北海道発・沖縄旅行を楽しむ方法&気を付けるべきこと、教えます!

Tags:

公開日:2016/11/16

Pocket

沖縄 イメージ

北海道発の国内旅行でもっとも人気のエリアは東京・横浜や関西。人気なだけではなく、思い立ったときに気軽に行けるのでツアー客の数もダントツです。
しかし、同じ国内でもそうはいかないのは沖縄への旅です。

北海道発の沖縄旅行は北海道内でも人気のエリア。
ですが、遠い土地だけにギモンもいっぱいです。

どう行ったらいいの?
どんなことに気をつければいいの?
旅のみどころは?

ということで、今回は姉妹サイト「北海道ラボ」のライターが、北海道民の目線から沖縄旅行のヒントをお届けします。

<もくじ>
1.北海道発沖縄旅行のススメ!
2.北海道から沖縄へのアクセスは?
3.ツアーと個人旅行、どちらがいいの?
4.旅行中の交通手段に注意!
5.北の国から南国へ!気候に関する注意は?
6.道産子リピーターのおすすめスポットは?
6-1 沖縄カルチャーをグルメと一緒に気軽に体験「大家(うふやー)」
6-2 沖縄ならではの絶景を楽しむ「小宇利島オーシャンタワー」
まとめ

1.北海道発沖縄旅行のススメ!

日本国内でも常に人気観光エリアの北海道。

北海道の四季おりおりの自然や温泉、おいしい食べものは北海道外だけでなく北海道内で人気があります。
正直言って、国内観光は北海道内で十分、ほかの観光地にはそそられない、という気持ちが強い人が多いかもしれませんね。

しかし北海道在住の筆者としては、沖縄こそ北海道民にぜひ訪れてもらいたいエリアだと思っています!

■自然

最南端エリアなので、とうぜん自然がかなり違います。北海道民の目には見るものすべてが新鮮にうつるでしょう。

ガジュマル、マングローブなどの樹木やハイビスカス、ブーゲンビリア、デイゴなど、はなやかな極彩色の花は、見るだけで気分がリフレッシュされますよ!

沖縄の自然 イメージ

■文化

北海道民と沖縄県民の気質には似たところがあります。

シーサー

素朴でおおらか、そしてマイペースなところはお互いに共感するところが多いですね。

また、北海道では本州のことを「内地」ということがありますが、沖縄地方でも「内地」といいます。

もともと日本の領土ではなかったふたつの土地のカルチャーですが、なんとなくつながりを感じて沖縄旅行のリピーターになる北海道人も少なくないようです!

2.北海道から沖縄へのアクセスは?

新千歳空港イメージ

北海道から沖縄への直行便は、新千歳発→那覇着の一日1便(ANA)だけです。(2016年11月現在)

北海道内の空港から沖縄に行く場合、ほとんどの場合は乗り継ぎ便を使います。
乗り継ぎ便を使う場合、主な乗り継ぎ空港は羽田、中部国際、関西、伊丹です。

新千歳~各乗り継ぎ空港までの便数は多いので、ANAのほかにJALや他のLCCなど、さまざまなフライトスケジュールを組むことができます。

羽田空港イメージ

さて、乗り換えパターンの多くは羽田、関西、伊丹の三つの空港ですが、ここで注意点です。

各空港での北海道便と沖縄便の搭乗口はかなり離れていることがほとんど。
特に羽田のような大規模な空港の場合、空港の一番端から端へ移動することもあります。

パックツアーのパンフレットでは「乗り継ぎ時間に25分以上おとりください」等という表示が出ていますが、リピーターの経験では、余裕をもって1時間はみておきたいところです。

沖縄ツアー初心者の場合、乗り換えスケジュールは旅行代理店に確認しておくといいでしょう。

3.ツアーと個人旅行、どちらがいいの?

効率よく観光スポットを回ることができるパックツアー。

旅の目的にあわせて臨機応変にスケジュールを組むことができる個人旅行。
北海道からの沖縄旅行の場合、どちらがいいのでしょうか?

旅行プランイメージ

北海道民の目線でいうと、北海道から沖縄への旅行は「パスポートを使わない海外旅行」です。
沖縄旅行ビギナーの方へは、まずはパックツアーをおすすめします。

北海道発の場合、フライト時間が長いので、2泊3日ではあっという間にツアーが終わってしまいます。3泊4日か4泊5日のツアーをオススメします。

沖縄パックツアーには、一般的なバス移動のツアー(いわゆる添乗員付き)とレンタカー付(もしくはレンタカーなし)のフリーツアーがありますが、札幌エリア以外に住む北海道民が沖縄本島で車の運転をするのは道が若干複雑であるなど、少々難しいところがあります。

沖縄初心者で、かつ移動が不安である、純粋に観光目的で旅するかたにはバスツアーをおすすめします。

また車の運転は問題ない、という方であれば、レンタカー付のパックツアーであれば自分の行きたいところ(例えば美しいビーチをいろいろ回る、沖縄らしいカフェに行く、など)に行くなど自由に沖縄を楽しむことができるのでオススメです♪

観光バスイメージ

一方、個人旅行の場合、フライトスケジュールと宿泊地などを自分で組むことになります。

LCCをうまく活用すると、2万円台で札幌–沖縄を往復することも可能ですし、ゲストハウスやB&Bを予約してリーズナブルに滞在することも可能です。

ゲストハウスイメージ

ただ、この場合、フライトの遅れや宿泊先でのトラブルがあった場合、すべて自分で解決しなければなりません。
個人旅行はある程度の国内・国外旅行経験がある方にだけおすすめします。

特に北海道から沖縄旅行の場合は、沖縄の台風シーズン(7~10月)、冬の北海道内空港の欠航など、飛行機が欠航になる要素が多いのも難点ですね。

4.旅行中の移動手段に注意!

北海道民の沖縄旅行で一番注意すべきなのは、交通事情。
特に、フリープランのツアーで旅行するときには注意が必要です。

本島・離島問わず、ツアーバスやレンタカー以外で移動するのは非常に時間がかかります。

交通手段イメージ

最近テレビで路線バスを使った旅のバラエティが人気です。沖縄路線バス旅行の特集もよく見かけます。
筆者も沖縄本島や離島への旅行で、路線バスを使って移動した経験があります。

バスに乗っているあいだは南国の風景を眺めながらのんびりとできるのですが、多くの路線は本数が少ないので、実際はかなりの時間ロスになります。

北海道からはるばる来たのですから、時間は有効につかいたいものです。

なので、北海道のみなさんには、レンタカーやツアーバスの活用を強くオススメします。

レンタカーイメージ

続いて、クルマ事情について。

離島は北海道の感覚で運転しても問題ないです。
しかし、沖縄本島の交通事情は、はっきりいって札幌圏より厳しいです。札幌圏以外にお住まいのかたは十分ご注意ください。

特に、国際通り周辺をはじめとする58号線の渋滞にハマらないよう気をつけましょう。

また、米軍基地の近辺は運転の粗い車が多いので、慎重なドライブを心がけましょう。

交通渋滞イメージ

また、地元の人に道を聞くとき気を付けたいことについて。

沖縄のひとは、車で20分のところでも「遠い」といいます。
「車で20分」・・・これ、北海道民的にはむしろ近いですよね?

地元の人に道をたずねるときは「車で何分かかるか」と、具体的な所要時間をたずねましょう。

5.北の国から南国へ!気候に関する注意は?

北海道発沖縄旅行で一番気になるのが気候ですね!

沖縄の天気イメージ

北海道民の体感として、沖縄の気候は3か月ずれているという人が多いです。
夏季の旅行の場合はあまり気にすることはないのですが、冬季の旅行の場合には注意が必要です。

南国沖縄といっても、1月から2月にかけては北海道民でも寒いと感じる気候。
この時期の沖縄は海からの風が強いので、実際の気温より寒く感じられることが多いです。

冬の沖縄旅行には、北海道の10月後半から11月前半の服装を用意するといいでしょう。

特に北海道発の場合、12月から2月にかけての服装は要注意です。

服装イメージ

北海道は真冬。北海道使用のブーツに厚手のコート、手袋や帽子を着て空港に向かいます。
・・・でも、これって沖縄では不要ですよね?

コートとブーツなどの防寒グッズは空港に預けていきましょう。
新千歳空港の場合、国内線ターミナルビルの1Fと2Fに手荷物一時預りがあります。

新千歳空港ターミナルビル手荷物一時預り 

新千歳空港ターミナルビル ホームページより引用

もちろん、空港で、沖縄滞在時に着るコートに着替えるのをお忘れなく。
道民の感覚で秋から初雪が降るころに着るようなコートを準備すれば間に合うでしょう。

6.道産子リピーターのおすすめスポットは?

さて、道産子リピーターが特にオススメする沖縄本島の観光スポットを、少しご紹介します。

6-1 沖縄カルチャーをグルメと一緒に気軽に体験「大家(うふやー)」

大家(うふやー)

沖縄カルチャーを体験できるスポットとしては「琉球村」「おきなわワールド」がよく知られていますが、雰囲気重視ならば、美ら島水族館に近い「大家(うふやー)」がオススメ。

沖縄料理のレストランですが、築100年の古民家を移築・復元しています。
おいしい沖縄料理をいただきながら沖縄カルチャーにふれることができます。

沖縄の伝統衣装「琉装」の貸し出しもあり、記念撮影もできますよ!

大家(うふやー)
【アクセス情報】
住所:沖縄県名護市中山90
営業時間:昼: 11:00~17:00(ラストオーダー16:30)、18:00~22:00(ラストオーダー21:00)
電話番号:0980-53-0280
ホームページ:http://ufuya.com/

6-2 沖縄ならではの絶景を楽しむ「古宇利島オーシャンタワー」

小宇利島は沖縄本島周辺にある、車で行ける離島です。2005年開通の古宇利大橋を渡ります。

古宇利大橋

2013年、島に開設された「古宇利島オーシャンタワー」は、絶景の穴場として沖縄ファンの人気急上昇スポットです。

海抜82mから、北海道では見ることができない沖縄独特の自然をのんびりと、ぞんぶんに味わうことができます!

古宇利島オーシャンタワー
【アクセス情報】
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538
営業時間:9時~18時(年中無休)
入場料:大人800円、中高生600円、小学生300円
ホームページ:http://www.kouri-oceantower.com/

まとめ

市場イメージ

いかがでしたでしょうか?

北海道から沖縄への旅行は、時として海外に行くより大変なこともあります。
しかし、独特の自然やグルメ、カルチャーは新鮮な体験と感動があり、時には親近感を感じることもあります。

実際、沖縄の人(ウチナーンチュ)とアイヌのあいだには自然を尊い存在として敬ったり先祖を大切にするところに、相通じるところがあるようです。

北海道に住んでいるからこそ、ぜひ一度は沖縄旅行を体験してみてくださいね!

Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.