石垣島|手打ち生麺の八重山そば!「嘉とそば」で味わう島の味

Tags:

公開日:2015/9/5

Pocket

嘉とそば「八重山そば 嘉とそば(かとそば)」は石垣島北部の米原方面にあり、石垣島市街地から車でおよそ30分の位置にあります。

また、手作りパンの名店トミーのパン屋の近くといえば、ピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。看板もやや小さめで穴場のそば屋となっています。

嘉とそばは、以前は中心街の730交差点付近にありましたが、メニューは人気の高い新鮮な車海老を使った「海老そば」(950円)・ぜんざいなどのデザート類など市街地の頃からほぼ変わっておりません。

今回はこちら、八重山そばの名店をご紹介いたします!

麺が違う!手打ち生麺の八重山そばは絶品!

嘉とそば皆さんは沖縄そばと八重山そばの違いはご存知でしょうか。実はそれぞれ、使っているスープのだしが違うのです。

前者は、カツオだしのみ。後者の八重山そばは、豚骨をベースに野菜と魚介のだしを絶妙に合わせています。口当たりはまろやかで濃厚な味わいとなっており、沖縄そばの平打ち麺とは違うストレート麺がぴったりのスープです。

嘉とそばこの「嘉とそば」では、なんと麺を手打ちした生麺を提供しています。注文が入ってからの茹でたてそばは、手作りの麺をほとんど使用しない所が多いなか珍しいそば店。普段の「置いた麺」の八重山そばに食べ慣れた筆者は、その細さとまろやかさに驚くほどでした。

そのオリジナルの麺とスープに、今までの八重山そばの常識を覆されるかもしれません。一風変わった八重山そばを味わいたい方は、ぜひ生麺を使用した絶品の「嘉とそば」へ行ってみてください!

八重山そばの魅力を最大限に引き出す、最高のロケーション

嘉とそば嘉とそばは、国道から少し入った高台にある赤瓦民家を改装した、石垣島でも有数な東シナ海(米原海岸)を一望できるロケーションとなっています。その風景を楽しみながら味わう八重山そばはまさに格別。この味は、市街地の八重山そば屋では味わえません。

店内は、座敷小屋(4名席が3つ)とテラス(2〜3席で10名ほど)の計20名くらいの大きさになっています。小部屋には、和風の落ち着くインテリアで本棚にはシーサーや三線などが飾られています。雨の日でも晴れの日でもホッと一息落ち着ける、そんな雰囲気になっています。お水はセルフサービスとなっています。

嘉とそばのメニュー

そばの種類は全部で3種類となっており、そのなかでも車海老そばが一番人気です。全部のメニューで茹でたての生麺を提供しています。

あっさりまろやかスープ
八重山そば 500円 八重山そばセット 750円

とろっとろに煮込んだソーキ
ソーキそば 700円 ソーキそばセット 950円

車海老のだしを効かせた味噌仕立て
海老そば 900円 海老そばセット 1,100円 海老塩焼(4本) 600円

デザート
氷ぜんざい 350円 ミルクぜんざい 350円 抹茶ぜんざい400円

※2015年9月現在

嘉とそば

嘉とそばへのアクセス

石垣島の北部にある「嘉とそば」は、市街地からの所要時間は約30分です。国道79号線沿いにあり、米原海岸・米原キャンプ場から車で3分。地元だけではなく観光客にも人気の「トミーのパン屋」から徒歩で行ける場所にあります。道路沿いに「嘉とそば」と書かれた小さな看板しかありませんが、周囲にはほぼ何もありませんのですぐに分かるかと思います。

看板を見つけたら高台に少し進むと、赤瓦の庭付き民家を改装した店舗があります。沖縄らしい庭に囲まれたデッキテラスからは、東シナ海を一望できる最高のパノラマオーシャンビューとなっています。テラス席以外は、全席座敷となっており店内は靴を脱いで入店しますので注意してください。

八重山 嘉とそば
所在地:沖縄県石垣市川平山原1216-602
定休日:水曜日
営業時間:11:30〜16:00
電話番号:0980-88-2329
公式サイト:なし

~東京発の格安石垣島ツアー~
トラベルジオ石垣島ツアー

~沖縄のホテル予約なら~
【楽天トラベル】沖縄のホテル・宿を予約

ホワイト・ベアーファミリーの格安石垣島パックツアーはこちらから
ishigaki-island-640-220-2
☆沖縄の現地体験オプションならこちら!旅プラスワン☆
bannar_oka
格安石垣島ダイビングツアーはこちらから!
石垣島ダイビング

Pocket

コメントを書く

*

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.