ミヤコブルーを満喫!はじめての宮古島はこうして楽しもう

sunayama
沖縄本島から約285km離れた場所にある宮古島。那覇空港から飛行機に乗ると約50分で到着します。羽田空港や関西国際空港など主要空港からは直行便が出ており、年々人気が右肩上がり。
宮古島の魅力はなんといっても海。想像通りの「沖縄の海」には珊瑚、ウミガメ、熱帯魚のパラダイス。
また大小8つの有人島で成り立っている宮古諸島のうち5島は橋でつながっており、美しいビーチや島々を巡ってドライブする方が多くいらっしゃいます。

そんな魅力の多い宮古島、今回ははじめての宮古島で行っておくべき人気の観光スポットやおすすめのリゾートホテルを紹介します。

<もくじ>
1.はじめての宮古島
1-1.1日モデルドライブコース
1-2.観光スポットの目玉
1-3.宮古島ドライブの注意点
2.マリンアクティビティにも注目!
3.リゾート気分が上がる!宮古島のイチオシホテル
4.まとめ

1.はじめての宮古島

宮古島地図
宮古島の周辺には4つの島が橋でつながっています。島と東平安名崎を巡れば、宮古島の主要観光スポットをザっと1周できます。各島が宮古島の定番観光スポットにもなっていますので、ドライブしながら宮古島制覇しましょう!

1-1.1日モデルドライブコース

宮古空港
↓車で20分
与那覇前浜ビーチ(所要時間目安:約20分)
↓車で10分
来間島・竜宮展望台(所要時間目安:60約分)
↓車で約50分
東平安名崎(所要時間目安:約30分)
↓車で約60分
池間大橋・池間島(所要時間目安:約20分)
↓車で約20分
砂浜ビーチ(所要時間目安:約30分)
↓車で約15分
伊良部大橋(所要時間目安:約20分)
↓車で約10分
平良市街地

1-2.観光スポットの特徴

与那覇前浜ビーチ

maehama
宮古島と言えば、与那覇前浜ビーチ。天然の白砂が全長7kmに渡って広がる宮古島最大のビーチで、遠浅の鮮やかなブルーの海は息を呑む美しさです。向かいには来間島が見えます。

住所:沖縄県宮古島市下地与那覇
アクセス:宮古空港から車で20分

来間大橋

KURIMA
宮古島の南西に浮かぶ来間島(くりまじま)と与那覇前浜ビーチの南側をつなぐ来間大橋(くりまおおはし)。橋の上からウミガメが見えることもあるそうですよ。また来間島にはカフェが点在しており、ドライブの小休憩・スイーツハントにおすすめ。与那覇前浜ビーチの対岸には竜宮展望台もあります。

住所:沖縄県宮古島市下地与那覇~下地来間
アクセス:宮古空港から車で20分

東平安名崎

東平安名崎
宮古島の最東端にある東平安名崎(ひがしへんなざき)は、紺碧の海に細長く突き出した岬で宮古島の景勝地のひとつです。約2キロに渡る岬の突端には真っ白な灯台。
灯台の上からは360°に広がる宮古島の自然を楽しめますよ(大人¥200)。

住所:沖縄県宮古島市城辺保良
アクセス:宮古空港から車で40分

池間大橋

IKEMA
宮古島北部にある池間島。最北エリアの池間島も足を運んでおきたいところ。全長1425mの橋の両端には展望所を備えた休憩所があるので、運転に疲れたら休みつつ、透明な海とサンゴ礁を見下しましょう。道の途中では大神島が見られることも。

住所:沖縄県宮古島市平良狩俣~平良池間
アクセス:宮古空港から車で30分

砂山ビーチ

sunayama

池間島から宮古島に戻ってきたら、砂浜ビーチへ。白砂の上にある岩のトンネル、その向こうにはクリアブルーの海。宮古島の定番の景色、見ないわけにはいかないですよ。サンセットポイントとしても有名なので、日没の時間に行ってみるのもいいでしょう。

住所:沖縄県宮古島市平良荷川取705
アクセス:宮古空港から車で15分

伊良部大橋

irabuhashijpg
宮古島と伊良部島の間に架かる伊良部大橋は約3.5Km。橋の下が航路になっているため傾斜になっており、まるで海の上を空に向かってドライブしているよう。
伊良部島のお隣下地島にも橋でつながっています。下地島にも航空機のタッチアンドゴーが見られたり、佐和田の浜や渡口の浜など景勝地もあります。

住所:沖縄県宮古島市平良久貝~伊良部池間添
アクセス:宮古空港から車で20分

1-3.宮古島ドライブの注意点

宮古島は一周約100Kmで3時間もあれば回れますが、ドライブでちょっと気にかけておきたいのはガソリンスタンド。
繁華街の平良地区を離れると、スタンドの数が激減するのでガソリンの残りを意識しておきましょう。
来間大橋、池間大橋、伊良部大橋はすべて通行料無料ですが、いずれも駐停車禁止となっているので、景色を楽しみたいときには、必ず休憩所に車を駐停車するようにしてください。

2.マリンアクティビティにも注目!

ミヤコブルーを満喫できる宮古島周辺の海では、マリンアクティビティのメニューも豊富。スローダイビングなど、宮古島諸島でしか楽しめないメニューもありますよ。
宮古島に行ったら、ひとつは参加したいものですね。

3-1.ウミガメに会おう

ウミガメ
美しい宮古島の海を代表する生物「ウミガメ」。クルーザーで沖まで出なくても、ビーチエントリーでしかも遭遇率98%以上と高確率でウミガメに出会えるんです!

3-2.八重干瀬シュノーケリング

八重干瀬
海の中の景色を楽しみたいなら、池間島で行う八重干瀬(やびじ)シュノーケリング。南北約17Kmに渡って広がる、国内最大級のサンゴ礁群を目にすればきっと感動するはず。

ホワイト・ベアーファミリーの現地体験・オプショナルツアー予約はこちらから
bannar_oka
格安宮古島ダイビングツアーはこちらから
宮古島ダイビングツアー

宮古島を楽しむエトセトラ

  • 宮古島シュノーケリング

    宮古島でシュノーケリングを10倍楽しむ為の徹底ガイド!

  • 宮古島ビーチ

    はじめて宮古島に行く人必見!宮古島おすすめビーチ6選

  • 伊良部大橋

    宮古島の新名所!沖縄県内最長の伊良部大橋を徹底ガイド!

3.リゾート気分が上がる!宮古島のイチオシホテル

宮古島東急ホテル&リゾーツ

宮古島東急ホテル&リゾーツ

与那覇前浜ビーチに面する宮古島東急ホテル&リゾーツはオーシャンウィングとコーラルウィングから成っていて、ほとんどの客室から海を臨めます。敷地内には宿泊ゲスト専用のプールがあり、3~11月まで利用できますよ。

★ 宮古島 東急ホテル&リゾーツの現地レポートはコチラ

シギラベイサイドスイート アラマンダ

シギラベイサイドリゾートアラマンダ
宮古島の南部に広がるシギラリゾート。敷地の中にはバラエティー豊かなホテルや観光施設が点在していますが、中でもおすすめは「シギラベイサイドスイート アラマンダ」。
全客室スイート仕様、テラスに面するデイベッド(お昼寝用スペース)でリラックスしているとあっという間に時間が過ぎていきます。

★ シギラベイサイドスイート アラマンダの現地レポートはコチラ

4.まとめ

宮古島の観光スポットは決して多くはありませんが、自然の景色を楽しめる場所が多々あるので、何日滞在していても飽きることはありません。マリンスポーツで遊びまわるのもいいですし、リゾートホテルでのんびりと過ごすのもステキですね。はじめての宮古島で、これまで知らなかった沖縄の一面を見つけてみてください。

宮古島直行便ツアー


Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.