おしゃれなのに気取らない「オハコルテベーカリー」でティータイム♪

Tags:

公開日:2017/11/14

オハコルテベーカリー先日ティータイムで訪れた「オハコルテベーカリー」。
国際通りから歩いて10分もかからない、静かな街並みの中にあります。

茶色のタイルが印象的なオハコルテベーカリーは、もともと那覇の公証人役場だった古いビルをリノベーション。

カフェの存在を知らなければ、通り過ぎてしまいそうなほど町に溶け込んでいます。

営業時間は、朝7:30から夜21:00。
メニューは、サクッとお茶したい方からガッツリお食事を楽しみたい方まで、満足できるラインナップになっていますよ。

今回はそんな「オハコルテベーカリー」についてご紹介させていただきます。

<目次>
1. オハコルテベーカリーってこんなトコロ
2. 素材を味わうフレンチトースト
3. 併設パントリーもお忘れなく
4. おわりに

1. オハコルテベーカリーってこんなトコロ

今回訪れたのは那覇の泉崎にある「オハコルテベーカリー」。
その名の通りパン販売がメインのお店で、隣にカフェスペースがあります。

ゆいレール旭橋駅からも徒歩5分ほどで行けるので、アクセスも非常に便利。
店内には幅広い年齢層の方がいらっしゃいました。

子連れグループ、ママ友、会社員の方などさまざま。
お一人様も多く、ノートパソコンを開いて仕事をしながらランチを召し上がっている方もちらほら。オハコルテベーカリー中でも印象的だったのはラインナップ豊富なイートインメニュー。
いつでも注文できるグランドメニューのほかにモーニング・ランチ・ディナー、スイーツなどなど。オハコルテベーカリー朝がトーストやパンケーキといった軽めな感じ、昼はメインとサイドが選べるワンプレート、そして夜にはガッツリめのメニューにお酒までいただけます。
色んなシーンで使えるのが嬉しいトコロです。オハコルテベーカリーオハコルテベーカリーには「ロングステイコーヒー」というメニューがあり、500円でドリップコーヒーが何杯でもおかわりOK。

メニューに記載された「ゆっくりお店で過ごしていただく為に」という言葉が印象的でした。

こういったおしゃれカフェって食べおわったらすぐに帰らないとという気分にさせられるのですが、色んな方が思い思いに楽しめて地元の人から愛されるのにも納得です!

2. 素材を味わうフレンチトースト

訪れたのは平日の12時半過ぎ。
ちょうどランチ時ですが、店内が広々としているのでそこまで混み合ってはいなかったように感じました。オハコルテベーカリー席に案内され、さっそくメニューを拝見。フリーWi-Fiのパスワードがメニューホルダーに記載されていました。

店員さんと相談し、看板メニューであるというオススメのフレンチトーストを注文。100円引きでドリンクセットにできるので、アイスコーヒーも一緒に。

待つこと10分弱。
真っ青なお皿にこんがり焼かれたフレンチトーストが登場。オハコルテベーカリー

香ばしい香りがして食べる前からおいしいのが分かります。

まずは何もつけずに一口。外はカリッ、中がふんわりの期待通りの食感。オハコルテベーカリー

隣に添えてあるレモンは、こちらのレモンしぼり器でしぼりましょう。
ぎゅっと果汁を絞り出したらサッとかけていただきます。

これはレモンをかけた方が断然オススメ!
レモンシュガーの甘味とレモンの酸味がうまく合わさって、フレンチトーストなのに爽やかにいただけるんです。オハコルテベーカリー

ちなみにこのパンは毎日フレンチトーストのためだけに焼いた特別なもの。
こだわりの無農薬レモンも決まった農家から仕入れているんです。

フレンチトーストって若干もったりしている印象があったのですが、この食べ合わせは意外。もう2つくらいは食べられそうなくらい、さっぱりしていました。

3. 併設パントリーもお忘れなく

カフェスペースのほかには、オリジナルグッズや食材の販売を行っているパントリーも併設。

デリなどの販売も行っていて、テイクアウトメニューも充実しています。オハコルテベーカリー店内のみならず家でもオハコルテの世界観を楽しんでいただけることをコンセプトに作られています。

カウンター前には香ばしい香りがただよう様々なパンがずらっと。オハコルテベーカリー小さなお食事系のパンから、菓子パン・惣菜パンまで豊富なラインナップ。
中でも用いたアーサと岩塩のパンは沖縄っぽさを感じられシンプルながらも人気の一品です。オハコルテベーカリーひとつひとつ小分けになったパウンドケーキは日持ちもするので、ちょっとしたお土産にも良いかも。

発売以来大人気のオリジナルのマグカップはここでしか手に入らない限定品。コーヒーやミルクに合う焼きたてクッキーと一緒に買われる方が多いそうですよ。オハコルテベーカリーちなみに店内3階は「キッチンから始まる家づくり」をテーマにしたホームセンター。こだわりのセレクト家具からタイルなど部品の販売まで行っています。

オハコルテベーカリー訪れた日(水曜日)はあいにくホームセンターの定休日でしたが、食後に気軽にのぞける手軽さも嬉しいですね。

4. おわりに

オハコルテベーカリーオハコルテベーカリーのオハコルテはもともとフルーツタルトの専門店なので、スイーツのレベルもお墨付き。県内には全部で5店舗あります。

チェーン展開してるといえど似たような雰囲気にあらず。
それぞれ異なるコンセプトで営業しているので、どこを訪れても違った雰囲気とメニューが味わえますよ。

那覇へお越しの際は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


<oHacorté Bakery オハコルテベーカリー>
ゆいレール旭橋駅から徒歩5分
住  所:那覇市泉崎1-4-10
電  話: 098-869-1830
定休日: 不定休
営業時間: 7:30~21:00(ラストオーダー20:00)
駐車場: なし
http://ohacorte-bakery.com/
※フルーツタルトの販売は行っていません

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.