沖縄のスーパーで買える「うちなー弁当」10種類を食べ比べてみた!

Tags:

公開日:

Pocket

うちなー弁当10種類食べ比べ イメージ

長い夏も終わり、沖縄はとっても過ごしやすい季節になりました。
こんな時は美味しいお弁当を持って、外でのんびり過ごしたくなります・・・よね?

そこで今回は、食べ比べ史上最強の超高カロリー企画。
沖縄県内のスーパーで買える「うちなー弁当」10種類を食べ比べてみました!

沖縄を代表する5つのスーパーを回り集めたお弁当は、『リーズナブル・満腹・美味しい』の三拍子そろった強者ばかり。

さぁ、アナタが気になるのはどれ?

<ラインアップ>
0.はじめに
1.「イオン」のうちなー弁当3種
1-1.ポーク玉子弁当
1-2.うちなー弁当(チキン)
1-3.うちなー弁当(鯖)
2.「サンエー」のうちなー弁当1種
2-1.おにぎり弁当(鮭&ジューシー)
3.「ユニオン」のうちなー弁当2種
3-1.フーチャンプル弁当
3-2.おにぎりおかずセット
4.「かねひで」のうちなー弁当2種
4-1.タコライス(うちなー風)
4-2.おにドラチキン弁当
5.「丸大」のうちなー弁当2種
5-1.タコライス
5-2.ジューシーセット
6.うちなー弁当より愛をこめて

0.はじめに

うちなー弁当リード文イメージ

今回も筆者の独断と偏見でレビューしております。悪しからずご容赦くださいませ。食べ比べは『まんぷく度』と『うちなー度』を★5つで評価しています。

「うちなー弁当」と一言でいっても多種多様なため、ラインアップしたお弁当は下記のような基準で選びました。

・沖縄っぽさがあること。
・お弁当は400円(税抜)以下であること。
・おにぎり弁当は300円(税抜)以下であること。

※購入店舗等によってお弁当の内容や価格が異なる場合、取扱いがない場合があります。なお記事中の表記価格はすべて税抜きです。

各お弁当の重さイメージ

また『うちなー弁当=ボリューム満点』という筆者のポリシーから、各お弁当の重さも計ってみました♪
一般的に、白米茶碗1杯=150g、大盛りで200g~240gになるそうです。ご参考までに。

以上お含みおきのうえ、食べ比べをお楽しみいただければ幸いです。




1.「イオン」のうちなー弁当3種

沖縄イオン外観

まずは全国区の大手スーパー「イオン」からスタートです♪
沖縄のイオンを運営するのはイオン琉球株式会社。イオンモールは県内に6店舗、系列店も合わせれば、その数なんと41店舗(2016年5月現在)!

ちなみにイオンモールには沖縄らしい専門店やお土産屋さんもあります。良く知った「イオン」ですが、旅行中にちょっと立ち寄ってみても意外と楽しめるスポット。

さて大手スーパーの実力やいかに!?

 1-1.ポーク玉子弁当

ポーク玉子弁当

(▲ポーク玉子弁当/398円)

【評価】
まんぷく度:★★★★★
うちなー度:★★★★☆

ポーク玉子といえば沖縄のソウルフード!
おにぎりや天ぷらにすることが多いですが、コチラのお弁当はなんとも上品?に彩りよく仕上がっています。玉子の上のチリソースがにくい。

副菜に「クーブイリチー(昆布の炒め煮)」「にんじんシリシリ(人参と卵の炒め物)」といった沖縄料理が入っているのも◎。

ポーク玉子弁当

全体的に濃い目の味付けで、何を食べても『白米食え!』と言われているような存在感です。もちろん、白米はハンバーグの下まで“みっちり”。上げ底なんてしていません。

うちなー弁当の定番『揚げ物の下にパスタ』もしっかり踏襲。結果、見た目と重量を裏切らないまんぷく感でした・・・。

1-2.うちなー弁当(チキン)

うちなー弁当(チキン)

(▲うちなー弁当(チキン)/398円)

【評価】
まんぷく度:★★★★☆
うちなー度:★☆☆☆☆

うちなー弁当において、茶色が占める面積は重要です。(筆者持論)
見よ、この肉の素晴らしい存在感を・・・!

照り焼きチキン&チキンカツの下には、もちろんパスタ。そして彩りのため、苦し紛れに乗せられた鮭と高菜。所在なさげな「にんじんシリシリ」が何だか愛おしくなりませんか?

うちなー弁当(チキン)

温めなくても美味しいチキンは『さすが!』ですが、全体的に“お惣菜っぽさ”を強く感じたので、うちなー度は★1つにしました。

このお弁当が『腹八分目』と感じるようになったら、アナタもうちなーんちゅの仲間入り(たぶん)。

1-3.うちなー弁当(鯖)

うちなー弁当(鯖)

(▲うちなー弁当(鯖)/398円)

【評価】
まんぷく度:★★★★☆
うちなー度:★☆☆☆☆

『ダイエット中だから肉より魚かな』なんて人にはコチラ。

上げ底なしの白米に、山盛り焼きそば、ハンバーグも付けちゃうよ!
あ、バランス良く野菜も食べなきゃね。「フーチャンプルー(お麩の炒め物)」と「にんじんシリシリ」もオマケだぃ☆

結論。うちなー弁当を食べるならダイエットは諦めましょう。
胃が限界まで膨れるようなボリューム感まで堪能してこそ、うちなー弁当なのです。

2.「サンエー」のうちなー弁当1種

サンエー外観イメージ

続いてやって来たのは「サンエー」。沖縄ではイオンと双璧をなすスーパーです!
大型店~地元密着の小型店まで、すべて合わせると店舗数は66店(2016年2月現在)とイオンを上回ります。

県民のなかには『デパート』と呼ぶ人も多く、沖縄にはなくてはならない存在といっても過言ではありません。これは、うちなー弁当への期待も高まります!

2-1.おにぎり弁当(鮭&ジューシー)

おにぎり弁当(鮭&ジューシー)

(▲おにぎり弁当(鮭&ジューシー)/290円)

【評価】
まんぷく度:★★★☆☆
うちなー度:★★☆☆☆

サンエーのお弁当コーナーは広いのですが、筆者が行った日に見つけた“沖縄っぽい”お弁当はコチラだけでした。残念。

一見すると可愛らしい「おにぎり弁当」ですが、実際食べるとなかなかの満足感。
というのも、量・味ともにおかず&おにぎりのバランスが素晴らしいんです!

おにぎり弁当(鮭&ジューシー)

唯一の沖縄っぽいメニュー「ジューシーおにぎり」は、少し濃い目で“五目おこわ”のような味わい。

個人的にツボだったのは「からあげ」。今回、食べ比べた中ではダントツでジューシー!ちょっとピリ辛なのもたまりません。さすがサンエーさん、『揚げた鶏肉好き』のうちなーんちゅを良くわかっていらっしゃる。

次は、ぜひ別のお弁当も試してみたいと思いました♪

3.「ユニオン」のうちなー弁当2種

ユニオン外観イメージ

お次は沖縄最後の砦、「フレッシュプラザ ユニオン(以下:ユニオン)」。
県内に18店舗(2016年11月現在)あり、年中無休・24時間営業というだけでなく『台風が来ても閉まらない。ユニオンが閉まったら本格的にヤバイ』といわれているスーパーです。

♪24時間 今も開いてます 勿論それは UNIONですから!♪

というCMソングと『ユニオンですから!』のキャッチフレーズで県民に親しまれています。美味しいうちなー弁当もありますよ、勿論UNIONですから!

3-1.フーチャンプル弁当

フーチャンプル弁当

(▲フーチャンプル弁当/397円)

【評価】
まんぷく度:★★★★★
うちなー度:★★★★★

出ました、今回の食べ比べ最重量!
『重さが美味しさの証』とでも言いたげな重量感です。

名前だけあって「フーチャンプルー」は鬼盛り。ついでに「クーブイリチー」も山盛り。揚げ物on the白米なのも、うちなー弁当っぽくて◎です。

フーチャンプル弁当

メインの「フーチャンプルー」は、ポークの塩味と野菜の食感が絶妙!「クーブイリチー」はダシの味がしっかり。

食べていて筆者は気がつきました・・・これは買ってきたお弁当ではなく『お母さんが作ってくれたお弁当』なのだと。

食べ盛りの我が子のために“あんまー(お母さん)”が作ってくれたお弁当。そんな愛情と質量を感じることができるのも、勿論、ユニオンですから!

3-2.おにぎりおかずセット

おにぎりおかずセット

(▲おにぎりおかずセット/298円)

【評価】
まんぷく度:★★☆☆☆
うちなー度:★★☆☆☆

『彼の前ではガツガツ食べられない』という恥ずかしがり屋な彼女にはコチラ。

ヒトクチサイズのおにぎりは「油みそ」「ツナマヨ」「鮭」の3種類。沖縄の定番、油みそとツナをちゃんと押えているのがイイ!

おにぎりおかずセット

見た目で『少食』をアピールしつつも、実はしっかりオナカにたまる『ちゃっかり系』。
オカズがほぼ肉系なのも素晴らしい。

複雑な乙女心を理解してくれるのも、勿論、ユニオンですから!

4.「かねひで」のうちなー弁当2種

かねひで外観イメージ

4店目は「タウンプラザ かねひで(以下:かねひで)」へ。
こちらも創業以来、沖縄の台所を支え続けているスーパーです。系列店も合わせると県内に60店舗(2016年11月現在)。その数からも、地元に根付いているのが良くわかります!

住宅地にさりげなく建っていることが多く、地元色が濃いのが特徴。沖縄マニアなら間違いなくワクワクするスポットです♪

4-1.タコライス(うちなー風)

タコライス(うちなー風)

(▲タコライス(うちなー風)/380円)

【評価】
まんぷく度:★★★☆☆
うちなー度:★★★★☆

沖縄B級グルメといえばコレ「タコライス」。
かねひでには「タコライス」と「タコライス(うちなー風)」があるのですが、その違いは『オカズとして茶色いモノが乗っているかどうか』。

つまり、タコライス+茶色いモノが乗っていたら、かねひで的には「うちなー風」になるらしい!なんかスゴイ説得力がある・・・気がする!

本来なら、お漬物orポテサラ的なものが乗るであろう場所には「カラアゲ」が鎮座。うちなーを掲げる以上、一切妥協はいたしません。

タコライス(うちなー風)

メインのタコライスは予想以上に本格派。お肉にはしっかりスパイスが効いてて、チーズもたっぷり。素直にウマイ!止まらない!

たっぷりに感じたご飯も、あっという間に食べてしまいました。
これなら別に無理して「うちなー風」にしなくても―――と思ったのは秘密です。

4-2.おにドラチキン弁当

おにドラチキン弁当

(▲おにドラチキン弁当/288円)

【評価】
まんぷく度:★★★★☆
うちなー度:★★★★☆

先ほども言いましたが、沖縄県民は『揚げた鶏肉が大好き』です。

そんな無類の揚げ鶏好きを象徴するメニューが「ドラムチキン」。老若男女みんな大好き、スーパーの惣菜コーナーには必ずと言っていいほど置いてあります。(ない場合はきっと売切れているだけです)

ということで、コチラのお弁当。
「おにぎり」+「ドラムチキン」=「おにドラチキン」です。

おにドラチキン弁当

こんなの美味しくないワケないんです。
もぅ言うなれば、おにぎりがオカズです。サブです。美味しいんだけど、ジューシーおにぎりの肩身の狭さといったらありません。

沖縄のスーパーに行った際は、ぜひ「ドラムチキン」を。肉好きならドラムチキン食べ比べもオススメです♪

5.「丸大」のうちなー弁当2種

丸大外観イメージ

いよいよラスト「丸大」にやって来ました!
こちらも沖縄の人々とともに歩んできたスーパー。県内には11店舗(2016年11月現在)あります。ちなみに、沖縄県外にある同名店や食品会社とは無関係だそうです。

昔からある店舗も、新しい店舗も、どこか懐かしいホッコリする雰囲気が特徴。沖縄らしい“まったりお買い物タイム”を楽しめます♪

5-1.タコライス

タコライス

(▲タコライス/398円)

【評価】
まんぷく度:★★★★★
うちなー度:★★☆☆☆

ソースカツon the タコライス。
タコライスなのにソースカツをガッツリ乗せちゃうあたりがスゴク好き。もはや説明不要かと思いますが、下は“みっちり白米”です。

タコライス

甘口のソースカツと、タコライスの相性が◎。
というのも、タコライスのお肉が「和風より」なんです。普通のタコライスと思ってコレを食べると驚きます。タコライス風そぼろ丼です。

タコライスチリソース

ちなみに、ピリリと辛いホットソースが付いています。でもコレをかけても、そこはかとない“そぼろ丼”感。美味しいんですけどね!

フレッシュなトマト&レタスもたっぷりで、個人的にはかなり好きでした。そしてかなりオナカいっぱいになりました。

5-2.ジューシーセット

ジューシーセット

(▲ジューシーセット/271円)

【評価】
まんぷく度:★★★☆☆
うちなー度:★★★☆☆

〆はやっぱり?おにぎりでしょう!
今回の食べ比べでジューシーおにぎりをいくつか食べましたが、コチラは一押し。根菜やキノコの素朴な味が家庭的で美味しい一品です。

ジューシーセット

冷めてても温めてもおにぎりが美味しいのは、本当に美味しいからだと思います!
ちなみに、ゆで卵に塩味が付いているのがイイ。パスタ&茶色いモノも乗っているのがイイ。

コンパクトながらうちなー魂を感じるお弁当でした!

6.うちなー弁当より愛をこめて

うちなー弁当イメージ

沖縄のスーパーで買える「うちなー弁当」にスポットをあてお送りした今回の食べ比べ。皆様お楽しみいただけましたでしょうか?

もちろん、各スーパーにはご紹介できなかった美味しいお弁当がまだまだあります。ぜひ1度足を運んで、アナタのお気に入りを探してみてくださいね♪

皆様からの「美味しいうちなー弁当」情報もお待ちしています!

Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.