島一番人気の「牛そば」屋さんといえば!新垣食堂|石垣島

Tags:

公開日:2016/1/27

新垣食堂-八重山そば選手権シリーズ第3弾

「新垣食堂」は、「牛そば」と「牛カレー」で地元の人にも観光客にも大人気のお店です。場所は、石垣島の北東にある伊原間という地域にあり、市街地からは車で40分程と決して近くはありません。

11時30分からの営業ですが、日によっては開店前から待っている人もいるほどの人気店。なぜ「新垣食堂」がそんな人気店なのでしょうか?今回は、その新垣食堂の魅力をたっぷりと紹介します!

八重山そば選手権にて、新垣食堂は「オリジナル汁そば部門」でグランプリを受賞!

2015年7月~9月の3か月間、石垣島と竹富島の44のそばを提供する店舗が参加した「八重山そば選手権」の「オリジナル汁そば部門」で、みごとに第一位、初代グランプリに選ばれたのです。

それぞれ自慢の八重山そばを観光客や地元の人などに食べてもらい、1万票以上の投票から決める「八重山そば選手権」でした。(主催は沖縄県飲食業生活衛生同業者組合八重山支部と八重山調理師会)

27年間、食堂を切り盛りするおばちゃんのご主人が経営する新垣牧場からの牛肉を使った、牛そば、牛カレー、牛汁は一度食べてみる価値大!の絶品です。

新垣食堂-八重山そば選手権シリーズ第3弾郊外をドライブ中によく見かける地元の食堂という外観です

 

新垣食堂-八重山そば選手権シリーズ第3弾テーブル席と座敷席があります。満席で25~30席ほどの広さです

 

新垣食堂-八重山そば選手権シリーズ第3弾大きな具がたっぷりのったボリューム満点の名物「牛そば」

 

新垣食堂-八重山そば選手権シリーズ第3弾八重山地方の少し太めの丸麺。歯ごたえしっかり

 

新垣食堂-八重山そば選手権シリーズ第3弾牛そばに並ぶ看板メニュー、新垣食堂自慢の「牛カレー」

新垣食堂の人気不動、たった3つのメニュー

メニューは「牛そば(600円~)」「牛カレー(500円~)」「牛汁・ライス付(1000円)」の”たったの3つ”のみです。「牛そば」は(中)と(大)、「牛カレー」は(小)と(大)とサイズも選べるのでお腹の空き具合に合わせて注文できるのも嬉しいです。

「牛そば」は八重山そばの麺の上にゴロっと大きな牛肉、人参、冬瓜、結びこぶ、大根、ゴボウ等がのっていて、どれも大きく切られた具材ですが、よく煮込んであるのでとても軟らかく口に入れると「とろける」といえるほどです。「牛カレー」にも軟らかく煮込まれた牛肉がたっぷり入っていて、(小)でもけっこうボリュームがあります。

「牛汁」も、なんとも言えないほどのコクのある牛出汁がきいていて、そこにたっぷりの根菜類が入る、一度食べるとヤミツキになる人が続出中の一品です。小さなお子様やお年寄りにも食べやすく、これも「新垣食堂」がすべての年齢層に支持されているわけがわかります。

新垣食堂-八重山そば選手権シリーズ第3弾

【メニュー】
牛そば(中)600円
牛そば(大)700円
牛カレー(小)500円
牛カレー(大)800円
牛汁(ライス付)1000円

新垣食堂の店内・アクセス

新垣食堂に入ると、手前にテーブル席が4つ、奥の座敷にテーブルが2つあります。メニューは壁に貼り付けられた3種類のみ。それでも27年間変わらない、地元や観光客に愛されている食堂です。

車で来られる場合は、市街地から新石垣空港を過ぎて北上し、左手にあります。 外見は平屋の小さな食堂という感じですが「新垣食堂」と縦の大きな看板が目印です。

バスの場合は、バス停「伊原間」下車後すぐ目の前にあります。新石垣空港からおよそ20分、石垣港離島ターミナルからは約40分の場所です。

あとがき

「今日はもう終わったさぁ~」とおばちゃん。食べる気満々で来店したリピーターの観光客「えっ、もーないの? じゃ、また来年来るわ~」こんな会話もしょっちゅう耳にする新垣食堂。その日の分が売り切れ次第、閉店となります。 新垣食堂でお食事を予定されてる人は早めに行かれることをおすすめします!

新垣食堂-八重山そば選手権シリーズ第3弾

新垣食堂
住所: 〒907-0332 沖縄県石垣市伊原間59
営業時間: 11:30~14:00(売り切れ次第閉店)
定休日: 月1回土曜不定休、日曜(年末年始休)
電話番号: 0980-89-2550
駐車場: あり


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.