旨辛!激辛!「島とうがらし」8種類を毛穴全開で食べ比べてみた!

Tags:

公開日:2018/4/26

島とうがらし一振りすれば違いがわかる―――それが、沖縄の島とうがらし。

“とうがらし”を食べ比べなんて大げさな・・・と思っていませんか?
そんなコトはありませんよ。全然違いますよ。だから今回も体を張って食べ比べます!

島とうがらしは、小さくコロンとした形が特徴の唐辛子で、主に九州・沖縄で栽培されています。そして、その可愛い見た目とはウラハラに“非常に辛い唐辛子”としても有名です。

用意したのは、そんな島とうがらしを使って作られたスパイス8種類。

島とうがらしを一振りすれば、その辛さで毛穴は全開。汗が玉のように噴きだします。でも何故だかクセになる、あぁ止められない、もぅ戻れない。

さぁ、激辛!島とうがらし食べ比べスタートです!

島とうがらし
<ラインアップ>
1. 島とうがらし|大城海産物加工所
2. 島とうがらし|(株)仲善
3. くめじまの島唐辛子 粗挽き|(有)南の風
4. ピリピリW唐辛子|(株)渡具知
5. 島唐辛子 火ノ粉一味|ゴーヤカンパニー(有)
6. 島唐辛子 燻製一味|ゴーヤカンパニー(有)
7. 泡盛漬け唐辛子の旨辛ペースト|(株)比嘉製茶
8. 島とうがらし塩|(株)パラダイスプラン
9. 色んな料理にかけてみた
9-1.沖縄そば
9-2.焼き鳥
9-3.野菜炒め
9-4.チーズ
10. 素晴らしき沖縄の激辛スパイス

※ご注意
今回も筆者の独断と偏見でレビューしております。悪しからずご容赦くださいませ。
評価は「辛さ」「香り」「発汗レベル」を★5つで評価しました。記事内はすべて2018年4月現在の情報です。また商品価格は税別となります。

1. 島とうがらし|大城海産物加工所

島とうがらし辛さ:★★★★☆
香り:★★★★★
発汗:★★★★★
【おすすめ料理】沖縄そば・うどん

沖縄県内の沖縄そば屋でも、たびたび見かける島とうがらしの代表格。
スッとした潔い辛さが全身を突き抜けていく微細な粉末タイプ。口に入れた瞬間のフルーティーな香りが絶品です。目がシパシパする辛さ。島とうがらしで迷ったらコチラをどうぞ。(1本/700円)

2. 島とうがらし|(株)仲善

島とうがらし辛さ:★★★★☆
香り:★★★☆☆
発汗:★★★★☆
【おすすめ料理】沖縄そば・ラーメン・ピザ

なめらかな粉末タイプの島とうがらし。
ウソのつけないストレートな辛さで、味の濃い料理とも共存できるオールラウンダー。パッケージにある「ピリッと美味」はかなり謙虚な表現なので、かけすぎにはご注意を。(1本/600円)

3. くめじまの島唐辛子 粗挽き|(有)南の風

島とうがらし辛さ:★★★★★++
香り:★★★★★
発汗:★★★★★+++
【おすすめ料理】炒め物・パスタ

島とうがらしの辛さ&旨みをまるごと味わえる粗挽きタイプ。
無駄なものなど一切ない強烈な辛さと、豊かな香りで、全身の毛穴が速やかに開きます。★5つの評価では収まらない、どんな料理でも問答無用で辛くしてくれる熱血漢です。今回の食べ比べでは、筆者的に1番辛かった・・・。(1本/500円)

4. ピリピリW唐辛子|(株)渡具知

島とうがらし辛さ:★★★☆☆
香り:★★☆☆☆
発汗:★★★★☆
【おすすめ料理】肉料理

この商品開発担当者は、間違いなく激辛フリーク(多分)。
島とうがらしにハバネロを掛け合わせたオーバーキル・ブレンドが楽しめる1本。フタ開けた瞬間に辛い・・・というか痛い。全身の毛穴が開くというよりは、舌先をピンポイントで攻めてくる辛さです。いつもと違う島とうがらしを食べたい人にオススメ。(1本/600円)

5. 島唐辛子 火ノ粉一味|ゴーヤカンパニー(有)

島とうがらし辛さ:★★★☆☆
香り:★★★★★
発汗:★★★★☆
【おすすめ料理】パスタ・炒め物・チーズ

バランスが素晴らしい優等生タイプの島とうがらし。
他の粉末タイプに比べ挽きが荒めで、香りも辛さも存分に堪能できます。次に紹介する「島唐辛子 燻製一味」と同様に、ゴーヤカンパニーさんのこだわりを感じる逸品。可愛いミニサイズで、激辛好きへのお土産としてもオススメです。(1本/500円)

6. 島唐辛子 燻製一味|ゴーヤカンパニー(有)

辛さ:★★☆☆☆
香り:★★★★★+
発汗:★☆☆☆☆
【おすすめ料理】チーズ・生ハム・ゆで卵
島とうがらし島とうがらしを燻製した個性的な1本。
スモーキーな香りと甘みを感じる辛さは、クセになる旨さ。チーズや生ハムにかければ、いつものおつまみがバル風のお洒落な1品に生まれ変わります。お酒好きの辛党は、ぜひお試しを。(1本/500円)

7. 泡盛漬け唐辛子の旨辛ペースト|(株)比嘉製茶

島とうがらし辛さ:★★★☆☆
香り:★★★★★
発汗:★★★★☆
【おすすめ料理】沖縄そば・炒め物・鍋もの・味噌汁

沖縄の辛いもの好きにはおなじみ、コーレーグス=島とうがらしの泡盛漬けがペーストになったアイテムです。クチ全体に押し寄せるような独特の爽やかな辛さが特徴。クセになると、手当たり次第にコレを“チョイ足し”したくなります。(1本30g/250円)

8. 島とうがらし塩|(株)パラダイスプラン

島とうがらし辛さ:★☆☆☆☆
香り:★★★☆☆
発汗:★☆☆☆☆
【おすすめ料理】炒め物・料理の味付けに

沖縄土産の定番アイテム「雪塩」でおなじみの、塩屋(まーすやー)で購入できるフレーバーソルト。“島とうがらしは好きだけど、ちょっと辛すぎる”という人にもオススメです。島とうがらしのキリッとした辛さと、雪塩のまろやかな甘みが作り出す絶妙な味わいは、料理の新定番になるかも。(1本/460円)

9. 色んな料理にかけてみた

島とうがらしさて。8種類の島とうがらしを直舐めして、既に毛穴が尋常ではないことになっています。

ですがココで引き下がらないのが、沖縄ラボの食べ比べシリーズ。実際に色々な料理に振りかけて、その機微を楽しんでいこうではありませんか!

それぞれの料理に合う“オススメの島とうがらしBEST3”も勝手に決めてみましたので、ご参考までに。島とうがらし

9-1.沖縄そば

島とうがらしを楽しむなら沖縄そばはハズせない。今回はとんこつベースのシンプルな沖縄そばを用意してみました。

前提として、沖縄そばに島とうがらしをかけると、直舐めより辛さが助長されます。個人的に“沖縄そばには粉末タイプが合う!”ということで決定したBEST3がコチラ・・・。島とうがらし【1位 島とうがらし(大城海産物加工所)】
粉末がスープに溶け込んで毛穴全開の辛さに。フルーティーな島とうがらしの香りが、素朴な沖縄そばの麺と良く合います。辛すぎて、すすると咳き込みます。

【2位 島とうがらし(仲善)】
シンプルに辛くしたいときに。コチラもスープまでしっかりと辛さが行き渡ります。

【3位 島唐辛子 火ノ粉一味】
上位2つと比べると辛さがまろやか。島とうがらしの香りを楽しみたい人にオススメです。

9-2.焼き鳥

島とうがらしお次は、島とうがらしに合う料理としてお土産屋の店員さんがオススメしてくれた焼き鳥で食べ比べです!ちなみに、タレの焼き鳥だったためか、ほかの料理と比べると全体的に辛さは抑えられました。島とうがらし【1位 ピリピリW唐辛子】
肉にピタッと寄り添うような辛みと香り。食べるほどに舌がビリビリしてきます。

【2位 泡盛漬け唐辛子の旨辛ペースト】
焼き鳥がアジアンテイストの料理に大変身!甘いお酒とも相性◎。

【3位 島唐辛子 燻製一味】
焼き鳥がバル風おつまみに大変身!洋酒や強いお酒にも合います。

9-3.野菜炒め

島とうがらし “炒め物”も各メーカーが紹介していたオススメの食べ方。シンプルに豚肉を入れた野菜炒めを用意してみました。島とうがらし【1位 島とうがらし塩】
豚肉と野菜をゴマ油・鶏ガラの素で炒め、「島とうがらし塩」で味を調える。何ということでしょう。たったこれだけで絶品の野菜炒めが完成するのです。

【2位 島唐辛子 火ノ粉一味】
沖縄そばに続いてランクイン。一振りで野菜がとっても甘くなります。

【3位 くめじまの島唐辛子 粗挽き】
油に香りを移してから炒めても、仕上げに振りかけても、どちらでも美味い。そして辛い。本当に辛い。

9-4.チーズ

島とうがらし最後はシンプルにチーズで。お酒のおつまみとして、島とうがらしのチョイ足しを楽しんでみました!島とうがらし【1位 島唐辛子 燻製一味】
燻製×チーズなんて美味しいに決まっている。後味にピリッとくる、お酒がすすむ辛さ。

【2位 くめじまの島唐辛子 粗挽き】
“辛い!辛い!”と言わしめたコノ子も、チーズがあると辛さが丸くなります。その分、島とうがらしの旨みが際立ち・・・まぁ結局、辛いんですけどね。

【3位 泡盛漬け唐辛子の旨辛ペースト】
辛口のお酒を飲むときにオススメ。こういうチーズがあったら絶対買うのに。

10. 素晴らしき沖縄の激辛スパイス

島とうがらしサンサンと輝く太陽のような爽やかな辛さで、全身汗だくになりながらお送りしました今回の食べ比べ。いかがでしたでしょうか?

辛かった・・・辛かったけれど!
やっぱり島とうがらしって美味しい!

沖縄のちょっと(かなり?)刺激的なスパイスを、アナタの食卓にもおひとついかが?

筆者:mochiking

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.