久米島は沖縄本島から西方向、100kmほど離れた場所に位置しています。
島までは飛行機と船の両方からアプローチが可能ですが、早めに到着して時間を有意義に使いたい!という方には大変便利です。

因みに移動時間ですが、飛行機では約30分~35分、船の場合だと高速船で2時間50分、フェリーは3時間20分ほどかかります。

沖縄空港まとめ

意外と就航数が多い久米島は、やはり人気の高さからどんどん就航数が増えていったことが挙げられます。
その人気とはやはり「はての浜」。

真っ白な無人島を求めに多くのダイバーやシュノーケラーが来るからなんです。
その気になれば、那覇からの日帰りも可能な利便の良さもいいところ。

なお久米島へいく場合は那覇空港乗継となりますので、2泊は久米島、残り1泊を那覇市内にして1度で2度美味しい旅行を計画、ということもできますよ♪

久米島空港
・国内線 路線:1路線(那覇)※日本トランスオーシャン航空のみ
・国際線 路線:なし
オンシーズンになると修学旅行生も利用しますので、混雑にご注意くださいね。

2-2.北大東空港

沖縄空港まとめPhoto by wikipedia/Snap55

北大東島~南大東島間は飛行時間が約3分の日本一短い定期飛行便となっています。
とはいえ、空港内も設備が整っていますので安心して利用できますよ!

なお北大東島と南大東島は距離にすると8kmほどで、肉眼でも確認できるほど。
それでも定期便が運航されている理由は、断崖絶壁に覆われた北大東島は船での上陸が困難なため。
島の方の大切な交通手段でもあるからなんです。

島までの飛行機はもちろん観光客も利用できますし、ビーチなどのアクティビティは少ないものの、「燐鉱石貯蔵庫跡」や「乾燥工場跡」など、昔からの石積建物が西港の周辺に残っていますので、足を運ぶ価値のある島です。

南大東島へのアクセスが大変便利ですので、1日目は南でスキューバやシュノーケルを楽しみ、翌日は日帰りで北へ観光に行くことも可能ですよ♪
所要時間3分とはどんな世界かを知っておくのもいいかも・・・。

北大東空港
・国内線 路線:2路線(那覇間・南大東間)
・国際線 路線:なし

2-3.南大東空港

沖縄空港まとめPhoto by wikipedia/Snap55

沖縄本島の東、340kmほどの太平洋上に位置する南大東島。
南大東空港は、先にご紹介した北大東空港間と那覇間で運航しています。

実はちょっと変わっていて那覇~南大東~北大東~那覇間を三角形ルートのような形で飛んでいます。
ただし曜日によってその回りが逆になりますので、若干注意が必要です。

最大の特徴は短時間で憧れだった離島へ行けること。
フェリーだと13時間ほどかかりますが、空からは39人乗りのセスナで1時間ほどなんです。

南大東島の魅力は自然に溢れ、キャンプや釣り、ゴルフに海水プール、スキューバ、ホエールウォッチングなど何でもできるパラダイス・アイランド!

何日滞在しても飽きないアイテムがごっそりありますので、これなら年齢問わず楽しめますよね。

実はJALグループが、4月から10月の那覇発着路線で離島割引など値下げすることが決まっていますので、ますます行きやすくなります。

意外と知られていない穴場の離島へ行きたい!という方もオススメですよ♪

南大東空港
・国内線 路線:2路線(那覇間・北大東間)
・国際線 路線:なし

2-4.多良間空港

沖縄空港まとめPhoto by wikipedia/Snap55

多良間島は、宮古島と石垣島のちょうど中間に位置する島です。(飛行機で石垣島へ向かわれる方は、多良間島上空を通過するため窓からまるい形をした島が見えると思いますよ!)

宮古空港から多良間空港まで1日2便、約25分で到着します。
因みに宮古島平良港ー多良間のフェリーですと約2時間ほどで到着。
意外と1時間35分という時間差は、アクティビティに大きく影響されるため貴重ですよね・・・。

多良間空港は小さな規模ではありますが、人の行き来が多いんです。
多良間島と言えば、実は知る人ぞ知るダイビングのメッカ。
水中結婚式を挙げる方、ダイブ記念で写真を撮りに来る方など、ダイビングが目当ての方も結構いるんです。

実際海の中は水深10m以上潜っても砂は白く透明度もかなり高いので、黄金に輝くサンゴ礁に魅了される方も多いのだとか。

また宮古島からは船で渡ることもできますが、サンゴで囲まれた島ということもあり、上空から眺めるのもおすすめ♪

ダイビングされる方は飛行機の場合、移動日に潜れないことも多いかと思いますので、初日もしくは最終日は船で移動されると良いかと思います。

また海自体はとても遠浅なので、シュノーケリングも楽しめます。
お子様連れの方にも向いていますよ!

多良間空港
・国内線 路線:宮古
・国際線 路線:なし

2-5.与那国空港

沖縄空港まとめPhoto by wikipedia/Si-take.

与那国島は日本最西端として、台湾まであと111kmほどという距離にあります。
石垣島間は1日1往復、石垣空港から約30分という近さではありますが、船ですと石垣港から4時間半かかります。

また那覇空港から与那国島までの便もあり、JALグループのRAC(琉球エアーコミューター)が週3~4便運航していますので、与那国島と沖縄本島の両方を楽しむこともできますよ!

限りある旅行期間内でせっかく離島に行くなら、やっぱり飛行機は時間が取れて便利!
観光で訪れる方も多いのですが、海底遺跡を一目見たいとダイバーさんたちが集う島でもあります。

沖縄空港まとめ

与那国空港
・国内線 路線:2空港(那覇空港・石垣空港)
・国際線 路線:なし

3.定期便なし・運休中の空港

3-1.慶良間空港

沖縄空港まとめ

座間味村の空の玄関口として利用される慶良間空港。
慶良間と言えばホエールウォッチングやダイビングなど魅力溢れるアクティビティが体験できる海として有名です。

以前は定期便が飛んでいたのですが、現在はチャーターヘリのみの運航となります。

慶良間諸島へ入る景色を空から眺めていると、サンゴに囲まれた綺麗な島々を見られるという体験も合わせてできるのが大きな特徴です!

また座間味村役場の嬉しいお心掛けとして、アイラス航空のチャーターヘリが那覇空港とのフェリーざまみやクイーンざまみがしけなどによって欠航した日は、ヘリコプターをチャーターすると座間味村役場が料金の半額を補助してくれるようです。

慶良間空港
チャーターヘリ有(要予約)
アイラス航空株式会社 http://www.ilas-okinawa.jp/
電話:098-857-7563

3-2.伊江島空港

沖縄空港まとめ

伊江島空港は、昭和50年7月に行われた「沖縄国際海洋博覧会」の関連事業として建設されました。

ところが運用等の制限、そして利用客が少なかったこともあり、昭和52年2月に定期便の運航が休止。
伊江島は船で渡るほうが便利だからということも、利用客が少なくなった要因かもしれません。

現在は、予約をすればチャーターヘリ(但しとても高いです)が飛ぶようですので、海が大荒れだけどどうしても伊江島に渡りたい、という方は飛行機で行くことができるかと思います。

沖縄空港まとめ

伊江島は沖縄美ら海水族館へ行かれたことのある方なら、一度は目にしたことのある島だと思います。
タッチューと呼ばれる、山のてっぺんがとんがり帽子のようになっているのが大きな特徴。

春はゆり祭りがとても有名で、他にも多数に渡る景勝地やダイビング、ジェットスキーなども盛んです。

伊江島空港
チャーターヘリ有(要予約)
アイラス航空株式会社 http://www.ilas-okinawa.jp/
電話:098-857-7563

3-3.粟国空港

沖縄空港まとめ

粟国空港は、那覇~粟国島を約25分で行き来できる気軽さが特徴です。

那覇の北西約60km、粟国島は一島一村の島として沖縄の伝統が数多く残る場所。
集落散策や染め物・織物・料理など、その伝統を体験できるさまざまなプログラムがありますので、粟国暮らしを覗いてみたい方はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょう。

また、ダイバーにも愛される島としても有名です。

飛行機は、直近では第一航空が運行をしていましたが、2016年2月現在は運休中です。
また、アイラス航空によるチャーターヘリが利用可能でして、現在期間限定の補助適用料金で、最大5名搭乗可で21,600円(5名乗車時で1名あたり4,320円)と、かなりお得に利用できるようになっておりますので、粟国島旅でヘリデビュー、もいいかも知れませんね。

詳しくはこちら( http://www.ilas-okinawa.jp/aguni-sp-fare/ )をご覧ください。

粟国空港
チャーターヘリ有(要予約)
アイラス航空株式会社 http://www.ilas-okinawa.jp/
電話:098-857-7563

3-4.波照間空港

沖縄空港まとめ

波照間島は南十字が見える、有人島では日本最南端の島です。
かつては石垣空港線が運航されていましたが、2007年に休止することになりました。

老朽化が進み2015年から建て替えられているのですが、材料の運搬の遅延などによって完成が遅れているようです。

また、本来でしたら2015年暮れから運航が再開される予定でしたが、粟国島のオーバーランによって(粟国島の同期型が飛ぶ予定でした)未定となってしまいました。

台風や高波の影響などを受けやすい島だけに船の欠航も多い波照間島、早く運航が再開されるといいですね。

波照間空港
・国内線 路線:運航未定
・国際線 路線:なし

4.利用できない空港

4-1.下地島空港

沖縄空港まとめ

宮古島のすぐそばに位置する下地島。
下地島空港は主に旅客機パイロットの訓練場として使用されていて、一般の観光客の受け入れはこれまでありませんでした。

ただしこちらも2015年以降、パイロット育成困難となり撤退するというニュースが流れていることも事実です。

ということで定期便は飛んではいないのですが、3000mもの滑走路があることから一般旅客を受け入れる動きもあるようです。

宮古島と気軽に行き来できる下地島。
一般客が空から行ける日が来るのも、そう遠くはないはずです。

沖縄空港まとめ

そしてやっぱり体験したいのが、かの有名な下地島のランディング!
飛行機好きにはたまらないアプローチは、カメラを構えて待ち続けるギャラリーでいつもいっぱいです。

頭上を大迫力で通り抜けている様は、一種の観光スポットともなっていました。

下地島空港
・国内線 路線:なし
・国際線 路線:なし

※利用できない空港としては、他に米軍基地内のもの(嘉手納など)もありますが、今回は省略させていただきます。

おわりに

沖縄空港まとめ

いかがでしたでしょうか。
憧れの離島へ向かう際は、やはり飛行機を利用したほうが時間も取れやすく安心ですよね。

空港の規模に関わらず、上手に利用すれば1度の旅行で島めぐりも可能です。
お土産をガッツリ買いたい!という方も、離島と那覇泊を組み合わせると那覇空港や那覇市内で思う存分買い物ができます。

沖縄県内の空港をうまく活用して、じょうずに旅を楽しんでくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.