石垣島・舟蔵の里|島の雰囲気たっぷりの中で八重山そばを楽しむ

Tags:

公開日:2015/9/18

舟蔵の里・入口沖縄そばとは、麺とスープと何もかも違う「八重山そば」。喉越しの良いストレート麺と豚や鳥ガラ、野菜などを煮込んだ独特のスープのコクに魅了され、もはや八重山そば中毒という沖縄ファンもいるとかいないとか。。。

そこで今回は、石垣島で人気のそば名店「舟蔵の里(ふなくらのさと)」を紹介します。3,000坪あまりの広い敷地に、自然溢れる八重山の樹木に囲まれた古民家。三線の音色もひっそりと鳴り響く、舌だけでなく五感全部で八重山の味を楽しんでください♪
~目次~
八重山郷土・海鮮料理「舟蔵の里」とは
舟蔵の里ランチメニュー
観光スポットとしても人気の「舟蔵の里」
舟蔵の里へのアクセス

 

八重山郷土・海鮮料理「舟蔵の里」とは

石垣市新川の西部にある舟蔵の里は、市街地から車で5分、市内バスターミナルからは約15分の便利な場所にあります。年中無休となっており、ランチタイムは11時から17時までと比較的長く営業しています。

14時からはメインの郷土料理小屋から、隣のギャラリーカフェに移動となりますのでご注意ください!また、ディナーは17時から22時で、毎夜18時30分から20時30分までは、歌三線と八重山舞踊をお楽しみいただけますよ。
舟蔵の里・店内座席

 

舟蔵の里ランチメニュー

舟蔵の里では、八重山そばのことを「八重山すば」と呼んでいて、メニューにはすべて「すば」と書かれているのでご注意を♪全そばメニューは自家製手打ちの麺を使用しており、鳥と豚・野菜などを独自のバランスで煮込んでとった出汁スープが抜群に美味しい舟蔵の里の「八重山そば」。
舟蔵の里の八重山そば

そばメニューは豊富で、オーソドックスな八重山かまぼこを乗せた「八重山そば」、豚のあばら肉(スペアリブ)をじっくり煮込んだ「とろとろ軟骨そーきそば」、豚の旨みたっぷりの「三枚肉そば」、八重山の海鮮や野菜をふんだんに入れた「具沢山ちゃんぷるー汁そば」、夏に涼しくて人気の「手打ち冷々ざるそば」、美容と健康に抜群の効果がある「クロレラ&ユーグレナ入り手打ちそば」(要予約)となっています。

また、そば料理以外にも郷土料理が豊富です。もちもちとした揚げ出しジーマミ豆腐、フーチャンプルー、ラフテー、石垣牛焼肉、もずく酢、まぐろ刺身などバリエーション豊富に取り揃えています。特別メニューとして会席料理も用意していますので、ちょっと贅沢な八重山の食事を味わいたい時、接待などの食事場所としてもおすすめです。
舟蔵の里の食事

 

観光スポットとしても人気の「舟蔵の里」

広大な敷地には、郷土棟の他に離れの個室が4つ。その他、喫茶棟、ギャラリー、野外ステージなどが点在しています。
夕食時には毎晩、三線の生演奏があり、ムード満点の八重山の唄を楽しめ、旬の素材を楽しむ期間限定のメニューや、一品料理を地元の食材、老舗ならではの味で楽しめる店として石垣島の観光スポットとしても人気となっています。

また、敷地内ではうなぎ&かつ「只喜」も営業しており、旬のうなぎ料理や肉汁たっぷりのカツ丼やエビ天丼など、八重山で味わう本格的な和食料理を提供していますよ!

舟蔵の里は、公式サイトも充実していますので、こちらもご覧いただくとよくわかるかと思います。

ということで、ゆったりと食事を楽しみたい方に特におすすめしたい、八重山そばを五感で味わえる、舟蔵の里。一度食べればきっとあなたも八重山そば、いえ、石垣島中毒になること間違いなしですよ♪

 

舟蔵の里へのアクセス

  • お車の場合・・・市街地より車で5分、「市役所通り」を西へ、途中「観音堂」を左へお進みください。
  • バスの場合・・・市内バスターミナルより「川平リゾート線」利用で約15分の便利な場所にあります。
  • 名称:八重山郷土・海鮮料理「舟蔵の里」
  • 所在地:沖縄県石垣市字新川2468-1
  • 定休日:年中無休
  • 営業時間:11:00~22:00 ラストオーダー21:00
  • 電話番号:0980-82-8108
  • 公式サイト:http://www.funakuranosato.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.