Pocket

関西発沖縄旅行で気になる日程、飛行機と空港へのアクセスまとめ

関西発|沖縄旅行イメージ

関西発で沖縄旅行に行きたい!でも、あまり経験がないのでどんな旅行・ツアーをさがせばいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか?

特に初めての沖縄旅行の方など、特に不安ですよね。

ということで関西発の沖縄旅行について、日程や場所、楽しみ方や空港へのアクセスなど、気になる点をざっとご紹介させていただきます。

参考にしていただいて、ぜひ素敵な沖縄旅行を、楽しんでくださいね!

もくじ
1:沖縄旅行、コレが定番!
2:飛行機とその選び方
3:伊丹空港へ行く
4:関西空港へ行く
5:神戸空港へ行く

1:沖縄旅行、コレが定番!

沖縄旅行飛行機イメージ

関西から沖縄旅行に行きたい!という方にとってまず気になるのは、まずは日程、という方が多いです。実際、関西発の場合、どの程度の日程で沖縄旅行を楽しまれる方が多いでしょうか?

結論からすると、弊社の沖縄旅行の予約データから見ると、沖縄の滞在日数の平均はおおよそ2.5泊。2泊3日、もしくは3泊4日というのが一番多い日程でした。

また島別にみると、一番多いのが沖縄本島で約7割、残り3割で石垣島(八重山諸島)、宮古島という順番です。また、特に初めてという方は、まずは沖縄本島という方が多く、2度目・3度目の沖縄旅行で離島を選ばれる方が多いという傾向です。

なお、石垣島や宮古島は遠い!と思われる方もいらっしゃるかとは存じますが、いずれも関西発で直行便が飛んでおり、いずれも関西から3時間以内で到着しちゃいます♪

宮古島イメージ

なおツアーの形態としては、いわゆる団体ツアーよりも個人型のパックツアー(飛行機やホテル・レンタカーなどがセットになったツアー)が主流といえます。

また現地で好きなホテルや友人のお家に泊まる、という場合でも、パックツアーで飛行機往復+1泊付きの格安ツアーを予約すると安いということで、利用される方も多いです。
(旅行会社やツアーによって復路日程の延長が可能な場合、不可能な場合がありますので事前にご確認されてください)

沖縄旅行で何をする?

次は、沖縄に行った人が実際に何をしてるの?というのが気になるかと思います。

まずテッパンとして、観光地に行くということで、「沖縄美ら海水族館」に行きたい、という声がとても多いです。「2泊3日の滞在で沖縄美ら海水族館に行きたいけど、どこに泊まればいい」?というご質問はよくあります。また沖縄美ら海水族館以外にも、琉球村、おきなわワールドやビオスの丘などの有料の観光施設も人気が高いです。

沖縄美ら海水族館

その他夏の旅行として多いのが、「島に行きたい」という声も。石垣島や宮古島はもちろんですが、沖縄本島近郊の島として、無人島の「ナガンヌ島」や「水納島」、「津堅島」などでの海水浴が含まれたプランは人気が高いです。

他方、冬の旅行として人気が高いのが、「八重山の島めぐり」です。沖縄の中でも暖かい石垣島を起点に、西表島や水牛で有名な由布島、小浜島や竹富島を巡る「離島4島めぐり」は特に人気の高いコースです。

その他、首里城観光などを中心に那覇に滞在するツアー、冬に料金が安くなる高級ホテルに泊まるツアーも人気があります。

ぜひしっかり計画をたてて、沖縄旅行を十二分に楽しんでくださいね!

2:飛行機とその選び方

ANAで行く沖縄旅行

関西(伊丹・関空・神戸の3空港)と沖縄を結ぶ飛行機。現在運航しているのは、ANA(全日空)、JAL(日本航空※一部JTA便あり)、ソラシドエア、スカイマーク、そしてLCCのピーチ航空、ジェットスターの6社です。

関西発沖縄旅行ページ用運航データ(スマホの方はクリックすると大きくなります。)

上記は2016年8月の関西各空港と那覇を結ぶ便となりますが、一番多いのはANAで12~13便(ソラシドエアとのコードシェア便含む)、続いてJALが6便、以下ピーチ、ソラシドエア、スカイマーク、ジェットスターと続きます。なお、いわゆるLCCは関空発のみとなります。ということで、各空港ごとでは以下のようにまとめられます。

・大阪市内から一番近くて便利な伊丹は、ANAかJALのみ。
・本数の多さとLCCなど航空券の安さで選ぶなら、関空発。
・神戸発は本数が少ない(実質5便)ものの、スカイマークなど安い場合もあり。

なお、大半のパックツアーの場合は、往復で利用する空港を変える事ができますので、時間や金額で使い分けてもいいですね。

なお那覇以外の離島便は、以下の直行便が運航しています。

関西~石垣
・ANA 1日1往復(関空発着)
・JAL 1日1往復(関空発着)
・ピーチ 1日1往復(関空発着)
関西~宮古
・ANA 1日1往復(関空発着)

但し本数が限られますので、那覇で乗り換えて離島へ向かうというのが主流です。その場合は、同じ航空会社の場合は、那覇で到着から出発まで20分以上の時間があれば、乗継として組み合わせ可能です。

関西発の沖縄旅行を探してみる

3:伊丹空港へ行く

伊丹空港|沖縄旅行Photo by Wikipedia/Sekicho

関西発着の国内線空港として、一番お客様からの要望が高いのが、大阪中心部から一番近い伊丹空港です。

3-1:リムジンバスで行く

伊丹空港利用で一番利便性が高いのが、関西各地から1本で行けるリムジンバスです。
大阪駅前、なんば、天王寺、新大阪や三宮、京都、奈良や関西空港などから出ているのでとても便利です。但し高速道路の渋滞などの不確定な要素もあるので、時間に余裕をもって利用されることをおすすめします。
(詳しくは以下ご覧ください)
http://www.okkbus.co.jp/index2.html

3-2:電車で行く

リムジンバスと比較して、少しややこしいのが電車でのアクセスです。
主には以下の2パターンとなります。
~大阪駅からのアクセス~
①JR大阪駅から徒歩5~6分の「阪急梅田駅」へ。
②阪急梅田駅より阪急電鉄・宝塚線に乗車、蛍池(ほたるがいけ)駅で下車(急行で13分)。
③同じ建物内にある「大阪モノレール 蛍池駅」へ。モノレールで1駅で伊丹空港(大阪空港駅)に到着(約2分)
阪急梅田駅からの所要時間は乗り換え時間含めて25分前後、料金は420円と同区間のリムジンバスよりも安価です。
~新大阪駅からのアクセス~
①地下鉄新大阪駅より地下鉄に乗車し、千里中央駅へ(約15分)。
②地下鉄千里中央駅から徒歩約5分の、大阪モノレール千里中央駅へ。モノレールで4駅で伊丹空港(大阪空港駅)へ(約13分)。
新大阪駅からの所要時間は乗り換え時間含めて40分前後、料金は630円となり、同区間のリムジンバスより割高です。

なお、阪急線で伊丹駅という場所もありますが、伊丹空港までバスに乗る必要がありますので、大阪から行く場合は上記のアクセスをおすすめします。

3-3:マイカーで行く

関西各地在住の方が伊丹空港を重宝する理由の一つが、車でのアクセスがしやすい点です。
最寄りインターは阪神高速の大阪空港出口、もしくは中国道の中国池田IC。いずれも空港ほど近くになります。
但し駐車場は安くなく、空港隣接の駐車場の場合は初めの24時間で2,570円、以後24時間毎に2,060円追加という料金形態。
予め利用が決まっているのなら、民間の駐車場を事前にインターネット予約をされるのがおすすめです。
1泊2日:3,500円前後 2泊3日:5,000円前後、3泊4日:6,000円前後が相場です。
「伊丹空港 駐車場」などの検索ワードで調べていただくと、多数出てきます。

4:関西空港へ行く

関西発|沖縄旅行

続いては関西唯一の国際空港である関西空港。大阪南部にあるため大阪駅(梅田)近辺からは遠いですが、なんば・天王寺などからのアクセスは比較的楽な空港です。

4-1:リムジンバスで行く

伊丹空港同様、関西空港も各地からのリムジンバスが多く出ており便利です。JR大阪駅(梅田)、新大阪、京都、神戸、奈良、西宮、伊丹空港、和歌山をはじめ、岡山、徳島、高松など遠方からのバスがあるのも特徴です。詳しくは以下の一覧をご覧ください。
http://www.kansai-airport.or.jp/access/bus/index.html

4-2:電車で行く

関西空港の場合、JRと私鉄の南海電鉄の2路線が乗り入れているということもあり、電車でのアクセスが主流です。
JRの場合は「特急はるか」利用で京都や新大阪から、大阪、天王寺からはJRの「関空快速」でいずれも乗り換えなしで行くことができます。
南海電鉄の場合は、大阪ミナミの中心、なんば駅より「特急ラピート」もしくは急行で乗り換えなし。金額はJRよりも南海電鉄の方が安価です。

4-3:マイカーで行く

マイカーで関西空港へ行く場合は、阪神高速もしくは阪和道を利用し、空港連絡橋(往復920円)を利用する流れとなります。
また駐車場料金は初めの24時間:2,570円、以後24時間毎に1,540円追加と、伊丹程ではないものの高い金額になります。
なお、関西空港近隣の民間駐車場は、1泊2日:3,000~3,500円程度、以後1日追加毎に500~1,000円増というのが相場です。但し、深夜の引き渡しの場合に別途料金がかかる場合もあります。

4-4:その他

その他のアクセスとしては、神戸空港から高速船という方法もあります。その場合神戸空港から関西空港第一ターミナルまで約40分と早く、料金は片道1,850円、往復なら3,000円です。

5:神戸空港へ行く

神戸空港|沖縄旅行イメージPhoto by Wikipedia/663highland

最後は神戸空港です。神戸空港は三宮の南に浮かぶポートアイランドのさらに南、という立地となり、「ポートライナー」という電車でのアクセスがメインとなります。

5-1:ポートライナーで行く

ポートライナー(神戸新交通)はJR・阪急・阪神と接続する三宮駅から乗車、約18分で神戸空港駅へ到着します。料金は330円です。

5-2:バスで行く

神戸空港へのバスについては、遠方の徳島から13便、高松から2便、出雲市から1便となっております。詳しくは以下ページをご参照ください。
http://www.kairport.co.jp/access/bus

5-3:マイカーで行く

マイカーで神戸空港へ行く場合、阪神高速3号神戸線を利用し、大阪からは生田川出口、姫路方面からは京橋出口を利用、各出口から空港まで約12~15分程度です。
なお駐車場については、空港隣接の駐車場で24時間あたり1,500円という料金帯ですが、飛行機搭乗者は24時間まで無料サービスがありお得です。

5-4:その他

その他のアクセスとしては、関西空港から高速船という方法もあります。その場合関西空港第一ターミナルから約40分。料金は片道1,850円、往復の場合で3,000円となります。

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.