× 沖縄ツアータイムセール
先着300名!6/7まで開催中
タイムセール会場へ

今日から使える!うちなー(沖縄)方言|日常会話あるある編

Tags: ,

公開日:2016/12/5

3.お誘いではない『○○しましょうね』

 うちなー方言あるある

沖縄に移住して最初に遭遇した不思議なうちなー方言が『○○しましょうね』でした。移住妻に限らず、この『○○しましょうね』に騙された県外出身者は多いはず。

ビジネスや接客シーンで良く使われますが、『一緒に○○しましょう』というお誘いの言葉ではありません・・・。
 
【しましょうね|shi↑ma↓shou↓ne↓】
 
《意味》
:(私が)しておきます・します
 
《類語》
:○○しようね
 
《ネイティブ・ポイント》
:あくまでも“○○する”行動の主体は話している本人です。それさえ押えておけば、『しょうね』に騙されて、アナタが挙動不審になってしまう心配はありません!
 
 
《ありがちな間違い》
 
業者:『ハンコ押しましょうね~』
 →アナタが一緒にハンコを押すワケではありません!
 
店員:『在庫確認しましょうね!』
 →アナタが一緒に在庫を確認するワケではありません!
 
取引先:『失礼しましょうね』
 →アナタが一緒に失礼するワケではありません!
 
素敵な同僚:『もう帰りましょうね』
 →アナタとの親密度にもよりますが、多分『先に帰ります』と言ってるだけです!
 
 

4.『洋服をつける』『メガネをはく』

うちなー方言あるある

沖縄のラジオを聴いていたある日のこと。とあるパーソナリティーが『今日は、久々にスーツつけたよ』と言っているのを聞いたのがキッカケでした。

まぁ意味は分かるのですが、なぜ“つける”なのか・・・。調べてみると他にも『メガネをはく』などの派生語?があることが分かりました。
 
 
【洋服をつける】【メガネをはく】
 
《意味》
:洋服を着る/メガネをかける
 
《類語》
:ズボンをつける/靴をつける/帽子をはく etc
 
《ネイティブ・ポイント》
:ナゼこのような事態になっているのか定かではありませんが、沖縄では『着る・履く・かぶる」の使い分けを、あまり気にしないようです。服は“つける”ことが多く、帽子は“つけたり”“履いたり”します。

英語だって『wear』の動詞1つで、着たり・履いたり・かけたり・ヒゲまで生やすんだから、まぁイイか。と思う移住妻なのでした。
 
 
《今日から使える!うちなーセンテンス》
 
例:『この服つけてもイイですか?』
 (試着してもいいですか?)
 
例:『早く靴つけなさい!』
 (早く靴を履きなさい!)
 
例:『履いてる帽子、でーじジョートーやっさー』
 (その帽子、とってもいいね!)

次のページ 5.相手目線を大切にする『もらう』『いつ帰るの?』『今から来るよ!』

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

北海道の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.