シングルが安い!立地GOOD!沖縄ひとり旅の味方「KARIYUSHI LCH.」

KARIYUSHI LCH.
昨今、日本中でおしゃれなカプセルホテルが増え何かと割高になる一人旅にも価格革命がおきています。

新しいカプセルホテルはインテリアもおしゃれですし、随分とイメージが変わったものです。

ただカプセルホテルに限らずゲストハウスなど格安の宿泊施設、安さには惹かれども、物音や見ず知らずの人との距離感の近さが苦手で、結局ホテルを探すという方もいらっしゃるはず。

今回ご紹介する「KARIYUSHI LCH. Izumizaki県庁前」(以下本文中ではLCH本館と表記します)は、那覇市内にあるシングルルームをメインとしたホテル。
ゆいレール県庁前駅から徒歩4分の市街地すぐの場所にあります。

ホテルですので、プライベート空間はばっちり確保。部屋の中にシャワーもトイレもあります。しかし、その部屋の広さはやもすると一般的なビジネスホテルの半分程度!

極狭なのに機能的、その客室はまさに「大人の秘密基地」!
さっそく「KARIYUSHI LCH. Izumizaki」の全貌に迫っていきます。

<もくじ>
1. LCH本館の気になる宿泊料金
2. LCH本館のお部屋へGO
2-1.ロビー
2-2.客室
3.個性豊かなLCHホテル
4.LCH基本情報・Q&A
4-1.基本情報
4-2. Q&A
5.おわりに

1. LCH本館の気になる宿泊料金

最近はビジネスホテルでも日にちによって料金変動が大きく、妥当な料金がいくらなのかよく分かりません。
筆者の個人の感覚ですと、那覇市内のビジネスホテルなら平日1泊¥5,000程度だったらお得に泊まれたなと思います。週末は¥7,000位がボーダーライン。
※金銭感覚やビジネスホテルのイメージにもよりますので参考にならないかもしれません。しがない独身サラリーマンが自腹を切る場合の感覚だとお含みください。

一方、LCH本館でもっとも客室数の多いスタンダードタイプのお部屋は、平均して1泊約¥4,000前後。土曜日やお盆などのオンシーズンでも1泊¥5,000~¥6,000前後。
早期予約で適用される割引プランがお値打ちで、45日前、90日前、120日前と早ければ早いほどお値打ち。場合によってはシングルが1泊¥3,400を下回る場合もあるんですよ。

2. LCH.本館のお部屋へGO

KARIYUSHI LCH.
LCH.本館は明るい黄色の外装が目印。ホテル1階はローソンなので近くまで来たらきっとすぐに分かります。

2-1.ロビー

コンシェルジュカウンターと自動チェックイン・チェックアウト機が置いてあるロビーは、一般的な「ホテルのロビー」というよりはマンションのロビーのよう。
基本的にはスタッフを介さずともホテルを利用する事が出来るのです。

ロビーにはローソン直結の出入口も。コンビニが直結というのは、一人旅やビジネス利用の方には嬉しいポイントですよね。

LCH.本館のもう一つの特徴は、バスタオル・フェイスタオル以外客室にアメニティが無いという事。

せっけん類や歯ブラシなどを販売する自動販売機がロビーに設置されていましたが、
ここで全部揃えたら少々値が張る・・・歯ブラシは持参しようかな!
KARIYUSHI LCH.

2-2.客室

さて、いざ客室へ。
KARIYUSHI LCH.
冒頭ですでにご覧いただいておりますが、極狭なのに機能的な理由はロフトだったのです!
ロフト以外にも、シャワー・トイレのデザインやデスクが掘りごたつ仕様だったりこれは新しいを超えて斬新です。

エントランスには洗面所があり、アメニティのタオル類。
KARIYUSHI LCH.

シャワー・トイレは完全に一体型、間にはシャワーカーテンがあります。シングルだからこそできるガラス張り、部屋が広く感じます。
KARIYUSHI LCH.

小上がりが居室、さらに階段を昇って就寝スペース。ちょうどエントランスやシャワーブースの上になります。

シングルサイズのマットレスを中心に、棚やテレビ、コンセントもあり、ずっとここで過ごしてしまいそうな不思議な居心地のよさ。
KARIYUSHI LCH.

居室スペースにもテレビ。もちろんWi-Fi完備ですので、PCで作業しないといけない場合は掘りごたつ仕様のデスクで。
KARIYUSHI LCH.

荷物もこの居室スペースで広げる事になります。
上と下を行き来する場合必ず通る場所でもあるので、大なり小なり荷物を片付けないと点は多少不便に感じる方もいるかもしれません。

昔、インテリアのカタログを見ながらこんな部屋を夢想したような、、、
LCH.本館の客室はそんな想像をはるかに超えるクオリティですが、「秘密基地」と言った理由、なんとなくお分かりいただけたでしょうか。

3.個性豊かなLCHホテルシリーズ

KARIYUSHI LCH.
LCH本館の徒歩圏内(それぞれ1~2分圏内)にもう2軒同じLCHシリーズのホテルがあります。ひとつはLCHセカンド、もうひとつはLCHプレミアムです。

LCHセカンドとLCHプレミアムはツインやダブルなど2名まで収容可能なお部屋がメイン。もちろん国際通りは徒歩圏内。

2名で1室を利用した場合、1名あたりの宿泊料金は¥3,500前後~とこちらもかなりお値打ち。かなりお部屋タイプが多いので、いろんな部屋を見てみるのもおもしろいかもしれません。

4.LCH基本情報・Q&A

4-1.基本情報

KARIYUSHI LCH. Izumizaki 県庁前のご紹介

【住所】沖縄県那覇市泉崎1-11-8
【TEL】098-866-1200
【チェックイン】14:00
【チェックアウト】10:00
【HP】https://kariyushi-lch.jp

4-2.Q&A

Q.客室のアメニティは何がありますか?

A.バスタオル、フェイスタオル、コップがあります。
反対に歯ブラシやシャンプー・ボディーソープ、ティッシュ、ナイトウェアなど、一般的なホテルのアメニティと比べると無いものが多いので、心配な方は予約前にチェックしましょう。

Q.荷物を預かってもらえますか。

A.荷物はお預かりできません。LCHプレミアムにコインロッカーがあります。

詳細は「ご予約前の注意事項」のページにてご確認ください。
https://kariyushi-lch.jp/check.html

5.おわりに

ここ数年沖縄のホテルもどんどん増えていて、数と同様種類もバラエティー豊かになっています。
その中でもかなり個性的なLCH、もし沖縄に行かれる事があれば一度宿泊してみみてはいかがでしょうか?


Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.