大迫力の沖縄ホエールウォッチングツアー|冬だけの特別な出会いに感動!

Tags:

公開日:

Pocket

沖縄ホエールウォッチングただ今シーズン真っ盛りのホエールウォッチング。

温かい海での繁殖を求めに、多くのクジラが沖縄に来ています。
全国で見られる場所は沢山ありますが、沖縄は遭遇率が高いことで有名です。

さまざまなパフォーマンスで見る人を楽しませてくれて、ダイナミックな動きも魅力の1つ!
そんな野生のクジラを一度は見てみたい、と思ったことありませんか?

そこで今回は、沖縄でホエールウォッチングができる場所やツアーをまとめました。
4月までの限定期間を逃さずに、今年こそはチャレンジしてみましょう!


<もくじ>
1.沖縄のホエールウォッチングの基本情報
2.那覇から楽しむホエールウォッチング
3.中部(北谷)から楽しむホエールウォッチング
4.北部から楽しむホエールウォッチング
5.ホエールウォッチングを楽しむ注意点
まとめ

1.沖縄のホエールウォッチングの基本情報

沖縄ホエールウォッチング

遠いシベリアからクジラがやってくる時期はおおよそ12月から。
繁殖期が始まり、去っていくのは4月頃と言われています。

日本でもあちこちクジラが見られる場所はありますが、最もポピュラーなのはやっぱり沖縄。
那覇市、北谷から出発してサンゴ礁がキレイなことで有名な慶良間(ケラマ)でのウォッチングや、北部でも楽しむことができます。

沖縄ホエールウォッチング

ポイントまでクジラを見に行く手段は船のみです。
主に高速船で向かいますが、それには意味があります。

実は、クジラはとっても臆病。小回りのきく高速船は怖がらせることなく接近しやすいんです。

毎日海を見ている船長が目を光らせてクジラを探しますが、その他にも地元の漁業組合との連携があり、見つかると無線で教えてくれます。
ご存じの通り泳ぐ生き物ですので、ポイントまで行ってみたけどいなかった、ということも・・・。

でも高速船はその名の通り早く移動できますので、クジラが見つかるとすぐさま次のポイントまで移動できるという気軽さもいいところです。

沖縄ホエールウォッチング

では、ホエールウォッチングの相場はどうなっているのでしょう。
2015年調べでは、沖縄県の相場は約3時間でおおよそ4,200円~4,500円です。

どこの催行会社も料金設定を同じにしているようですが、サービスが違ってくるのでご自分に合ったところを検討されると良いと思います。
そのサービスについては後ほどご紹介していきますね!

沖縄ホエールウォッチング

そして何より気になるクジラとの遭遇率ですが、沖縄は最も高い95%~98%と言われています。

なぜ高いかというと、先にご紹介した漁業組合の協力のほか、無線でやり取りをしながら催行会社同士が力を合わせていることも挙げられます。

悪天候時、波が高かったり強風などの場合は、どの催行会社も中止になるかと思います。

そうなってもいいように、ホエールウォッチングを楽しみたい方は初日の予約がオススメです。万が一中止になった場合でも代替えがききます。

ご自分が受けたいツアー特典と滞在する場所で決めましょう。

2.那覇から楽しむホエールウォッチング

那覇発は慶良間諸島の座間味島近海が主なポイントになります。
那覇からは数多くの会社がホエールウォッチングツアーを実施しておりますが、今回はその中から「セルリアンブルー」さんを例に、ツアーの内容・様子をご紹介させていただきます。

沖縄ホエールウォッチング

株式会社セルリアンブルーで催行されているホエールウォッチングの大きな特徴は予定が調整しやすいということです。

那覇発では1日で午前便・午後便と出ていますので、都合に合わせた動きができるのって旅行者にとっては嬉しいことですよね!

予定をギッシリ入れてアクティブに観光したい、飛行機の到着時間など色々とあるもの。
ツアーに合わせるのではなく、自分の予定に合わせて融通を利かせられるところは選びやすいと思います。

なお那覇発のツアーに参加される方は、那覇市内からの送迎付きという大変ありがたいサービスもあります。

これが本当に便利で、ホテルから直でツアーに参加したい!という方もレンタカーやタクシーなどを利用しなくても移動できるので、面倒な手続きも移動もなく、節約派にも嬉しいですよね!

そして心配なのが船の中。
最大3時間のツアー中はトイレや休む場所はあるのかなど気になる点が多いと思います。
でも大丈夫!!ツアーで使用している高速船はとっても清潔でトイレも完備されていますので、小さなお子様や女性も安心して参加できますよ!

ライフジャケット着用も必須なので、万が一のことがあっても安心です。

沖縄ホエールウォッチング

そしてファミリーに嬉しい特典として、「船長体験」というものがあります。
これは子供が船長服を着て運転席に座り、写真を撮ってプレゼントしてくれるというものです。

対象年齢も3歳から小学生までと幅広く対応してくれますので、高学年のお兄さん、お姉さんも楽しめるはず!思い出深い経験になるはずです。

色々なサービスや特典が詰まったツアーで、本来の目的でもあるクジラとのステキな出会いを期待して出発しましょう!

3.中部(北谷)から楽しむホエールウォッチング

沖縄ホエールウォッチング

リゾートステイを満喫しつつホエールウォッチングも楽しみたい方は中部出発からのツアーがオススメです。
見るポイントは那覇発とほぼ変わらない場所になるため船が集中しますが、その分探す船も増えるため確率がグンと上がるのがいいところです!

先にご紹介した、株式会社セルリアンブルーでは、北谷出発のツアーも午前便、午後便がありますので、北谷周辺で観光したい方にもオススメです。
出発場所は違っても同じサービス特典は受けられますので、利用しない手はないですよね!

沖縄ホエールウォッチング
大海原に回遊しているザトウクジラはサービス精神旺盛で、実にさまざまな動作をしてくれます。

もちろん人間に見せるための芸をしている訳ではなく、それぞれ意味があります。

その一部としてよく見られるのが威嚇行動でもあるしっぽの叩きつけ(ペダンクルスラップ)や、求愛する際に見られるジャンプ(ブリーチ)などなど・・・。他にも沢山あります。

クジラの迫力ある動作は、自然体そのものだからこそ「凄い!」と感じられるはずです。
動作がどういう意味を示すのかなども調べて、より楽しい時間を過ごしましょう。

<主催会社:株式会社セルリアンブルー>
住所:沖縄県那覇市曙2丁目24-13 曙沖商ビル6-A
電話:098-941-6828
期間:2015年12月26日 ~ 2016年4月10日
ツアー代金(那覇・北谷発):大人4,200円(12歳以上)・子供3,200円(5~11歳)・幼児1,500円(4歳以下)

4.北部から楽しむホエールウォッチング

沖縄ホエールウォッチング

次は、沖縄本島北部からの出発するホエールウォッチングツアーをご紹介いたします。北部発のツアーも複数の会社が実施しておりますが、今回は、「マリンショップ マーメイド」さんを例にご紹介いたします。

マリンショップ(有)マーメイドで催行しているホエールウォッチングの特徴は、伊江島沖での鑑賞ができるということです。

実は伊江島の沖合は穴場と呼ばれていて、寄ってくる船が少ないので警戒心のないクジラが沢山います。

実績も素晴らしく、昨年度は協力会社との連携のもと全110出航中でクジラに会えなかったのはたった2回だけ。

もしも会えなかった場合は、無料で再度船に乗ってホエールウォッチングができることもショップの強みです。

沖縄ホエールウォッチング

また、ショップが水納島(みんなじま)にあるため、ホエールウォッチングと抱き合わせでシュノーケリングやダイビングに出かけられるというお得なセットプランもあります。

冬はプランクトンが少ないため、シュノーケリングやダイビングは想像以上の透明度が待っています。

また北部は海がとても澄んでいますので、ぜひ体験してほしいところ。
冬だから海に入れない、と思われている方も多いかと思いますが、実は冬こそ楽しんで欲しいというのが筆者の感想です。

なお、沖縄美ら海水族館もショップから車で約10分と近くにありますので、午前中にホエールウォッチング、午後は水族館や近隣と観光地巡り、というように1日でまとめて楽しむ事ができるのも、北部でホエールウォッチングを楽しむ利点でもあります。

<主催会社:マリンショップ(有)マーメイド>
住所:国頭郡本部町字健堅35番地-3
電話:098-835-1958
期間:2015年1月15日〜3月末日
ツアー代金:大人4,500円(12歳以上)・子供4,000円(4~11歳)
※いずれも税込料金です

トラベルジオ・ホエールウォッチング特集

5.ホエールウォッチングを楽しむ注意点

沖縄ホエールウォッチング

基本的に南国の沖縄県では、ホエールウォッチングを楽しめる冬でも温かく東京で言えば春並の気候です。

ただし海は別。
グラスボートとは違って高速船で素早く移動するため、外へ出ていると風をまともに受けます。

また、スピードを上げると強風により帽子が飛ばされる、揺れによりカメラを海に落とすなどのハプニングが無きにしろあらずです。

ですので、脱ぎ着ができるパーカーなどを羽織って乗船されることをオススメします。
カーディガン等は風を通すので、寒く感じるかも知れません。

なお頭を守る意味でも帽子は必要ですが、綿など軽めの生地でできているものは飛ばされてしまう可能性がありますので、ゴム付きなどのものを選ぶようにしましょう。

波の影響で船が上下に揺れることがありますが、カメラやビデオを撮影される方は大きく足を開いて身体をしっかりと支え、器材にストラップ、もしくは首にかけるなどして紛失や破損を防ぎましょう。

また一番心配なのが「船酔い」だと思いますが、実は近くを見ていると酔いやすいんです。
ですので、できれば遠くを眺めるように意識されることをオススメします。
それでもちょっとでも気持ちが悪いと感じ始めたら、揺れが少ない船尾へ移動するようにしましょう。

普段から酔いやすい方はあらかじめ酔い止めを飲んでから乗船するのが最善策です。
エチケット袋は用意されていることが多いですが、念の為持参しましょう。

まとめ

沖縄ホエールウォッチング
ホエールウォッチングができるのは、わずかな期間しかありません。
野生のクジラとの出会いは、いち個人ではなかなか叶えることが困難ですよね・・。

何でもそうですが、感動という感情は人間ならでは。その体験は人生にとっても貴重で、特に子供は情操教育にも大いに役立ちます。

大海原での厳しい現実、出会えた時の言葉にできないうれしさや感動はどうしても写真だけでは伝わりません。

料金もお得で遭遇率も高い沖縄で、ぜひご自分で感動を体感してみて欲しいと思います。

沖縄へのお得なパッケージツアーを探したい方は
しろくまツアーの沖縄旅行

沖縄の現地体験・オプショナルツアー予約をお探しの方は
bannar_oka

Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.