沖縄で結婚式♡リゾ婚徹底解剖!費用・チャペル・フォトウェディングetc.

Tags:

公開日:2017/11/10

沖縄でリゾートウェディング
女性にとって人生最大のイベントともいえる結婚式。
なかでもプレ花嫁さんに人気なのは、ハワイやグアムなどのリゾート地で結婚式を挙げる“リゾートウエディング”(以下、リゾ婚)。
でも、海外だと移動も大変だし、なにより費用が高額なので現実的ではないと諦めてしまう方も多いそう。そんなカップルにオススメしたいのが、パスポートなしで行ける南国リゾート沖縄での結婚式です!

世界屈指の美しさを誇る沖縄はもちろん、チャペルのバリエーションの多さや、移動や費用などコスト面など、知れば知るほどリーズナブルこの上ない沖縄リゾ婚。
最近では「式はしないけど、ウエディングドレス姿は残しておきたい」と、“フォトウエディング”でサクッと沖縄を訪れるカップルも多いとか♡

ということで今回は、沖縄の結婚式専門サイト「ainowaリゾートウェディング」のリゾレポ調査隊(以下、リゾレポ)にご協力いただき、費用面や沖縄の式場探しなど、沖縄リゾ婚を徹底解剖しちゃいます!

<もくじ>
1.沖縄結婚式 口コミから知る実話
1-1.招待客の人数、かかった費用はどのくらい?
1-2.どうやって手配した?
1-3.準備にどれだけかかった?
2.思わずため息。沖縄の人気チャペル教えます
2-1.アートグレイス オーシャンフロント ガーデンチャペル沖縄
2-2.ザ・ギノザリゾート 美らの教会
2-3.ラソールガーデンアリビラ クリスティア教会
2-4.ブルームーンチャペル
2-5.アラマンダ チャペル(シギラベイサイドスイート アラマンダ敷地内)
3.チャペルだけじゃない沖縄結婚式
3-1.フォトウェディング
3-2.ビーチウェディング
4.沖縄で結婚式メリット&デメリット
4-1.【メリット】招待客を厳選できる
4-2.【デメリット】 台風、ひとり当たりのコストは高め。
5.招待客への配慮もお忘れなく
6.沖縄での結婚式、まとめ

1.沖縄結婚式 口コミから知る実話

1-1.招待客の人数、かかった費用はどのくらい?

沖縄でリゾートウェディング
まずは気になる招待客の人数・費用面から見ていきましょう。(ここでの費用とは、挙式・披露宴の費用に加えて、ゲスト全員の交通費と宿泊代も含まれています。)
基本的にリゾ婚は、親族を中心に招待することがほとんど。(自分、両親、兄弟姉妹、祖父母など)平均の招待人数は19名といわれています。

また、挙式のみの費用の平均は40万円、挙式・披露宴・旅費を含めた平均は180~230万円。一般的な披露宴の総額の平均が360万円であるのに対して、リゾ婚はおよそ半分の金額でできちゃいます。
なお、両家の家族のみや新郎新婦2人だけあれば、もっと費用は抑えられます。リゾ婚って、意外と安く叶っちゃうんです♪

1-2.どうやって手配した?

沖縄でリゾートウェディング
さて、「結婚するのは決まったが、どうやって手配したらいいか分からない」という方へ。結婚式の手配は大きく分けて2つあるのでご紹介します。

①ブライダルエージェントを通して手配する

【メリット】
業者にお願いをして、ドレス・式場・披露宴など、全ての手配から精算までをお任せする方法です。具体的なことが決まっていなくても、予算や希望を伝えれば理想に近い内容で進みますし、手間が掛かることもないので楽♪

【デメリット】
初回に提示された基本料金内で納まることは難しく、オプションで予想外に高くなってしまうことも(泣)また、提携しているドレスショップ以外のドレスが着たい場合や、ペーパーアイテム・引き出物などを独自に決める場合は「持ち込み料」が掛かる場合があります。
なので、本番近くなって「思っていたことと違っていた!」ということがないように、挙式セットの中には何が含まれているか?や、オプションの詳細は、綿密な打ち合わせをする必要があります。

②個別手配

【メリット】
不要だとおもう項目を削ることができるので、エージェントに依頼するよりも予算を抑えられます。また、自分の理想の結婚式ができるので、満足度も高いです♪
個別手配の場合、基本的にウエディングドレスは購入になるのですが、最近は安くて可愛いドレスやアクセサリーが沢山出回っています♪また、ユーズド販売なら、人気のブランドが安く手に入ることも。(ユーズド販売は、インスタグラムやメルカリなどで見つけることができます。)これらをうまく活用すれば、レンタルするよりも安く済むことが多いです。

【デメリット】
通常の結婚式の準備よりはるかに手間が掛かりますし、式のコーディネートセンスも求められます。また、結婚式の準備は衣装だけではありませんので、仕事の合間をぬって準備をするのであれば、相当な覚悟が必要です。非協力的でない旦那さんに対してイライラするって話もチラホラ(泣)

結婚式って、お金を掛けたら掛けたぶんだけ豪華になりますし、準備も楽です。ですが、お金を沢山掛けなくても、素敵な結婚式にすることはできます。
ぜひ、限られた予算の中で、どこにお金をかけて何を削るのかをお互いにじっくり話し合あって、納得のいく結婚式にしてください♡

1-3.準備にどれだけかかった?

沖縄でリゾートウェディング
次に、準備期間についてご紹介します。リゾ婚って、一体どのくらい前から手配するのが良いのでしょうか。
遠方だと色々やることがありそうですが、実は、準備自体は通常の結婚式を挙げる時と変わりません。むしろ招待人数が少ない分、通常の式よりも楽になる可能性も♪ リゾレポさんによると、式を終えた【卒花嫁】さんの平均は、結婚を決意してから挙式まで、半年~1年くらいでした。
こちらに詳しいスケジュールが載っていますので、参考までに♡

リゾレポ「結婚式までの全てまるわかりウェディングスケジュール」
https://www.e-bridal.tv/weddingschedule/

なかには準備期間3ヶ月でOKというプランもありました!
このプランは、授かり婚、転勤、親の希望など、様々な事情で急遽式を挙げなければならなかった場合が多いようです。なんだかバタバタの準備になりそうなイメージがありますが、実はどんなに早く式場を決めても、式場の担当者の方との打ち合わせが始まるのは挙式の3ヶ月前くらいから。挙式2ヶ月前に発送するゲストへの“招待状”作りに3か月前から取り掛かれば、十分準備は間に合います。

リゾレポ「まだ間に合う!直近ウェディング特集」
https://www.e-bridal.tv/LPspeed/

ですが、式場・宿泊先・航空券の手配など空き状況のことを考えると、やっぱり4~6ヶ月前には申し込みをしておくのがベター。
人気の式場は、かなり早くから予約が埋まることも多いので、仮押さえや相談は早いに越したことはないそうですよ。
結婚式はする側にとっても、ゲストにとっても大きなイベントですので、ある程度ゆとりを持って対応できるようにしておきたいですね。

次のページ 2.思わずため息。沖縄の人気チャペル教えます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.