山羊料理ならここ♪石垣島「一休食堂」ヤギそば・牛そば・八重山そば!

Tags:

公開日:2015/12/18

沖縄のヤギ
沖縄・石垣島に来たからには一度は食べてみたい!と思う料理と言えば?と聞いてみると、意外と声があがるヤギ料理。えっ!?ヤギ料理ってあのヤギ?そうです!あのメェーメェーです。

市街地を走っているとよく見かける動物は牛、その次に多いのがヤギです。きっと食用が多いでしょう。
ここ一休食堂では、地元ではお馴染みのヤギを使った料理や、牛汁や牛そば、そして忘れてはいけない八重山そばや郷土料理も味わうことが出来ますよ。

地元の人も通う!美味しいヤギ・牛料理「一休食堂」とは

石垣島「一休食堂」

まず初めに紹介したいのが、ヤギ料理!石垣島では行事やお祝い事などの場面で、ヤギ汁や牛汁が振る舞われることが多いのです。

以前は、山羊料理専門店でしたが、ヤギそばを作ってみたところ大好評で今では定番メニューになりました。
そのヤギ料理・ヤギそばと言えば「一休食堂」!と言われるほど、地元の常連客も多いんですね。店内はよく方言が飛び交っていますよ。

石垣島「一休食堂」そして、ヤギと言えば気になるのが臭いですよね。

獣臭いだとか、何が入っているかわからない、ヤギ汁や牛汁を食べてみたいけどなかなか。。って方も多い中、一休食堂では、皮をより綺麗に洗い、臭い消しとしてよく使われている、よもぎを沢山使っていてじっくり煮込んであるので、初めての方にもお勧め。

地元の人いわく、ここのヤギ汁が無理なら他はもっと無理だろう。と言う人も少なくはありません。

ヤギ汁・やぎそばと、牛汁・牛そばの大きな違いは、そばが入っているかいないか。
そば入りだと上に乗ってくるお肉の量が減り、ダシと八重山麺とお肉が味わえます。

独特な臭さやクセが少なく、あっさりしているのにコクもあり、食べやすくて美味しい!と言うリピーターさんも多いようです。一度お試しあれ♪

ヤギ汁だけじゃない「一休食堂」人気メニュー紹介

ヤギ汁・・・¥1250 ヤギそば・・・¥850
牛 汁・・・¥750 牛そば・・・・¥600
ヤギ料理・牛料理以外には、、、
石垣・八重山と言えば八重山そば!沖縄そばの麺やダシとは一味違った美味しさがあり、人気のひとつです。
八重山そばは大¥500・小¥350があり、他にもお子様が食べられるメニューもあるので家族連れの方も安心♪

ニガウリたっぷりゴーヤチャンプルー¥500、お麩を使ったフーチャンプルー¥500
豚肉を使いピリ辛な味付け、スタミナ丼¥600、ブタマヨ丼、カレーライス、チャーハン!etc…

石垣島「一休食堂」単品もよし、ライス付き、スープ付き、大盛りプラス100円で出来ます。
沖縄の定番家庭料理、ポークタマゴ¥500は県内外でもよく耳にすることがある、スパム!スパム=ポーク♪
名前だけしか知らない方は、ポークタマゴ=ブタのたまご!?ってなんですか?と不思議に思う人もいるんだとか。

ドリンク・・・
沖縄と言えば、さんぴん茶¥300を初め、アイスコーヒー¥300、オレンジ¥300、パッションジュース¥300、
グァバジュース¥400、マンゴージュース¥400、アセロラジュース¥400
ビール中ビン¥600、生ビール¥500があります。

石垣島「一休食堂」

「一休食堂」外観~店内~アクセス

一休食堂は、バンナ公園の道すがら右手方向にあり、斜め前には石垣島鍾乳洞。市内から車で約5分、サイクリングコースとしても人気のある通りで、市内から自転車で約15分ほど。大通りに面しているのでわかりやすく、入りやすいです。広い駐車場の中に白い建物があり、黒字で大きく「一休」と書いてあります。店内も広く、木目調で落ち着いていて、テーブル席、座敷あり。

石垣島旅行の際は、ぜひヤギ料理を一休食堂で挑戦してはいかがでしょうか!これであなたも八重山、石垣島通になれること間違いなしです。

スポット詳細

名称:一休食堂
住所:沖縄県石垣市石垣716-1
TEL:0980-82-1803
駐車場:有
定休日:月曜日
営業時間:11:00~19:30


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.