小浜島ステイならココ│まるで楽園のようなリゾートホテル3選!

小浜島観光イメージ石垣島から高速船で約30分。八重山諸島の中心に位置する「小浜島」。

人口約600人、周囲は約16kmほどの小さな島ですが、ここには屈指のリゾートホテルがあることをご存知でしたでしょうか?

滞在のスタイルは様々ですが、せっかく小浜島まで足を運ぶなら非日常的な時間を過ごしたいもの。

少し早起きをして海辺でヨガをしてみたり、敷地内にあるハンモックにゆられてみたり、夜にはカクテル片手に天体観測したり・・・。

小浜島では都会で絶対できないような体験がいくつも楽しめるんです。

島内にも観光スポットがありますが、ホテルから一歩もでなくても楽しめるのが小浜島の魅力。今回はそんな小浜島ステイにピッタリなリゾートホテルをご紹介します!

<目次>
1. はいむるぶし
1-1 はいむるぶしってこんなホテル
1-2 はいむるぶしを楽しむなら「星空カフェ」へ
2. ホテルアラマンダ小浜島
3. ホテルニラカナイ小浜島
4. おわりに

1. はいむるぶし

1-1 はいむるぶしってこんなホテル

小浜島観光イメージホテル名になっている「はいむるぶし」、何だか聞きなれない言葉ですが八重山地方の言葉で南十字星という意味。天気の良い日は一年中、南十字星と天の川が見られます。

小浜島観光イメージ敷地内のレンタルカートを借りないと、とても全部を周りきるのは難しいほどの広さ。
水牛やヤギも住んでいて、何ともいえないゆったりとした時間が流れます。

小浜島観光イメージ豊かな南国植物に囲まれたスタンダードルームから、ラグジュアリーなオーシャンビュースイートまで、客室の種類は全部で5種類。

小浜島観光イメージせっかくはいむるぶしに泊まるなら、オーシャンビューの部屋に泊まりたいトコロです。

最もランクの高いお部屋「オーシャンビュースイート」は、全ての部屋にテラスとハンモック付き。海風を感じながら、いつでも好きなときに庭先でくつろぐことができますよ。

小浜島観光イメージ朝食付きプランでご宿泊の場合、前日21時までの要予約制でピクニックブレックファストに変更可能。

小浜島観光イメージお部屋のテラスで食べるのも良いですが、部屋から抜け出してビーチやガジュマルの木の下でいただくのも格別!朝からこの上ない贅沢な気分にひたれます。

小浜島観光イメージ日中はマリンスポーツにいそしむのもよし、敷地内で借りられる自転車で島内をサイクリングをするのもよし。

中でもまったりしたい方には、スパがオススメ。
はいむるぶしではスパの施術が屋外で受けられる「ぱなりスパ」があるんです。

ただでさえ気持ちの良いエステ、海を眺めながらのトリートメントは体だけでなく心からリフレッシュさせてくれますよ。

1-2 はいむるぶしを楽しむなら「星空カフェ」へ

前半でも述べた通り、美しい星空が見られることが自慢のはいむるぶし。

そんな星空を倍楽しむなら、ぜひ足を運びたいのが「星空カフェ」。
5月31日から10月31日までの半年間限定で楽しめるバーです。

室内やテラス席もありますが、断然オススメなのがひさし付きのデイベッドブース。
ふっかふかのソファ席がキャンドルでライトアップされ、ロマンチックな雰囲気に。

座席に限りがあり、事前予約不可なのが残念なトコロですが、これを目掛けて行く価値アリ!ホテル特製のフルーツカクテルを片手に素敵な夜を満喫されてみてはいかがでしょうか?

施設名:はいむるぶし
住所:〒907-1221 沖縄県八重山郡竹富町小浜2930
電話:0980-85-3111
公式HP:http://hoshinoyataketomijima.com/
▼各種予約のご案内▼
じゃらんネットはコチラ

2. ホテルアラマンダ小浜島

小浜島ホテル今年の4月にリオープンしたばかりの「ホテルアラマンダ小浜島(以下、アラマンダ)」は、全室スイートルーム仕様。

小浜島ホテル64㎡以上もの客室全てが窓辺に面したデイベッド付きで、昼間のうたたねにもってこいです。部屋のどこからでもラグーンを見渡せ、ゆったりとした気分に。

ガラス窓から光が差し込む、大きなバスタブも特徴です。

小浜島ホテルモダンなインテリアのスーペリアスイートから敷地内に2室しかないアラマンダスイートまで、客室は全部で4種類。

中でも最もランクの高いアラマンダスイートは、客室内にプール・ジェットバス・そしてガセホが付いています。一見するとホテルというより、まるで高級邸宅のよう。

ホテル内でも十分というより、もはや客室で過ごしていないともったいないと感じるくらいの至れり尽くせりの施設には脱帽です。

小浜島ホテル敷地内にはプライベートビーチを一望できるプールがあり、19:00まで泳ぐことが可能。
夕方以降は美しくライトアップされるので、日焼けがこわい方は日が落ちてから泳ぐのがベストかもしれません。

小浜島ホテル併設している「ビーチハウス(島ブックカフェ)」は少し高台に位置しているので、眺めは抜群!

店内では離島気分を盛り上げてくれるお洒落な本が陳列され、自由にとってながめられます。

沖縄のフレッシュフルーツを使ったスムージなどをはじめ、ケーキやアイスクリームなど、小腹が空いたときにはこちらでティータイムを楽しんでみてはいかがでしょうか?

小浜島ホテルまた旅行にははずせないグルメですが、アラマンダには全部で3つのレストランにカフェとバーがそれぞれひとつずつあります。

一日中ビッフェ形式で楽しめるレストラン「イリティダ」、毎月メニューが変わる「ディープブルー」など。

小浜島ホテルとことん高級感を味わいたいなら、「パナリ鉄板焼」がオススメ。
シェフが目の前で沖縄食材や地元の野菜を調理してくれ、できたては格別。
毎週木曜日は休業、6歳以下のお子様は入れないのでご注意ください。

施設名:ホテルアラマンダ小浜島
住所:〒907-1221 沖縄県八重山郡竹富町小浜東表2954
電話:0120-153-070(宿泊予約)
公式HP:http://hoshinoyataketomijima.com/
▼各種予約のご案内▼
じゃらんネットはコチラ

3. ホテルニラカナイ小浜島

小浜島ホテルホテルニラカナイ小浜島は、ホテルアラマンダと同じ敷地内に立地するホテル。

琉球赤瓦のコテージ式になっていて、まるで小さな集落のように宿泊棟が並んでいます。
アラマンダよりもリーズナブルな価格で滞在可能、ファミリーや一人旅で利用される方も少なくありません。

小浜島ホテルそんなニラカナイで滞在してみたいのが、ニラカナイスイート。
2種類あるスーペリアツインのお部屋がそれぞれ50室あるのに対し、こちらは2室しかありません。

84平米と広々した空間にはバリ風の家具が設置され、南国感が満点。

気になるベッドは天蓋付きで、まるでお姫様のような気分を味わえます。
デイベッドやソファ・バスルームも全て窓側に面しているので、部屋のどこにいても美しい海を見渡せますよ。

小浜島ホテルまた敷地内にあるゴルフ場まで近く、朝一でゲームを楽しむゴルファーも多いのだとか。

その他スパやプールはアラマンダと共有で使うことができるのが嬉しいトコロです。

施設名:ホテルニラカナイ小浜島
住所:〒907-1221 沖縄県八重山郡竹富町小浜東表2954
電話:0120-153-070(宿泊予約)
公式HP:http://hoshinoyataketomijima.com/
▼各種予約のご案内▼
じゃらんネットはコチラ

4 おわりに

小浜島ホテル楽園という言葉がピッタリなリゾートホテル3選、いかがでしたでしょうか。

石垣島から船でしか行くことのできない小浜島、そこまでしてわざわざ行くなら後悔のない滞在にしたいですよね。

マリンスポーツにいそしんだり、島内観光するのもオススメですが、ホテル内でも回り切れないほどお楽しみいただける要素があるのをお分かりいただけたはず。

旅行という非日常的な時間、思い切り奮発して贅沢にひたってみませんか?

小浜島島旅


Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.