母娘旅で楽しむ宮古島♪おすすめ観光スポットと過ごし方

Tags: ,

公開日:2016/1/26

Pocket

【宮古島観光】さまざまな家族のカタチ ~母娘編~
「旅行は家族で」が当然だった幼いころ。

長い年月を重ねて大きくなった娘と女子旅がしたい、母親と2人だけで旅行へ行きたいと思ったことはありませんか?

でも、いざとなると場所やコースに悩まされるもの。
だって女子旅とはいえ、年齢や趣味の差があるんですもの。

そこで今回は、年齢差も関係なく楽しめる「母娘の旅行」におすすめの宮古島観光スポットをご紹介したいと思います。

さまざまな家族のカタチがあると思いますが、母親へのプレゼントに、お嫁入り前の娘さんとの思い出作りなどにいかがでしょうか。

一緒に楽しめる体験や観光スポットなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

<もくじ(モデルコース順)>
~観光スポットその1~
1.真っすぐに伸びている来間大橋で絶景を確認!
2.来間の竜宮城展望台で宮古の美しさを眺望
~お昼は島caféでひと休み★~
3.島茶屋 ヤッカヤッカ
~観光スポットその2~
4.ユートピアファーム宮古島でウェディングブーケの下見!?
~女子旅ならではの体験スポット~
5.宮古島 東急ホテル&リゾーツで究極スパ体験
~贅を尽くすとはこのこと!たまにだからこそ高級ディナーを。~
6.〆はシェフが目の前で調理してくれる「やえびし 鉄板焼」
おわりに

~観光スポットその1~

1.真っすぐに伸びている来間大橋で絶景を確認!

【宮古島観光】さまざまな家族のカタチ ~母娘編~
宮古島には海の上に敷かれた長い橋がいくつもあります。
船で渡らなくても島へ気軽に行ける手段として、観光客のみならず地元の人々にも重要なものとなっているんです。

その中でも来間大橋は、宮古諸島の中では2番目の長さ。(1番長いのは伊良部大橋です)
宮古島と来間島へと続く全長1,690mの距離は、宮古ブルーに輝く海を左右に見渡しながら軽快にドライブできる絶好のロケーションが続きます。

2.来間の竜宮城展望台で宮古の美しさを眺望

【宮古島観光】さまざまな家族のカタチ ~母娘編~
そして向かうは来間島の「竜宮城展望台」。
来間大橋をはじめ与那覇前浜など、宮古ブルーを一望できるビューポイントです。

竜宮城をイメージして造られた建物は3階建。標高約60mに位置している独特な外観が魅力的です。
また、階段はありますが手すりも付いていますので、そこまでキツくはないと思います。

正面の来間大橋もキレイですが逆側の景観も最高で、長間浜方面の沖が見えますのでぜひ楽しんでみてくださいね。
<竜宮城展望台>
住所:沖縄県宮古島市下地字来間
電話:0980-73-1881 (宮古島観光協会)
料金:無料
駐車場:有り

~お昼は島caféでひと休み★~

3.島茶屋 ヤッカヤッカ

【宮古島観光】さまざまな家族のカタチ ~母娘編~
来間大橋、竜宮城展望台で絶景を堪能したあとは「島カフェ」で休憩を。

来間島に位置する「和」と「洋」そしてウルマのリミックス料理が楽しめる「島茶屋 ヤッカヤッカ」は、気持ちのよい風を感じながら美味しいランチが楽しめます。

メニューは日替わりパスタやカレー、ロコモコ、野菜たっぷりのタコライスはお肉の味つけからするこだわりぶり。
種類が豊富ですので、その日の気分でチョイスができますよ!

【宮古島観光】さまざまな家族のカタチ ~母娘編~
島で味わうスパイシータコライス 800円
またこちらのカフェでは、食事のあとにも楽しめるデザートや、旬の果物で作る美味しいスムージーが味わえるなどバラエティに富んだメニューが並びます。

味も思い出の1つ・・・旅には欠かせない重要なものですよね!
ランチにも休憩にもピッタリのカフェで、ゆっくりとした時間を過ごしてくださいね♪
<島茶屋 ヤッカヤッカ>
住所:宮古島市下地字来間126-3
電話:0980-74-7205
営業時間: 11:30~18:00
定休日:木曜日
URL:http://cafe.miyakojimacity.jp/

~観光スポットその2~

4.ユートピアファーム宮古島でウェディングブーケの下見!?

【宮古島観光】さまざまな家族のカタチ ~母娘編~
腹ごしらえも終わって来間島をあとにしたら、今度は南国の花を鑑賞するのがいかがでしょうか。

ユートピアファーム宮古島では、宮古ならではの美味しいソフトクリームが食べられるパーラーのほか、ブーゲンビレア園、ハイビスカス園、パパイヤ園、マンゴー園などを鑑賞することができます。

中でも日本でも有数の規模で栽培されているマンゴー園では、化学肥料を一切使わないみずみずしい果実を見ることができます。

珍しい品種が栽培されていたりもしますので、一言でマンゴーと言っても奥深いことがわかります。

またハイビスカス園では、およそ200種類にも及ぶハイビスカスを見ることができ、中には稀少な原種などもありますので、ぜひ鑑賞してみてくださいね。

【宮古島観光】さまざまな家族のカタチ ~母娘編~
そしてブーゲンビレア園は、ウェディングブーケにも使用される花々が咲き誇る場所。
将来のために親子でブーケの品定めをするのも楽しいかも。

なおパーラーでは、手作りのワッフルコーンに農園内で栽培されたトロピカルなフルーツが贅沢に使われているソフトクリームも味わうことができます。

トロピカルフルーツジュースも種類が沢山ありますので、2人で違う種類を買って半分こすれば一度で二度美味しい思いができますね。
どれにしようか迷っちゃうね・・・と言う会話も楽しみの1つ。思う存分南国に浸りましょう。
<ユートピアファーム宮古島>
住所:沖縄県宮古島市上野字宮国1714の2
電話:0980-76-2949
URL:http://www.utopia-farm.net/index.htm

~女子旅ならではの体験スポット~

5.宮古島 東急ホテル&リゾーツで究極スパ体験

【宮古島観光】さまざまな家族のカタチ ~母娘編~
宮古島 東急ホテル&リゾーツ内にあるTHE ISLAND SPA「ゆるりあ」では、海からの恵みと島ならではの天然素材を巧みに取り入れた、究極の本格派トリートメントが効果テキメンです!

皮膚表面に膜を張り、水分の蒸発を防ぐ緑藻(りょくそう)エキス、ミネラルやビタミンがたっぷり含有している紅藻(こうそう)エキス、即時に保湿効果が実感できる植物エキス、他にも自然からの戴きもので身体を潤すので、スパ体験が始まったそばからみずみずしさを実感できるはず。

さらに高級感も備わっているから、心身ともに贅沢を味わうことができますよ♪

【宮古島観光】さまざまな家族のカタチ ~母娘編~
サロンは清潔感ある爽やかな雰囲気で、リラックス効果大!
スパ体験では2人で利用できるツインルームもありますので、ゆっくりと癒しの時間を共有できます。

そしてスパのメニューが豊富なのも魅力の1つ。

体調や好みなどで精油をブレンドする琉球アロママッサージや、停滞したエネルギーの流れを良くする宮古島エナジーリバランス、今流行の兆しを見せているハワイ伝統のロミロミにコリをほぐしてくれるマッサージなどボディだけでも盛り沢山。

その他パックやマッサージなどフェイシャルも選ぶことができますよ!
ボディとフェイシャルを合わせたメニューもありますので、お好みで選んでみてくださいね。

【宮古島観光】さまざまな家族のカタチ ~母娘編~
施術を受けている間は母も娘も関係なく、浸透していくエッセンスに包まれながら優しく過ぎて行く時間を楽しみましょう。
<宮古島 東急ホテル&リゾーツ THE ISLAND SPA「ゆるりあ」>
住所:沖縄県宮古島市下地字与那覇914
電話:0980-76-2109
受付時間: 9:00~21:00
URL:http://www.miyakojima-h.tokyuhotels.co.jp/ja/spa/index.html

~贅を尽くすとはこのこと!たまにだからこそ高級ディナーを。~

6.〆はシェフが目の前で調理してくれる「やえびし 鉄板焼」

【宮古島観光】さまざまな家族のカタチ ~母娘編~
スパのあとそのまま宮古島 東急ホテル&リゾーツ内にある「やえびし 鉄板焼」でディナー。

移動することなく食事ができるのもいいところですが、たまにはお金に糸目を付けずに食事を楽しむのもいいですよね!

やえびし 鉄板焼では、国産和牛をはじめ伊勢海老やあわび、その他厳選された素材をシェフが直接調理してくれるのが魅力。
魔法のようなパフォーマンスを目の前に、美味しく仕上がる焼きたて料理を食べるのは、幸せの一言です。

【宮古島観光】さまざまな家族のカタチ ~母娘編~
お酒を嗜まれる方は、食事を楽しみつつ泡盛もオーダーすることができます。
せっかくの島時間ですから、お酒もその土地のものを戴くのもオツですよね。

有名どころの久遠や、8年貯蔵酒をベースに造り上げた古酒菊の露VIP、もちろん泡盛以外にもビール・焼酎・日本酒等各種取り揃えてあります。

ドンペリやモエなどのシャンパンもありますので、記念日や豪華に過ごしたい、という希望も叶います。

何物にも代えがたい大切な時間を、美味しい料理と共に過ごしてみませんか?
<宮古島 東急ホテル&リゾーツ やえびし 鉄板焼>
場所:沖縄県宮古島市下地字与那覇914
営業時間:17:30~22:00(ラストオーダー21:00)
料金:10,000円~
URL:http://www.miyakojima-h.tokyuhotels.co.jp/ja/restaurant/yaebishi_teppanyaki/dinner/index.html

おわりに

【宮古島観光】さまざまな家族のカタチ ~母娘編~
今回のさまざまな家族のカタチ~母娘編~は、来間島周辺をご紹介しました。

キレイな景色を見たり、南国のお花畑をゆっくり散歩したり、美味しいものを食べたり・・・。こういった「旅の共有」ができる素晴らしさを体感できる宮古島の中でも来間周辺は、まさに母娘旅にピッタリです。

そしてせっかく行くのなら女性ならではの過ごし方をしてみると、さらに距離が縮まってより深い絆であることを再確認できるはず。

沢山の思い出はいつまでもいつまでも話題に出ます。そしていつかまた行こうね、と生きる活力にもなります。

お母様へのプレゼントなどにぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

旬香周島おきなわバナー
協力:沖縄県・沖縄観光コンベンションビューロー

【関連記事】
・はじめて宮古島に行く人必見!宮古島おすすめビーチ6選
・宮古島のホテル選び方・基本編|高級リゾートからゲストハウスまで
・食べ歩きしたい!宮古そばを堪能するための全ガイド

Pocket

コメントを書く

*

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.