沖縄ゲストハウス宿泊体験記│女性にもおすすめしたい「空ハウス」

Tags:

公開日:2017/11/9

最近よく耳にするゲストハウスやAirbnbは、リーズナブルでクオリティが高いものが増えてきていると言います。

とはいえホテルとは違って共同スペースがあったり、完全なプライベート空間で過ごせるわけではないので、初めての方には少しハードルが高いのではないでしょうか?

今回はじっさいに筆者(20代・女性)がはじめて一人で宿泊。
その様子と感じたことをご紹介します!

<目次>
1. こんなトコロに泊まってきました
1-1 ほっこりゆんたくスペース
1-2 清潔感満点◎共同スペース
1-3 コンパクトなゲストルーム
2. じっさいに泊まってみて感じたこと
3. おわりに-ルールを守って快適に過ごそう-

1. こんなトコロに泊まってきました

今回筆者がゲストハウスを調べるうえでしぼった条件としては、女性に安心・ゆいレールの駅から徒歩圏内・ゆんたくスペースがあるという3つの条件。

すみからすみまで口コミもチェック、清潔でアットホームという言葉にひかれ「空ハウス」を予約しました。

そんな「空ハウス」は、ゆいレール美栄橋駅から徒歩2分と抜群のアクセス。
改札北口を出て横断歩道を2つこえると左手に看板が見えてきます。沖縄 ゲストハウス階段を上がって3階でチェックイン。
エレベーターはなく、荷物の上げ下げは全て自分で行うようになっています。沖縄 ゲストハウス3階に上がってドアを開けると、ゆんたくスペースのお出迎え。
チェックインは15時からですが、それまでは3階に荷物を置いてOKです。沖縄 ゲストハウス貴重品などは鍵付きロッカーに入れておけるのも安心。
保証金として事前に1,000円払う必要があるので、現金の準備はお忘れなく。沖縄 ゲストハウス以下ではより具体的な様子をスペースごとにご案内します。

1-1 ほっこりゆんたくスペース

チェックインカウンターのある3階がリビングのある共同スペース。
グリーンがたくさん生い茂り、木の温もり感じられる居心地の良い空間になっています。沖縄 ゲストハウス写真左がチェックインカウンター兼、管理人室。
滞在中何か分からないことがあれば、こちらまでどうぞ。

受付の前にはスタッフの方お手製の観光情報マップもありますよ。沖縄 ゲストハウス部屋の奥まで進むと、アイロンスペースがありました。沖縄 ゲストハウスフリーパソコンも一台、1回につき15分間のルール。
またリビングのみならず客室内にもWi-Fiがあり、感度抜群でした。沖縄 ゲストハウスみんなで使えるダイニングはこんな感じ。沖縄 ゲストハウス右に写っている水色の棚が自由に使えるお皿やコップ、カトラリーのコーナー。ビールグラスにワイングラスまであります。

ご紹介したものは、誰でも自由に使って大丈夫。
24時に完全消灯ですが、それまでは思い思いに過ごしてOKです。

この日は雨が降っていたこともあり、21時頃から消灯の時間までは席に空きがないくらいほどのにぎわい。
日本人のみならず、色んな国のゲストが和気あいあいと楽しんでいました。

じつはここ空ハウスには、テレビがひとつもありません。
でも夜にはお酒を飲みながらゆんたく(おしゃべり)で盛り上がっている光景を見ると、逆にいいなと感じました。

1-2 清潔感満点◎共同スペース

気になる水回りの案内。
ダイニングのすぐ横にあるのがタイル式のキッチン。朝の7時から24時まで利用可能です。沖縄 ゲストハウスIHクッキングヒーターが2台。沖縄 ゲストハウス鍋・フライパン・ボウル・ザルなど、主要なキッチングッズはほとんど何でもそろっています。

塩・コショウ・サラダ油などの調味料も使えるのが嬉しいトコロ。沖縄 ゲストハウス滞在中は自炊している人を見かけませんでしたが、食事の時間帯に電子レンジは大人気。沖縄 ゲストハウス宿から徒歩2分の場所に24時間営業のスーパーがあるのでとっても便利で、お惣菜やお弁当をテイクアウトしている人が目立ちました。冷蔵庫も使い放題です。

ゴミはきちんと分別しましょう。沖縄 ゲストハウス各ボディソープとリンスインシャンプーはあらかじめ用意されていますが、こだわりのある人は持参するのが無難かもしれません。

トイレはウォシュレット付きで、宿泊フロア2・3・4階ごとに男女ひとつずつ付いていますよ。

ドライヤーは洗面所に一台。
洗濯機は1回につき200円で利用OK。長期滞在の方にはありがたいですよね。沖縄 ゲストハウスお天気の良い日は屋上で、そうでない時も乾燥機(有料)も借りられます。沖縄 ゲストハウス女性専用の物干しエリアも完備しているので、下着も安心して干せますよ。

ひと通り利用させていただいたのですが、どこも掃除が行き届いていて清潔感満点◎決して広くはありませんが、使っている方のマナーが良いのも印象的でした。

1-3 コンパクトなゲストルーム

空ハウスのゲストルームは全部で5種類。

男女別相部屋・女性専用・2段ベッド、そしてツインとシングルのお部屋です。今回筆者は、女性専用のドミトリーを利用しました。
宿泊する1週間ほど前にじゃらんから予約で2,000円/1泊。(安すぎる!)

部屋は共同スペースと同じ3階です。沖縄 ゲストハウスお部屋はカプセル式になっていて、全部で10スペース。
このようにブースごとにカーテンで仕切られています。

中はこんな感じ。沖縄 ゲストハウス人ひとりと大きな荷物が一つ入るくらいのコンパクトなスペースです。
筆者はボストンバッグだったので余裕を持って収納できましたが、大きなキャリーバッグを持参している方はリビングに置いている人もいましたよ。

各ベッドごとにコンセント・ライト・ハンガー、そしてちょっとした収納棚がついています。
消灯時間過ぎても、ベッド内のライトは使えるので安心です。

夜うるさくて寝られなかったらどうしようと心配もありましたが、そんなことも一切ありませんでした!

22時以降はゲストハウスの格子戸が施錠されるので、セキュリティ面も安心。
7時前にチェックアウトする場合は、ポストに鍵を入れておけばOKという手軽さです。

ちなみに建物内はすべて禁煙。
たばこのにおいが苦手な筆者にとっては、ありがたかったです。
※建物外に2カ所喫煙場所があります

2. じっさいに泊まってみて感じたこと

今回、ゲストハウスに泊まるのは初めての経験。

ホテルだと全てがプライベート空間になっているので、正直共同スペースには少し不安も感じていたんです。

ですがじっさいに滞在してみるとその不安とは裏腹に、ゲストが綺麗に譲り合って使っていることに驚かされました。
色んな国の方が滞在していましたがみなさんマナーが良かったのも印象的。

何よりスタッフさんがフレンドリーな方で、滞在中はたくさんおしゃべりの相手をしていただきました。
ホテルだとこういった経験はないよなと感じたのと同時に、さみしい思いをすることもありませんでしたよ。

あとゲストハウスって若い人ばかりのイメージがあったのですが、そんなことはなく色んな年齢層の方がいらっしゃったのも意外でした。

リピーターさんが多いのも納得です◎

3. おわりに-ルールを守って快適に過ごそう-

沖縄 ゲストハウス写真は宿の利用規約。A4の紙に決まりごとがびっしりと書き連ねてあります。

チェックインの支払い前に熟読するのですが、正直「こんなに決まりがあるの?」というのが率直な意見でした。

しかし色んな国籍の方がひとつ下の屋根で共同生活を送る以上、納得しなければ泊められないというスタンスな訳です。
何度も前述していますが、泊まっている方のマナーがきちんとしているのも納得。

ちなみに空ハウスに泊まる際は、身分証の提示は必須。忘れずに携帯してくださいね。

ルールを守って快適なゲストハウス滞在を楽しみましょう!
那覇へお越しの際は、ぜひご検討されてみてはいかがでしょうか?


〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2-24-15 3F
ゆいレール美栄橋駅より徒歩2分
駐車場:なし
Tel& fax:098-861-9939
チェックイン 15:00~22:00 チェックアウト11:00
公式HP:http://www.mco.ne.jp/~sora39/index.htm

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.