【レンタカーがなくても安心】沖縄本島で人気のバスツアー4選!

Tags:

公開日:2015/11/13

Pocket

沖縄バスツアー沖縄旅行での移動の定番と言えばレンタカー。でも、知らないところで運転するのは怖い、また免許がない、という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、レンタカーでなくても沖縄観光が楽しめる「とっても便利な沖縄で人気のバスツアー4選」をご紹介したいと思います。

沖縄観光で外せない人気の観光スポットや今話題の場所、那覇空港到着時から利用できるものから最終日に使える最安ツアーなどもありますので、お見逃しなく!

<目次>
1.【便利で人気】空港から美ら海水族館へ直行のバスツアー
2.【リゾートホテルからでも出発OK】美ら海水族館&観光バスツアー
3.【絶景】一度は行きたい古宇利島へバスツアーで!
4.【激安】最終日に使えるバスツアー




1.【便利で人気】空港から美ら海水族館へ直行のバスツアー

沖縄バスツアー沖縄へ行ったら観光スポットNO1の沖縄美ら海水族館は押さえておきたいですよね。
そこで那覇空港へ到着したら、そのまま水族館まで行けるという直行バスがあるんです!

しかも那覇空港14時発ですので、例えば羽田発でしたら一番人気の10時台のフライトでも十分間に合います。
なおツアーではバスガイドさんが付いてくれますので、ガイドブックには載らない貴重なお話が聴けて車中も盛り上がること間違いなしです!

沖縄バスツアー
なお「早割!!美ら海クイックライナー号」と「突割7!!美ら海クイックライナー号」は、早めの予約で通常代金より300円安くなるというお得なプランがありますので、安全策としてぜひ早めに予約したほうが無難です。

往復バス代・美ら海水族館入館料(16時からチケット)がツアー代金に含まれていますので、個人で行くよりとってもお得です!当日の12時まで予約を受けしていますので、既に旅行を申し込んでいる方も大丈夫!お得に利用して旅をより楽しくしてみませんか?

沖縄バスツアーそしてホテルまでの大きな荷物も心配なし!美ら海クイックライナー号バス内のトランクで預かってくれますので、とてもありがたいツアーです。

宿泊が送迎立ち寄りホテルに該当していれば、沖縄美ら海水族館を楽しんだあとホテルまで送迎してくれますので、ツアーを利用させる際はぜひチェックしておきましょう。

逆に言えば送迎に該当するホテルを先に押さえる手もアリですよ♪最少催行人数も1名からですので、一人旅で予約しても確実なのも安心です♪

【行程】
那覇空港出発14:00発~豊見城I.Cから許田I.C(高速利用)~沖縄美ら海水族館(16:00頃着~18:35頃発)~各ホテルへ送迎
★送迎立ち寄りホテル★
・オキナワマリオットリゾート&スパ(19:20頃着)
・ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート(19:35頃着)
・リザンシーパークホテル谷茶ベイ(19:45頃着)
・サンマリーナホテル(19:50頃着)
・ホテルモントレ沖縄(タイガービーチバス停付近)(19:55頃着)
・ホテルムーンビーチ(20:00頃着)
・ルネッサンスリゾートオキナワ(20:05頃着)
・山里バス停(高速)(20:20頃着)
・DFSギャラリア・沖縄(20:35頃着)
・かりゆしアーバンリゾート・ナハ(20:45頃着)
・南西観光ホテル(20:55頃着)
・県庁前(21:05頃着)
・ロワジールホテル那覇(21:15頃着)

~コース内容~
<主催会社:ラド観光沖縄営業所>
ツアー名: 美ら海クイックランナーで行く美ら海直行バスコース
催行日:半日コース(平成27年4月1日~平成28年3月31日まで毎日運行)
※平成27年12月2日3日は水族館休館の為、運休です
催行人数: 1名
所要時間:約4時間30分(予定)※ホテル送迎時間を含まない所要時間です
予約電話番号:098-951-0012
料金:大人:¥4,000
小・中学生:¥2,800
幼児:¥1,800(4歳以上小学生未満)
予約はこちらからどうぞ(旅プラスワンのページへ移動します)

churaumi-top

2.【リゾートホテルからでも出発OK】美ら海水族館&観光バスツアー

沖縄バスツアー宿泊先から主要観光スポットを巡れるという便利で幸せなツアーがあります♪

効率よく回れて、尚且つ立ち寄りスポットが充実している行程内容ですので、ガッツリ1日観光したい方にオススメです。

特に冬は海より観光メインにしたいところ。その手助けをしてくれますので、ラクに快適な観光巡りをすることができますよ!

沖縄バスツアーツアーの魅力は、何といっても沖縄で人気の観光スポットへたっぷり連れて行ってくれることです。

「沖縄美ら海水族館」をはじめ「琉宮城蝶々園」や「ナゴパイナップルパーク」、そしてお土産や体験ガラスが人気の「森のガラス館」など盛り沢山!

しかも全て入園料込みという特典付きですので、ぜひ利用したいところですよね♪

メインの沖縄美ら海水族館はたっぷり3時間滞在できます。さらにビックリを上乗せすると・・・

「沖縄そばの昼食付き」なんです!

沖縄旅行で一度は絶対食する沖縄そばですが、ツアー代金に含まれていますのでお財布にも優しいツアーです。

当然ながら往復のバス代も込みでホテルまで送迎してくれるなら、もうレンタカーを借りずに済むかもしれません。送迎可能な指定ホテルは、那覇市内のホテルから宜野湾・北谷町・恩納村・名護市のホテルまでと、場所がかなり幅広いところも魅力の1つです。

集合場所まで乗り物に乗って移動する必要もなく、帰りはホテル直行なので最初から最後までお得ですよ!

沖縄バスツアー
という訳で・・文句のつけようのないバスツアーで、人気の観光スポットをしっかり押さえてしまいましょう!

ただしナゴパイナップルパークのカート代や森のガラス館での「体験ガラス」などはツアー代金外ですので、ご自分の財布と相談して利用するかどうか決めてくださいね♪

【行程】
那覇市内各ホテル08:00~琉宮城蝶々園(昼食)(11:20~12:10)~沖縄美ら海水族館(12:15~15:15)~ナゴパイナップルパーク(15:40~16:15)~森のガラス館(16:20~16:40)~各ホテルへ送迎(最終到着19:40頃着)※時間はあくまで予定です
★送迎が利用できるホテル★
~那覇市内ホテル~
・南西観光ホテル
・ホテルチュラ琉球
・ロワジールホテル那覇
・琉球サンロイヤルホテル
・かりゆしアーバンリゾート那覇
・ホテル法華クラブ那覇新都心/復路 DFSギャラリア
~宜野湾・北谷町・恩納村・名護市のホテル~
沖縄バスツアー・ラグナガーデンホテル
・ザ・ビーチタワー沖縄
・ルネッサンスリゾートオキナワ
・ホテルムーンビーチ
・ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート
・サンマリーナホテル
・リザンシーパークホテル谷茶ベイ
・ANAインターコンチネンタル
・万座リゾート
・オキナワマリオットリゾート&スパ

~コース内容~
<催行会社:ラド観光沖縄営業所>
ツアー名: 美ら海家族さーびす号で行く日帰り観光バスツアー
催行日:終日コース(平成27年4月1日~平成28年3月31日まで毎日運行)
催行人数:1名
所要時間:約13時間(予定)
予約電話番号:098-951-0012
料金:大人:¥4,800
高校生:¥4,500
小・中学生:¥3,600
幼児:¥2,900(4歳以上小学生未満)
予約はこちらからどうぞ(旅プラスワンのページへ移動します)

~美ら海水族館バスツアーの予約なら~
旅プラスワンの美ら海水族館バスツアー

3.【絶景】一度は行きたい古宇利島へバスツアーで!(Dコース)

沖縄バスツアー今では沖縄を代表する観光スポットとしてすっかり有名になった古宇利島。
その理由は特徴ある独特な橋と、そこから見渡せる絶景や海の綺麗さが挙げられます。

そして船でしか渡ることのできなかった離島でしたが、古宇利大橋がかかってからは気軽に離島へ行き来できるようになったことも魅力ですよね!

古宇利島の美しい風景をカメラに収めようとプロアマ関係なく訪れる場所ですが、その古宇利島へ連れて行ってくれるバスツアーがあります。

沖縄バスツアーそこでご紹介したいのは「絶景・古宇利島・今帰仁・美ら海コース」という終日観光コース。

沖縄の人気スポット沖縄美ら海水族館を中心に、世界遺産今帰仁(なきじん)城跡、古宇利島を巡る北部集中コースです。
広く浅くもいいのですが、北部に絞って終日観光したい方にはとてもオススメのツアーです。

沖縄バスツアー施設の入場料は全て込み!昼食は海洋博公園内での自由昼食ですので、水族館内のカフェで魚たちと戯れながら、または伊江島が見える展望レストランでしっかり昼食を取るなど、自由に過ごすことができます。

しかもたっぷり3時間ありますので、ゆっくり巡って2時間、食事で1時間と時間配分も申し分ありません。

そしてゆっくり癒されたあとは、世界遺産に登録されている今帰仁(なきじん)城跡へ、そして同じ今帰仁村でもある古宇利島を目指してワルミ海峡を車窓から眺めながら、古宇利大橋を渡って2013年末にオープンした新名所、古宇利オーシャンタワーを巡ります。

沖縄バスツアー古宇利オーシャンタワーは展望台が3つあり、そのうちの第一展望台と第二展望台は大窓から古宇利大橋を望むことができます。空と海とのグラデーションも最高で、まるで絵画のようです。

その他恋の島として知られる古宇利島に因んで、ハート型や珍しい貝殻などが並ぶシェルミュージアムやハート形になっているクッキーを販売しているお土産屋さんなどもありますので、縁起担ぎにぜひいかがでしょうか。

指定ホテルでしたらとても便利ですので、合わせてぜひ利用してみてくださいね!

【行程】
定期観光バス乗り場(那覇バスターミナル)8:30発~沖縄都ホテル(乗車)~ホテル日航那覇グランドキャッスル(乗車)~沖縄美ら海水族館(3時間)~今帰仁城跡(50分)~ワルミ大橋(車窓)~古宇利オーシャンタワー(50分)~ホテル日航那覇グランドキャッスル(下車)~沖縄都ホテル(下車)~定期観光バス乗り場(那覇バスターミナル)18:15頃着

~コース内容~
<催行会社:那覇バス株式会社>
ツアー名: 絶景・古宇利島・今帰仁・美ら海コース
催行人数:1名様から催行
所要時間:約9時間45分(予定)
料金:大人:¥5,800
小人:¥3,100
予約はこちらからどうぞ(旅プラスワンのページへ移動します)

4.【激安】最終日に使えるバスツアー

沖縄バスツアー飛行機を利用する場所へ旅行に行くと多い言葉は・・・
「観光を最終日に回したいけど、帰りのフライト時間を考えるとなかなか行けない」のようです。

実際慣れない道路をカーナビ頼りで走っても、抜け道やどこが渋滞にはまりやすいか、などまで把握するのは難しいことだと思います。

飛行機の時間を考えて余裕を持たせようとすると、よっぽど慣れてない限り最終日1日は結局「移動時間」のみで過ぎてしまうことってありますよね。

そこを解消してくれるお助けマンが「半日観光バスツアー」です。

沖縄バスツアー先にご紹介したツアーのほとんどは、那覇市内よりも北(北部)です。
観光スポットも那覇市内よりも北側に集中、でも南部も行きたい・・

この真逆の観光地を最終日にまわすことで、そのモヤモヤは解消されますよ!

南部はひたすら海がキレイで、そして戦争の悲話が残る場所もあれば、琉球を感じるおきなわワールド、新原地区は最近人気のカフェエリアとして注目されています。

沖縄バスツアー行程は那覇市内から南部の観光スポットを巡りながら那覇空港へ向かうもので、午後13時過ぎには那覇空港へ到着できるというとっても便利なツアーです。

観光スポットも半日ながらも充実していて、神々が棲む斎場御嶽(せーふぁーうたき)やひめゆりの塔など南部の代表とも言える箇所を巡ります。

沖縄バスツアーそしてこちらのツアーの魅力は「おきなわワールドコース」か「新原(みーばる)ビーチコース」が選べることです。
先にご紹介した観光スポットの他にどちらか選んで行くことができますので、最後に琉球沖縄を感じに行くか、新原ビーチコースでグラスボートに乗ったりカフェで休んだりと、お好みで選択することが可能です。
沖縄バスツアー半日ツアーの後は那覇空港への立ち寄りがありますので、荷物を取りにどこかへ戻る必要もなくとても楽です!
そして一番伝えたいことは、これだけ充実していて、しかも空港までの送迎付きで 「1,400円」 ということ。

通常那覇市内から空港までのタクシー代が1,200~1,500円ほどと言われていますので、ひとり旅ならタクシーよりも安いことも!

沖縄旅行の最後の締めくくりにぜひお得に利用して、ステキな思い出作りに華を添えてみてくださいね♪

【行程】
ロワジールホテル那覇7:40~パレット久茂地7:50~南西観光ホテル8:00~斎場御嶽(せーふぁうたき)(9:00~09:40)~A.おきなわワールドコース(10:05頃着 11:30頃発)
またはB.新原ビーチコース(9:55~11:15)~ひめゆりの塔(12:00~12:30)~那覇空港着13:00~県庁前(13:15頃着)

~コース内容~
<催行会社:ラド観光>
ツアー名: LCEめんそーれ号 南部半日観光巡回ツアー
催行人数:1名様から催行
所要時間:約5時間25分(予定)
予約電話番号:098-951-0012
料金:4歳以上:¥1,400
予約はこちらからどうぞ(旅プラスワンのページへ移動します)

あとがき

沖縄バスツアー沖縄は電車やバスなど公共の交通機関がないため、移動手段を考える必要があります。しかも沖縄は南部・中部・北部と広いので、限りある旅行時間の中でどう動くかがカギとなります。

もちろんレンタカーは推奨したいところですが、例えば3泊4日のうち3日間はレンタカー、最終日はバスツアーなど、他にも沢山組み合わせ方があります。入場券などが付くお得なツアーも多いですので、上手に利用して楽しみ方の引き出しを増やしてみてくださいね♪

ホワイト・ベアーファミリーの格安沖縄パッケージツアーはこちらから
沖縄旅行バナー

Pocket

Speak Your Mind

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.