飛行機に乗って沖縄へ!フライトスケジュール・所要時間総まとめ

沖縄飛行機時間トップ

沖縄に旅行する際には、飛行機で行く人が圧倒的多数。無理のないスケジュールを組むためには、なるべく効率のいい空港や航空会社を選んで、空の旅を快適に過ごしたいものですよね。
沖縄本島だけではなく石垣島や宮古島、ANA・JAL以外の航空会社も増えましたが、一体どの空港からどの会社の飛行機が飛んでいるのでしょうか。また航空会社によって、飛行時間は異なるのでしょうか。そんな疑問点を解決すべく、今回は全国-沖縄間の飛行機にまつわる本数、フライト時間、航空会社をまとめました。

<もくじ>
1.全国各地から沖縄本島に行くときにかかるフライト時間
1-1.関東地方
1-2.関西地方
1-3.中部地方
1-4.九州地方
1-5.北海道・東北地方
1-6.中国・四国地方
2.全国各地から直行便で離島に行くときのフライト時間
2-1.石垣島
2-2.宮古島
3.沖縄本島から離島に飛行機で行くときのフライト時間
3-1.石垣島
3-2.宮古島
4.時間を有効活用!飛行機にまつわる時短テクニック
あとがき

(本文は2017年3月時点での情報です)

 

1.全国各地から沖縄本島へ!空港別本数・フライト時間 ・航空会社

1-1.関東地方

沖縄飛行機時間関東地方
航空機の発着数が一番多いのは何といっても羽田空港。1日に30便も発着しています。
同じ関東圏にある成田・茨城空港は発着数でいえば羽田に叶わないものの、格安運賃が目玉のLCCが就航していることで人気です。
羽田空港のほうが30分程度短いフライトで到着します。
沖縄飛行機時間

出発空港 航空会社 1日の便数 およその所要時間
羽田空港 日本航空(JAL) 12 2時間40分
全日空(ANA) 12 2時間40分
SKYMARK 2 2時間45分
成田空港 全日空(ANA) 1 3時間
ジェットスター 5 2時間55分
バニラエア 2 3時間5分
茨城空港 スカイマーク 1 3時間

 

1-2.関西地方

沖縄飛行機時間関西
大阪や京都、神戸など大都市が集まる関西地方には関西国際空港や伊丹空港といった大きな空港があり、沖縄への直行便も充実しています。LCCも就航しているので、格安で旅行をしたい人にもぴったりです。
各空港単位の便数がそれほど多くありませんが、3空港で合算すると1日23便も運行しています。特に関西国際空港は多数の航空会社が就航しており、23便のうちの半分を占めています。

出発空港 航空会社 1日の便数 およその所要時間
羽田空港 JTA 3 2時間5分
全日空(ANA) 4 2時間5分
ジェットスター 2 2時間5分
ピーチ 3 2時間10分
伊丹空港 日本航空(JAL) 2 2時間10分
全日空(ANA) 3 2時間10分
神戸空港 スカイマーク 3 2時間10分
ソラシドエア 3 2時間10分

※ソラシドエアは全日空と共同運航となります。

1-3.中部・北陸地方

関西地方よりも北部に位置する中部地方ですが、飛行時間は関西発の航空機と比較すると
さほど差がありません。
中部・北陸地方の中心は中部国際空港であり、同じ愛知県内にある小牧空港からは沖縄行きの飛行機が発着していません。
中部・北陸圏では、富士山静岡空港、新潟空港、小松空港からも那覇行きの直行便が1日1便運航しています。

出発空港 航空会社 1日の便数 およその所要時間
中部国際空港 JTA 4 2時間20分
全日空(ANA) 2 2時間25分
スカイマーク 3 2時間20分
ジェットスター 1 2時間20分
ソラシドエア 1 2時間20分
富士山静岡空港 全日空(ANA) 1 2時間30分
新潟空港 全日空(ANA) 1 2時間55分
小松空港 JTA 1 2時間30分

※ソラシドエアは全日空と共同運航となります。

1-4.九州地方

沖縄飛行機時間
沖縄からは1時間から1時間半ほどの距離にある九州エリア。福岡空港を中心にその他空
港からも那覇線が就航しています。

出発空港 航空会社 1日の便数 およその所要時間
福岡空港 JTA 6 1時間35分
全日空(ANA) 9 1時間35分
スカイマーク 4 1時間40分
ピーチ 2 1時間45分
熊本空港 全日空(ANA) 1 1時間35分
長崎空港 全日空(ANA) 1 1時間35分
鹿児島空港 ソラシドエア 2 1時間30分
奄美大島空港 RAC 1 1時間10分
与論空港 RAC 1 35分

※ソラシドエアは全日空と共同運航となります。

1-5.北海道・東北地方

北海道・東北地方にも多数の空港がありますが、那覇への直行便が就航しているのは新千歳空港と仙台空港の2空港のみで、1日1便しか飛んでいません。
場合によっては羽田など他地域の空港で乗り継ぎ便を検討した方がいいでしょう。
もしも乗り換える場合には、直行便よりも1~2時間程度時間がかかります。

出発空港 航空会社 1日の便数 およその所要時間
新千歳空港 全日空(ANA) 1 3時間45分
仙台空港 全日空(ANA) 1 3時間

 

1-6.中国・四国地方

中国・四国地方から沖縄の直行便が運航しているのは岡山空港、広島空港、高松空港、松山空港の4空港のみ。便数が少なく、機材もそれほど大きくありませんので、混雑している日程では関西圏や福岡の空港も視野に入れた方がいいのかもしれません。

出発空港 航空会社 1日の便数 およその所要時間
岡山空港 JTA 1 2時間5分
広島空港 全日空(ANA) 1 1時間55分
高松空港 全日空(ANA) 1 2時間5分
松山空港 全日空(ANA) 1 1時間50分

 

2.全国各地から石垣島・宮古島!空港別本数・フライト時間 ・航空会社

沖縄飛行機時間石垣島宮古島
沖縄本島ではなく、自然がより豊かな離島も人気があります。離島の拠点地となる石垣島へは羽田・関西国際・中部国際空港から直行便が出ていて大変便利です。
また数は限られますが、宮古島への直行便もあるので、離島好きの方は利用してみてはいかがでしょうか。

2-1.石垣島

出発空港 航空会社 1日の便数 およその所要時間
羽田空港 JTA 2 3時間15分
全日空(ANA) 2 3時間15分
関西国際空港 JTA 1 2時間40分
全日空(ANA) 1 2時間35分
ピーチ 1 2時間25分
中部国際空港 全日空(ANA) 1 2時間45分

 

2-2.宮古島

出発空港 航空会社 1日の便数 およその所要時間
羽田空港 JTA 1 3時間5分
全日空(ANA) 1 3時間
関西国際空港 全日空(ANA) 1 2時間25分

 

3.沖縄本島から石垣島・宮古島!本数・フライト時間 ・航空会社

沖縄飛行機時間
離島に行く際にも直行便と同様に那覇空港からの乗り継ぎを選択すれば、豊富な便数から選べます。

3-1.石垣島

出発空港 航空会社 1日の便数 およその所要時間
那覇空港 JTA 7 1時間
全日空(ANA) 6 1時間
RAC 1 1時間
ソラシドエア 1 1時間

※ソラシドエアは全日空と共同運航となります。

3-2.宮古島

出発空港 航空会社 1日の便数 およその所要時間
那覇空港 JTA 8 50分
全日空(ANA) 6 50分
RAC 1 1時間

 

4.時間を有効活用!飛行機にまつわる時短テクニック

カウンターではなく機械を利用して搭乗手続きを短縮

沖縄飛行機時間短縮テクニック
日本航空・全日空・ソラシドエアのいずれかを利用する際に
①預ける荷物が無い②膝の上に座る幼児がいない③座席が決まっている
の3つの条件が揃っていれば、空港でのチェックイン作業が不要になります!
チケットの券種などで指定可否や対象範囲が変わってきますので、航空会社HPで詳細ご確認ください。
日本航空:http://www.jal.co.jp/dom/boarding/touchandgo/guide.html
全日空:http://www.ana.co.jp/domestic/prepare/checkin/skip/
ソラシドエア:https://www.solaseedair.jp/service/checkin/skip.html

事前座席指定で前方座席をゲット!

沖縄飛行機時間短縮テクニック
飛行機は前方からしか乗り降りができないため、後部座席に座っている人はどうしても降りるのに時間がかかってしまいます。
「飛行機が到着してから滞在時間に余裕が全く無い!」という方は追加料金を支払って座席のランクを上げてみてはいかがでしょうか。
日本航空ではクラスJ、全日空ではプレミアムクラスを指定すると前方座席に座れます。

あとがき

かつて沖縄行きの飛行機のほとんどが日本航空か全日空でしたが、LCCの普及によって発着空港や便数が増え、私たちの選択の幅も広がりました。空港へのアクセスはもちろんですが、発着時間や運賃などの情報も考慮して、飛行機を乗りこなせるといいですね。


Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.