沖縄三大大綱引き糸満大綱引!朝から晩まで参加してきた

Tags:

公開日:

糸満大綱引き旧暦8月15日、糸満大綱引(いとまんおおづなひき)が今年も開催されました。

「ハーイヤ!ハーイヤ!」の掛け声に合わせて引き寄せる大綱に、会場は一気に盛り上がる。会場で出会ったおばあちゃんは「5日前からチムドンドン(心が高鳴り)して、よく眠れなかった」そう。

大綱引きが終わったとき、見知らぬ地元の方と笑顔でハイタッチ!

今回、そんな魅力たっぷりの糸満大綱引きに朝から晩まで参加してきました。その様子をご紹介します。

<目次>
1. 糸満大綱引ってなに?
2. 糸満大綱引に参加してきた
2-1 大綱作りからはじまる「糸満大綱引き」
2-2 旗頭のパフォーマンスに圧倒!道ズネ―
2-3 すさまじい熱気!いよいよ本番開始
3. さいごに

1. 糸満大綱引ってなに?

糸満大綱引き毎年旧暦の8月15日に行われる糸満大綱引は、豊作、大漁、家内安全、無病息災などを祈る糸満市が誇る伝統行事。

「エイサー」や「ハーリー」に並ぶ沖縄の三大伝統行事の一つでもあり、なかでも糸満大綱引は県内で最大級の綱を引くことで有名。南北に分かれた綱を引き、勝負の結果で吉凶を占います。

大綱は県内最大級180メートル、総重量10トンで沖縄三大大綱引きの一つ。
地元の方はもちろん県内外の観光客や老若男女、誰もが参加できます。

2. 糸満大綱引に参加してきた

大綱作りから糸満大綱引の最後まで参加したので、その様子をご紹介します。

2-1 大綱作りからはじまる「糸満大綱引き」

【8:00〜】大綱作り開始30分前
糸満大綱引き大綱作り会場の様子です。国道はまだ封鎖されてなく、通勤の車が行き交っていました。気温は28度。すでに暑い…。

【8:30〜】大綱作り開始 平日にも関わらず国道封鎖
糸満大綱引き国道の一定区間が封鎖されました。地元の方が徐々に集まりだしてきます。「せーの」「よいしょ!」という威勢のよい掛け声が至るところで聞こえてきます。

【11:00〜】大綱作り途中 綱を引き締めて、叩く
糸満大綱引き参加者が、思い切り引っ張っても切れないように引き締め、木槌で叩き固めます。大綱作りから誰でも参加できます。私も参加しましたが、予想以上に大変な作業で汗が止まりません。

【13:00〜】大綱作り完了 清めの泡盛をかけて安全祈願
糸満大綱引き作業開始から4時間半後、ようやく大綱が完成しました。仕上がった大綱に清めの泡盛をかけ、安全を祈ります。イベント当日に大綱作りを見学できるのも糸満大綱引きの特徴です。

2-2 旗頭のパフォーマンスに圧倒!道ズネ―

【13:30〜】道ズネー(パレード)出発式
糸満大綱引き道ズネーと呼ばれるパレードの出発式は地元の中学校で行われました。事務局長が、声高らかに開会宣言「熱中症に気をつけて〜」という言葉に共感しました。気温は30度、立っているだけで体力が消耗します。

【14:00〜】道ズネー出発 旗頭のパフォーマンスに圧倒
糸満大綱引き地元中学生の吹奏楽部を皮切りに道ズネーが始まりました。つづいて旗頭(はたがしらの)の登場です。

重量約40kgもある棒を高らかに持ち上げ、片手で持ったり、肩に乗っけてみたりと勇敢さをアピール。

風が強く、沿道の見物客に倒れやしないかヒヤヒヤでした。

【14:00〜】道ズネー途中 沖縄芸能のオンパレード
糸満大綱引き道ズネーは、琉球舞踊、エイサーなど見どころ満載でした。沿道の見物客からは拍手や応援の声が聞こえてきます。

【16:00〜】泣く子続出 !チョンダラーに本気でビビる
糸満大綱引き白塗りの男チョンダラーが登場しました。右手には手作りの鉈(ナタ)を持ち、ゆっくり踊り歩きます。

音楽が急にストップした途端、沿道の見物客に勢いよく向かってきます。あまりの驚きに泣きだすチビっ子が続出でした。

【17:30〜】大綱引き準備 雌雄の綱をがっちり結合
糸満大綱引き道路の脇に寄せられていた大綱を参加者全員で道路中央まで動かしました。その後、カヌチ棒という雌雄の綱を結合するための棒を差し込み、しっかりと固定します。長さ約180mの大綱の完成に周囲から大きな拍手があがりました。

【17:45〜】大綱引き15分前  伝説の勇者同志の睨み合い
糸満大綱引き180mの大綱が出来上がったところで、糸満マギー(イチマンマギー)と真壁チャーン(マカビチャーン)という伝説の英雄が登場しました。

北の大綱からやってきた糸満マギーは、舟を漕ぐためのウェーク(櫂)を構えています。

糸満大綱引き南の大綱からやってきた真壁チャーンはきらびやかな衣装を身にまとい長い刀を構えています。大綱の中央で南北の勝敗をかけて両者が睨み合う。いよいよ大綱引き決戦です!

2-3 すさまじい熱気!いよいよ本番開始

【17:50】大綱引き開始!すさまじい熱気と歓声に包まれる
糸満大綱引き大綱引きスタートの号令がでた瞬間、会場のボルテージはこの日最高潮に達しました。地元の方、県内外からの参加者も一緒になって南北に広がる大綱を引き合います。

糸満大綱引きは30分1本勝負!私も密集している参加者の間に手を伸ばし、翌日筋肉痛になるとも知らず力一杯に大綱を引きました。

【18:00】糸満大綱引き終了 2017年勝敗の行方は!?
糸満大綱引き30分が経過しました。大会委員長が終了の号令をかけても、両陣営の興奮は冷めやらず、しばらく大綱を引き寄せていました。

2017年糸満大綱引きの結果は、昨年に続き引き分けでした。今年も南北で幸福を分かち合います。

【18:30】糸満大綱引き終了後 綱は縁起物なので持ち帰る
糸満大綱引き大綱を沿道によせて、2017年糸満大綱引は無事終了しました。大綱は縁起物として一部を切り取り、無病息災を願い玄関に飾ります。

さいごに

糸満大綱引き2018年の糸満大綱引は9月24日(旧暦8月15日)です。

地元の方と一緒になって伝統の大綱を引いてみるのはいかがでしょうか?

大綱引き終了後に見る中秋の名月が、きっと忘れられない思い出になるはずです。

開催日程・場所
2017年10月4日(水)(毎年旧暦8月15日)
糸満ロータリー(糸満小学校)~白銀堂 間(県道256号) 
糸満市中心部・国道331号上で開催

交通アクセス
糸満ロータリーまでは那覇空港から約12キロ、約20分。国道331号線を南下

89番バスにて「那覇バスターミナル」~「西川区公民館仮バス停」まで約30分
運賃:520円 ※会場まで徒歩で約7分程度

[那覇空港]~[会場]([白銀堂]か[糸満ロータリー]を行先へ)まで約30分、
運賃:約3,000円 (タクシー料金はあくまでも目安です。)

水産試験場跡地 (沖縄水産高校の南側)

[西川区公民館仮バス停]
那覇からお越し際はバスが10分間隔で運行しています。
会場からバス停からも近いので訪問の際はバスが便利。

参考:平成29年度 糸満大綱引行事について
http://www.city.itoman.lg.jp/kankou-navi/docs-kankou/2013072500031/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.