北谷の海沿いにオープン!ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 客室のテラスから海を臨む2018年6月にオープンした、「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」。

海岸沿いの遊歩道の向こうはすぐ海、というまさに手が届きそうな距離に海を感じられる贅沢な立地。

スライダーのあるガーデンプールに、サンセットをゆっくり楽しめるルーフトップバーなど、ホテルから一歩も出たくない!と思ってしまうほどの心地よさを感じたホテルでした。

今回はそんな「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」の宿泊レポートをお送りします。

<目次>
1. グルメもショッピングも楽しめる北谷エリア
2. モダンで落ち着いたエントランス
3. テラスの向こうに海が広がる客室
4. スライダーや遊具もある屋外プール
5. 極上サンセットはルーフトップバーから
6. 青空をたっぷり感じる朝食ビュッフェ
7. おわりに

1.グルメもショッピングも楽しめる北谷エリア

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 入り口 「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」があるのは、那覇空港から約45分の沖縄県北谷町美浜のフィッシャリーナ地区。

すぐそばにはヒルトン沖縄北谷リゾートもあり、こちらはさらに海寄りの立地。

アメリカンビレッジにも歩いてすぐと、ショッピングやグルメも気軽に楽しめるエリアです。

それでは、シーサーに迎えられながら早速ホテル内へ入ってみましょう!

2. モダンで落ち着いたエントランス

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート エントランスエントランスは落ち着いてモダンな印象。
大人っぽいダークな色味を多く使いつつ、品格ある雰囲気に仕上がっています。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート フロント【チェックインはこちらで】
ゲストには外国人観光客が多く、あちこちで英語が飛び交います。こちらに限らずとも、全国・全世界のダブルツリーではチェックイン時にホームメイドクッキーをプレゼントしてくれます。

ダブルツリーbyヒルトン 特製チョコチップクッキー【手のひらからはみ出るほどのアメリカンサイズ】
世界共通のレシピで作られていて、どのダブルツリーに宿泊しても「おかえりなさい」という気持ちを込めてクッキーをプレゼントしているのだそう。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート ロビーチェックインの間、同行者はエントランスロビーでウェルカムドリンクを飲みながらひとやすみ。

一面ガラス張りになっているエントランスは、天井が高くてとっても開放的。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート フレッシュコネクション そのすぐ横には、テイクアウトデリ「フレッシュコネクション」があります。
デリだけでなく、サンドイッチやパン、サラダ、スイーツと種類豊富。ショーケースやカウンターに綺麗に並んでいて、あれもこれもと手が伸びます。

外食続きでお腹がいっぱいな時は、こちらで手軽なものを購入してお部屋で食べるのもいいですよね。アルコールやソフトドリンクも置いてあります。

ホテル内にコンビニはなく、売店はこちらのみ。
コンビニを利用したい時はアメリカンビレッジ方面へ行きましょう。

3. テラスの向こうに海が広がる客室

ロビーをあとにして客室へと向かいましょう。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 客室棟 廊下やや明るさを抑えた落ち着きある内廊下を通ってたどり着いたのは、プレミアムルーム オーシャンビューwithテラスの客室。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート プレミアムルームオーシャンビューwithテラス窓の向こうには広々としたテラスがあるのですが、部屋の床の高さと同じ。そのため窓を閉めていてもテラスとひと続きになっているような、解放感あるお部屋です。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 客室のテラスから海を臨むテラスの目の間には海沿いの遊歩道が見えるのですが、そのすぐ向こうはワイドビューの海! 緑に囲まれてプライベート感は確保しつつも、海へと視界の抜ける景色がもう絶景です。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 遊歩道賑やかな北谷エリアのイメージとは違い、やわらかでゆったりとした空気が流れます。 “南国リゾート” 感にどっぷり浸れるこのテラス、最高でした。

バルコニータイプのお部屋もありますが、より贅沢なのはやっぱりこちらのテラス付きの客室。

記念日や誕生日など、そんなとっておきの日にぜひ泊まってみてください。

4. スライダーや遊具もある屋外プール

続いては屋外プールに行ってみましょう。「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」には2つの屋外プールがあります。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート プールサイド素敵な雰囲気の廊下を通って外に出ると、この落ち着いたリゾート感をあふれるプールがお出迎え。

奥にはスライダー付きの浅めなプールもあり、お子さまも安心して遊ぶことができます。

こちらは基本的には宿泊者限定のプールなので、比較的混雑せずゆったり過ごせますよ。夏休み期間にはプール付きのランチプランもあるので、宿泊しない時でも気軽に利用できます。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート キッズ プレイゾーン「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」のプールサイドにはこんな遊具もあります。快晴の日に遊ぶには日よけがなくて暑すぎるのですが、シーズンオフなどの気候のいい日にはぜひ。

またタオルや浮き輪、アームヘルパーなどは無料でレンタルできますので、お部屋からは身軽で来ても大丈夫。

パラソルが真っ白でとてもきれいなのですが、沖縄の日差しと相まってとってもまぶしいのでサングラスは必須!

プールは夏季シーズン限定なので、オープン時期はホームページで確認しましょう。

5. 極上サンセットはルーフトップバーから

夜が近づいてきたらルーフトップバーに行ってみましょう。もちろんふらっと行ってもいいのですが、サンセットタイムを狙うなら事前予約がおすすめ。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 43ウェスト ルーフトップバー その名の通りルーフトップになっていて空をたっぷり仰げます。水平線に少しずつ沈んでいく太陽と、どんどん表情を変える空。

今日の思い出や明日の予定をおしゃべりしながら、空を眺めるひととき。なんて贅沢なのでしょう。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 43ルーフトップバーでカクテルを嗜むアルコールはもちろん、ノンアルコールカクテルや軽食も用意があってファミリーでの利用もOK。

ベビーカーを横に置いて、赤ちゃんを抱っこしながらサンセットを楽しむというのもアリですね。

沖縄西海岸の極上サンセットを眺めながら、一日を締めくくりましょう。

6. 青空をたっぷり感じる朝食ビュッフェ

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート マティーニ 外観朝は朝食ビュッフェでスタート!プールに出る時にの廊下沿いにあるマティーラでいただきましょう。

滞在中はほぼ客室が満室という状態。そんな中、毎朝7時前後に朝食をとりましたが、いつも待たされることもなくスムーズにご案内いただけましたよ。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート マティーニにて朝食窓際の特等席からの眺め。天井まである窓から空を仰ぎつつ、おいしい朝食をいただけます。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート マティーニ 朝食バイキングどれも美味しそうであれもこれも!となるのですが、旅行中はなにかと食べ過ぎになりがち。なので、この日はやや量を抑えめのプレートに。

特にフレンチトーストや、ジーマーミー豆腐が美味しくて、滞在中は毎日いただいていました。

お腹をほどよく満たして旅立つ準備は完了です!

7.おわりに

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート 廊下にある色鮮やかな絵画とっても居心地がよく、ホテルから出ずにひたすらのんびり過ごしたくなる「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」。

ホテルで沖縄タイムを満喫するもよし、自然豊かな北部エリアに足を伸ばすもよし。

一日楽しんで疲れて帰ってきても、スーッと疲れを手放せる。そんな和やかで優美なホテルでした。


施設名:ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート
住所:〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町美浜43
電話番号:098-901-4600
総客室数:160室
チェックイン/アウト:15:00/12:00
アクセス:那覇空港から車で約40分
公式HP:https://www.doubletreechatan.jp/
▼各種予約のご案内▼
楽天トラベルはコチラ
じゃらんネットはコチラ

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.