沖縄で極上エンターテインメント!秋冬の旅行は「Ship of the Ryukyu」を楽しもう

Tags:

公開日:

Ship of the Ryukyu
1年を通して暖かい南の島・沖縄。
秋冬の旅行でも、沖縄ならではの楽しみがいっぱいですよね!旅行を計画中のみなさん、素敵なプランは決まりましたか?

「この時期ならではの体験がしたい」
「秋冬のおすすめプランが知りたい」

今回はそんなアナタに、沖縄生まれのとっておきエンターテインメント「Ship of the Ryukyu」をご紹介します。

沖縄好きも、沖縄ツウも、沖縄初めてさんもみ~んな楽しめるイチオシの舞台。この秋冬の旅行は、いつもとは違う特別な思い出を作っちゃいましょう♪

<もくじ>
1.「Ship of the Ryukyu」ってなに?
2.アナタの旅に『とっておき時間』をプラス。見逃せない個性豊かな4つの公演
2-1.『胸が熱くなる時間』|EISA-SPIRIT REQUIOS・王朝伝
2-2.『心おどる時間』|ルン♪ルン♪バルーン♪
2-3.『思いきり笑う時間』|MITT MAN
2-4.『愛があふれる時間』|沖縄燦燦
3.「Ship of the Ryukyu」チケット購入方法&詳細情報
4.沖縄旅行をもっと楽しく!もっと特別に!

1.「Ship of the Ryukyu」ってなに?

Ship of the Ryukyu
「Ship of the Ryukyu」は“沖縄が誇る芸能・文化を、世界中の人にもっと楽しんでもらいたい!”という願いから生まれた舞台公演です。

沖縄の芸能・文化と言われると、なんだか難しそうに感じますが・・・じつは、みなさんが知っているものも多いはず。たとえば

独特のメロディーが心地よい歌三線
力強く太鼓を鳴らすエイサー
色鮮やかな着物で踊る人々

私たちが“沖縄っぽいなぁ”と感じるものの多くが、古くからこの島に息づく芸能・文化です。そして沖縄の人々にとっては日常にあるお馴染みの風景。決して難しいものではありません!

そう、だからこそ沖縄本来の魅力がギュっと詰まっていて、飾らない感動を見る人に届けてくれるのです。
Ship of the Ryukyu

とはいえ、いざ旅行中に聞こう・見ようと思うと「いつ」「どこで」「どんなもの」が見られるのか、調べるのは意外と大変。そこで誰でも気軽に、本格的な芸能を楽しめるようにと誕生したのが「Ship of the Ryukyu」です。

唄と踊りがあふれる島で、生粋のエンターテイナー達が集まり作り上げた舞台。沖縄の芸能・文化を“楽しんで”“知ってもらう”ための極上エンターテインメント。

それが「Ship of the Ryukyu」なのです!

2.アナタの旅に『とっておき時間』をプラス。見逃せない個性豊かな4つの公演

Ship of the Ryukyu

毎年、個性的な公演でファンを増やしている「Ship of the Ryukyu」は今年で5年目。2017年は、4種のコンテンツを那覇市の2つの会場で順次公演します。

会場はどちらも「国際通り」から歩いてすぐの場所にあるので、旅行プランが立てやすいのも嬉しいポイント♪

それでは早速、さらにパワーアップした4公演のみどころをチェックしてみましょう!

2-1.『胸が熱くなる時間』|EISA-SPIRIT REQUIOS・王朝伝

Ship of the Ryukyu

【みどころ】
エイサーをはじめとした沖縄各地の民俗芸能をアレンジした独創的な舞台です。

かつて争いの絶えなかった琉球を統一した英雄・尚巴志(しょうはし)と、彼を取巻く人々を描いた壮大な歴史絵巻。その物語を、沖縄で受け継がれるエイサーで表現します。

力強い太鼓の1打、鍛え抜かれた身体で舞うワザ・・・アツイ男達のエイサーはぶっちぎりの格好良さ。

島に息づくエイサーは今、胸が熱くなるほどパワフルに進化しています!

Ship of the Ryukyu

【公演日程】
9月 22日(20:00)/23日(16:00・20:00)/24日(13:00・16:00)

【会場】
パレット市民劇場
※詳細後記参照

2-2.『心おどる時間』|ルン♪ルン♪バルーン♪

Ship of the Ryukyu

【みどころ】
品格ある美しい琉球舞踊とポップなバルーンアートがひとつになった舞台です。

いっぱいのカラフルなバルーンが舞台と客席をつなぐ、見て・触って・参加する“体感型”の伝統芸能。見るだけでは分からない芸能の奥深さを感じながら、子供も大人も一緒に楽しめます。「伝統芸能に興味はあるけど難しそう・・・」なんて人にもオススメです!

バルーンが膨らめば、笑顔がこぼれる。
アナタもルン♪ルン♪心おどらせてみませんか?

Ship of the Ryukyu

【公演日程】
9月 29日(20:00)/30日(16:00・20:00)
10月 1日(13:00・16:00)

【会場】
テンブスホール(那覇市ぶんかテンブス館)
※詳細後記参照

2-3.『思いきり笑う時間』|MITT MAN

Ship of the Ryukyu

【みどころ】
沖縄発祥の空手×日本の伝統的な和太鼓×コメディーが超合体した異色の舞台。

沖縄にやってきた謎の異星人“ミットマン”たち。お気楽な旅のつもりが、乗って来た宇宙船が壊れてしまい大ピンチ!あれこれ奔走するものの、彼らの大きな両手が邪魔をして上手くいきません・・・果たして無事に飛びたてるの!?

思いきり笑えて、時々カッコイイ。
国境も星も宇宙も越えた面白さを是非!

Ship of the Ryukyu

【公演日程】
10月 6日(20:00)/7日(16:00・20:00)/8日(13:00・16:00)

【会場】
テンブスホール(那覇市ぶんかテンブス館)
※詳細後記参照

2-4.『愛があふれる時間』|沖縄燦燦

Ship of the Ryukyu

【みどころ】
恋する2人の物語を中心に、たくましく生きる人々の姿を描いた沖縄版ミュージカル。

大切な人に出会い恋に落ち、やがて家族になっていく―――そんな幸せな日常を、沖縄の島々に伝わる唄と踊りで彩るハッピーな舞台です。

エネルギッシュな踊り・色鮮やかな衣装・心地よい生演奏。磨き上げられた圧倒的なパフォーマンスは、舞台好きも納得の見ごたえです。

見ればきっと、大切な誰かに会いたくなる。
愛と喜びにあふれた特別な時間に酔いしれてはいかが?

Ship of the Ryukyu

【公演日程】
2月 9日(20:00)/10日(16:00・20:00)/11日(13:00・16:00)

【会場】
テンブスホール(那覇市ぶんかテンブス館)
※詳細後記参照

3.「Ship of the Ryukyu」チケット購入方法&詳細情報

Ship of the Ryukyu

【チケット購入方法】

『見たみたい!』と思ったときが買いどき。
旅行のスケジュールが決まったらチケットを購入しておきましょう♪

チケットは全席指定(税込)「一般/2,500円」「高校生以下/2,000円」(※未就学児に限り膝上での鑑賞無料)。下記サイトより予約・購入が可能です。

■チケット購入はコチラから
URL:http://www.magnetcontents.net/ticket.html 

【会場詳細】
■パレット市民劇場
 住所:沖縄県那覇市久茂地1-1-1パレットくもじ9F
 TEL:098-869-4880

■那覇市ぶんかテンブス館 テンブスホール
 住所:沖縄県那覇市牧志3-2-10
 TEL:098-868-7810

【公演詳細・お問合せ】
■公益財団法人 沖縄県文化振興会
 TEL:098-987-0926
(※土日祝を除く 平日9:00~17:00)

■Ship of the Ryukyu公式サイト
URL:http://www.magnetcontents.net/ 
Facebook:https://www.facebook.com/magnetcontents/ 

4.沖縄旅行をもっと楽しく!もっと特別に!

Ship of the Ryukyu

そこにしかないもの。
その瞬間しか味わえないもの。

足を運んだからこその特別な出会いがあるのも旅の楽しさです。

沖縄で息づく芸能や文化を知ったとき、美しいだけじゃない、面白いだけじゃない、“いつもとは違う沖縄の風景”が見えてくるかも・・・。

今度の旅は、アナタも“ここだけの特別”を楽しんでみませんか。

写真撮影:桑村ヒロシ/VISH LAZCANO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.