沖縄のビッグサイズな菓子パン11種類を食べ比べてみた!

Tags: ,

公開日:2017/9/16

Pocket

沖縄の大きなパン
沖縄を愛する皆様こんにちは。
読書の秋、スポーツの秋・・・世の中には色々な秋がありますが、やっぱり『食欲の秋』がNo.1でしょう!

ということで、満を持して帰ってきました食べ比べのお時間です。
今回は(たぶん)うちなー弁当の食べ比べを凌ぐ高カロリー企画。“大きいは正義”の沖縄を代表するビッグなアイツ―――菓子パンの登場です!

今回ピックアップするパンは、どれも沖縄県内のスーパー&コンビニなどで1個¥120~¥200ほど(なかよしパンのみ¥400前後)で購入できるもの。
お値段は安く、カロリーは高く。
沖縄の大きな菓子パン11種類を食べ比べしていきます!

<お品書き>
1.うずまきパン3種
【1】 うずまきサンド|まるそう
【2】 うず巻パン|オキコパン
【3】 うず巻サンド|ぐしけんパン
2.チョコメロンパン2種
【4】 スーパーブラックメロン|オキコパン
【5】 ウルトラメロンチョコ|ぐしけんパン
3.なかよしパン2種
【6】 なかよしパン|ぐしけんパン
【7】 なかよしプレミアム|ぐしけんパン
4.ゼブラパン
【8】ゼブラパン|オキコパン
5.筆者オススメ!沖縄の菓子パン3種
【9】黒糖味UFOパン|ぐしけんパン
【10】シークワーサーあんぱん|ぐしけんパン
【11】マンゴーヨーグルト蒸しパン|オキコパン
6.カロリーなんて怖くないっ!

※ご注意
今回も筆者の独断と偏見でレビューしております。悪しからずご容赦くださいませ。
評価は「インパクト」「まんぷく度」「非ダイエット感」を★5つで評価しました。なお、大きさは商品によってバラつきがあります。記事内はすべて2017年8月現在の情報です。

1.うずまきパン3種

沖縄の大きなパン

まずは、沖縄の菓子パンといえばコレ「うずまきパン」3種類の食べ比べからスタートです!

その名のとおりクルクルと巻かれた見た目が特徴的なパン。中にはシャリシャリとした砂糖感たっぷりのクリームが挟んであります。

沖縄では本島・離島を含めて大小様々なメーカー&店の「うずまきパン(orサンド)」なるものがありますが、元祖は宮古・伊良部島の「まるそう うずまきサンド」なのだそうです。

【1】うずまきサンド|まるそう

沖縄の大きなパン

インパクト:★★★☆☆
まんぷく度:★★★☆☆
非ダイエット感:★★★★☆
大きさ:約15cm/カロリー:不明

コチラが元祖といわれる「うずまきサンド」。
なんとなく計測してみた大きさは15cmで、驚くほど大きいわけではありません。が、ズッシリした重さがあり、なんとも心地よい感じ。
沖縄の大きなパン

パンというよりはマドレーヌなどの焼き菓子に近い“しっかり系”の生地。クリームは素朴な砂糖の甘さ・食感をダイレクトに感じるコトができる仕上がりに。食べ比べた3種類の中では、1番シャリシャリしていました。

生地&クリームのおかげでヒトクチの咀嚼回数が増えます。結果、大きさからは予想できなかった満足感。これ1つで1週間分の糖分を賄えそうです。

まるそうの「うずまきサンド」は宮古島の空港・お土産店などで購入できます。本島で手に入ることは滅多にないので、宮古島へ行った際には是非。

【2】うず巻パン|オキコパン

沖縄の大きなパン

インパクト:★★☆☆☆
まんぷく度:★★☆☆☆
非ダイエット感:★★★☆☆
大きさ:約14cm/カロリー:566kcal

沖縄の2大パンメーカーの1つ、オキコパンの「うず巻パン」。
パッケージのとおり、ふかふかのソフトなパンが特徴です。今回のうずまきパンの中では、群を抜いて柔らか。コッペパンみたい。
沖縄の大きなパン

クリームの量は少なめですが、個人的にはこれくらいがベスト。パンの量に対して、甘さのバランスが絶妙です。砂糖のシャリシャリ感も少なく、バタークリームというより、濃厚なミルククリームのような味わい。

仕事で疲れた時に食べたら、最高!

【3】うず巻サンド|ぐしけんパン

沖縄の大きなパン

インパクト:★★★☆☆
まんぷく度:★★☆☆☆
非ダイエット感:★★★★☆
大きさ:約16cm/カロリー:582kcal

沖縄パンメーカーもう1つの巨頭、ぐしけんパンの「うず巻サンド」。
生地感・甘さ・シャリシャリ感ともに、まるそうとオキコパンの中間ぐらいです。まさに、いいとこどり。
沖縄の大きなパン

密なのに軽い生地もさることながら、特筆すべきはクリームの多さ。シャリっとした舌触りとパンチのある甘さで、存在感がスゴイったらない。全体的にバターの風味が強く『オヤツに甘いもの食べたい!』なんてときにはオススメです。

ちなみに牛乳と良く合います。

2.チョコメロンパン2種

沖縄の大きなパン

さぁ、ここからが本題。
沖縄のビッグサイズな菓子パンの中で、圧倒的な存在感を放つのがコチラのチョコメロンパン2種類。

見よ、この姿を。これが沖縄の菓子パンだ。
沖縄の大きなパン

まるで相手を威圧するかのようなフォルム、そして重量感。

余談ではありますが、沖縄へ移住してきた筆者が1番最初にその存在に気がつき「もしかして沖縄の菓子パンってBig Size!?」と思うきっかけをくれた思い出深いパンたちです。

【4】スーパーブラックメロン|オキコパン

沖縄の大きなパン

インパクト:★★★★☆
まんぷく度:★★★★☆
非ダイエット感:★★★★★
大きさ:約20cm/カロリー:875kcal

直球勝負な甘さが潔いオキコパンの「スーパーブラックメロン」。
表面のクッキー生地はビターな中に隠しきれない甘さを。サンドされたクリームは砂糖のシャリ感が残る濃厚バタークリームで、ストレートな甘さをプラス。

バランス重視の優等生が多いオキコパンの中では、かなりアバンギャルドな存在で、イイ意味で期待を裏切ってくれます。

大きさは「ウルトラメロンチョコ」に負けるものの、甘いのは断然コチラ。

【5】ウルトラメロンチョコ|ぐしけんパン

沖縄の大きなパン

インパクト:★★★★★
まんぷく度:★★★★☆
非ダイエット感:★★★★☆
大きさ:約23cm/カロリー:882kcal

大きさ・おいしさウルトラ級、ぐしけんパンの「ウルトラメロンチョコ」です。ミルクココア風味のクッキー生地にガッツリ覆われて、食べ応えも◎。クリームはマーガリン的なしょっぱさがあり、一緒に食べるとバターコーヒーのような味わいになります。

甘い&しょっぱいで意外とバクバクいける!
ヘトヘトに疲れた部活帰りに『ハラ減った~』と言いながら食べたかったパン。

3.なかよしパン2種

沖縄の大きなパン

いよいよ“ビッグサイズ菓子パン界”のキングが登場です。

『沖縄県民で食べたことがない人はいないのでは』というほど、メジャー。いや、ソウルフードと言っても過言ではない・・・ぐしけんパンの「なかよしパン」です!

以前、沖縄ラボではいくつ知ってる?沖縄ローカルお菓子の記事で、この「なかよしパン」のハーフサイズをご紹介しました。

今回はもちろん、レギュラーサイズをご用意しましたよ!
沖縄の大きなパン

その長さ、なんと約35cm!

「なかよしパン」の特徴は、山ごとに手で簡単に分けられること。仲良く分け合えるから「なかよしパン」なのだと納得する筆者です。

【6】なかよしパン|ぐしけんパン

沖縄の大きなパン

インパクト:★★★★★
まんぷく度:★★★★★
非ダイエット感:★★★★★
大きさ:約35cm/カロリー:1333kcal

まずはスタンダードな味から。
うずまきパン同様、どことなく懐かしさを感じるパンです。素朴なココア味の生地に、優しいミルククリームがサンドされています。長年、沖縄の菓子パン界で不動の人気を誇っているのにも納得。

みんなで分け合って食べるのが前提ですが(たぶん)、1人で食べれば平均的な1日の摂取カロリーのうち成人男性なら約67%・成人女性なら約74%が摂れる、理想的なアンチダイエット食品です。

2017年8月現在では、次に食べ比べる「プレミアム」のほか、「ピーナッツ」「ジャージー&カスタード」味が発売されています。

【7】なかよしプレミアム|ぐしけんパン

沖縄の大きなパン

インパクト:★★★★★
まんぷく度:★★★★★
非ダイエット感:★★★★★★★
大きさ:約35cm/カロリー:1677kcal

その名に相応しいゴージャス感が魅力の「なかよしプレミアム」。チョコレート・メープルクリーム・ピーナッツクリーム、3つの味が1度に楽しめます。非ダイエット感も堂々の★7つを付けてみました。

それでは早速、山を1つ分けて・・・うん。ほろ苦チョコ&香ばしいピーナツクリームの甘さ。コーヒーとも合うなぁ!美味しい・・・ってアレ。

メープルクリームはどこ??

袋を開けた瞬間は確かにメープルの香りがしたのに。と思って解体したら、こんな風になっていました。
沖縄の大きなパン

実は山2つごとに、ピーナッツクリームとメープルクリームが交互にサンドされているのです!何コレ、すっごい楽しい!

メープルクリームもチョコパンとの相性バッチリで、甲乙つけがたい美味しさ。個人的には、かなりストライクで好きな味です。そして、きっと多くの人が好きな味。

美味しい・楽しいなんて、さすが“なかよし”。感服いたしました。

4.ゼブラパン

沖縄の大きなパン

沖縄でロングセラーを誇るビッグサイズな菓子パンで、忘れちゃいけないのが「ゼブラパン」。「なかよしパン」と並んで、県内のスーパー・コンビニには大抵の場合あります。

【8】ゼブラパン|オキコパン

沖縄の大きなパン

インパクト:★★★☆☆
まんぷく度:★★★☆☆
非ダイエット感:★★☆☆☆
大きさ:約15cm/カロリー:563kcal

筆者も大好きな「ゼブラパン」。
厚みのあるパンに、粒ピーナツクリームと黒糖ソースがサンドされています。高級羽毛布団を思わせるふかふかのパンは、さすがオキコパン!
沖縄の大きなパン

クリーム&ソースは、甘さよりも香ばしさが際立つのでパクパク食べられます。カロリーなんか気にしないで、食感と香りを思う存分楽しみましょう。

ちなみに「ゼブラパン」の名前の由来は、横から見たときシマシマになっているから。パッケージのシマウマが首から下げている黄色い看板(?)は、昔ココに値段を印字していた名残なのだとか。

30年以上この島で愛され続ける味をご賞味あれ。

5.筆者オススメ!沖縄の菓子パン3種

沖縄の大きなパン

ビッグサイズではないけれど、せっかくなので筆者オススメの“沖縄っぽさを感じる”菓子パンも食べ比べしたいと思います!

迷いに迷ってラインアップしたのがコチラ。
沖縄の大きなパン

菓子パンとしては標準サイズの3種。
「なんか小さくない?」と思ったアナタは、もう立派なうちなーんちゅ。

【9】黒糖味UFOパン|ぐしけんパン

沖縄の大きなパン

インパクト:★☆☆☆☆
まんぷく度:★★☆☆☆
非ダイエット感:★★☆☆☆
大きさ:約11cm/カロリー:341kcal

表面のシットリとしたカステラ生地が特徴の「黒糖味UFOパン」。
この黒糖味よりも1.5倍ほど大きな「UFOパン」がオリジナルです。ぐしけんパンの心意気を感じずにはいられない、心温まるパッケージで見る人をトリコにしてきた商品。

見た目どおりのシンプルなパンで、黒糖のまろやかな甘さ・香りが楽しめます。

【10】シークワーサーあんぱん|ぐしけんパン

沖縄の大きなパン

インパクト:★☆☆☆☆
まんぷく度:★★★☆☆
非ダイエット感:★★☆☆☆
大きさ:約10cm/カロリー:364kcal

緑茶やさんぴん茶に合うパンを探しているなら迷わず「シークワーサーあんぱん」を。粒あんに、シークワーサーの爽やかな酸味が絶妙にマッチ。柚子羊羹のようなシャレた和菓子の味がします。

【11】マンゴーヨーグルト蒸しパン|オキコパン

沖縄の大きなパン

インパクト:★★☆☆☆
まんぷく度:★☆☆☆☆
非ダイエット感:★★☆☆☆
大きさ:約10cm/カロリー:224kcal

ラストは期間限定販売のオキコパン「マンゴーヨーグルト蒸しパン」。豊見城産のマンゴーを使用したパンで、2013年から毎年コラボ商品を発売しています。今年は、蒸しパンのほか「マンゴーホイップメロンパン」も同時発売中。

蒸しパンはサッパリとした甘さで、冷やすとケーキのような食感になります。これが、かなりイイ。販売は9月ごろまでなので、まだ食べていない人はお試しを!

6.カロリーなんて怖くないっ!

沖縄の大きなパン

大きな菓子パンのようにボリューム満点でお送りしました、今回の食べ比べはいかがでしたか?

まるそうの「うずまきサンド」以外はカロリー記載があったため計算したところ、今回の総カロリーは7407kcal(以上)であることが判明いたしました。

でも正直なところ、カロリーなんて気にしていません!
だって今回の食べ比べも大満足。どれもカロリー度外視で美味しいパンばかりでした。

皆様も沖縄のビッグサイズな菓子パンを楽しんでくださいね。
美味しい菓子パンの情報もお待ちしております♪

Pocket

コメントを書く

*
*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.