沖縄生まれのファストフード店、ジェフで名物ぬーやるバーガーを実食

Tags:

公開日:2017/5/23

Pocket

沖縄ジェフ戦後アメリカの統治下におかれ、世俗文化に影響を受けた沖縄は、ハンバーガーやステーキなども名物としてあげられます。

沖縄を代表するファーストフードに「A&W」がありますが、もう一方で沖縄で生まれたのが「Jef」(以下、ジェフ)。

ジェフでは普通のバーガーとは一味も二味も違う、ゴーヤーを使ったオリジナルのご当地バーガーが食べられるんです。

今回はその味を確かめるべく実際に食べてきました!

<目次>
1. 沖縄生まれのファストフード「Jef」とは?
2. ローカルらしさ満点のメニュー
3. ソウルフード「ぬーやるバーガー」を実食
4. まとめ

1. 沖縄生まれのファストフード「Jef」とは?

ジェフは、1986年に創業。

沖縄県南部を中心にチェーン展開していて、坂田・与那原・サンライズなは・豊見城の全部で4店舗のみです。

気になる店名の由来は、Japan Excellent Foodの頭文字をとって「Jef」。

ファストフードと言えど、食材は県内産の新鮮なものを使うというこだわり。
年間を通して、提供しているメニューの半数以上が地産地消メニューでないと認められない「おきなわ食材の店」にも登録されているんです。

中でも人気の店舗が豊見城店。
ドライブスルーならぬドライブインスタイルで注目を集めています。

ドライブインスタイルとはアメリカではメジャーなスタイルで、駐車場に車を停めて専用の電話で注文すると店員さんが車まで届けてくれるもの。

もちろん店内でイートインすることもできます。

2. ローカルらしさ満点のメニュー

ゴーヤーバーガー(税込み324円)やぬーやるバーガー(税込み378円)で有名なジェフですが、他にも数多くのメニューのラインナップがあります。

チーズバーガー(税込み280円)やテリヤキバーガー(税込み335円)といったスタンダードなメニューから小ぶりなサイズが可愛らしいミニバーガー(税込み313円)やスペシャルビーフバーガー(税込み594円)など。

バーガーメニューだけでも、ざっと数えて16種類ほどありました。

ちなみに商品名の由来になっている「ぬーやる」とは、沖縄の方言で「なんてこった!」を意味するそう。
今まで食べたことのない味に、なんてこった!となるからでしょうか。

店内入ってすぐに目についたのがこちら。
沖縄ジェフトクホのお茶や野菜ジュース、ブルーシールのアイス。

豊富なバーガーをはじめ

パスタやぜんざい、フレンチトーストなど。沖縄ジェフ

ハンバーガー&フライドチキンの名の通りチキンの種類も豊富です。沖縄ジェフ店舗によってメニューの種類も少しずつ違うそう。
また期間限定メニューなどもあるので、何回行っても飽きなさそうです。
トラベルジオ国際通り特集

3. ソウルフード「ぬーやるバーガー」を実食

時は4月の中旬、平日の13時半頃。

訪れたのは、サンライズ那覇店。牧志第一公設市場から徒歩3分程の商店街の一角にあります。
沖縄ジェフ

さっそく店内へ足を踏み入れると、平日にも関わらず座席は8割ほど埋まっています。私を除くと、地元のおばあしかいません。

今回筆者が注文したのは、ジェフオリジナルのぬーやるバーガーコンボ(税込み648円)。

ちなみにセットで付いているポテトは無料でゴーヤーリング(4ヶ入り)もしくは、シーザーサラダに変更することができます。

せっかくなのでゴーヤーリングを注文。

ドリンクはMからSにサイズダウンでマイナス50円です。

注文するとこんなカードを渡されました。
沖縄ジェフ注文してから作るため少し時間がかかるとのこと。

そして待つこと5分、ついにきました。
沖縄ジェフぬーやるバーガー、ゴーヤーリング、そしてアイスティーSサイズの3点セット。
ケチャップは欲しい方はスタッフの方に言うと、このような小さい容器に入れてくれます。

まずはゴーヤーリングからいただきましょう。
沖縄ジェフ大きさは、小さめの一口サイズ。

かじってみると、想像以上に苦みの強さを感じました。
沖縄ジェフゴーヤーが苦手な方には厳しいかもしれませんが、これくらいパンチが効いている方が「ゴーヤー食べてる」という感じ。
ケチャップを付けると酸味も加わって、また一味変えて楽しめますよ。

それでは念願のぬーやるバーガーをいただきましょう。
沖縄ジェフ大きさは普通のハンバーガーとさほど変わりませんが、持つとずっしりと重みを感じます。

沖縄ジェフたっぷり胡麻が付いたバンズに、ゴーヤー入りのたまごやき、ポークランチョンミート、そしてチーズが挟まっています。
できたてなので、かなりアツアツ。

いざ、実食。
沖縄ジェフゴーヤの苦みをたっぷりのマヨネーズが緩和してくれています。
スパムの塩味とスライスチーズのコクも見事にマッチ。これは期待をはるかに上回る味でした。

国際通り周辺のホテルコラム

4. まとめ

周囲を見回すとぬーやるバーガーを食べていたのは筆者だけ。
おばあはパスタやトースト、そしてデザートにコーヒーなどなど各々のメニューを召し上がっていました。

ハンバーガーといえばアメリカ料理を連想させますが、さすがはぬーやるバーガー、沖縄ならではのオリジナリティを感じることができました。

いずれにしてもオリジナリティ溢れるご当地グルメに大満足、沖縄へお越しの際はぜひ足を運んでみてくださいね。


【ジェフ-サンライズ那覇店-】
■営業時間:09:00~18:00
■定休日:年中無休
■TEL:098-867-4941
■住所:沖縄県那覇市壷屋1-1-5
■駐車場:なし
■HP:http://www.yonabaru.jp/kigyo/jef2.htm
※今回筆者が訪れた【サンライズ那覇店】は緑、ドライブインスタイルが楽しめる【豊見城店】はピンクが目印となっています。


Pocket

Speak Your Mind

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.