沖縄・青の洞窟でダイビング!【体験ダイビング&ファンダイビング】

Tags:

公開日:2016/6/2

Pocket

青の洞窟ダイビング

最近日本でも「青の洞窟」と呼ばれる場所が増えてきましたね。その中でも沖縄の真栄田岬にある青の洞窟は群を抜く青さ!
一歩入ると「ここは本当に沖縄??」とさえ思ってしまう神秘の世界が広がっています。

誰もが一度は憧れる青の洞窟、実際ご自分の目で見てみたいと思いませんか?

そこで今回は、青の洞窟の魅力やオススメツアーについてご紹介したいと思います。
沖縄旅行の思い出作りにいかがでしょうか?

<もくじ>
1.沖縄本島で見られる青の洞窟の魅力
~筆者セレクト!オススメショップ~
2.ピンクマーリンクラブ
3.JAMマリンクラブ

おわりに

1.沖縄本島で見られる青の洞窟の魅力

青の洞窟ダイビング

沖縄本島の真栄田岬は有名な景勝地。
絶景が見られることで多くの観光客で賑わいますが、青の洞窟はこの岬の下にあります。

もともとは漁師さんが台風時に船を非難させるために作られたと言われていますが、現在は屈指のダイビングスポットとして生まれ変わり、自然が織りなす神秘の色を輝かせながら静かに時を過ごしています。

青の洞窟ダイビング

青の洞窟までの行き方としては真栄田岬の階段を降りたところから潜る方法と、船で入り口付近まで行く方法があります。

ダイビングが初めての方でも楽しめるため、常連ダイバーのみならず体験ダイビングのスポットとしても大人気。
水深は5m~20mまでとなっていますが、どのダイビングショップもしっかりフォローしてくれるので安心して楽しむことができます。

青の洞窟ダイビング

青の洞窟はシュノーケルでも行けるのですが、ダイビングじゃないと分からない世界があるのも事実。

実際に潜ってみると、青い輝きの中で楽しそうに回遊しているかわいい魚たちとの出会いや、海底から浮上していく時の吸い込まれそうな美しさ、自然が造りだした地形の数々・・・良さを挙げていくとキリがありません。

青の洞窟ダイビング

因みに出会えるお魚さんたちは、ミスジチョウチョウウオ(写真)やリュウキュウハタンポ、
サザナミヤッコにツマジロオコゼ、そしてカマスやハゼなど。

チョウチョウウオなどはいくつか種類があるため、発見するたびに嬉しいと思いますよ!

青の洞窟ダイビング

沖縄本島で青の洞窟へ行けるツアーは多々ありますが、どこを選んでいのかわからないのが本音かと思います。
でも一度はその世界を覗いてみたいと思いませんか?

そんなアナタへ、筆者がセレクトしたオススメショップを2社ご紹介してきたいと思います。

2.ボートからエントリーしたいならココ!「ピンクマーリンクラブ」

青の洞窟ダイビング

ぷちクルージングを楽しみながら行きたい!という方ならピンクマーリンクラブさんがオススメ。
恩納村に位置しているため、各ホテルからのアクセスもバッチリ!ショップさんが集合場所なので安心です。

先にご紹介した青の洞窟の他にも中北部のポイントを潜ることが可能。
残波岬や万座にかけてのポイントにも強いので、浅く広くよりも狭く深くタイプの方にはピッタリかも知れません。

青の洞窟ダイビング

ポイントまではボートで移動するワケですが、恩納村周辺の海は本当に澄んでいてキレイ!
その景観を楽しめるのもボートダイビングの魅力。海を覗けば潜る前から熱帯魚などが見られますよ♪

ボートも1日4便出港しているので、その前後に観光などの予定も組みやすいかと思います。
※悪天候時はこれに限りではないのであしからず。

初めての方も移動中に器材の説明などをしてくれます。
泳ぎに自信がない!という方も優しいスタッフさんたちが手とり足とり教えてくれるので、わからないコトは何でも解決しておくのがポイント。

ダイビングをすることによって泳ぎに自信が付いた!という方がいるほどなんですよ!

青の洞窟ダイビング

青の洞窟付近へ到着するといよいよ海へ潜ります。
足が付かない場所へ潜るのは若干抵抗があるアナタも大丈夫!ベテランのインストラクターさんが一緒なので、楽しむコトだけを考えてみましょう。

洞窟内は、今まで体験したコトのない神秘の世界がアナタを待っていますよ!

青の洞窟ダイビング

そしてもう1つのポイントは、お魚さんたちに「餌付け」ができるコト。
ただ泳ぐ魚たちを眺めているだけではなく、エサをあげて大量のお魚さんたちと戯れるコトができるんです。

これは大人も子供にも大人気!なかなかできない貴重な体験になると思います。
なお参加は10歳以上、子供用サイズの器材もレンタルできるので、ファミリーでも楽しめちゃいます♪

青の洞窟ダイビング

用意するものもバスタオルと水着だけで異空間へトリップ!
そして早朝ダイビングもあるので、混雑を避けたい方にはオススメ。

なおショップさんの上は宿泊施設になっているので、1日何本も潜りたい方は
なお2階が宿泊できるので、ガッツリ攻めたい方にもオススメ。ライセンスを取得したい方もこれならラクですよね♪

ダイビングとセットになったお得な宿泊パックなどもありますので、ぜひチェックしてみて!

<ピンクマーリンクラブ>
住所:沖縄県国頭郡恩納村前兼久167 ピンクマーリンクラブ
電話:098-965-6060
公式サイトはコチラ
青の洞窟体験ダイビングの予約はこちらからどうぞ!
東京発の青の洞窟ダイビング付ツアーはこちらからどうぞ!

3.現地集合がラク!という方はココ!「JAMマリンクラブ」

青の洞窟ダイビング

せっかくならワイルドに陸から挑戦したい!というアナタにはJAMマリンクラブさんがオススメ。
真栄田岬は景観も良く、天気が良ければ本当に気持ちのいいお散歩ができます。

沖縄らしい海の青さを一望しながらゆっくり階段を降りていき、ちょっぴり汗をかいたあとに海へ・・・という素晴らしい体験ができるコトでしょう。

なお青の洞窟の他にはケラマなどのダイビングにも強いので、合わせて楽しむこともできますよ!
他にも沖縄のキレイな海を守るため、サンゴの養殖ツアーなども開催。興味のある方は一度問い合わせてみましょう。

青の洞窟ダイビング

そしてこちらのショップさんですが、最大の魅力は少人数制で貸し切りもできるコト。
初めてだからこそ、海の中で慌てて付いていくことなく自分のペースで動きたいですよね。

ゆっくりと心に思い出を刻んでいく、その体験があとあとライセンス取得のキッカケになるかも知れませんね。

青の洞窟ダイビング

青の洞窟内では、お魚さんたちがいるポイントや見どころなどをガッチリエスコート。
沖縄の海を知り尽くしているインストラクターさんたちばかりなので、安心して身を任せられます。

この美しさを1人でも多くのダイバーと共有したい・・・そんな思いが伝わってくるハズ。
感動、は海の中でどう接してもらえるかでも違ってくるかと思いますよ!

青の洞窟ダイビング

もう1つのポイントは、ツアー催行中に写真を撮ってくれるコト。
仲間同士やファミリーで、おひとり様でも大丈夫。

ダイビング前に、「どんなポーズで撮ってもらおうかな」と考えるだけでも楽しくなりますよね!
1人も抜けるコトなく思い出が写真になるって、ステキだと思いませんか?

そしてこちらのショップさんは、一部地域であればホテル送迎もしてくれます。
ですので、予約時にどのホテルなら送迎してくれるかを確認した上で押さえるコトをオススメします。

アットホームな雰囲気で居心地の良いショップさんはそんなに多くありません。
おひとり様も大歓迎なので、一度相談してみてくださいね♪

なおアフターは1FのJAM’sBARでゆんたく?と思うほどの雰囲気でリラックスするコトもできますよ♪

<JAMマリンクラブ>
住所:沖縄県中頭郡嘉手納町水釜6-22-13
電話:098-956-9033
公式サイトはコチラ

おわりに

青の洞窟ダイビング

ダイビングの魅力は海底に行くという目的もありますが、付属としてお魚さんたちの出会いや美しいサンゴ礁、そして人の手では決して造るコトのできない神秘を覗くコトも大切ですよね!

実は初めて潜るという場合、どのショップさんで体験するかによってかなり変わってきます。
もう二度とやりたくない!と思う方もいれば、海の魅力に魅せられてしまいプロになる方も。

その分かれ目はショップ選びにかかっていると言っても過言ではありません。
それは海の魅力をショップさんがどう伝えるかにかかっているから。

このように人の人生を左右するほど魅力的なダイビングを、アナタもぜひ体験してみてくださいね!

青の洞窟シュノーケリングツアー特集

☆沖縄の現地体験オプションならこちら!旅プラスワン☆
青の洞窟体験

Pocket

コメントを書く

*

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.