素敵カフェ土花土花プロデュースのコンドミニアムに泊まってきた!

Tags:

公開日:2017/8/25

Pocket

コンドミニアム土花土花
はいたい♪旅行大好き、那覇在住のOLです。
沖縄旅行の宿泊先として最近人気が高まりつつあるコンドミニアム。
沖縄の旅行者はリピーターが8割を超えると言われる位なので、暮らすようにゆったり過ごしたいと思う方が増えているのかもしれません。

今回は以前沖縄ラボでもご紹介した恩納村の素敵カフェ「土花土花」さん(カフェの記事はコチラから)が、2017年1月、カフェのお隣にコンドミニアムを新しくオープンされたとの事でさっそくおじゃましてきました。
オープン当初から気になっていましたが、じっさいに宿泊すると魅力倍増!

今回は“教えたくないほど素晴らしい、コンドミニアム土花土花”の魅力をたっぷりご紹介いたします♪

<もくじ>
1.コンドミニアム土花土花とは
2.コンドミニアム土花土花のお部屋
2-1.各部屋の写真と設備
2-2.地元の食材を使って自炊してみました(夕食)
2-3.地元の食材を使って自炊してみました(朝食)
3.おわりに

1.ホテルコンドミニアム土花土花とは

コンドミニアム土花土花
恩納村の小高い丘に佇む見るからに新しい建物、それがホテルコンドミニアム土花土花です。
3階建ての建物はカフェと同様コンクリート造りのモダンな様相。1フロアにつき1部屋、165平米もある広いお部屋が特徴です。

2.ホテルコンドミニアム土花土花のお部屋

2-1.各部屋の写真と設備

コンドミニアム土花土花
さっそく中へ入ってみましょう。今回、私が宿泊したのは2Fの「海」。
ちなみに、1Fが「森」、2Fが「海」、3Fが「風」。聞くところによると、お部屋ごとに雰囲気が異なるそう。

併設のカフェで鍵を貰い、エントランスのオートロックドアから中へ。
エレベーターはないため、階段を上ります。

玄関を開けてまず飛び込んできたのは、青が眩しい西海岸。大パノラマが広がっています。
コンドミニアム土花土花

バルコニーがとても広いので、カメラに収まりません!こちら左側の景色。遠くに見えるのは残波岬です。
コンドミニアム土花土花
こちら中央からの目線。眼下にはリゾートホテルが立ち並びます。
コンドミニアム土花土花
最後に右側です。写真だとわかりづらいですが、この日は遠くに伊江島タッチュー(美ら海水族館のちょうど向かいあたり)がはっきり見え、素晴らしい眺望に思わず息をのみました。
コンドミニアム土花土花
県内のハイクラスリゾートホテルでもこんなに眺めの良いお部屋、めったにありません。

リビングにはテレビ、6人掛けのソファ、テーブルがあります。
コンドミニアム土花土花
このソファ、とってもフカフカで座り心地が良いんです。一度座ったら最後、立ち上がれなくなっちゃうかも(笑)
コンドミニアム土花土花
キッチンは対面式です。電子レンジ、トースター、電気ポット、炊飯器、一通りの食器が揃っています。
コンドミニアム土花土花
システムキッチンは、3口コンロ、魚焼きグリル、食洗機が付いているので便利!
フライパン・鍋が全てティファール製なのも、嬉しいですね♪
コンドミニアム土花土花
キッチンの横には大きな冷蔵庫が。横の戸棚を開けると洗濯機、ガス衣類乾燥機が隠れていました。もちろん洗剤も常備されています。
余談ですが沖縄ではガスの衣類乾燥機が人気!なんせパワフルでどんどん乾きますので、洗濯物も持ち帰らずに済みます。
コンドミニアム土花土花

続いて、バス・トイレを見てみましょう。
ピカピカの広い洗面台、ウォシュレット付トイレ、洗い場のある広いお風呂。浴槽は、身長170センチの私でもゆったり足を延ばせる広さでした。
コンドミニアム土花土花

アメニティはホテル並みに充実しています。タオルは毎日交換してくれるそう。
コンドミニアム土花土花
シャンプー・コンディショナー・ボディーソープは、ご当地自然派コスメの「RYUSPA」。一般的なものは一通り揃っている感じです。女性なら、さしあたりクレンジングと化粧水さえ持っていけば事足りそうです。
コンドミニアム土花土花

また、このコンドミニアムの特徴のひとつが、バス・トイレが2ヶ所あること。
下記は全てのお部屋の間取り。主寝室専用の1ヶ所とキッチンの横に1ヶ所、バス・トイレがあるんです。
コンドミニアム土花土花

普段、大所帯で旅行することがないため気づかなかったのですが、バス・トイレが複数ヶ所あるのって、グループ旅行や二世帯・三世帯の旅行の際は凄く便利!
今回私は彼と彼の両親と4人で宿泊したのですが、バス・トイレ2ヶ所のお陰で順番に気を遣うこともなくとても快適。
コンドミニアム土花土花
いつか2名以上で旅行する機会があれば、今回の様にバス・トイレ2ヶ所以上のお宿から選びたいなと思いました。

続いてベッドルームです。
コンドミニアム土花土花
ベッドルームは3部屋、全てのお部屋にセミダブルのベッドが2台ずつあります。糊のきいたシーツが清々しい♪パリッとした寝具って、本当に気持ち良いですよね。こりゃいい夢見れそうだ。

2-2.地元の食材を使って自炊してみた(夕食)

コンドミニアム土花土花
夕食はぴっかぴかのシステムキッチンで自炊してみました。
土花土花から車で5分程の場所に、「おんなの駅なかゆくい市場(ファーマーズマーケーット)」もあるので、スーパーには売ってない、地元の食材を使った料理も楽しめますよ。

夕食に作ったのは、牛肉と大根の和風カレーと、モーイ(赤うり)のお漬物、ゴーヤーとササミの梅肉和え、島らっきょうの塩漬け、ミミガーくらげです。
コンドミニアム土花土花

モーイ(中央)は夏が旬で、ファーマーズマーケットでは15センチ程の大きさが100~150円で手に入ります。醤油と少しのお酢、砂糖、ごま油で漬けて30分冷やすと、パリパリで美味~♪

お鍋で煮込んだ和風カレーも、とっても美味しかったです。洗う時もこびりつかず楽だったので、団らんの時間が増えました♪
コンドミニアム土花土花

夕食を食べていると、周りの景色が赤く染まりだしました。こんなに綺麗な夕陽を見たのは久しぶりです。ホント、泊まって良かった・・・。
コンドミニアム土花土花
夕食後は各自、自分の時間を楽しみました。Wi-Fiも各階に完備されているので、私はビールを飲みながらスマホでネットサーフィン。彼は仕事をしていました。PCでの動作もサクサク!
コンドミニアム土花土花

2-3.地元の食材を使って自炊してみました(朝食)

コンドミニアム土花土花
翌朝はセミの鳴く声で目が覚めました。カーテンを開けると美しい朝焼けが広がっていました。早朝の風は涼しくて心地いい♪

こちらが自炊した朝ご飯です。
コンドミニアム土花土花
だし巻き卵、にんじんシリシリ、冬瓜の鶏そぼろ煮、ヘチマのお味噌汁、ジーマーミ豆腐、もずく、昨日の余りのお漬物達。朝からモリモリ食べました。これだけ作ると片付けが大変そうに思うかもしれませんが、キッチンに食洗機が付いているので楽ちんでしたよ。

洗浄後は拭いて元の場所へ戻します。空き缶・ペットボトルなどゴミの分別も忘れずに。みんなで綺麗に片づけてチェックアウトしましょう。
コンドミニアム土花土花

3.おわりに

コンドミニアムって設備やインテリアに年季が入っていたり場所が不便だったりするイメージがありましたが、コンドミニアム土花土花の設備はピッカピカの最新式ですし、恩納村のバイパスからすぐの便利な立地にあるので観光にも買い出しにもgood!旅行にもバッチリです。

秘密にしておきたい気もするけど、一度泊まってみても欲しい。1日3部屋のみという事でいっぱいで泊まれなくなったら悲しいのですが、このすばらしさはお伝えせずにはいられませんでした。

 

コンドミニアム土花土花
住所 沖縄県国頭郡恩納村前兼久241-3
電話 080-2775-5341
アクセス 沖縄自動車道石川I.Cから車でおよそ5分/国道58号線
HP http://dokadoka.jp/
チェックイン/アウト 15:00/11:00
備考 全客室禁煙
Pocket

コメントを書く

*
*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.