森も海も大自然!”西表島でダイビング”のココが魅力です!

Tags:

公開日:2016/6/10

西表島ダイビング

八重山の中でも屈指の自然が残る西表島。
山も海も楽しめるネイチャー・アイランドとして、アクティブさを求めに多くの方が訪れます。

もちろんダイビングも数々の有数スポットがあり、西表ならではの景観も楽しめるコトも。

ではいったい西表島でダイビングをすると、どんなステキなコトが待っているのでしょうか?
今回はその魅力についてご紹介してきたいと思います。

もちろん初めての方も体験できますので、ぜひ読んでみてくださいね♪

<もくじ>
1.ダイバーの憧れ、西表島の魅力
2.西表島のダイビングポイント、オススメはココ!
2-1.初心者~上級者まで楽しめる|バラス島
2-2.中・上級者は日本を代表する大物スポットへ|仲之御神島(オガン)
3.ショップ紹介|ホットマングローブ
おわりに

1.ダイバーの憧れ、西表島の魅力

西表島ダイビング

イリオモテヤマネコが棲む西表島は、いわば島のほとんどがジャングル。
亜熱帯特有の生物たちが伸びのびと暮らす島でもあります。

手つかずの自然が残っていて、日本の滝百選にも選ばれているマリユドゥの滝やカンピレーの滝、渓流トレッキングができるユツンの滝などもここ西表島にあるんですよ!

西表島ダイビング

そして西表島を取り囲む珊瑚礁ですが、リーフの発達がとっても良好!海の中までトロピカルな世界が広がっています。

でも西表島にはいったいどんなポイントが待っているのか気になるところですよね。
そこで筆者のオススメのダイビングポイントをご紹介したいと思います。

2.西表島のダイビングポイント、オススメはココ!

2-1.初心者~上級者まで楽しめる|バラス島

西表島ダイビング

西表島と鳩間島のあいだに位置するバラス島。「バラス」とは沖縄の方言でサンゴの破片のコトを指します。

世界でも大変珍しいと言われているサンドバーは満潮でも完全に沈むコトはなく、時間帯や季節によって若干カタチが変わるのが特徴。
サンゴのカケラ以外には植物も土も砂ない完全な無人島・・・でも海鳥が卵を産む場所にもなっているんです♪

西表島ダイビング

そんなサンゴのカケラで盛り上がった島の周辺は大変穏やかで、初心者の方には最適の場所。
色とりどりのサンゴが集まるなか、活発なお魚さんたちが泳ぐ姿も見るコトができます。

西表島ダイビング

また、一言でバラス島と言っても周辺にはいくつかポイントがあり、バラス西で見られる魚としては、メジロザメ科のホワイトチップシャークがいるコトも?

え?サメ???襲われるーーー??

と思われるかも知れませんが・・・実はサメ科って臆病な子が多く、積極的に人をかじるのはほんの数種類しかいないようです。

でも近くで実際出会ったらドキドキする大物ですよね。
海の中でパニックになるコトのないように・・・そっと見守りましょう。
※決してツンツンしたり触りにいったりはしないように!!

また最近では「新城パナリ島」と呼ばれる新しいスポットも登場。

周囲も10mほどとまだまだちいさいのですが、今後時を重ねるごとにメジャーになっていくと思われる注目スポットです。
周辺は大変穏やかで魚影も濃いのですが、ダイビングやシュノーケリングなら行けるコトもあるようですよ。

2-2.中・上級者は日本を代表する大物スポットへ|仲之御神島(オガン)

西表島ダイビング

仲之御神島(オガン)は東の根と「西のスポット」、他にもいくつか名前の付いたスポットがあります。

東の根は日本を代表する大物ポイント。
潮が合えば時に100匹以上のイソマグロなどが回遊しているコトも。

50mの水底まで垂直に根が切り立っているというワイルドさも西表ならでは。
地形ダイバーにとってはたまらない場所となるでしょう。

西表島ダイビング

反対に西のポイントは非常に穏やかで、海底は砂で波紋ができているという箇所も!ヒーリングダイブにもピッタリの場所です。

どちらかというとのんびりダイビングで海の中をお散歩したいんだよね、、という方にもピッタリ!
自然の造形美をゆっくり拝見してみては?

西表島ダイビング

他にも西表島には独特の景色を楽しめるポイントや地形、小さな魚たちと戯れられる場所など、ホントに沢山あるんです。

でもそのほとんどは船がないと行くコトが難しい場所にあるため、やはりここ強い味方が必要になってきますよね。
もちろん西表島にも多くのダイビングショップがあり、どこを選んでも安全で楽しいダイビングになるコトは間違いないでしょう。

その中でも筆者が自信を持ってオススメしたいショップさんがありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

3.ショップ紹介|ホットマングローブ

西表島ダイビング

ホットマングローブさんはシンプルに、「西表の海を西表らしく見せる」をモットーにしているショップさん。

その意味は、つまり西表そのものを直に見て、触れて、感じるコトのできる「作りもののない」体験ができるというコト。
そして主に島の北側(上原港、船浦港)を拠点にしているショップさんが多いそうなのですが、ホットマングローブさんの場合、北側はもちろんのコト東から西、そして南側までと、つまり西表島全域を網羅しているのが強み。

ダイビングポイントもリクエスト重視にしているため、今まで行ってみたかった場所を相談すれば、憧れが現実になるかも知れません。

西表島ダイビング

なお仲ノ御神島や波照間島への遠征も得意。設備も万全、揺れの少ない船で向かうコトができるので、「ダイビングはいいけど移動中の船が弱いんだよね・・」という方にも大変ありがたいハズ。

いかに快適に過ごしてもらうか、その気持ちが伝わってくるかと思いますよ♪

西表島ダイビング

基本的に1ダイブ(海の中にいる時間)は30分~40分なのですが、あまりに楽しいからもう1度潜りたい!という突然のリクエストも受けてくれます。

その場合は格安プランも用意されているという親切さも大きな特徴。
初めから「何本潜りたい!」と決めるよりも、まずは体験してみてから次どうしようか?と考える時間があるのとないのとでは結構余裕さが違ってくるかと思いますよ!

まあ、でも一度西表の海を覗いたら・・次潜らずにはいられないホド感動すると思います・・。

西表島ダイビング

そしてこちらのショップさんをススメる理由としては、海況が良ければオリジナルポイント(ヒミツ♪)へ連れて行ってくれるコト。

西表島の海を知り尽くし、そして見つけたヒミツの花園ならぬヒミツの洞窟は行った人にしかわからない感動があるハズ。
西表では1番ではないか?という神秘の世界をアナタも覗いてみませんか?

他にも大物狙いや汽水域、マングローブでのダイビングなども体験できるという、西表島ならではのプランがあるので、まずは相談してみましょう。

<ショップ情報:ホットマングローブ>
住所:沖縄県八重山郡竹富町字上原324番33
電話番号:0980-84-8282
公式サイト:http://www.hotmangrove.com/

おわりに

西表島ダイビング

どうでしょうか、西表島でダイビングをしたくなってきますよね・・・。

実際筆者もダイバーですが、手つかずの自然・・とはこういうコトか!と見て初めて分かるコトが沢山ありました。

先にオススメしたショップさんの場合、器材はもちろん全て貸し出し、水着とタオル1枚でOK!
手軽にダイビングができる環境であるコトもポイントが高いんです。

コトバでは伝えきれないほど魅力たっぷりの西表島で、アナタも生物や自然と感動の出会いをしてみませんか?


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.