× 沖縄ツアータイムセール
先着300名!6/7まで開催中
タイムセール会場へ

とにかく安く、石垣島へ行くには?! 格安航空券の探し方、教えます

Tags:

公開日:2015/9/2

石垣島 格安航空券
皆さん、“お得に賢く”旅を楽しんでいますか?

以前、この『沖縄ラボ』でもLCC(=ローコストキャリア)をご紹介しました(こちらを参照)が、LCCとは、機内設備を簡素にするなど徹底的な効率化を図って正規運賃を低価格にした格安航空会社のこと。

LCCをはじめ、各既存の航空会社でも、以前に比べるとかなり航空券が安くなりました。誰でも気軽に旅行できる時代になり、「週末にちょっと沖縄そばが食べたい」なんて贅沢な望みもお安く解決できるかも?!

今回は、日本が誇る屈指のダイビングスポット、石垣島に格安で行く方法をご紹介。LCCと既存航空会社で、ルート(航路)や料金を比較していきます。

<もくじ>
1.東京から石垣島への格安航空券は?
2.関西から石垣島への格安航空券は?
3.中部から石垣島への格安航空券は?
4.福岡から石垣島への格安航空券は?
5.格安航空券だけじゃない!石垣島へ行く方法
まとめ

石垣島ツアー最安値

1.東京から石垣島への格安航空券は?

その1 どんなルートで行ける?

現在、日本国内の主要なLCCはジェットスター・ジャパン、ピーチ・アビエーション、バニラ・エア、エアアジアの4社。
そのうち、新石垣空港に乗り入れているのはピーチとバニラ・エアの2社。
ピーチは関空から、バニラ・エアは成田空港と那覇から乗り入れています。

LCCに限定すると、成田空港発のバニラ・エア直行便を使うか、バニラ・エアジェットスターで成田―那覇、那覇からバニラ・エアに乗り継ぎです。
じつは羽田空港はANA・JALグループ・スカイマークの3社のみで、LCCは就航していません。
羽田発石垣島への直行便はANAとJTA(JALグループ)の2社が運行しています。

成田―石垣のバニラ・エア最安値は片道¥7,480~ほど。
こんな価格で買えたら万々歳。
オフシーズンに石垣島に行くならぜひともバニラ・エアで行きたいですね。

もし直行便がダメでも、バニラ・エアからバニラ・エアの乗り継ぎパターンも◎。
直行便と乗継便、それほど料金差はありません。

成田―那覇をジェットスターにした場合も価格的にはあまり変わりませんが、ジェットスターとバニラ・エアは那覇空港での利用ターミナルが異なるため乗り継ぎには少なくとも2時間は空けたいところ。
※ピーチとバニラ・エアは那覇空港LCCターミナルの利用となります。
時間に余裕がある場合はLCCに限定して探すのもありですが、成田―石垣は1日1便、那覇―石垣も1日2便しか運航していません(2019年4月時点)ので、どうしてもうまくいかない場合はその他航空会社も含め柔軟に対応していきましょう!

なおセール情報を確実にゲットするために、必ず登録しておきたいのが各社のメールマガジン。
セールの発表はメルマガでおこなわれることが多く、こまめにチェックしておけば破格値の情報をいち早く入手できます。

【各社のメールマガジン登録】
・ジェットスター・ジャパン・・・My Jetster登録
・ピーチ・アビエーション・・・Peachメールマガジン登録
・バニラエア・・・NEWSLETTER登録(バニラエアトップページで登録できます)

ちなみに、セールがよく行われるタイミングとしては、1:新路線が発表・発売開始される時、2:閑散期(例えば秋~冬、梅雨の時期など)に入る前、などが挙げられますので、その点は頭にとどめておきましょう♪

その2 既存の航空会社との料金比較

LCC乗り継ぎ便と、石垣島への直行便を持つ既存航空会社との料金を比較してみましょう。

条件としては、羽田もしくは成田空港からの出発は午前中に出発する条件の良い便を利用、割引運賃がある場合は割引運賃を適用しています。
次期によって料金大きく変わるので参考までにご覧ください。

(片道運賃/画像クリックで大きくなります)

関東からの出発場合、料金以外のチェックポイントは

直行便か否か
直行便であれば成田-石垣間たったの3時間。経由利用であれば5~6時間はかかります。
さらに那覇空港での利用ターミナルの異なる場合は+2時間~1日!

羽田空港発か成田空港発か
お住まいの場所によって異なりますが、羽田空港と成田空港のアクセスも考慮すべき。

LCCターミナルからはシャトルバスに乗って那覇国内線ターミナルに移動する必要があるのですが、どんなに少なく見積もっても移動に30分はかかります。
そこから改めてANA/JTAへの搭乗手続きをするので、石垣島に着くまでにはだいたい7時間~もかかるのです。

那覇空港ターミナルのリニューアルが完了し、すべての航空会社が1つの巨大ターミナルの中に!
シャトルバルでの移動は無くなりましたが、LCCで那覇乗り継ぎの必要時間は90分(チェックインや受託手荷物の手続きが必要)です。

料金を比較してみると、高いと思いこんでいたANA/JALの直行便がなぜかとても安い。
なんて不思議なこともあるので、とりあえず希望のパターンをリストアップしてひと通り調べてみるのが無難です。

また、表からは分かりませんが、もう一つ重要な事実として連休日程はLCCも高い!安くはなりません。

時間かお金か、時は金なりとはよく言ったものです。

往復航空券 GEO沖縄

2.関西から石垣島への格安航空券は?

その1 どんなルートで行ける?

沖縄 LCC

2013年3月に「南ぬ島(ぱいぬしま) 石垣空港」が開港したとき、いち早くLCCで乗り入れたのがピーチ。
2019年4月時点では1日1往復で運航しています。

その他条件のLCC路線としては、関空―那覇間でピーチとジェットスターが運行しているので、一部LCCを絡めたパターンであればバリエーション豊富です。

その2 既存の航空会社との料金比較

LCC乗り継ぎ便と、石垣島への直行便を持つ既存航空会社との料金を比較してみましょう。

関空~石垣料金比較表(片道運賃/画像クリックで大きくなります)

直行便は関空からしか出ていない事実。人気の伊丹空港からはANA/JALの乗り継ぎしかないのですが、お値段が割高~。

どうせ関空まで行くなら断然お値打ちなピーチに乗りたい!
以前は予約が埋まりやすいイメージでしたが、今回私が調べた限りは結構空席ある印象。
関西から石垣に行くなら関空利用、なかでもピーチの直行便が一番お得ですね。

関西発はANA/JALとその他航空会社の料金差が大きく、分かりやすいと言えば分かりやすいです。

直近日程はピーチかANA/JALの直行を狙って、出発までに3週間以上あるならピーチの直行がダメならビーチORジェットスター(関空)かスカイマーク(神戸)の経由が安い。
ちなみに伊丹発はANA/JALの経由利用のみ、料金も高い。

繰り返しになりますが、連休日程は料金差がほとんどなくなりますので、航空会社関係なく直行便狙いで探しましょう。

★ツアーなら飛行機もホテルも一括手配★
ライフツアーで石垣島

3.中部から石垣島への格安航空券は?

その1 どんなルートで行ける?

ANAのみ直行便を運行していますが、定番路線というわけでは無いので来年も運行しているかは分かりません。

中部国際空港セントレアに乗り入れているLCCは、ジェットスターのみ。
LCCはまだ就航が少なく発展途上の感が否めませんが、それでも既存航空会社の半額~4分の1の料金で飛行機に乗れるのです。
カバーしている路線は積極的に利用するのが、やはりお得です。

その2 既存の航空会社、乗り継ぎ便の料金比較

LCC/既存の航空会社で乗り継ぐ方法と、どの航空会社に乗り継げば格安なのかを料金比較してみましょう。
中部~石垣料金比較表(片道運賃/画像クリックで大きくなります)

ANAは直行便となり、明らかに料金が高くなっていますね。
JALは直行便が無いため経由になります。
無料Wi-FiなどJALの機内サービスのファンの方もいらっしゃると思いますが、料金と所要時間だけでは選択するにはならないかも。。。

早期予約はJETSTARがぶっちぎりで安価。この理由はオフシーズンは便数が減って、中部国際空港の出発時間が遅めになってしまうから。石垣の到着は夕方になります。
先の日程で考えると、スカイマークが一番使い勝手がいいのかもしれません。

旅プラスワン石垣島

4.福岡から石垣島への格安航空券は?

その1 どんなルートで行ける?

福岡空港

基本的に、福岡発も名古屋と同様。2019年4月時点でANAの直行便が飛んでいますが、シーズンが変わったら継続するかどうかは分かりません。
やはりサクッと行けるのは、とても楽チンで利便性が高いですよね。

その2 既存の航空会社との料金比較

ANA直行便と、LCCと既存の航空会社で那覇空港からの乗り継ぎ便の料金比較を見てみましょう。

福岡~石垣料金比較表(画像クリックで大きくなります)

ジェットスターはLCCにも関わらず便数が多いのですが、想像よりもお値段お高め!
先の日程になると安くはなるのですが、これは飛行機の出発時間が遅くなるため(昼前位)。

こう比較するとANAの直行便かピーチ・スカイマークの乗り継ぎで探してみたい所。
利便性をとるか、安さをとるかで、直行便の価格の印象が変わってきそうですね。

ピーチとスカイマークの料金が拮抗していますが、那覇での利用ターミナルを考慮するとスカイマークに軍配。

5.格安航空券だけじゃない!石垣島へ行く方法

さて、今までは各航空会社の航空券の比較を紹介いたしましたが、石垣島へ安く行く手段として、旅行会社が企画・販売を行うパッケージツアーの存在を忘れてはいけません。

以下の表は、旅行比較サイト「Travel.jp」にて、各出発地毎の石垣島ツアーの料金を調べた結果です。

石垣島ツアー比較

こちらの料金の半額が片道、と考えると、前の項目で紹介した片道料金の最安値より安い場合があることが見て取れます。
しかもパックツアーの場合は、飛行機とホテルに空きがあれば、出発7日前まで予約可能なケースが多いので、特に出発から近い日程で旅行の計画を立てる場合は、パックツアーもあわせて比較することをおすすめします。

石垣島ツアー最安値

~東京発の格安石垣島ツアー~
トラベルジオ石垣島ツアー

まとめ

以上、石垣島への格安航空券を選ぶ方法、安く行くためのコツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
料金比較については旅行時期で大きく変わりますので、実際に比較をしてみて上手に選んでくださいね。

また、迷っているうちに料金が高くなってしまった、なんてこともよくある話ですので、思い切って買うことも重要です!
安く旅費を抑えて、石垣島での旅行を思いっきり楽しんでくださいね♪

・川平湾|一度は行きたい八重山の絶景を詳しく紹介します!
・滞在時間から選べる!石垣島で行くべき観光スポット完全版!
・沖縄に格安で行く!LCCの料金を区間ごとに検証しました【東京・関西・中部・福岡発】

~沖縄のホテル予約なら~
【楽天トラベル】沖縄のホテル・宿を予約

ホワイト・ベアーファミリーの格安石垣島パックツアーはこちらから
しろくまツアーの八重山旅行
☆沖縄の現地体験オプションならこちら!旅プラスワン☆
bannar_oka
格安石垣島ダイビングツアーはこちらから!
石垣島ダイビング

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

北海道の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.