× 東京発格安沖縄ツアー
¥2,000offクーポン配布中
特集ページへGO!

沖縄で見られる南国の花を愛でよう

Tags:

公開日:2019/1/28

沖縄 久米島に咲いていた アカバナ―【真っ赤に咲いたハイビスカス│久米島】

一年中温暖な気候に恵まれている、南国沖縄。
本州が寒さに覆われる冬にだって、色とりどりの花を目にすることができます。

ハイビスカスをはじめ、島唄で有名なデイゴなど。
何気なく歩いていると気にも留めないかもしれませんが、その種類さまざま!

今回はそんな沖縄でよく見られる、花々をご紹介。
旬の時期・特徴、それぞれの花に関するエピソードをピックアップしていきます。

沖縄へお越しの際は、ぜひ注目してみてください。

<目次>
1.  春夏秋冬咲く沖縄の花
1-1 ハイビスカス
1-2 ブーゲンビリア
1-3 サンダンカ
1-4 カンヒザクラ
1-5 シークワサー
1-6 テッポウユリ
1-7 デイゴ
1-8 ゲットウ
1-9 オオゴチョウ
1-10 サガリバナ
1-11  アラマンダ
1-12  プルメリア
2.  おわりに

1. 春夏秋冬咲く沖縄の花

1-1 ハイビスカス

沖縄 花 ハイビスカスⓒOCVB
まずはじめにご紹介するのは、南国の花の代名詞とも言える「ハイビスカス」。

リゾートホテルの敷地内や、デパートの苗木などにも植えられているので、ご覧になったことのある方も多いハズ。
真っ赤な花びらがイメージとして強いですが、ほかにも黄・ピンク・白など、全種類合わせると250種類に及ぶと言われています。

冒頭の「ハイビスカス」の写真は筆者は久米島で撮影したもの、青い葉をバックに真っ赤な花が咲き、とっても綺麗ですよね。

花ことばは、新しい恋。毎日新しい花を咲かせる「ハイビスカス」に、ピッタリな花ことばと言えるでしょう。

沖縄ではアカバナ―って呼ばれているんですよ。

2. ブーゲンビリア

沖縄 花 プルメリアⓒOCVB
続いてご紹介するのは、「ブーゲンビリア」。

ピンクのお花のように見えるのは、じつは葉の一部が色づいたもので、その周りにある小さな白いものがお花。

いずれにしてもビビッドな色合いが、沖縄の風景によくマッチしていますよね。ほかにも赤・オレンジ・白と18ほどの種類があります。

花ことばは「情熱・魅力・熱心」とハートフルなことから、贈り物にも喜ばれるのだそう。

沖縄では決して珍しくないお花ですが、中でも竹富島のブーゲンビレアは圧巻!
白砂の道とのコントラストに、きっと心奪われることでしょう。

3. サンダンカ

沖縄 花 サンダンカⓒOCVB
沖縄の三大名花のひとつとしても知られている、「サンダンカ」。

低木でありながら、小さな花びらが密集して咲くため、存在感はバツグン!

一般的に5~11月に咲くとされていますが、温暖な沖縄では一年中見られ、馴染み深い存在なんですよ。

花ことばは、「神様への贈り物」。
インドでは古くからシバ神への貢ぎ物として、謙譲されているようです。

沖縄へいらした際は、ぜひ歩道を意識しながら見つけてみてくださいね。

4. カンヒザクラ

沖縄 花 カンヒザクラⓒOCVB
冬真っただ中に花を咲かせる、「カンヒザクラ」。

濃いピンクが特徴的で、釣鐘状の花びらが下を向いて開花。本州でメジャーなソメイヨシノとは、ひと味違う魅力があります。

1・2月には北部から花が咲きはじめ、この時期は各所で桜まつりも開催されていますよ。
夜にライトアップされる場所も多いので、デートプランに組み込んでみるのもオススメ。

花ことば「あでやかな美人」というのも、納得の美しさです。

ちなみに沖縄では、桜を囲んでお花見をする習慣がなく、入学式の時期には散ってしまいます。
同じ日本でも違うなぁ、と感じることのひとつ!

5. シークワサー

沖縄 花 熟れたシークワーサーⓒOCVB
沖縄の柑橘類と言えばの「シークワサー」は、見たままのミカン科。
緑の小ぶりな果実をイメージされると思いますが、じつはコレも1月に小さな白い花を咲かせます。

沖縄の言葉でシークワサーのシーは酸、クワサーは食わすを意味し、文字通り酸味あふれる果物。
これを品種改良したものが、本州でよく食べられている温州みかんなんですよ。

そんな「シークワサー」の花ことばは、優雅。
花よりも実の知名度が高いですが、優雅で真っ白な花からは甘い良い香りがただよいます。

花を咲かせればほぼ間違いなく実なると言われているのが、シークワサーのすごいトコロ。
沖縄にお越しの際は、ぜひ泡盛などに入れて召し上がってみてくださいね。

6. テッポウユリ

沖縄 花 テッポウユリⓒOCVB
筒状の花のカタチにちなんで名付けられた、ユリ科ユリ属の「テッポウユリ」。
比較的育ちやすい品種で、沖縄ではあちこちで自生しているのも見られます。

そんな「テッポウユリ」がピークを迎えるのは、4月下旬から5月頃。

沖縄北部の離島の伊江島では、毎年伊江島ゆり祭りが開催され、約100万本もの「テッポウユリ」が咲き誇る様子が鑑賞できるんですよ。

花ことばは「純潔」、聖母マリア様の純潔の象徴としても、「テッポウユリ」が例えられるのだそう。

皆さんもゴールデンウィークに沖縄へお越しの際は、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか?

7. デイゴ

沖縄 花 デイゴⓒOCVB
沖縄の三大名花のひとつ、そして沖縄の県花である「デイゴ」。
お馴染み島唄の歌詞、「でいごの花が咲き、風を呼び嵐が来た」の「デイゴ」です。

ピークを迎えるのは4~5月頃、うりずんと言われる初夏に花を咲かせます。

真っ赤な花びらが妖艶で美しい「デイゴ」ですが、満開になるとその年は台風が多くなる、とも言われているんです。

また沖縄では昔からやしきこーさー(屋敷を壊す)とも言われるほど、根の力が強く大木になることでも知られています。
花ことばが「生命・活力」というのも、よくお分かりいただけるハズ。

毎年花を咲かせるとは限らない「デイゴ」ですが、台風の迷信を聞くと悩みどころです(笑)

8. ゲットウ

沖縄 花 ゲットウⓒOCVB
4~7月頃には、ピンクがかった白い桃のようなカタチの花を咲かせる「ゲットウ」。これが「ゲットウ(月桃)」の由来で、爽やかな香りが特徴です。

「ゲットウ」の葉は、伝統菓子ム―チ―を包むものとして用いられたり、精油したオイルはエステなどでよく用いられています。
沖縄では生活になじみ深く、サンニンという名で親しまれているんですよ。

花ことばは、そんな「ゲットウ」の香りにふさわしい「爽やかな愛」。

お茶・化粧水・芳香剤など、「ゲットウ」の爽やかな香りが楽しめる沖縄ならではのお土産を、お家に持ち帰ってみるのも良いかもしれません。

9. オオゴチョウ

沖縄 花 オオゴチョウⓒOCVB
沖縄三大名花のラストとしてあげられる、「オオゴチョウ」。

5~11月が見ごろとされていますが、何だかんだで一年中見られる様子。

「オオゴチョウ(大胡蝶)」の名前の由来は、花びらがまるで蝶が飛んでいるようなことから。
長く伸びた10本の雄しべが、よりあでやかさを引き出していると思いませんか?

「自分らしく生きるのが一番」が花ことばなのですが、それを知ると、改めてパワーがもらえそう!

デイゴ・サンダンカにつづき真っ赤なお花、沖縄県民は赤が好きなようです。

10. サガリバナ

沖縄 花 サガリバナⓒOCVB
東南アジアなどに生息する、「サガリバナ」。
沖縄では6~7月下旬頃に見ごろを迎え、マングローブなどの湿地帯で自生しています。

最大の特徴は何と言っても、夜中に開花し翌朝には散ってしまうというコト。

フサフサしたピンクの雄しべは、まるで夜空に上がる花火のように美しく、別名「幻の花」とも呼ばれているんです。

花ことばは、「幸運が訪れる」。
シーズンになると「サガリバナ」を見に行くツアーも開催されるので、参加してみるのも手。

見つけられた方に、幸せが訪れますように・・・。

11. アラマンダ

沖縄 花 アラマンダⓒOCVB
パキッとした色合いが魅力的な、「アラマンダ」。

宮古島のリゾートの名前にもあり、耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

6~7月が開花の時期とされていますが、温暖な気候の地域では通年で見られるのも多いのだとか。

そんな「アラマンダ」の花言葉は、「恋に落ちる前・隠された美」など、何だか美しい女性を彷彿させるような言葉ばかり。

きらきら輝く沖縄の太陽に向かって咲く花を、ぜひ一度目に収めてみてくださいね。

12. プルメリア

沖縄 花 プルメリアⓒOCVB
沖縄で見られる花シリーズ、最後にピックアップするのは「プルメリア」。

写真のような黄色と白の花びらが有名ですが、調べてみると、なんと全200種類以上もあるのだそう。

南国の花の中でも寒さに弱く、6~10月までが見頃。
甘い香りが特徴でハワイやタヒチでは、レイ(お花の首飾り)の材料としても用いられてるんですよ。

そんな美しさを備えながら、茎や葉を切った時に出る樹は有毒。
触れるとかゆみを伴う皮膚炎を起こしたり、体内に入ると嘔吐・不整脈になるのだとか。

花ことば「内気な乙女」に似合わず、ダークな内面を持っていることもお忘れなく・・・。

2. おわりに

沖縄 首里金城石畳道に落ちていた プルメリア【淡い色が可愛らしいプルメリア│首里金城石畳道】
沖縄に咲く花々、一挙に12種類ご紹介させていただきました。

ひとえに沖縄の花を言えど様々、今回はより沖縄らしさを感じられるものをチョイス!
沖縄の道を歩いている時、ホテルの敷地内を散策してる時、これを機に少しでも気にかけていただけたら嬉しいです。

海の美しさは言わずもがなですが、季節に彩りを添えてくれる花々を愛でてみてはいかがでしょうか?

 

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

北海道の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.