地底に眠る神秘の世界!南の島の洞くつ探検が本当にスゴイ

Tags:

公開日:2016/8/1

Pocket

おきなわワールドケイビング体験

突然ですが―――
子供のころ「探検ごっこ」に夢中になったことはありませんか?
行ったことのない場所、初めてみる景色。少し不安で、でもそれ以上にドキドキわくわくする不思議な気持ち。

そんな“あの頃の気持ち”を思い出させてくれるとっておきの場所。
それが今回ご紹介する「南の島の洞くつ探検」です!

実は洞くつ探検はCaving(ケイビング)と呼ばれ、海外ではとってもメジャーなスポーツ。
日本ではまだ知名度が低いものの“次にクル”と言われているんです。

観光施設おきなわワールド内にある「玉泉洞」で、注目のケイビングが体験できるというウワサを聞いて、さっそく潜入取材に行ってきました!


<もくじ>
1.「南の島の洞くつ探検」って何をするの?
2.洞くつ探検ツアーに参加してみよう!
3.洞くつ探検を満喫するために
4.「南の島の洞くつ探検」予約&詳細情報
5.美しい暗闇の世界へ!

1.「南の島の洞くつ探検」って何をするの?

おきなわワールドケイビング体験

「南の島の洞くつ探検」が体験できるのは、沖縄本島・南部のおきなわワールド内にある「玉泉洞(ぎょくせんどう)」。

玉泉洞は国内でも最大級の規模を誇る鍾乳洞で、その全長はなんと5,000m!
那覇の国際通りを1往復半できてしまう長さがあるんです。

現在、一般公開されている観光エリアは890mのみで、残り4,000m以上は未公開エリアとなっています。

もちろん、今回「洞くつ探検」に出掛けるのは、この未公開エリア内。
通常なら入ることのできない場所に、“期間限定”で“ツアー参加者だけ”が入ることができるのです!

おきなわワールドケイビング体験

洞くつ探検は専用装備に着替えます。
頼りになるのはヘッドライトの明かりだけ。鍾乳石の間をくぐり抜け、時には地下川をさかのぼり、未知の世界へと奥深く進んでいきます。

そう「南の島の洞くつ探検」は、その名のとおり地底の世界を“探検”します。
つまり、見たことのない世界をカラダ全部で体験する「体感型ツアー」なのです!

2.洞くつ探検ツアーに参加してみよう!

おきなわワールドケイビング体験

「南の島の洞くつ探検」は、観光用に整備されていない未公開エリアを進みます。
そのため、専門のケイビングインストラクターが同行するツアーに参加する必要があります。

また暗く狭い洞窟を安全に進むために、専用の装備は必須です!探検服に着替え、ヘルメットをすれば気分は一気に探検家モード。(※探検服一式はレンタルあり。詳細は後記参照)

そして何より、探検家たるもの自然への畏怖と敬意を忘れてはいけません。
探検にあたっての注意事項はよく聞きましょう!

というのも、洞くつ内の未公開エリアは研究用の貴重な保存エリアでもあります。
安全に楽しむためだけでなく、美しい鍾乳洞を守るためにもルールとマナーはとっても大切です。

探検家としての心構えができたら、いよいよ洞くつ探検へと出発です!

おきなわワールドケイビング体験

洞くつ探検は、一般公開されているエリアからスタートします。
整備された鍾乳洞内を進んでいると、インストラクターさんから突然

『さぁ、みなさんがこれから行くのはあちらですよ!』の声が―――

探検家たちが向けた視線の先にはポッカリとクチを開けた暗闇。
ワクワクするのと同時に、ちょっと動揺したのは筆者だけではないはず・・・。

観光用エリアの柵を乗り越えたら、ここからが探検の本番です!

おきなわワールドケイビング体験

鍾乳石がせり出した道なき道。
胸の高さほど水位のある川。

しゃがんだり登ったりを繰り返すと、涼しい洞くつ内でもうっすら汗を感じるほど。
ケイビング=スポーツというのに納得です。

そして1つの難所を越えるごとに、ツアー参加者に“探検隊”としての一体感が生まれていきます。自然と声を掛け合い励まし合う姿は、まさにチームスポーツ!

最初は足元すら危うかった探検家たちも、だんだんとコツをつかみ勇ましく洞くつの奥へと進んでいきます。

おきなわワールドケイビング体験

洞くつに慣れ余裕が出てくると、今度は暗闇に広がる魅惑的な世界に心奪われます。

ライトに照らされた真っ白な鍾乳石は「宝石」という言葉がぴったり。
どこを向いても鍾乳石に囲まれた白い世界は圧巻です!

ツアーの要所では、インストラクターさんが丁寧に解説してくれるのも嬉しいポイント。
目の前に広がる世界が、何万年もかけて創られたものだと分かると感動も倍増です。

美しい鍾乳石を見つけるたび、不思議な生き物たちと出会うたびに探検家たちから歓声が上がります。

おきなわワールドケイビング体験

心躍る約80分の探検ツアーは、驚きと感動の余韻を残して終了。
あっというまに感じた洞くつ探検でしたが、太陽の光が見えた瞬間に思わず『帰ってきたぞ!』と叫びたくなりました。

この日、共に未知の世界を体感した12名の探検家たちの笑顔にも達成感がにじみます。

おきなわワールドケイビング体験

さらに洞くつから無事に生還すると、日付と名前が入った探検証明書をもらうことができます!

これは困難な探検を乗り越え、再び日の光を見ることができた自分へのご褒美。
記念すべきこの日を忘れないと筆者は強く心に誓いました。

※あくまで筆者個人の感想です。

「南の島の洞くつ探検」は、安全にケイビングを楽しむことができるツアーです。
どなたでも、ちゃんと生還できますのでご安心ください。

3.洞くつ探検を満喫するために

おきなわワールドケイビング体験

 3-1.参加できる年齢は?

「南の島の洞くつ探検」は6才以上から参加できます。
参加年齢の上限は特にないので、健康であれば高齢の方でも参加OK!

ただし、小学4年生以下は保護者の同伴が必要です。

ツアーでは探検隊の前後に専門のインストラクターさんが同行してくれますが、洞くつ内では大人の胸まで水につかることも。
水が苦手なお子様の場合は保護者がしっかりサポートしてあげてください。

取材をした日は、小学校低学年のお子さんから、カップル、還暦を迎えたご夫婦まで幅広い年齢の方がケイビングを楽しんでいました♪

 3-2.用意するものは?

おきなわワールドケイビング体験

安全に洞くつ探検をするために専用の装備は必須。
1,000円で靴・タオルを含む探検服一式がレンタルできるので手軽でオススメです。自分で用意する場合は下記URLを参考にしてくださいね!

また水に浸かるため、探検服の中には水着とラッシュガードを着用するのが◎。
特に小さなお子様や冷えやすい女性はラッシュガードも着ておくと安心です。

■レンタルできるもの
・探検服一式(1,000円)
[つなぎ・軍手・ウォーターシューズ・タオル]
※単品レンタルも可
※ヘルメット・ヘッドランプはツアー料金に含まれます。

■あると便利なもの
・水着、ラッシュガード
・濡れた水着などを入れるビニール袋
・大きめのタオル
・荷物をまとめやすい大きいバッグ

3-3.ロッカーや着替える場所はある?

おきなわワールドケイビング体験

コインロッカー(有料)・個室シャワールームが完備されています。

探検に行く際、基本は手ぶらとなります。
防水仕様のカメラは持ち込めますが、貴重品はロッカーに預けます。

気になる着替えは男女別の個室シャワールームがあるので安心。
探検のあと、濡れた体をシャワーで洗い流すこともできます。

ボディソープ&リンスインシャンプーも用意されているので持参する必要はありません。
(※シャワー利用はツアー料金に含まれています)

ただレンタルのタオルは小さめなので、大きいタオルがあると便利。
また着替えやシャワーのときは荷物を持って移動するので、荷物をまとめられる様なバッグだとラクチンです♪

4.「南の島の洞くつ探検」予約&詳細情報

おきなわワールドケイビング体験

「南の島の洞くつ探検」に参加するには前日までに予約が必要です。
ツアーは1日複数回ありますが、定員があるので予定が決まったら早めの予約を!

【ツアーについて】
■申込み方法:完全予約制(※前日17:00までに電話予約)
■参加年齢 :6才以上
■所要時間 :約2時間30分(※着替え等 含む)
■開催期間 :2017年7月15日~9月30日
■スタート時間:月-金10:00、11:00 土・日・祝10:00、11:00、14:00
(ただし 9月は土-金10:00、土・日・祝10:00、13:00)
■料金   :3,000円(大人・小人一律)

★得割について
電話予約限定の得割プランもあります。女子旅・夫婦旅で洞くつ体験なんて、どんな新しい経験が待っているのでしょう。
「レディースデイ」
:毎週水曜日。3名以上のグループの場合、女性の探検服一式レンタルが無料
「夫婦の日」
:毎月22日。夫婦2人で参加料金3,000円
予約電話番号:098-949-7421(おきなわワールド 玉泉洞)

おきなわワールドケイビング体験

【アクセス】
那覇空港から車で所要時間:約30分(おきなわワールド内)

【詳細情報】
■TEL:098-949-7421
■受付:9:00~18:00
■住所:沖縄県南城市玉城字前川1336
■HP:http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/okinawacave/exploration.html

5.美しい暗闇の世界へ!

沖縄の青い海と空。
その足元には想像もつかないような長い長い時間をかけて創られた、力強く美しい神秘の世界が広がっていました。

最後に今回のツアーに同行してくれたケイビングインストラクターさんに洞くつ探検の魅力について聞いてみました。

『たった1つの鍾乳石からでも、洞くつについて色々と知ることができます。洞くつ探検は知的好奇心も満足させてくれるんです!』

『この場所にしかないもの、ここにしかない価値を体感できるのがツアーの醍醐味です。期間限定ツアーなので、この時期だけの特別な洞くつの楽しみ方ですよ!』

たしかに、洞くつ探検は普段じゃ味わえない特別な体験でした!
地上に戻ったときの達成感もヤミツキになりそう・・・。

夏は海?
いえいえ、今年の夏は洞くつ探検で決まりでしょう!

洞くつ探検

Pocket

コメントを書く

*

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.