泡盛に島とうがらし!?ここにしかない味「うるまジェラート」

Tags:

公開日:2017/9/7

Pocket

うるまジェラート
旅行の楽しみ「食」。せっかくならその土地ならではのものを食べたいですよね?
沖縄本島中部エリア・うるま市にある「うるまジェラート」は、まさにそんな願いが叶うジェラート屋さんです。

沖縄の定番フレーバーから、「えっ!?」と思うようなユニークなフレーバーまで、豊富なラインナップ。
またジェラートの材料にもこだわっていて、沖縄の豊かな自然で育った安心安全な野菜や果物がふんだんに使われているんです。

<もくじ>
1.うるまジェラートの特徴
1-1.めずらしいフレーバーがいっぱい
1-2.身体に優しいこだわり素材
2.カフェでのイートインは嬉しいおまけ付き
3.あとがき

1.うるまジェラートの特徴

1-1.めずらしいフレーバーがいっぱい

うるまジェラート
うるまジェラートには沖縄ならではのフレーバーがたくさんあります。
例えばジェラートの定番フレーバーであるチョコも、沖縄産の黒糖が香る「黒糖ココア」と沖縄風にアレンジされていて、ここだけの美味しさを楽しめます。またシークワーサーやマンゴーなど王道フレーバーも、旬ごとに季節限定フレーバーとして登場。

そして、私がうるまジェラートの最大の魅力と感じているのは、変わり種フレーバーがとっても多いこと!

食べてから3秒後、ピリリッ!と出てくる辛さがクセになる「島とうがらし」は、他では食べられないクセになるジェラート。他にも地元産泡盛がふわっと香る、泡盛の名前がそのままついた「暖流」や、沖縄産の野菜を使った「パセリ」や「バジル」など、気になるフレーバーがたくさん!

ジェラートはフレーバーによって値段が変わるものがあり、シングルは400円~、ダブルは680円~。カップとコーンが選べます。

1-2.身体に優しいこだわり素材

うるまジェラート
うるまジェラートのこだわりは何といっても素材へのこだわり。
特にこだわっているのが、独特のフレーバーを生み出す野菜や果物。地元契約農場で農薬・化学肥料未使用で作られるこだわり素材は、お子様から大人まで安心していただけます。

またジェラートのベースともいえる牛乳は、沖縄県ではちょっとリッチな牛乳として知られる「宮平牛乳」を使用。宮平牛乳のおかげで、どのフレーバーを食べてもスッキリとした味わいの中に濃厚なミルクのコクを感じられます。糖分は身体に優しい国内産のきび砂糖と、沖縄産の黒糖を使用。低脂肪と甘さ控えめを意識して作られたジェラートは低カロリーでとってもヘルシー!
こだわり抜いた沖縄素材でできたジェラートは、「観光中に見た沖縄の壮大な自然の中で育ったんだろうな~。」なんて想像しながら食べると感激です!

2.カフェでのイートインは嬉しいおまけ付き

うるまジェラート
お店にはイートインスペースもあり、お店でゆっくりと味わうことができます。
私はダブルで「ぬちまーす」と「島とうがらし」をチョイス。ぬちまーすとは、「命(ぬち)の塩(まーす)」という意味で、うるま市内で作られている特別な塩の名前。なんと、ミネラルを世界で一番多く含む塩ということでギネスブックに載ったこともあるんです!牛乳の風味と甘さが際立ちとっても美味しかったですよ!

お店でジェラートを注文するとちょっぴり嬉しいのが、1スプーン別のフレーバーをサービスしてくれること。
たくさんのフレーバーがあってなかなか選べないからこそ、プラス1スプーンが嬉しい!
ちょっと気になっていたけれど注文する勇気がなかったものをぜひ1スプーンで試してみてはいかがでしょうか。

うるまジェラート
持ち帰り用の蓋をしなければ、テイクアウトでも1スプーンサービスあり♪ジェラートを持ってお店の向かいの海岸沿いで食べるのもオススメです。

3.おわりに

うるまジェラートの工房&カフェの近くには世界遺産である「勝連城跡」やドライブスポットである「海中道路」などの名所がたくさんあります。ドライブの小休止でぜひ寄ってみてください。

<うるまジェラート 工房&カフェ>
住  所: 〒904-2301 沖縄県うるま市与那城照間1860-1
電  話: 098-978-8017
定休日: なし ※臨時休業あり
営業時間: 11:00~18:00
(夏季週末のみ10:00~18:00)
駐車場: 有り50台(共有)
http://urugela.com/
★公式サイトではジェラートギフトセットをオンライン通販しているので、ご友人へのプレゼントにもぜひ!
Pocket

コメントを書く

*
*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.